「Cool Japan」発掘!かっこいいニッポン、日本式生活スタイル


「Cool Japan」発掘!かっこいいニッポン

「Cool Japan」発掘!かっこいいニッポン、日本式生活スタイル

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。例えば通勤ラッシュアワー。何で皆我慢しているの、って思われても自分の他にも皆我慢して乗っているし、仕方がない、しょうが無いとおもっていたり・・・

でも海外から観ると羨ましいと思われる日本式生活スタイルも存在します。インフラ整備、下水道施設、高速道路、公共施設等は発展途上国のそれらと比べたら利便性もそうですけど、衛生面とか管理運営に至るまで学び、取り入れたいところばかりだと想像します。

民間会社が各国で立ち上げる日本式生活スタイル、日本式サービスも注目され始めています。宅配や銭湯などの特異分野から、レストランチェーンのような食生活に至るまで日本式生活スタイル、日本式サービスをローカライズしてその国特有に仕立て上げているところは日本人による心配りの凄さです。長期的な戦略を従えて、その国の発展に貢献してほしいものです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏では、日本式生活スタイルとか日本式生活習慣は受け入れられるでしょうか? その経済圏に住んでいる人々の生活向上に役立つでしょうか? 親日国家、インド社会ではどうでしょう。日本人には想像できない貧富の差を、ある一定レベルの平均値まで、社会の底辺部に存在している人々を引き上げることなどに可能性は存在するでしょうか?

イスラム社会ではどうでしょう。日本式生活スタイルとか日本式生活習慣をハラル生活圏へ適応させていくべきでしょか? またその活動がイスラム社会に住んでいる人々の日常生活レベル向上に繋がるでしょうか? 利便性を追求しつつも、イスラム教徒に理解され、受け入れられるのでしょうか? 私達はどこまでイスラム教徒、イスラム社会を理解できるでしょうか?

アフリカ大陸では? 日本式生活スタイルとか日本式生活習慣をアフリカ全域に広めることは不可能だとしても、在る地域で受け入れられ、その利便性、快適性などが評判として広まっていくならば、可能性は無きにしもあらずだと思います。日本式生活スタイルとか日本式生活習慣に対する先入観とか知識などが現地人には乏しい、慣れ親しみの無い環境かもしれません。的確にローカライズ、ローカル化されて地域人々の生活環境向上などに貢献できるならば歓迎されると思います。

欧米社会では? 欧州社会の中に存在する長い期間の歴史的営み、すでにある程度秩序が確立されているので、日本式生活スタイルとか日本式生活習慣の営業は控えめにしていくのがいいと思います。こちらの持っているカードを全部オープンな型式にして、向こうから選択させていく。この仕組は欧州でも役に立つだろうとか、この生活スタイルは取り入れるべき、と欧州社会の人々が自分たちの生活環境向上のために改良していくお手伝いとしての営業スタイルが良いと思います。

日本人は改良とか改善とか得意であり、好きですから、各々の生活スタイルにあったローカル的な質改良(日本式生活スタイルとか日本式生活習慣の)を需要と供給で経済的に賄えるのならば、どんどん進歩させていくでしょう。職人気質は備わっているので、マネタイズ感覚、商人的な知識と経験を日本人は取得していく必要性に迫られてくることも確かだと感じます。

日本式生活スタイル –  in the future(未来)

現在、私達が当たり前のように利用できる、提供されている各種サービスや日本式生活スタイルに日本式生活習慣は今後も日本国内で活用できるでしょうか? 少子高齢化社会、労働人口減少、移民問題など提供する側の人数問題に関連することをどのようにして解決していくのか? 日本経済の先行き不安は度重なる増税、医療費自己負担増額などに起因しているのでしょう。現状維持は思考停止に繋がります。適応するには努力を課せられます。

成長産業育成、教育問題など私達日本人一人一人を知的に鍛え直す仕組みは足踏みしたままです。他人任せの日本社会!地方過疎化問題、大都市人口集中、女性社会的地位向上、子育て支援などは日本人一個人、一人一人のレベルで動き始めないと日本社会は大変革を達成できないまま、知らず知らずの内に規模の経済レベル縮小を受け入れていく可能性があります。否が応でもドラスティックに日本社会は変化していくでしょう。

番組(「Cool Japan」発掘!かっこいいニッポン)を試聴するべき理由

組では一つのメイントピックを取り上げ、関連する3つのトピックをもって番組は進行していきます。日本人であれば余り考えることをしない生活様式、文化、娯楽などを違った角度から悟らせてくれる機会を与えられます。なるほど、こういうことなのかぁ、と。日本に住みながら(現在進行形で海外在住者も)日本の諸事情を客観的な視点にたっての意見に触れることもできます。新たな発見、自分たちには無い発想に気付かされることが在るかもしれません。

また日本人以外の諸外国人が喋る英語に触れることも出来ます。番組内のデスカッションレベルは普通の日常会話で出来るレベル、このレベルを日本人全員の英語習得目標地点とするというのはどうでしょう。難しいことをしゃべっているわけではありません。日常会話の中にある、私これ好き、俺これ好き、私これはちょっと受け入れられない、俺的にはこの感覚には違和感を覚える、とかを諸外国人が英語で番組設定トピックに関して語っているだけです。

アメリカ人が喋る英語だけでなく、イギリス英語、オーストラリア英語、東南アジア系英語、欧州各国系英語、アラブ系英語、アフリカ系英語、南米系英語と世界各地に住んでいるローカルな人たちが喋る英語などに触れることができるのは素晴らしいことです。多くの日本人が抱えて入れる英語完璧主義よりももっと大事なことが在るんです。

奇麗に発音できること、文法を間違わないで喋ることに重点を置くよりも、文化や生活環境の違う人たちとコミュニケーションを取るための手段として英語を、意思疎通の手段として自分の生活の中に、英語を取り入れることが出来るならば、その個人の情報力獲得範囲は確実に広がったものになるでしょう。このことは多くの日本人に自信を与えてくれると思います。

多様性を受け入れていかなくてはいけない日本社会とその社会に住んでいる日本人。自分たちから異国民の人たちの輪へアプローチしてみるきっかけを与えてくれるヒントが隠されている番組、「Cool Japan」発掘!かっこいいニッポン。多くの日本人に視聴していただきたい内容を提供していると私は感じております。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes