アウトプットの苦手な世代、表現しない大人たち


アウトプットインプット

アウトプットの苦手な世代、表現しない大人たち

議院選挙が行われいよいよ迷走深める日本社会なんだけど、どうも当の日本に住んでいる日本人からの危機意識というものを感じることができないのはなぜなんだろうか? 小さく分かったふりをしないでおかしいものはおかしい、いけないもの、受け入れられないものには声を大にして発していかなければいけない時代なのにどうして僕らの世代(40代以上)からの発信が少ないのだろうか?

簡単に個人などの思いを発信できる仕組みはできつつある。ブログを持っている人もいるであろうしツイッターしかり。しかし自分の世代を見回してもそれらを活用している人物の何と少ないことか?

社会へ出てからの年月も相当たち、一番社会にコミットしていて一番社会たるものと深く関わっているであろう世代からの声が聞こえないのはなぜなんだろうか? 少し前に気になるあるブログ記事が上がっていたので紹介してみよう!

表現しない大多数の大人たち

インターネットの未来の一断面を「総表現社会」と梅田望夫は「ウェブ進化論」(2006年)の中で希望をもって述べた。3年たった今日現在、日本という地域では、インターネットを能動的に利用する若い世代(おそらく40前後がその上限)、あるいはヒマ人以外には、表現をする人というのはほとんど現れていない。少なくともわたしと同世代(50歳前後)にはそのような表現をする人はほとんどいない。

例外的なアルファーブロガーというのはいることはいるが、梅田が期待したような、「不特定多数無限大」として1000万人程度の表現する人々は出現していないように思える。

例えばわたしの世代では、中間管理職として企業の中核を担いつつ、家庭では子供が中学、高校、大学と、進学だ教育だというところで悩み、住宅ローンの返済に追われ、両親の健康状態が心配というような世代なのだが、彼らはほとんど表現していない。日々の日記として、会社の愚痴や上司の悪口や部下への小言などは読みたくもないが、それでも世代共通の悩みや葛藤はあるだろうし、仕事においても様々な成功、失敗はあると思う。大学時代の友人とたまに会ってよた話をするが、彼らの生きた人生の一つ一つには、もっと聞いてみたい様々な物語がいっぱいある。

それは、どこかで語られるべき物語だと思うのだが、残念ながらインターネットには、そのような物語はほとんど存在しない。

梅田が近著『シリコンバレーから将棋を観る』(献本ありがとうございます)で、将棋観戦記のライブ中継というインターネットの可能性を示す実験の舞台裏を紹介したが、彼のような表現者は、残念ながらほとんど現れていない。

彼はブログを使って表現者としての自分をインターネットにさらす実験をし、ベストセラーを表し、その感想をインターネットから丹念に拾い、そして学習し成長するという人体実験をこの数年続けている。自分のビジネスの領域だけではなく将棋という趣味の世界にもその方法論を適用している。( 40代、50代の人たちはなぜ表現しないのか  )

極的に生きるぞぉ、という気概が欠けているのだと思う。この積極的に生きるぞぉ、という気概は20代、30代に積極的に自分に投資してきた奴だけがもてるような気がする。40代、50代でもまだまだ自分次第で生まれ変われるとは思うけど、何かを書くとかという行為はたとえそれが陳腐な内容であっても自らが創造していくことであるから、これは非常にエネルギーを使う。

情報の拾い方が下手なのだろうか? 鳩山首相辞任表明の際にツイッターでは関連する情報が一気に上がりタイムラインはそれらで埋め尽くされた。

どれだけ良質の情報に出会えるかは自分次第

局ネットから得られる情報の質っていうのはその個人がどれだけ積極的にネット内へとコミットしていくかに関わってくるからもうこれはその個人が能動的に何かを真実を探していかないといけないんだけど、やっぱり毎日の生活に没頭されて自分への時間、気力体力ともにコミットしていくことのモチベーションは生まれないのかなぁ?

また、情報倫理をもつということは、自分がいかに情報発信をするかということだけでなく、インターネットの何を良い面としてとらえ、選択的に使っていくかということにもつながります。

ウィキペディアのような新しい百科事典の形式は大変な意味あるものですし、SNSで知らない人同士がコミュニティを作れることも画期的なことです。YouTubeなどでは、今や大学レベルの講義を日本語、英語でも聞くことができる。インターネットは大いなる学びの場でもあるのです。

インターネットは自由度の高いメディアです。だからこそ、何をもって「良い」「悪い」と考えるか。その判断基準こそ、その人とインターネットの関わり方そのものになります。言い換えれば、情報モラルの持ち方によって自分が対峙するインターネットの世界は豊かにも、つまらないものにも、学ぶ場にも、危険な場にもなる。まず、このことを子どもたちに伝えるべきではないかと。( 茂木健一郎氏インタビュー ~インターネットと子どもたちの未来について~1 )

ブログへの誤解

「自分がお金に変換できない情報やアイデアは、溜め込むよりも無料放出することで(無形の)大きな利益を得られる」ということに尽きると思う。」そしてその「溜め込むより無料放出」についてはさらにこう詳述される。

まず個人にとってのオープンソースとかブログとは何か。それはポートフォリオであり、面接であり、己の能力と生き様がそのままプレゼンテーションの装置として機能する。記事を書き続けることで人との繋がりも生まれていく。転職活動をする場合、相手が読み手ならば自己へのコンセンサスがある状態から交渉を始めるアドバンテージを得られる。それだけのものを、金も人脈も後ろ盾のない人間が手に入れる唯一の手段が、情報の開示なのだと思う。」

情報は囲い込むべきものという発想に凝り固まった人には受容しにくい考え方であろう。しかし、長くブログを書き続けるという経験を持つ人たちにとっては、実感を伴って共感できる内容に違いない。ブログという舞台の上で知的成長の過程を公開することで、その人を取り巻く個と個の信頼関係が築かれていくのである。(ウェブ進化論参照)

っぱりブログを書いている意味を理解できない人が多いのかもしれない。それをやってどんな得があるのかと? 結局自己満足じゃないの、という意見も多く見られると思うんだけどこれに対する答えは梅田望夫氏著書「ウェブ進化論」に詳しく記述されていてその思考に僕は大いに賛同する。

情報公開イコールデジタルネイティブ?

ということは、必要な情報を公開すれば、必ず誰かの役に立つことができるのです。そんなことは自分でブログを開いてみて、アクセスログを見てみればすぐに分かります。このブログにも、本当にいろいろなキーワードで検索してやってくる人がいます。ところが、そのことを肌で感じている人とそうでない人の間には、ずいぶん大きな違いがあるようです。

僕がよく聞かれるのは、「あなたはなぜわざわざ公開するのか」という質問。僕には、この「わざわざ」が理解できない。なぜなら、僕にとっては多少なりとも価値のある仕事をしたと思ったら公開することがデフォルトであり、わざわざ鍵をかけて閉じ込めておくことにこそ意味を感じられません。

そう。公開しないことこそ、「わざわざ」なのです。いえ、もちろん、競合の厳しい民間の方でしたら、理解できます。コストと時間をかけてきたノウハウを無料で公開しろなんて無茶なことは私も言いません。そんな権利もありません。たぶん公開した方がお客さんが増えて得なんじゃないかと思うこともありますが、それはご本人が決めればいいことです。

でも、公立学校の先生とか、お役所の人とか、そういうところから「なぜわざわざ公開?」なんて聞かれると、ホントにガクッときちゃいますね。そしてこちらから聞き返したくなります。「人のために作ったものをなぜわざわざ隠すのか」と。

上に書いたように、公開すればそれを必要としている誰かを必ず助けることができるということは、僕のようにブログを書いている人間には当たり前の現実です。

そういう人間にとって、ここまで技術的な障壁がなくなった現在、仕事の成果などをオンラインで公開しないということは、助けられるはずの誰かを助けないという選択を積極的にしているように見えてしまうのです。「積極的には助けられない」という消極的な態度なのではなく「助けない」という積極的な意思表明をしているように見えてしまうんですよね。( デジタルネイティブとデジタル移民の見分け方 その三 公開することの価値 )

ここのところは棋士羽生善治氏の考え方にえらく感動したのでそのことも以前エッセイに書いた(  右脳社会、直感力、創造力が武器になる時代  )。

もちろん、そういう考え方もありうると思うんです。でも時代の流れというか、共有しないと生き残れない時代になってますから、多勢に無勢という印象はあります。気持ちはわかるんですよ。

創造って、手間も時間も労力もものすごくかかるから、簡単に真似されると報われません。私も対局で新しい試みをやるんですが、ほとんどはうまくいかない。仮にうまくいっても、周囲の対応力が上がっているので厳しいものがある。効率だけで考えたら、創造なんてやってられない。

でも逆に考えると、創造性以外のものは簡単に手に入る時代だとも言えるでしょう。だから、何かを創り出すのは無駄な作業に見えるけど、一番大事なことなんじゃないかと。それ以外のことでは差をつけようがないので、最後は創造力の勝負になるんじゃないかと考えています。(  現代将棋が表現する思想  )

ツイッターの可能性

メリカ以外でツイッターがもっとも利用されているのが日本という国らしい。実際に英語と日本語で打ち比べてみれば分かると思うんだけど英語で140文字制限というのは情報発信という意味ではその内容が限られてしまう。URL短縮化はこのような背景があったからであろう。

しかし日本語で140文字というとこれがかなりの内容を打ち込める。この辺りが日本人社会で広く使われ出してきた理由ではないだろうか? もともとブログを持っていても内容自体ショートなものが多いのも日本人ブロガーの特徴で、その辺りの使いこなしも誰かが上手く利用しているということが広まっていけば、自ずとそれらの波状効果として日本人のネットリタラシーが高まる可能性がある。

簡単なつぶやき、ざっくばらんな事柄はツイッターなどで発言して、もう少しそれらの内容を吟味してまとめたものをブログにあげていく、という方法を活用している人もいる。俳句や短歌を言葉遊びとして取り入れていた日本文化も影響しているのかもしれない。ツイッターは140文字というフォーマットなだけで、それがマルチメディア対応だからアウトプットする情報の多様性は様々である。政治家や経営者なんかも利用し始めているし、歌手の浜崎あゆみの積極的な利用方法にも驚いた。

多くの考え方に触れる、それも自分と違った考え方に

しかも最初にも書いたように、ネットの場合「セグメント間の壁」がとても低いので、それらが「別のセグメントの人達の話だ」と意識しないで読む。だから呆れたり、ムカツクってことが起る。同じコトでも「これは高齢者向けの雑誌だ」と意識しながら読んでいればあんまり腹立たしく思わない。だって若者としては高齢者向け雑誌に“最近の若者は・・”とか書いてあっても、ある意味どうでもいいでしょ。なのにネットではセグメント間の壁が低いから、そういう「違う人の世界の話」にまでみんなイチイチ反応する。

ちなみにこれは悪い話じゃない。元々年齢や性別、趣味嗜好が違うとリアルな生活において全然ふれあわない。その上、今までだとメディアも各セグメントに合わせて作られ、世界は分断されていた。皆して「俺の常識は社会の常識と同じ」みたいに思ってしまう。ところがセグメント間の壁が低くなると、誰でも簡単に「違うセグメントの世界」に入っていける。

「そんな世界があるわけね?」とか、「まじかよ、それがそっちの世界の常識なのか??」みたいな気づきや学びもでてくる。長期的には多様性への理解が進む。その一歩手前において、「理解できねえよ!」とか「ありえねえ!!」という反発や驚愕は、異質なモノ同士の理解コストとして必要な(避けられない)のでしょう。

今はまだネットだと、自分がセグメントの壁を越境してると意識してない人が多いから、右翼や左翼の書いた記事・ブログに「あなたの考えは偏っています!」と本気で憤ってる人もいるし、「育児休暇を中学生になるまでとらせてほしい」というつぶやきに対して「私は派遣で働いていますが、育児休暇どころか出産休暇もとれないのにあなたは贅沢だ!」みたいなコメントがついたりする。それはそれでひとつの問題提起だが、最初の課題とは“異なるセグメントが抱えている課題”だ。でもセグメントの壁がない世界では、一緒に議論しろ!と迫られる。(  “横の壁”が無くなる  )

やかだが日本社会にもインターネットがサブカルチャー的扱いから、もっと普段の社会生活になくてはならないもの、積極的にコミットしていく必要があるもの、という認識が生まれつつあると感じるのは僕だけだろうか?

どうしてもアメリカのそれと比べるとネット社会の浸透性が貧弱であるのは仕方ないとしてみていたんだけど情報を受信するだけの人がマジョリティーだったのが自らも情報をアウトプットしていく次の社会形態へ適応し始めた新種の人間が日本人の中からも多数誕生しつつあるのはいいことだと思う。

だがまだまだ足りない。特に僕らの世代(40代、50代以上の世代)からの情報発信が少ないことがアメリカ、英語圏で手に入る情報の質の優劣を浮き彫りにしている。

社会にスピード感覚が生まれる可能性

昔、電子メールがビジネス現場で普及し始めた時にも、「紙の手紙から電子メールへの移行」には、ちょっとした逡巡があった。日本の手紙って様式美があり、時候の挨拶まである。“格別のご厚情”とか、“ご清栄を心からお祈り”とか、意味も読み方もよくわからん慣用句が一杯あり、専門ノウハウ本まであった。

「誰かに会ってもらった後、お礼状を書く」のは今でも同じだと思うけど、当時「礼状はメールではなくて手紙で書くべき」と主張する人もいた。そのうち、「んなもんメールの方が早いんだから」という話になった後も、手紙の様式美や慣用句をどこまで電子メールに持ち込むべきか、という戸惑いがちな試行錯誤の時期があった。

それが数年かけて「メールでもある程度の挨拶や結びは必要、ただし、手紙よりはかなり簡略でOK!」という“業界常識”が浸透した。たとえばメールでは“拝啓・敬具”や時候の挨拶は不要だが、「いつもお世話になっております」「今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」くらいの挨拶&結びは(たとえたいして世話になってない人にたいしても)書け、みたいな。

で、今後はビジネス上の簡単なアポ取りメールやお礼メールなんかもどんどんツイッターに代わっていくんだろうし、その流れの中で、メールで今使われている「ごく簡単な儀礼のための定型文」もなくなっていくんだろう。しかもこれってリアルの関係性にも影響を与えるよね。たとえば、初めて会った人、もしくは名前は知ってるけど会ったことはない人からメールを貰う。

その際、先方のメールが途中からツイッター諷に変る。すると当然ちきりんもツイッター諷に返事をするようになる。だって向こうが短文メールを送ってくるのに、こっちがいちいち挨拶文書いて、結びの一文も書くなんて変でしょ。なのでメールなんだけどお互いに社交辞令句を省いて短文コミニケーションをとるようになる。

で、その後に初めて実際に会うと・・・初対面なのにめっちゃ関係性が近いよね。既にやたらと直球的なメッセージのやりとりをしているのに、いきなり“儀礼的段階”には戻れない・・。で、「ありゃー」と思ったわけ。これは日本社会には特にいい影響があるよね、と。

日本って、組織の外の人と中の人、知らない人と知ってる人、上の人と下(部下)の人、というような「人の距離感」を言葉使いや慣用句的挨拶で表現する社会なのに、140字制限のために儀礼的挨拶の文言を長々と使うことができなくなり、そのことにより、人と人との距離、端的には“ヒエラルキー”が維持できなくなる・・・(  “縦の壁”もなくなる  )

語は確かに素晴らしい日本文化の一つだと思うが情報の伝達スピードは遅くなるという負の要素も抱えている。政治家や経営者がツイッターを利用し始めたことが奨励されるのは決定権を握っている人の判断や、その人から送られてくるでろう情報が広く多くの人に行き渡ることだからだと思う。ソフトバンクの孫さん、進歩情報を開示しているからこの人は本気で日本を変えようとしているのかな?

@masason 「やりましょう」進捗状況 | SoftBank

真実を探る力を養う

月初めに行われた参議院選挙、結果は民主党の自滅、自民党奪回という展開になったとどこのニュースでも報道されていたんだけど、違った視点から観察できる人、その視点をネット上で発見できる人、発見したその情報を自分のフィルターを通して吟味し直す、という行動が取れる人とできない人とでは・・・???

一票の価値格差のために落選した20名の候補者(青色の人)が集めた票は、なんと計860万票です。今回落選した青色の人に投票した860万人は、有権者ヒエラルキーの最底辺に暮らす人達なのです。この数がどれほど大きいか、上記の一人当たり得票数と比べて頂ければわかるでしょう。

ワーキングプアならぬ“ボーティング・プア”(voting poor)として、有権者社会の底辺に暮らす860万人。彼らは法律にも行政にも顧みられることなく、もう何十年もずっと社会の底辺に放置されています。

一方で、ひとりで何票もの票を与えられた“権利富裕層”達は、これからも悠々と“所得保障”や“オラが村の郵便局への税金投入”など様々な権利を勝ち取っていくことでしょう。(  格差問題@一票の価値  )

のブログ記事に表示されているグラフをよーーーーーく観察してみるといい。如何にメディアからの短絡的な報道を受け入れているだけでは社会現象を深読みできないかが理解していただけるのではないかと思う。既得権益、地方格差、自民党支配、などなど何にも変わっていないではないか!

このようにいろいろな情報に触れ、それらの情報を個人なりに咀嚼、自分内のフィルターでろ過した上で自分なりの人生過程での選択基準に取り入れていく。書いていくことは自分の中の思考をまとめてくれる働きもするから精神的に安定しやすくなるという要素もあると思うんだけど。

楽な道を選ぶことは魅力的ではあるが、頭がパンパンになるまで、もう体力の限界、というところまで自分を追い込んで最後はぶっ倒れるぐらいまでエネルギーを自分のライフワークに費やした後の充実感はすばらしいくらいに満足のいく一日の終わりだと思うのは僕だけであろうか?


, , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes