アメリカによる朝鮮民主主義人民共和国テロ支援国家指定解除の裏側(中国支配図)

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

中国が描く 2050 年の極東の国家戦略図

アメリカによる朝鮮民主主義人民共和国テロ支援国家指定解除の裏側(中国支配図)

ュースの裏にあるものは何だろう? アメリカ、北朝鮮へのテロ支援国家指定解除。やっぱりアメリカは北朝鮮核問題にウエイトを置いていたんだけど、このことは前にもエッセイで書いた。(  朝鮮民主主義人民共和国との拉致問題解決が難しいわけ(その1)、アメリカの姿勢  )、(  朝鮮民主主義人民共和国との拉致問題解決が難しいわけ(その2)、日本コンプレックス  )

要はなんでこのタイミングでしなければいけなかったのだろか? と多くの人が疑問に思っているかどうかわからないけど、拉致被害者の家族会の人々は納得がいなかいであろう。ジョージ・ W ・ブッシュ大統領の任期もほぼ終了間近のこの時期、何か裏がありそうな予感がするんだけど、もしかしたら中国に北朝鮮をアメリカが売ったような感じを受けたんだよね。

アメリカで起こっている金融不安の際に中国が米国債を購入するかどうか、というような内容のニュースが上がっていた。

中国は米国債を売るべきか、逆に買い増すべきか?

金融危機が広がるなか、外貨準備高が世界一の中国は、国内の金融市場の安定を保つことが重大だとして、アメリカの国債をさらに購入するという報道を否定しました。中国では今週に入って、香港紙「明報」の報道を引用する形で、中央銀行にあたる中国人民銀行が金融危機への対応としてアメリカの国債2000億ドルを購入すると報じられました。

中国当局は金融危機に対して、国際社会と協調していくとしながらも、「国内の金融市場の安定が、世界経済と国際金融の安定に対する最大の貢献だ」として、今のところ具体的な対応策を示していません。また金融当局は、「国債を買ってすむような簡単な話ではない」と話し、アメリカ国債の追加購入については否定しています。

こうした背景には今月3日にブッシュ政権が台湾に対して、「パトリオットミサイル」など総額60億ドルを超える過去最大の武器供与を行ったことも関係していると見られています。

れねぇ、どうも裏ですでに取引が行われたんじゃないかと思うんだよね、中国とアメリカの間で。つまり、アメリカの金融不安解消のためにアメリカが追加発行する米国債を中国がすでに? 購入、その見返りにアメリカからのゴーサイン、北朝鮮をテロ支援国家指定解除するから好きなようにしていいよ、と。

金正日がもしかしたら随分と体調を悪くしているらしいとの噂が流れ、仮に金正日以後の体制をどうするか、アメリカと中国の大国同士で大筋の合意ができているとしたら、それは中国による北朝鮮の併合だと思う。韓国じゃないよ! 中国が北朝鮮、そして行く行くは韓国をも中国朝鮮省として管理しようとしているのではないか、という気がするんだよね。

大韓民国通貨危機

韓国経済なんか、今かなりウォンが通貨危機(韓国通貨危機)にあっているようで国自体、あまり大きな騒ぎにはなっていませんけど、大変みたいです。

9月3日、韓国政府筋の銀行であるKDBが、リーマンブラザーズの株式の25%取得を提案。折しもサブプライムローン問題が表面化し、特にリスクの高い投資を行って資金繰りが悪化していたリーマンブラザーズにとってこの提案は魅力的であった。

9月上旬に償還期限を控えていた短期外債を乗り切ったのとほぼ同時期に、韓国政府は手のひらを返すように交渉を打ち切った。さらに同時期、韓国政府は大量に購入していたリーマン発行の債券の全てを、9月の外債返還のために売却(リスクは高いが利率は高いので大量に所持していた)

し今回の金融不安のきっかけとなったリーマン・ブラザーズ波状が韓国系銀行の裏切りが端を発しているとアメリカが決め付けているとしたら、ちょっと話が飛びすぎますけど、北朝鮮のテロ支援国家指定解除のニュースとも絡んでいるんじゃないか? と思うわけです。

ですから今後の朝鮮半島の行くへには日本も注意を払うべきだと思います。というのも朝鮮半島で起こるような出来事は対岸の火事ではなく、日本にも将来的に充分起こりえる為替危機なのです。

韓国と同じく輸出産業が非常に日本にとっても大事にわけで、円高になるとそれら日本の輸出関連企業は困るわけですよね。海外へ工場を移転させてみたり、様々なコスト削減を目指して日本の輸出企業は力をつけて生き延びてきました。

このような勢いのまま、中国へ生産部門などがほとんど移転してしまった、と同時にもし突然円安に為替が変動したとしたらどうでしょう? 食糧始め、様々な資源などを海外から調達し続けることができるでしょうか? これから益々、食糧、水、資源などの高騰が予想されている現在です。このようにして日本の体力を奪っていくような気がしてならないんですね。

中国へ移転して工場もそのまま、中国の知的財産に組み込まれてしまうようで、日本はどうなってしまうんでしょう? しつこいようですけど、やっぱり日本はアメリカの属国になってしまうのかなぁ? 東海省に日本自治区ですか・・・2050年頃、こうなっていてもおかしくないと感じてしまうのは僕だけでしょうか?

中国が描く 2050 年の極東の国家戦略図

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes