ウェブ進化論 – 本当の大変化はこれから始まる、その3 – 情報は共有する


ウェブ進化論 – 本当の大変化はこれから始まる、その3 – 情報は共有する

者の梅田望夫氏の ブログ「 My Life Between Silicon Valley and Japan 」 は毎回梅田望夫氏がアップするたびにチェックさせて頂いているが、その内容はいつも新鮮で面白い。シリコンバレーで活躍するコンサルタントだが、2つほど注目している梅田望夫氏の活動がある。

まずは「(株)はてな」の取締役(非常勤)である。はてなの噂はなんとなく知っていたが、自分が積極的にその会社が提供するサービスに絡んでいくことはなかった。しかし、この本を読んで著者のファンになり、この著者が思い入れる「 はてな 」?とはどんな会社なのだろうか? と思いとりあえず参加することにした。

創業者兼社長の近藤淳也

てなの創業者兼社長の近藤淳也氏はつい先日日本にある会社を部下に任せることにして、自ら渡米する行動に出た人である。彼の経歴が面白い。京都大学理学部物理学科出身の彼は、独学でインターネットとプログラミングを勉強したらしい。

会社の雰囲気も近藤淳也氏曰くちょっと普通とは違うらしい。参加する人全員が立ってする会議のほか朝の会議は英語でするなど、なかなかユニークというかエスタブリッシュメントのおじさんたちにはわかるまい。

その近藤淳也氏が梅田望夫氏の下、シリコンバレーを訪れたのである。訪れたというより2,3年は帰るつもりはないという。たいした人物である。社長としては日本に残してきた自分の会社が気がかりであろう。しかし、そこまでする決意の裏には近藤淳也氏が抱いていると思われる危機感を感じることができる。

タイミング的にもわかる気がする。日本は IT 関係のインフラは多分わからないだろうと思うが、世界一である。しかしその中身は? そこを通るコンテンツに日本から来た IT 関係者はアメリカのそれを見て、驚くという。ここに危機感を近藤淳也氏は持ったのだろう。これから5年、10年と時がたったときに、 IT 環境はまたさらにがらりと変わる。

世の中にはことを起こす人が1割ぐらいいて、何が起こっているのか気がついている人がまた1割ぐらいいて、あとの8割の人間はことが起こったあとにその変化に気がつく、というのがほとんどではないだろうか?

日本人1万人・シリコンバレー移住計画

藤淳也氏はその先頭に立っていたいのだとおもう。そしてこの近藤淳也氏のような若い人材をシリコンバレーに移住させてしまえ、という計画を梅田望夫氏は抱いている。「日本人1万人・シリコンバレー移住計画」という非営利プロジェクトを実際にたちあげ、それが後の「 Japanese Technology Professionals Association(JTPA 」という非営利組織。

シリコンバレーに日本人プロフェッショナルのコミュニティーを作ることと、日本に住む若者が「シリコンバレーを目指す」のを支援すること、を NPO 活動の2つの柱に。世の中は激しく変化している。その激動する世の中に自ら積極的に関わっていかないと、これからの厳しい社会、生き残ることはできない。このことに多くの日本人は本当に気付いているのであろうか?

ブログの面白さ・意義

ブログが社会現象として注目されるようになった理由は2つある。第1の理由は「量が質に転化した」ということだ。ブログの面白さ・意義とは、世の中には途方もない数の「これまでは言葉を発してこなかった」面白い人たちがいて、その人たちがカジュアルに言葉を発する仕組みをついに持ったということである。

リエモンのブログの人気が高かったことを思えば、世の社長さんはいい意味でのマーケティングとして利用する価値はある。インターネットを使い始めた1997年頃、ブログのようなサービスを一般の人が持つことができることなど想像できなかった。人はやっと小さいながらも第5の権力を得たといえよう。

マスメディアは淘汰されるべき

メディアの権威側や、権威に認められて表現者としての即得権を持った人たちの危機感は鋭敏である。ブログ世界を垣間見て「次の 10 年」に思いを馳せれば、この権威の構造が崩れる予感に満ちている。

ディアは淘汰されるべき。くだらない雑誌からテレビのコンテンツにいたるまで国民に与える知への影響力はすさまじい。特にテレビだがある特定した視聴者に向けての低俗な番組はなくなっていくであろう。そんなものを見ている暇があったら自分に投資していかないと、どんどん時代から取り残されていくであろう危機感が今後はもっと深刻なものになる。

マスメディアの本質は受動性にある

しかしテレビでも新聞でも雑誌でも、メディアの本質は受動性にある。こちらから何も働きかけなくても、面白いもの、知っておかなければならない大切なこと、役に立つ旬な話題などが、親切にもどんどん提供されるのがメディアである。それでこそ、人口全体を対象としたビッグビジネスになるわけだ。

の受動性に大半の知識吸収を任せてしまうと、自分で考えるという行為が苦痛になる。情報を受身に任せて届けられるものを吸収しているだけだと、脳みそを使わないので楽。だがこれからの時代、自分が能動的になって自分が必要と思われる情報を適格に処理して自分のものにしていかないと、長い期間で見た場合、大きな差となって現れてくるであろう。

受身で育った日本人は自分で考えることが苦手。新生サッカー日本代表監督になったイビチャ・オシム氏のメッセージは自分で考えろ。でも本当の意味は考えて実行することだと思う。考えるのだったら夢想もそうだし空想に陥りやすい。そこから考え抜く力につなげなければ。

問題が目の前にあって、あぁーどうしよう。これも考えているうちに入るであろう。しかし、その問題を解決するためには考え抜く力が必要である。考え抜いてそれを実践する。オシム氏のメッセージはここまでの意味合いを含んでいる。

情報は共有する

自分がお金に変換できない情報やアイデアは、溜め込むよりも無料放出することで(無形の)大きな利益を得られる」ということに尽きると思う。」そしてその「溜め込むより無料放出」についてはさらにこう詳述される。「まず個人にとってのオープンソースとかブログとは何か。それはポートフォリオであり、面接であり、己の能力と生き様がそのままプレゼンテーションの装置として機能する。

記事を書き続けることで人との繋がりも生まれていく。転職活動をする場合、相手が読み手ならば自己へのコンセンサスがある状態から交渉を始めるアドバンテージを得られる。それだけのものを金も人脈も後ろ盾のない人間が手に入れる唯一の手段が情報の開示なのだと思う。」

報は共有する。自らが持っている情報は開示する。そのことで起こりうるフィードバックのメリットは計り知れない、と説明している。この傾向は今後、ますます大きくなる。

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes