ゴルフ、再び始めました!


ゴルフ、再び始めました!

ルフ、再び(ここニューヨークで)始めました! ということは以前プレーしたことあるのか? 実は遊び半分でゴルフをやり始めたのが中学1年生の時。クラスメートと一緒になって近所の芝生の空き地でパー3、パー4、パー5なんてコースを設定して遊んでいました。勿論、まだ子どもですから本格的なものでなくあくまでも遊び。クラブもアイアン2、3本、ドライバー、そしてパターと皆で各家庭に置いてあったクラブを持ちだして遊んでいました。

楽しかったです。ゴルフボールが、ポーンといった感じで上昇していき、いい感じで落ちてくるのを観るのは快感でした。クラブの握り方も、見よう見まねでしたが、面白かったことだけは確かです。なんでゴルフに?といいますと、その頃、毎週末になるとどこからか現れるミニチュアゴルフオジサンが近所に来て子供達相手に遊んび場所を提供していたんです。私はその遊びにハマったのです。

ビー玉ゴルフ

ニチュアゴルフと言ってもパターゴルフではなく、子どもの遊びそのもの。30センチメートルぐらいのオジサン手作りのドライバー、アイアン、パターをビー玉をゴルフボールに仕立て18番ホールを回るという遊びです。バンカーもちゃんと作って、グリーンには人工芝で切り取ったものにビー玉が入るホールを設置。各ホールにパー3、パー4、パー5という設定でゴルフコースなるものをオジサン自ら作り、近所の子供達に遊び場を提供していたんです。

私、これにハマりまして、毎週末になるとかかさず通っていました。ゴルフの簡単なルールも覚え、ハンディーを付けてもらいプレーするんですけど、段々とコツを掴んでいった私は、遂にオジサン認定のプロになったんです。18番ホール回ると普通にアンダーで上がっていたのでプロ認定になりました。それぐらいのめり込んだ遊びだったんです。

結局、その遊びも中学校生活が忙しくなると厳かになり、次第に遠のいていったんですけどゴルフの面白さを知ったのはそのときのビー玉ゴルフからです。自分のイメージした球筋通りにビー玉を運ぶ面白さ。1打目を何処に落とすか、2打目でどの程度まで寄せるか、グリーンでの距離感、ビー玉を打つ強弱。ボー玉ゴルフだったんですけどハマったんです。この環境の時に本格的なゴルルレッスンが出てきていたら私は今頃プロだったかもしれません(笑)。

ロサンゼルスでゴルフ

は1989年から1996年までカリフォルニア州ロサンゼルスに住んでいました。そこでの生活は天気予報のいらない毎日、地中海気候で冬でも日中は比較的暖かく過ごせる場所です。アウトドア派ならばマリンスポーツあり、ウインタースポーツありと何でも出来るんです。バスケットコート、テニスコート、ベースボールフィールドもそこら中にあり、パブリックならば無料で利用できます。テニス人口が多いのもこのような背景があるのかもしれません。

ゴルフも勿論、パターゴルフからショートゲーム、本格的なロングゲームも比較的安い料金設定で遊べるのです。打ちっぱなしも安いです。そこら中にありますから、車社会のアメリカ、ゴルフクラブセットを乗せてちょっと行ってくるといった感覚で皆通っています。ゴルフコースも格式張ったものからカジュアルなものまでいろいろ。料金設定もカジュアルなものならばホント安いんです。当時で18番ホール回るのに1回、25ドルぐらいだったでしょうか。

私は、この頃の遊び仲間と一緒に再び遊びでゴルフをやっていたんです。本格的ではなく、友達が打ちっぱなしやショートゲームに行くついでに付いていく程度で遊んでいたんです。特にショートゲームには通いました。

ショートゲームとは、グリーン周りやグリーンに近い場所からの比較的短い距離のショット、チップ・ショット、ピッチ・ショット、バンカー・ショットとパットの 4つの技術を活用しながらプレーするものです。パー3とパー4でコースが設定されていてパー3だと120ヤード前後、8番か9番で打つ感覚で楽しみ、パー4だと1打目にドラーバーで打つ、というアマチュアには調度良い感じの遊び場所なんです。

疲れないし、打って直ぐグリーンがあるので気軽に回ることができるし、寄せの面白さも味わえるので私のお気に入り、プロの真似をしてアプローチショットを試みていました。パターもグリーン上を観察して自分の描いたイメージ通りのライン上にボールを転がしてカップに入った瞬間の嬉しさといったら、ゴルフする人なら理解して頂けると思います。

そして一回だけフルコースに行ったことがあるんですけど、初めての私は92で回りました。パー4で生まれて初めてツーオン、見事パーを取った時にはやったぁ、という感じでした。でも後半、16番辺りになると集中力が途切れてショットがいい加減になっても疲れているから簡単に諦めてしまうんです。ゴルフって気力なんです、体力よりも。

ニューヨークでゴルフ

局、ロサンゼルスでもゴルフは遊び範囲から抜けきらず、いつの間にかやめてしまいました。そしてつい最近、20年ぶりぐらいにゴルフを再開したんです。イヤー、この歳になってゴルフをプレーするの良いです。体力的にも基礎体力を維持するのにいいですし、何より気分転換になります。私は今回、ゴルフは一生付き合うことになるスポーツ、趣味に昇格したなぁ、と感じています。アマチュアレベルで十分ですが、週一回打ちっぱなしに行って、月一か二ヶ月に一回、コースを回れればそれで良いかな、と。

ゴルフクラブも揃えてしまいました(安物ですけど)。自分のクラブで打つ楽しさ、家で素振りをしてしまう人の気持ち、分かります。ゴルフ関係の本も購入したし、何より昔と違うのはインターネットのお陰でゴルフ上達へのあらゆる情報が簡単に手に入るということ。ユーチューブでも動画で直ぐにゴルルショットなどのレッスンものが見つかるし、有難い環境です。

今現在はハーレムに住んでいるので近所にある打ちっぱなしの場所、ランドールズ島に週一で通っています。大人になって少しは考えることが出来るようになった私は試行錯誤の真っ只中。ショットは右に左に、偶にいい感じのショットが飛び出し・・・スイングに迷いが生じ、基礎体力を付けることから始めています。ホント、良い運動、気分転換できて最高です。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes