サッカー日本代表から勇気や感動をもらうことなどなくなった


サッカー日本代表

サッカー日本代表から勇気や感動をもらうことなどなくなった

「谷間の世代」と呼ばれたアテネ五輪世代に続く、 2 大会連続の 1 次リーグ敗退。日本サッカーの「谷間」は「谷底」へと広がった感が漂う。

23 歳以下で争われる五輪の男子サッカーは、ワールドカップ( W 杯)に次ぐ世界大会。日常的に高レベルを経験できる欧州と違い、日本にとっては「世界基準」を肌で知れる貴重な機会だ。だからこそ、より勝負の真剣度が増す準々決勝以降を逃したのは日本サッカー界全体の損失だろう。

1993 年の J リーグ発足を契機にした日本の右肩上がりの成長は育成年代の強化のたまものだった。「黄金世代」を擁して準優勝した 99 年世界ユース がそれを象徴する。言い換えればそこの経験値が下がれば、 A 代表も尻すぼみになる。黄金世代の賞味期限が過ぎ、その傾向が表れ出しているのはアテネでの惨敗とも無縁ではなかろう。北京での敗退はさらに暗雲を広げる可能性すらある。

今回の反町ジャパンには、既に A 代表デビューを飾っている選手もいる。望んだ結果は得られなかったが、彼らを中心に、悔しい思いをどう今後の糧にするか。(天津時事)( 谷間広がる連続敗退=日本サッカーにも警鐘 )

何とかなるだろう、が日本の戦略

重になりすぎて自分の今後のポストを気にしているような代表監督にさっぱり興味のなくなった五輪世代のサッカー日本代表選手たち。谷間の世代、谷底世代と勝手に呼ぶのは構わないが、もう少し日本のサッカーの現実を受け入れたほうがいいのではないだろうか?

アトランタオリンピックでマイアミの奇跡なるものを起こしてしまったからだろうか、どうもマスメディアはその辺のところを持ち出してドラマ感覚を意図して報道しているのだろうか?アメリカもナイジェリアもオランダにも日本は勝てない、と正直に報道したら売国奴と呼ばれるのだろうか?

アメリカは野球とかバスケットボール、アメフトの国でサッカーは弱い、という勘違いは一昔前に終わらしたはずだと思う。ヨーロッパでプレーする選手もいるし、国内リーグもアメリカ国内に多く滞在しているスペイン系の移民を中心にして盛り上がっているのだ。

人が集まればお金も集まるし、こうなるとアメリカは強い。本気でユース育成に取り込んでいるといってもいい。ナイジェリアは2大会前のオリンピックチャンピオン。ほとんどの選手がヨーロッパでプレーすることを目指す。とりあえずJリーグで活躍してから、というような甘ったれた環境ではない。

そしてオランダ。リヴァプールで活躍するライアン・バベル選手はじめ、ほとんどの選手が当たり前のように各国リーグで活躍している。これらの選手が出揃うチームと戦う日本。いくらサッカーは何が起こるかわからない、といわれてもチーム力はじめ個人能力には初めから差があったのはあきらか。

オーバーエイジはオリンピック経験のない者から選出

際経験が豊富でもない、オーバーエイジ枠を有効に使うわけでもない。今回の北京オリンピックから何を得るつもりでいたのだろうか? どうして日本のサッカーオリンピック代表のオーバーエイジ枠を政治家のような采配で穴埋めするのだろうか?

アテネオリンピックでは小野伸二が起用された。彼は自分がオリンピックの世代のとき怪我のためシドニーオリンピックには参加していない。そして今度は遠藤保仁。彼も時の監督フィリップ・トルシエの選択から外れている。まるでいまのA代表の中でまだオリンピックを経験していない人材を選んで、その穴埋めをしているみたい。

本気度ナンバーワン!

ルゼンチンやブラジルは違う。本気で勝ちにきているのがわかる。ブラジルのロナウジーニョはシドニーオリンピック世代。今日のアルゼンチン代表の試合を見てうらやましく思った。ボランチにはハビエル・マスチェラーノがいてバランスよく治まり、真ん中司令塔にファン・ロマン・リケルメ。これだと周りの選手は心強いよね。

そしてFWにリオネル・メッシが水を得た魚のように自由自在に動き回る。彼は若干21歳の北京オリンピック世代。その彼はロナウジーニョが抜けた FC バルセロナの10番を背負うことになった。

そうなのだ、世界のサッカーはオリンピック世代が当たり前のように UEFA チャンピオンズリーグ に出場するようなチームで活躍している。日本人からは当分、そのような人材は生まれないだろうなぁ。この記事のコメントを読む限り、視聴者のほうがよくわかっているね、何が起こっているのか?

マスコミや周りからチヤホヤされて天狗になってるからこういう結果になる。髪の毛など染める時間があるならもっと練習したらどうだろう。(無理にマスメディアに取り上げられたって噂もあるほと、この世代のサッカーは弱すぎる)

ずっと見てたけど、選手の勝とうという意志・意欲がまったく伝わってこなかった。アルバイトしながら遠征費などを捻出している女子ホッケーを見習いなさい。(若い世代にいくほどメンタルな面でひ弱になっていく日本人代表選手たち)

ってか、勝てると思っているほうがおかしいのでは? ナイジェリアはこの世代で世界 2 位に輝いている。アメリカはアドゥー世代がブラジルを破っている。オランダは欧州の大会を連覇している。勝てる要素など最初から僅かしかなかった。その事実を報じないメディア、分析できないファンが馬鹿なだけだろ。(希望的観測で国民に勇気を与える姿勢事態がもう時代遅れなんだけど、昔のようにマスメディアは国民一体となって日本を応援していると思いたいのだろう)

他国がOA枠を使ってるのにサッカー後進国のJAPANはゼロ人って・・・初めかっらオリンピックは育成目的だったんじゃないかな。勝てると思っていたのは、サッカーを知らないマスコミとマスコミに踊らされてる国民だけだったんじゃないかな。(日本サッカー協会は危機感を持ったほうがいいのでは? 日本のサッカーマーケットはきっと縮小するぞ)

日本サッカールール

  1. シュートは打たずパスを出す
  2. OA 枠は禁止する
  3. 選手村は利用せず、高級ホテルを使用する
  4. 相手ペナルティエリアに入ったら 3 回以上はパスを回す
  5. プレイよりも容姿を磨く(これは笑えた!)

本的なところから変えていかないといつまでたっても日本代表は、というか日本のサッカーはこの状態のまま、気がついたらアジア周辺国にも実力を抜かれているんだろうなぁ。

仲良くしなくてはいけないプレッシャー、いじめ社会、周りや他人を気にする、人の顔色を伺う、自分の待遇を気にする、大胆に行動することを恐れる、責任を上手く逃れる、責任がどこにあるのかうやむや、とりあえず何とかなるだろう、知らない、関係ない、面倒くさい、無理、しょうがない、まっいいか、何にも考えていない!

日本代表のサッカーは日本の社会を象徴しているようだ! 今の日本人に闘争心を望むことは無理なのかもしれない。中田英寿や田中マルクス闘莉王のような人材が出てくることを期待するのは無駄なのだろうか?

闘争心とは?

チローのエッセイを書いていて「闘争心」という言葉を多く使っていることに気がついた。海外で日本の外で闘うことの意味するところはなんであろうか? それは自分自身のアイデンティティーを確立、証明するためのものだが、日本のみんな仲良しぬるま湯的環境で育ってきた牙のない今回のサッカー日本代表選手たちには理解することなど難しいに違いない。

もういい加減このような国際大会を利用して選手個々の国際経験値を上げるというのを卒業したらどうだろう? 海外のレベルを知った、世界との差を感じたというのはもう聞き飽きた!

選手たちは普段のサッカーの環境の中から国際感覚を養うべきで、つまり自分をできる限り普段からアウェイで戦っているような環境に身を預けない限り、自分のアイデンティティーを闘うことで勝ち取る、という気概のようなものは絶対に生まれてこない。

草食動物対肉食動物

草食動物のようにしか戦えないのがいやならば、自ら牙をもって日本の外へと向かうしか方法はないような気がする。日本の社会全体に言えることだが、日本男子が外に視線を向けなくなったことは危険な兆候なんだけどなぁ。

心を高く持て

20 代は、ちょうどオスの若い像が、それまで長い間一緒に暮らしてきた群れと離れて、ひとりジャングルの中へと向かい、やがて密林の王者となる過程とそっくりである。このときに心を高く持って努力する 20 代と、低俗な生活に満足してしまう 20 代とでは、生きていく意味が全く違ってしまう。( 鈴木健二 – 男は 20 代に何をなすべきか)

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes