サッカー日本代表サポーターへの提案


ミシェル・プラティニ

サッカー日本代表サポーターへの提案

勝トーナメントからの本気度。金曜日からいよいよ 2006 FIFA ワールドカップ 準々決勝が行われるが、きっと日本以外の試合も多く見てきてなんで日本代表にはこのようなプレーヤーがいないんだろうとか、日本代表もこのように試合できないかなぁとか、いろいろ見えてきていると思う。

2006 FIFA ワールドカップ 決勝トーナメントの最初の試合、 アルゼンチン対メキシコ、ポルトガル対オランダのゲームはすごかった。本当に戦いというサッカーをしていた。アルゼンチンの鋭い攻撃、フアン・ロマン・リケルメからのボール捌き、交代2人の FWカルロス・テベスとリオネル・メッシは前への突進をあきらめない。何度もドリブルでしかけるあのたくましさ。

それに対してメキシコも決して走り負けしないチーム。延長の末決まった2-1というスコアからは死闘を繰り広げたイレブンたちのものすごい戦いを見ることになった。ポルトガルとオランダのゲームもすごかった。

まさに削りあいというようなフィジカルの試合だったが、もし日本が決勝トーナメントに残っていてもこのような荒いフィジカルの戦いには互角に戦えなかっただろう、という妙な安堵感、決勝トーナメントに進んで恥をかかずにすんだ、というような。

見ただろうか? 最後のホイッスルの瞬間、ピッチに倒れこんでいたオランダ人選手の数を。日本は中田英寿だけだったこの事実。点を取られようがレッドカードで10人に減らされようが絶対に負けないぞ、という戦う姿勢。あのようなプレーに国民は感動し、勇気をもらう。

元オリンピック日本代表監督と努めた山本昌邦監督が言っていた言葉が甦る。「世界との差はペナルティーエリアに入ってからだ」と。その他にも今後の日本代表に必要な要素は、他の国のチームにたくさんあるはず。是非それを目の肥やしにして日本サッカー代表サポーターへの知識の蓄積として全体の底上げをしていかなければいけないと思う。

悔しさの歴史

にあまりたくさん欲しくはないが悔しさの歴史、というのは必要だろう。戦って負けた、戦わずして負けた。このような感情を国民が共有することができれば、というより長 いサッカーの歴史、文化を日本で育てるためには絶対に必要。

大韓民国はトーゴとの戦いで見事逆転勝ちしたが、 2002 FIFAワールドカップのホーム以外で行われた FIFA ワールドカップで勝ったはじめての試合である。それまでは日本よりも FIFA ワールドカップ出場回数は多いが一度も勝ったことがなかった。これなどは屈辱の歴史であろう。

フランスも 1998 FIFAワールドカップでは自国開催FIFA ワールドカップで見事優勝したが、その前の1994 FIFAワールドカップではヨーロッパ予選で負けたから出場していない。

1994 FIFAワールドカップでの予選ではエリック・カントナ、ジャン・ピエール・パパンらを擁しなかなかに強力なチームだったが、残りホーム 2 試合で勝ち点 1 を取ればいいという状況から連敗して敗退してしまう。最終のブルガリア戦は「パリの悲劇」と呼ばれ、深い傷とその悔しさから来る力の源となった。

韓ワールドカップではあのオランダが出場を逃している。仮に出場していてもフランス、ポルトガル、アルゼンチンのようにグループリーグで敗退という悔しさを経験している国もある。日本にもこの悔しさの歴史の蓄積が必要なのかもしれない。

ブラジルだって今は強いが、 1982 FIFAワールドカップはイタリアに1986 FIFAワールドカップはフランスに、そして 1990 FIFAワールドカップはアルゼンチンのディエゴ・マラドーナに決勝トーナメントの最初の試合で負けている。

だからサポーターには世界のサッカーを肌で感じ、世界のすごさを経験し、日本代表にとってプラスになるような要素を蓄積する必要があると思う。

FIFAワールドカップ観戦史

FIFA ワールドカップをかなり昔から観てきた、という人はどれぐらいいるだろうか?  僕が始めてみた FIFA ワールドカップは 1978 FIFAワールドカップ。決勝でアルゼンチンのマリオ・ケンペスの紙吹雪の中のドリブルからのシュートが今でも目に焼きついている。

1982 FIFAワールドカップではイタリアの FWパオロ・ロッシという物凄い選手がいて、シュートと一緒に自分までゴールに入ってしまうような勢いのある FW だった。1986 FIFAワールドカップでは明け方の中継を見ていた。あのブラジルとフランスの試合はすごかった。

FIFA ワールドカップで優勝したことのないフランスの将軍ミシェル・プラティニの執念が PK 戦を制した。まさかのジーコ、ソクラテス、 PK 外すシーン。大会全体ではディエゴ・マラドーナの FIFA ワールドカップとなってしまったが、フランスの将軍ミシェル・プラティニにすっかり魅せられた自分はフランスのユニホームを買ってしまった。

1990 FIFAワールドカップでイタリアのファンになり、ロベルト・バッジョ時代が始まる。あの時は自分もイタリア人に生まれたかったなぁと思うほどイタリアに魅せられた。1994 FIFAワールドカップで生まれてはじめてのライブでの観戦を達成し、サッカー文化ができていなかったアメリカのお陰で3位決定戦スウェーデンとカメルーンの試合を20ドルで見ることができた。

そして 1998 FIFAワールドカップ。この辺からほとんどのサポーターは FIFA ワールドカップ というものに関わってきたと想像するが、今の2006年ではインターネットの環境もあの頃とは比べ物にならないぐらいに進歩していくらでもサッカー共通知識を積み重ねることが可能な環境になったとおもう。

金曜日からの準々決勝は1試合、1試合がものすごい戦いになる。是非、それらを目に焼き付けて欲しい。サッカーはそれほどすばらしいスポーツ。

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes