ジャパンブランド、ロボット化する調理器具によって味のバラツキを無くす、リンガーハット


リンガーハット

ジャパンブランド、ロボット化する調理器具によって味のバラツキを無くす、リンガーハット

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「強烈デフレの戦い方!ピンチの時こそ決断だ!リンガーハット」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

ちゃんぽんの全国チェーンはリンガーハットだけ

ゃんぽんといえばテンコ盛りの具沢山ラーメン。その名前の由来は何処かといえば、まかない料理から来ているとか?! 昔の長崎には福建省出身の華僑が大勢いたので、その人々が交わす“ご飯を食べましたか?”の挨拶言葉、シャーポンとか、セッポンという言葉から転じて“ちゃんぽん”になったのが名前の由来らしいです。

そのちゃんぽんを提供しているレストランといえば、リンガーハット。現在、長崎ちゃんぽん528店舗(海外9店舗)、浜勝106店舗、ちゃんぽんの全国チェーンはリンガーハットだけです。従業員9300人、売り上げ346億円。リンガーハット、客の6割は男性だとか。その理由は? 麺増量できます、最大2倍まで無料できる嬉しいシステム。男性には嬉しいお腹いっぱいまで食べられる仕組みです。その麺は自社製麺、国産小麦使用しているとのこと。

200店まではずっと鍋で炒めていたそうです。しかし味のばらつきが出る、あそこの店は美味しかったけどこっちはまずいとのクレームも頻繁に頂くことに。他にも土曜日、日曜日、鍋一つで混雑する厨房、お客を40分間待たせたとか・・・これらのクレームが創業時からあり、如何にしてお客のクレームをなくすか、ということに取り組み、工場から全部変えていったそうです。仕組みを変えるのに全部作り替えた、10年間かかった、と。

繰り返し食べに来てもらえる、癖になるような味を作ろうと。炒める、煮るの2工程ある麺類はあまり存在しない、だから中々チェーンになりにくいと、リンガーハット代表取締役会長兼社長米濵和英氏、仰っていました。

不思議外食チェーン、メイン料理は2種類

長崎ちゃんぽん590円。具沢山、野菜、豚肉、魚介、かまぼこなどの具材11種類。豚骨と鶏ガラの合わせスープに太麺が絡む。皿うどん590円。始めパリパリで後から柔らかくなってくる。このメイン料理二つでリピーターを通わせている仕組み、リンガーハット。

不思議外食チェーン、ユニーク厨房

回転炒めマシーン、野菜などを調理する、炒め時間45秒。ちゃんぽんは炒めた野菜と麺を煮込む、煮込み加減の難しい料理。そこで開発したのが、スライド式ちゃんぽん煮込み機!最初のIHヒーターでひと煮立ち、26秒で自動的に隣へ移動します。そして麺を裏返す、再び26秒で隣へ移動。ほぐして煮込む、次へ。再び沸騰させる、出来上がり、2分弱で出来上がります。煮込み過ぎや煮込み足らずの商品が少なくなった、と。

不思議外食チェーン、機械まで自社で作る

玉ねぎ芯取り機、芯だけ抜き取る機械、リンガーハット独自開発です。他にもキャベツのスライサー、カットされた一つ一つが長方形。サイドメニューのチャーハン用の米を炊き上げている家庭用炊飯器、その数60台、回転する炊飯マシーン!1時間で1回転、大きな釜よりムラなく仕上がる、リンガーハット特許取得。

生産技術研究所、オリジナル機械の開発・製造

外注で委託で作ると開発費が高くなって原価が上がる。そこで自分たちで研究して試行錯誤しながら作っている。試作品の一つが餃子自動焼き機、開発中商品で最終目的は回転式餃子焼き機というもの。IHヒーターの上を回転させ、4分かかる焼き時間を1分に出来ないかと研究中です。

番組を見終わって、あとがき・・・味のばらつきを無くす調理ロボット開発

が注目したのは味のばらつきを無くそうとして開発されたユニークな厨房システムです。メイン料理を2種類だけに搾ったという戦略もお見事。炒める、煮るという同時進行的な他者が真似できない調理法の料理を極めたというところもマーケット独占、という意味では凄いです。

現在では海外9店舗(タイ・台湾・アメリカ)というリンガーハット。2020年、海外で半分を稼ぐ会社にしようという試みは弊社ならば出来るという自信の現れかもしれません。味のバラツキを無くす調理ロボットがあれば、厨房に入る人間が日本人である必要はありません。メイン料理2品というのもシンプルで扱いやすいですし、海外へ進出しても勝てるのではないでしょうか。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「強烈デフレの戦い方!ピンチの時こそ決断だ!リンガーハット」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家、インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、基本的スタイルの2品メインにして、味付けを進出した先の人々の味好みに仕上げる工夫をすれば充分、リンガーハットは世界マーケットへ浸透していけるはずです。日本のもの、そのもの(味付け)を現地マーケットに押し付けなければ、ユニークな厨房システムが味のばらつきを無くしてくれますから現地人に任せても大丈夫でしょう。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

ロボットが職場を奪う、というのは調理人レベルまで来ているんです!私も驚きました。( 世界の飲食店サポートロボット8選。未来の飲食店のベクトル )ヌードルボット、寿司ボット、アイスクリームボット、ハンバーガーボット、ピザボット、バーテンダーボット、ラーメン職人ボット、そしてウェイター、ウェイトレス驚きのウェイターボット。

人間に残された領域、それはクリエイティブを発揮できるエリアです。お寿司のネタを想像してロボットに作らせる、アイスクリームの新商品を開発してロボットに作らせる、カクテルなどもクリエイティブを発揮して新しものに挑戦していく。右脳がどんどん大事になってくるんです。データーなどはどんどん集まってくるでしょうからそれらの分析なんかはコンピューターに任せて、人間はもっとプリミティブに近づいていく気がします。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

長崎発!地方食の人気チェーン

長崎郷土料理の「ちゃんぽん」と「皿うどん」。この2つをメイン商品に据える長崎発の外食チェーン、リンガーハット。「一度、食べると癖になる味」と、実はリピーター客も多い。
最大の売りは、野菜はすべて国産を使っていること。しかも、鮮度へのこだわりは半端じゃない。その日に使う分だけを毎日、店に届けているのだ。今やリンガーハットは、グループで全国に634店舗を展開、売り上げは346億円にまで成長した。この巨大チェーンを率いてきた米濵だが、創業から50年、幾度となく襲いかかる危機を乗り越えてきた。競争激しい外食業界を生き抜いてきた、強い経営とは。

リンガーハットの始まりは、50年前、長崎で米濵が兄と共に立ち上げたとんかつの店にさかのぼる。ところが、兄の急死により32歳で社長を引き継ぐことに。以来、米濵はリンガーハットの全国展開を指揮。念願の東証一部上場も果たした後、後任を外部から招き入れて社長を退任する。だが、その後リンガーハットは迷走する。低価格競争の嵐が吹き荒れ、赤字に転落したのだ。米濵は社長復帰を決断し、リーマンショックの中で大胆な改革に乗り出す。ちゃんぽんの野菜全てを国産にし、値上げをしたのだ。デフレの中、あえて高品質を打ち出したことで客が戻り、見事V字回復を成し遂げた。ピンチの時こそ問われる決断力。信じた道を進んで得た勝利だった。

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes