ジャパンブランド、万国共通幸せの象徴赤ちゃんに安全安心な商品で育児専念、ピジョン


ピジョン

ジャパンブランド、万国共通幸せの象徴赤ちゃんに安全安心な商品で育児専念、ピジョン

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「中国をつかんだ世界最強の哺乳瓶!ピジョン」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

中国をつかんだ世界最強の哺乳瓶!ピジョン

中国13億、インド12億、東南アジア6億…今や世界人口の半分がひしめき合う巨大市場アジア。縮み続ける日本市場の隣に現れた“宝の山”をいかに奪うか…今企業は、まるでゴールドラッシュのようにアジア攻略にしのぎを削っている。しかし…反日、洪水、政情不安。その攻略は、一筋縄では行かないのも事実。

年商650億円、2ケタ近い増収増益を記録し、2012年の日経総合企業ランキングの投資家部門で1位を獲得した成長企業ピジョン。ピジョンは、日本初のキャップと吸い口のゴムが分かれた、現在の哺乳瓶の原型を考案して以来、赤ちゃん製品全般を扱ってきた企業だ。

創業者の仲田祐一が日本中1000人近い女性のおっぱいを実際に吸ってみるという、驚愕の開発手法で始まった、本物を追求した哺乳瓶の吸い口…。その圧倒的な商品力が中国市場を攻略、今や中国全土で14000店の店でピジョンの製品が扱われ、海外比率は40%にまで高まった。巨大市場をがっちりとつかんだその戦略に迫る!

世界中の生活習慣を調べる

  • 日本では季節限定商品、海外では一年中
  • 日本では在る年齢層、少子高齢化社会
  • 子供が少ない、海外子供が多い(教育、娯楽)
  • 労働人口少ない、海外労働人口多い(中流層拡大)

日本のマーケットの倍

  • 中国(13億人)
  • インド(12億人)
  • 東南アジア(6億人)

哺乳瓶の鬼、創業者仲田祐一

ジョン、ベビー用品の総合ブランド。扱っている商品は哺乳瓶、おしゃぶり、お尻拭き、離乳食の調理器具などの赤ちゃん関連商品。哺乳瓶に至っていは国内シェア8割以上、ビジョン売上高2011年、日本全国出生率が減る中、591億円という数字をたたき出している。

1957年、ピジョン哺乳器本舗設立。日本初のキャップ式哺乳瓶の誕生である。創業者仲田祐一氏は理想的な哺乳瓶開発にのりだす、本物の母乳が出る乳首に負けない理想の吸い口を。が、赤ちゃんにその吸い心地を聞くわけにはいかない。仲田氏、夜の街へ出没し、水商売の女の人で赤ちゃんを産んでおっぱいがでる人にお願いして吸わせてもらう、“理想の哺乳瓶を作るために協力してもらえませんか?”と。

エコー画像で口内の動きを記録・分析

ちゃんの口の中はかなり複雑な構造になっている。赤ちゃんの口を開けると大人にはないが、上あごの上の所に溝がある、哺乳窩という(ほにゅうか)。その溝に乳首の乳頭部分がはまる、はまり込んで舌でしごくような感じで飲む、ぜん動様運動という。

中国富裕層に売れまくる啓蒙活動、ピジョンの戦略1

ジョン上海、2002年設立、売上高101億円、社員70人。産婦人科をメインとする病院、子供が生まれる率が高い病院で毎月1000人以上生まれている。母乳育児相談室があり、出産を控えた妊婦向けに母乳・育児のアドバイスを行う。ピジョンが運営をサポートしている。

中国32省の拠点病院に開設。母乳相談にした理由は? 中国の病院の特徴として哺乳瓶は一切推奨しない、哺乳瓶で話を持っていたったら全部断られるから。哺乳瓶を外した他の商品で病院に対して啓蒙を始める。ピジョンは母乳関連の搾乳器や搾乳関連商品いっぱいある。

病院、産院での普及活動、看護婦さんにピジョンの商品を知ってもらうのが狙い。その中で使う哺乳瓶とかいろいろな商品を提供できる。母乳ってすごい大事なんですよ、というポスターがあちこちに張ってあるが、ピジョンはスポンサーだからポスターにロゴを入れてもいい。ピジョンの宣伝をしているかのようだが、母乳がいかに大事かしか書いていない、と。

模倣されるだけ有名になってきている、ピジョンの戦略2

ジョン製品、中国全土、1万4000のお店で販売している。パッケージに関しては完全に本物と同一のコピーをしている商品が出てきている。ピジョンの対策、店頭でお客が商品が本物か偽物か分かる状態にして販売できるサービスを開始、製品に貼ってあるラベルに工夫が施されている。設置されたスコープで商品のある部分を覗く、ピジョン正規品の文字が浮き出てくるという仕組み。偽物は安いが本物のピジョン製品は高くても消費者ニーズが存在している。

中国市場、どのくらいの規模になるのか?

上全体の大体2割、中国市場から。中国の市場は年に1700万人赤ちゃんが生まれる、日本が100万人だから17倍。高い商品が売れる理由、6ポケット? 一人っ子政策、この子の元に両親がいて、その二人の両親、おじいちゃんとおばあちゃんと6つの財布から資金援助が頂けると・・・中国で完璧なビジネスモデルが出来上がったと市場が判断、株価最高値更新中。

番組を見終わって、あとがき・・・万国共通赤ちゃん関連商品の強さ

子高齢化社会で生まれてくる赤ちゃんは希少ですから大事にされるでしょう。安全安心なものをというのは少々高くてもピジョンの製品を、ということに繋がります。海外の新興国市場で誕生している新たな富裕層、人口規模が日本の倍ですからパイが小さくても軽く日本の全人口を超えます。そのような市場獲得を目指していく。

世界の人口はこれからもどんどん増えていくわけですからまだまだチャンスは有ります。赤ちゃんが行うぜん動様運動は世界共通!白人だから、黒人だから、ぜん動様運動が日本人の赤ちゃんとは違うということは有り得ないわけです。世界中の赤ちゃんに共通です。ピジョンの哺乳瓶は支持されるでしょう、母乳が出る本物の乳首に負けない吸口なんですから・・・

追伸(2014年12月):高い商品が売れる理由ということで6ポケットのお話が出ていましたけど、それだけではない気がしてきました。新興国市場の富裕層消費レベルが力をつけてきているのです。少子高齢化に伴って日本のマーケットは恐ろし勢いで今後縮小していくだろうことは、次の投稿記事( いま、物凄い勢いで「日本の中流層」の生活文化のレベルがアジアに抜かされている現実  )を読んで私は確信しました。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「中国をつかんだ世界最強の哺乳瓶!ピジョン」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも幸せの象徴、赤ちゃんは生まれるわけですからこれから経済規模が大きくなってくる地域で出生率が高まれば、ピジョンが提供する安全安心な育児関連製品のニーズは充分在ると思います。日本の製品は安全安心というのはジャパンブランドが与える付加価値です。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

ハイテクと違って、新しい技術が出てきたからといって哺乳瓶が直ぐに売れなくなるわけではない、とピジョン社長大越昭夫(おおこし・あきお)氏は仰っていました。赤ちゃん関連商品への開発分野でのテクノロジー利用は進むでしょうが、哺乳瓶自体は無くならない?!そうかもしれません、赤ちゃんは母乳で育てるのが一番ですから・・・

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes