ジャパンブランド、世界に届ける美味しいもの(ジャム、ジュース、ドレッシング、調味料、スイーツなど)、セゾンファクトリー


セゾンファクトリー

ジャパンブランド、世界に届ける美味しいもの(ジャム、ジュース、ドレッシング、調味料、スイーツなど)、セゾンファクトリー

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活26年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「山形から全国へ!究極のおいしさ目指す“食のブランド”、セゾンファクトリー」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

デパ地下で大人気!雪の山形で手作りする絶品

ゾンファクトリー、ジャムやドレッシングなど果物・野菜の加工食品。大丸・松坂屋・伊勢丹など百貨店を中心に全国29店舗。本社工場は山形・高畠町、従業員はパートも含め260人、年商30億円。高級感ある雰囲気作り、棚には綺麗な瓶付の商品がズラリと並びます。

徳之島産、島のグァバジュース、1620円。新潟県、佐渡の黒いちじくジャム、3240円。青森県、蔵出しりんごジュース、1296円。すりおろしにんじんドレッシング、810円。鳥ちゃんこ鍋黒酢清湯、1575円。黒酢玉ねぎドレッシング、648円。雪かぶりふじ林檎ジャム、864円。高畠だいこんすりおろしポン酢、864円。天空の苺スカイベリー、4860円。チーズケーキタイププリン、1本540円。

セゾンファクトリーの拘り

品作りは手作業、瓶詰めまで手作業という徹底ぶりその1です。厳選した絶品素材、地元山形を中心とした食材、全国のこだわり素材を探しまわり旬の食材を使うという徹底ぶりその2です。今現在では山形以外の国産素材が約4割、国外から3割、山形から3割ということです。

着色料を使わない、素材自体から色を取り出す徹底ぶりその3です。一度に操作する釜は決して大きいわけではありません、理由は自分たちの目の届く範囲だからというもの。品質を保つためあえて少量生産、素材を収穫するタイミング、ある時期にしか取れない良いもの収穫する徹底ぶりその4です。素材に合わせてレシピーの微調整を行っています。

期間限定商品、季節ごとに様々な商品を出しています。セゾンファクトリー、旬の工場という意味。年間にすると400から500種類の商品数になるそうです。新しい美味しさを作っていくのが加工食品、少量多品種の典型だと齋藤峰彰社長は仰っていました。

旬には3つの時期があり、はしり、さかり(最も美味しい)、なごり、と続きます。はりしはドレッシング、鮮度感をアピールです。なごりはジャムやジュース、熟成感を活かした商品作りとなります。

番組を見終わって、あとがき・・・少量多品種に何処まで拘れるか

く魅力的な商品を提供しているという印象をまず抱きました。海外でも絶対ニーズがあること間違いなし。高級路線で行っても充分に価値ある商品ということが広く知れ渡れば、海外の富裕層なんて日本の消費者の何倍ものお金持ちですから瞬く間に人気商品、セゾンファクトリーは有名になると思います。ただ疑問点もいくつか浮かび上がりました。

手作りにこだわるのは素晴らしいことです。しかしいつまでそれを続けていくつもりなのか?勿論、人材を確保できている間はいいのですが、手作りにはやはりどこかで最終的な仕上がりにムラが出てきてしまいます。セゾンファクトリーはあくまでも少量多品種に拘る、というのならばそれはそれで良いのですが、いつまでそれらに拘れるのかということが疑問点です。

今現在日本国内だけで手に入るセゾンファクトリーの商品。しかし今の時代、良いものはあっという間に世界中に広がりますから、ニーズが向こうからやってくるでしょう。そして日本の消費者が支払う金額よりも遥かに高値の値段で勝負しても問題ないと分かった時に、生産者と協力して大量生産に踏み切るのかどうか?

製造ラインを自動化、ロボット化、など最新テクノロジーで武装していくのか? 流通は否が応でも発達進化していきますからセゾンファクトリーの商品を世界に届けることは不可能ではなくなるはずです。そしてこれが一番の問題だと思うのですが、仮にセゾンファクトリーは国内だけの市場を目指す、となった場合、きっと何処かの誰かがセゾンファクトリーと同じようなやり方で世界を目指すところが間違いなく進出してくることです。

農産物の生産量は間違いなく品質、量共にテクノロジーの恩恵を受けるでしょう。安定的に高品質の食材が手に入る環境は間違いなく整うはずです。後はそれらをどのようにして加工、付加価値を加えていくのか? 手作りにこだわっていた部分を自動化、ロボット化でも補えるようになる日は必ず来ます。そして美味しいものを手に入れたいニーズは世界中にあるのですから、誰かが必ずやります。セゾンファクトリーの今後に注目です!

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「山形から全国へ!究極のおいしさ目指す“食のブランド”、セゾンファクトリー」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でもセゾンファクトリーは広く知られていることでしょう。少量多品種をやめて、品質を落とさない大量生産を実現できていれば、必ずマーケットシェアを取れます。海外富裕層の購買力レベルは日本の消費者の比ではありません。良いと広く知れ渡れば必ず需要は沸き起こるでしょう。セゾンファクトリーがやらなければ誰かが必ずやっています。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後3、4年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

農産物の生産量は間違いなく上がるはずです。品質、量共に確保できれば、食材を2次加工して付加価値を与えることができる生産者にはチャンス到来です。出来上がった優れた商品の製造ラインも自動化、ロボット化で対処。流通面でも必ずテクノロジーの恩恵が広く社会に浸透しているはずですから、良い物を提供できる生産者は世界をマーケットにビジネスを展開できるのです。後はやるのかやらないのか!あなたがやらなければ、どこかの誰かが必ずやります。

セゾンファクトリーが拘る旬の食材を品質、量共に確保できるか? 私は出来ると思います。バイオテクノロジーの進化発展は必ず起こりますし、齋藤峰彰社長の手作りに拘る思い、というのもテクノロジーが解決するはずです。人間が行うような丁寧な手作業、ロボット化出来ると思います。

セゾンファクトリーは旬の食材を活かす最高のレシピーの開発に力を入れて、それらを知的財産として所有する。大量生産時代が来ても、これらのレシピーと旬の食材を大量に品質共に手に入れることができる環境が整えば、セゾンファクトリーは世界的規模でマーケット展開できるのではないでしょうか。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes