ジャパンブランド、中小食品メーカーから生まれるハイブリッド商品は1坪店舗で販売、生産者直売のれん会


生産者直売のれん会

ジャパンブランド、中小食品メーカーから生まれるハイブリッド商品は1坪店舗で販売、生産者直売のれん会

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「“1坪店舗”でうまいものを売りまくる!地方の逸品を発掘する“食の伝道師”生産者直売のれん会」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

大繁盛!駅ナカ1坪ショップ

京・港区、汐留シオサイト地下通路にある1坪ショップ。禅ドーナツ(東京・白金台)禅ドーナツ230円を販売しています。油で揚げず焼いて作るので健康的で人気食品。JR横浜駅の1坪ショップでは「かわいや」(札幌市)窯焼きポテト680円、徳永製菓(広島・福山市)豆徳の豆菓子3袋1050円、みながわ製菓(新潟・上越市)、河内駿河屋(大阪市)の食品を扱っています。

生産者直売、のれん会、工場直送

坪ショップ、地域も売るものもバラバラだがある一つの会社が運営しています。東京・浅草にある「生産者直売のれん会」、社員50人、平均年齢28歳。社長は黒川健太氏、38歳。駅ナカの1坪ショップの市場規模はどこにも統計データーはないが膨大なはず、と黒川氏。全国の食品メーカーにとってなくてはならない存在になれると信じてやっているそうです。

優れた商品を作っているのに流通ルートやノウハウがない中小食品メーカーに代わって販売を担う会社、現在100社が会員となっています。入会金500万円、会費月10万円。のれん会は中小食品メーカーの商品を買い取り、店舗作りから販売まで引き受ける、というもの。売れ残っても返品しないので中小食品メーカーにとってはリスクは少ない、と言います。

一番の成功例

JR東京駅、八天堂、京葉ストリート店。1坪(畳2枚分)ほどの大きさのお店ですが創業昭和8年、広島みはら港町から来た八天堂、くりーむパンを1個200円で販売しています。フワフワのパン生地にクリームがしみ込んで、パンというよりスイーツ。冷やして食べる、美味しい食品で大人気です!この店だけでも多い日には3000個も売れるヒット商品になりました。

1坪ショップで儲かる極意その1、神出鬼没

1坪ショップ最大のメリットはどこでも簡単に店を出せることです。例えば東武野田線・大宮駅、改札口近くの空いている空間に1坪ショプを開きます。出店期間は1週間、設備も準備も「のれん会」が担当します。お店を開設するのに僅か1時間で何もなかった空間に1坪ショップ完成、この身軽さが最大の強みです。東京を中心に全国で1日約30店、出店しています。

売る食品はマンゴープリン1個250円、販売員も「のれん会」のスタッフです。今だけ、ここだけ、という限定感が買う気をそそるとか。駅なのに払う場所代(テナント料金の相場)、売り上げの20%前後。店を構える場合に必要な保証金や月々の家賃もいらないし、資金力がなくても一等地にお店が出せる仕組みです。

1坪ショップで儲かる極意その2、何でも自分でやる

店舗づくりにも儲かる秘密があります。東京・台東区、生産者直売のれんかい、寿倉庫にて壁や陳列台などを作っています。必要なものは外注ではなく「のれん会」社員の手で作っているのです。店舗デザインも自前で行うそうです。自前でやる最大の理由は勿論コストダウンだけど、それ以外にも大きなメリットが存在している、とか。

自分たちで作るから前回の反省点を踏まえて、新しい仕様に早く仕上げることができる、と。例えば以前のマンゴープリン売り場は高級感を演出するために黒を基調にしていたが1日の平均売り上げ、5万6000円。そこで今回はお店のイメージをマンゴーのオレンジ系にすると1日の平均売り上げ、22万5000円にアップしました。

1坪ショップで儲かる極意その3、感動を伝える

禅ドーナツを製造する、八千和工房。「のれん会」販売員が訪問しています。自分が売る商品の特徴や作り手の思いをお客にしっかり伝えるため、こうして製造の現場まで足を運び、勉強しているのです。

宮城・石巻港、木の屋石巻水産、食品缶詰メーカー。東日本大震災で被災、従業員は泥の中から缶詰を拾い出しました。この会社の缶詰の特徴、大手メーカーは通常冷凍物を使うが木の屋は石巻港で水あげされた新鮮な魚を生のまま缶詰にしていきます。

復興支援にと乗り出したのが「のれん会」。木の屋の苦労も拘りも知っている、消費者に伝えたいという想い。東京・調布市、深大寺、境内に出された1坪ショップで東北復興支援販売会を開設。木の屋、さんまの缶詰1個350円で販売。気軽な1坪ショップだからこそどこにでも生産者の思いを届けられると黒川氏は仰っていました。

どうして入会金500万円なのか?

しい食品流通をメーカー連合でつくる、という事業コンセプトでやっている「のれん会」。 そのためには億単位の受発注システムを作ったり、物流センターを各地に手配するため5億円くらい必要なじゃないかと考えました。それを100社で分担してもらおうと割り算で500万円になった、とのこと。

ビジネスにはリスクが必要で、リスクをある程度取らないとモチベーションも上がりません。500万円、ちょっと高いかなというくらいの方が、食品メーカーももっといいものを作らないとないけないなぁ、と思うだろうし、事業なので投資を回収しないといけないので必死にならざるをえない、というもの。

「のれん会」は小売業だが小売業をやっているつもりはない、生産者支援事業、だと。お客がいるところに自分たちが出向いて行った方が、ものは売りやすいと思う、と黒川氏。デパ地下とか日帰り温泉施設とか、お祭りや自治体のイベントなどにも1坪店舗を出させてもらているそうです。

これまでに「のれん会」は小さな失敗を山ほどしている、と。大きな失敗をする体力はない。やっていく中で良いものを作る会社ほど販売は得意ではないことも分かってきた、と。全国の数限りない食品メーカーを回り、無名で百貨店でも見かけない商品を食べてみると、感動する商品がたくさんあることに気がつきます。

2007年、生産者直売のれんの会を設立。「のれん会」は販売力のない中小食品メーカーに代わって店を出して商品を売る、中小食品メーカーには良い商品づくりに専念してもらう、というスタンスです。

八天堂との出会い

島・三原市、八天堂、三原港町本店。八天堂売り上げ、2008年度1億7000万円でした。それがくりーむパンのヒット後、2012年度16億円に! 2008年、「のれん会」に加盟しました。社長は森光孝雅氏。

1933年(昭和8年)創業の菓子店、1991年、パン店を開業、広島県内で10店舗まで拡大します。しかし拡大路線が裏目に出て、2001年赤字に転落。なんとかしなくてはと新商品開発、冷やして食べるクリームパンを試行錯誤の末、完成させます。クリームの混ぜ具合、カスタードクリームとホイップクリームを混ぜていくのですが、クリームを混ぜ過ぎないところがキーポイント。このクリームを焼きあがったパンに後から詰めていくのです。

八天堂のくりーむパンの販売を引き受けた「のれん会」、出来たばかりで信用も実績もない「のれん会」に店を出させてくれるところはどこにもなかったそうです。2009年2月、東京・北区、十条銀座商店街。シャッターが下りたままのお店の前に冷蔵ケースを持ってきてクリームパンを売り始めました。

お客が1個200円の冷たいクリームパンに非常に興味を持って買ってくれることがわかり、その後、1台の冷蔵ケースとクリームパンを持って都内の商店街で売りまくります。東京・板橋区、遊座大山商店街、東京・品川区、戸越銀座商店街などへ。

この噂を聞きつけたのが東急電鉄、店を出して欲しいというオファーが届き、遂に2009年5月、渋谷駅の地下で販売することに! 八天堂との出会いがなければ今の「のれん会」はありえない、と。「のれん会」との出会いがなければ今の八天堂はありえない、と、お互いの社長のお言葉です。

局地市場の覇者の意味は?

る力がなければ商品力に比例して会社が成長するわけではない、と黒川氏。非常に魅力的な大きな市場があったとしても、そこには大きな資本体力があり大手が入って戦っている。小さな中小食品メーカーが出て行っても潰されてしまう。それよりも大手の目に入っていない色々な魅力的な小さな市場が周りにいっぱいあるではないか、と。

他に競争相手がいない市場だってある。中小食品メーカーの商品の魅力が一番輝くのが必ずしも大きい市場ではなくて、そういう局地市場で一番を狙う方が良いと。決して規模が大きくなることだけではない、小さな市場でトップになる、これをみんなでやろうと。そういう連合を作りたいと思っている、と黒川氏は仰っていました。

絆で未来を切り開け、中小食品メーカー生き残り術

京・あきる野市にある近藤醸造、明治時代から続く東京でただ一軒のお醤油屋さんです。素材にこだわり、昔ながらの処方で時間をかけて良質の醤油を作っています。新しい商品開発をどうするか考えています。愛知・半田市にある知多セントラルシステムズ、30年近く飲食店用のデザートアイスクリームを作っています。新たな取引先が必要と考えています。

2つの会社は「のれん会」加盟会社同士。そこで近藤醸造と知多セントラルシステムズのコラボ商品開発着手、醤油を使ったジェラート作り提案です。近藤醸造は設備投資なしにアイスクリームを製造でき、知多セントラルシステムズは近藤醸造という新たな取引先ができました。

色々な得意分野を持っている仲間が組織になり、「のれん会」のような販売する会社が組織を作ることで、1社ではできないことをみんなでできるんじゃないかと。1社では弱い中小食品メーカーも、100集まれば大きな力となる。新商品のために新しい生産ラインを入れると物凄い投資になるが、仲間が色々な製造ラインと製造のノウハウを持っている、と黒川氏。

夢ふりかけ1個500円の商品は「丸平かつおぶし」と「高砂長寿味噌本舗」のコラボ商品です。めんたいコロッケ1個100円は「福岡県の明太子メーカー」と「 関西のデパ地下人気惣菜メーカー」のコラボ商品。まだまだこうした可能性はある、と黒川氏は仰っていました。

番組を見終わって、あとがき・・・知られていないのは存在していないのと同じ

る力って大事なんだなぁ、と改めて気付かされました。1坪ショップとは上手い販売方法を見つけたものだと感心します。これだったら大きなリスクを取らなくても社会の反応をうかがい知ることも可能ですし、どのスタイルだったら当たるかという試行錯誤も行いやすいのではないかと共感しました。フットワークの軽さは武器です。

後可能性があると思ったのは「のれん会」加盟会社同士の横の繋がり。どこの会社にはなんのノウハウがある、ということが皆で共有されれば、もしかしたらこのようなことが出来るのではないか、というような閃きやイメージが湧いてくると思います。

2社だけではなく、3社でも4社でも、ある程度のプロジェクトなら数社が集まってコラボ商品を開発したって良いのです。販売を担当して社会からのフィードバックを得られるシステムは「のれん会」がしてくれるので、生産者は可能性を探ることに専念できるとは素晴らしい!

日本は同じ業界に同じような会社が同じような市場でシャアを伸ばす競争をしている傾向があります。電化製品とか自動車とか、一つ一つの会社はそれ自体素晴らしい存在で知的財産も豊富でしょう。このような業界も仮に横の繋がりができるとしたら、お互いの知識が知性となって新しい何かを生む力は現実的になるのではないでしょうか、難しいでしょうけど・・・

電気自動車とか国のプロジェクトにして世界に売る仕組みづくりを皆で協力して作ってしまうとかいかがでしょう。エネルギー問題の解決にしても異業種分野とかからなる横の繋がりネットワークの活用が必須かもしれせん。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「“1坪店舗”でうまいものを売りまくる!地方の逸品を発掘する“食の伝道師”生産者直売のれん会」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、「のれん会」は進出しているかもしれません。試行錯誤が気軽にできるフットワークさえ維持できれば、売る力はそれらの経済圏で適応、進化され、色々な商品群がコラボとなって販売されているはずです。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

「のれん会」の行動範囲が世界市場相手に広がりを見せている可能性があります。流通販路さえ進化され洗練されたものへと改革できれば新たな可能性が見えてきそうです。売る力、それらノウハウや実績は「のれん会」にとって付加価値を更に倍加させる財産となっているはず。デジタル化された社会は変化させるスピードもきっと早いでしょうから、世界市場を狙えると思います。1坪ショップなんてコンテナー一つで世界中どこでも行けそうな気がするんですけど・・・

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・


, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes