ジャパンブランド、地産地消で小さな経済圏を作る農産物直売所、さいさいグループ


さいさいグループ

ジャパンブランド、地産地消で小さな経済圏を作る農産物直売所、さいさいグループ

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活26年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「究極の地産地消で小さな経済圏を作れ!全国最大級の農産物直売所の『規格外』戦略、さいさいグループ」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

さいさいきて屋、地元の言葉で何度も来て!

媛・今治市、「JAおちいまばり」の直売所、大きさも値段もいろいろな農産物が揃っている、1800平方メートル、全国最大級の直売所。野菜も、魚も、肉も、お米も、加工品や調味料に至るまですべて今治産で揃えている。年間来客数120万人、売り上げ27億円。

売り場の隣にあるレストラン、肉じゃが、筑前煮、今治産の食材でできた素朴な家庭料理が並んでいる。他にもさいさいカフェ、今治産フルーツを載せたケーキが大人気!イチゴだけだったり、ブルーベリーだけだったり、桃だけ、メロンだけ、季節ごとに上の果物が変わっていく。

圧倒的な品揃えで大盛況の直売所、これだけの品揃えをどのように集めているのか? 午前6時30分、開店前の直売所に行列が出来ている、さいさいきて屋に農産物を出している農家たちの集団。でもこんなに朝早く開店前から並んで何をするの?

野菜ごとに売り場外決まっているが、その中ならどこに野菜を並べるかは早い者勝ち。レジの近くに並べたり、お客さんがたくさん通る場所に並べたり。販売価格、生産者が決める。手数料、売り上げの15%(農産物)、売れば売るだけ農家が儲かる仕組み。今までは仲買人がつけていた値段、生産者がつけることが魅力、とのこと。

なぜ直売所を作ったのか?

協の仕組みに原因が・・・通常の流通では農家が作った農産物を農協が集め卸売市場に出す。市場に出すには一定の条件、規格があるので、それに見合わなければ出せない農家もある。数が無いと市場には出荷できない(農協)、少ない数でも出荷できる(さいさいきて屋)。サイズが小さいと市場には出せない(農協)、サイズが小さくても出荷できる(さいさいきて屋)。ある程度の量、キロ数も満たさなければいけない(農協)等など。

高齢化で専業農家が激減

格基準や選果基準で出せない農家が増えてきた、農協に出荷できる農産物の量も激減、大きさや量を揃えられる農家の現象を肌で感じる日々。出せない人の受け皿が農協にあれば、といくことで立ち上がったさいさいグループ代表西坂文秀氏。 小規模、兼業農家の受け皿になろう、と。きゅうり一本から出せる直売所を目指して2000年、「さいさいきて屋」オープン。

最初は100平方メートルという広さからスタート、小規模農家にはなくてはならない存在にまで成長する。本来の農協はどのようにして農業を守っていくのか? 農家を儲けさせることを考えるのが農協の本来の仕事。商品を出荷している農家の年間売り上げ、10万円27.9%、30万円27.6%、100万円22.1%、400万円19.1%、800万円0.8%。

年間売り上げ10万円以上30万円以下という小さな規模の農家が半数以上。お金だけじゃない魅力とは・・・高齢になってもまだ働ける喜び、自分が作った農産物をお客が喜んで買ってくれる仕組みがさいさいきて屋には存在する。

オープンから15年、出荷農家1300人。生粋の農家ではない人も、定年後に農家を始める人も。さいさいきて屋からの売り上げ速報メールが農産者に届く、生産者が楽しみにしている瞬間、今日はどれぐらい売れただろうか、と。初心者でも良いものを持っていけば、不特定多数のお客が評価してくれる、そこが魅力、と嬉しそうに生産者の一人は語っていました。

日本一売れ残りの少ない直売所

前8時オープン前、さいさいきて屋の従業員が商品チェックを行う。虫食いや傷物などを予め陳列棚からはじいていく。傷などが付いている商品は「ワケあり」と明記して売るよう農家にアドバイスしている、とのこと。他にも直売所にある残留農薬の検査室、外から見えるようにしている。月1回、店頭から抜き打ちで実施、農家には高いハードルを設けている。

農家の立場に立った店作りも・・・閉店間際、売れ残り商品を取りに来る農家。自ら回収、がっかりすると、売れ残りが辛いと。「さいさいきて屋」直売所の売り上げアップではなく、農家のことを考えると売れ残りを少なくすることが大切ではないか、と。売り上げを伸ばすことは農協の立場ではないか、と西坂氏は考えます。

価格は農家がつけたままの定価で、出来る範囲で売れ残り商品を買い取り、買い取った野菜を運び込んだところ、さいさいきて屋内にある1次処理室、パウダー工房。小さく野菜を刻んで乾燥機に入れると長期保存が可能となる。カフェのケーキ作りなどに活用しています。

安定して商品が売れるように販路も拡大。食堂用のメニューに加え、大量の料理が手作りされているさいさいきて屋内にある厨房。例えば太刀魚のあんかけ、大豆の煮物、糸こんにゃくの卵とじ、大人好みの渋い料理ばかり。運搬先は何と幼稚園、子供が好き嫌いなく残さずに完食しています。

条件の悪い農家にも支援

の小規模農家、大三島、直売所から40キロも離れている。その島に住んでいるさいさいきて屋の従業員が直売所まで直接出荷できない農家の農産物をピックアップして、さいさいきて屋まで運んでくれる。島の農家の集荷係、運搬料1ケース100円。大三島、伯方島、大島を通って愛媛に入る、島を結ぶ高速道路、通行料は高い、往復3320円(大三島から)、一農家なら採算が合わないけど、まとめれば運べる、と。

買い物難民を助けよう

文があったお客用に届ける宅配準備、店内から商品をピックアップしてくる。近辺の島から朝、農家の農産物を集荷して、帰路に島に寄って宅配物を配達。宅配サービスを受けられるのは契約客のみ、地域に住むお年寄りに活用されている。会費2500円(月額)で何度でも配達、月1万5000円以上購入で会費無料。注文は貸し出しているタブレット端末、無償貸与している。これだったら私でも使えると、利用者の一人、楽しそうです。

新人農家を支援

い人が地域内に入ってくる仕組みを構築、栽培などのアドバイスをおこなっている。農業にずっと取り組んでもらえるよう支援、高く売れる野菜を作るアドバイスも、地域内にあるレストラン用とか。経済的に自立できなければ、若者は地域を離れてしまう。

地産地消で小さな経済圏

域の農家と消費者と地場産業を支えて、地域資源を活かしながら、ある地域内で小さい経済圏でお金を回していく。農協はその地域でしか営業できないので、地域と上手く関わっていくしか生き残る道がない。地域の人と関わりを持ってそこで物とお金をグルッと回す。物とお金が回れば人はついてくる、と西坂氏は仰っていました。

番組を見終わって、あとがき・・・市場(消費者)から選ばれる喜びは人を動かす

自の判断基準に沿って商品を選ぶ消費者と個々人の嗜好品への対応を可能にする規格外商品。小さい苺が好きな人と、大きな苺を大量に購入していく人。少ない量でも質が良さそうな農産物を吟味する人、ワケありでもレモンならばと買っていく人。人それぞれ購入ポイントは違います。安くて良い物が数多く品揃えされていたら、見に行くだけでもワクワクしますし。

それらの需要に応えるべく規格外商品でも消費者からのニーズがあると品揃えを豊富にしたことで物も人も集まり、お金が回る仕組みが出来ました。初心者でも良いものを持っていけば、不特定多数のお客が評価してくれる、そこが魅力、と嬉しそうに生産者の一人は語っていましたが、これが全て!農協に選ばれることよりも市場(消費者)から選ばれる喜びが人を動かしているんです。自分がコントロール(価格決定)出来る仕組みも楽しみの一つでしょう。

以下、これから市場化が始まりそうな場所例です。(マーケット感覚を身につけよう参照)

  1. 規制によって消費者が妥当だと感じる価値と大きく掛け離れた価格付けが行われている
  2. 規制によって、新規参入が意図的に低く抑えられている
  3. 流通経路が複雑で、付加価値を産んでいない中間業者が多数存在する
  4. 経営者の怠惰により、人材を含む貴重な資源が活用されていない
  5. 関係者の怠惰と安定志向のため新技術導入がされておらず、生産性が低い
  6. 規模の小さな企業が多く、運営が非効率で大きな投資もできていない
  7. 時代に合わなくなったものが、淘汰の仕組みがないために温存されている

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「究極の地産地消で小さな経済圏を作れ!全国最大級の農産物直売所の『規格外』戦略、さいさいグループ」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でもさいさいグループ自体が海外進出しているとは思いません。しかし、さいさいグループが展開する地産地消で作る小さな経済圏モデルの農産物直売所的な仕組みは広くその地域に合ったローカライズが施され、地域経済社会を潤しているかもしれません。

農産物直売所まで行けば何かしら絶対に出会う期待感、自分の嗜好品の農産物に出会う楽しみ。農産物直売所へ出品すれば自分が生産した農産物でも有難く購入してくれるだろうという市場(消費者)から選択される喜び。人を動かす仕組みは世界共通だと思います。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後3、4年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

今までは、「市場的でないもの」ほど、安定していると考えられていました。例えば公務員や国家資格が必要な職業は、「国や法律で守られているのだから、将来も安定しているはず」と考えられていました。でも第2章の弁護士や博士の例でも見たように、市場化する社会においては、これらは将来、物凄く大きな変化が起こる可能性の高い分野です。

なぜなら新しい技術や市場化への潮流は、規制や資格に守られた「非効率で非合理な分野」こそ狙い撃ちしてくるからです。仁川国際空港が日本の地方にする人たちの海外旅行需要を狙ったのは、日本が長らく、羽田空港に国際線を発着させないという不自然な状態を「航空行政安定のために」「成田空港を競争から守るために」残してきたからです。(マーケット感覚を身につけよう参照)

情報化や物流、交通網の発達によって起こる裁定取引は、すでに大規模に進行しています。これから狙い撃ちされるのは、規制などなんらかの人為的な理由によって、非効率な市場が残っている分野でしょう。(マーケット感覚を身につけよう参照)

このように市場化の波は、その変化によって得られるインパクトができるだけ大きな分野を狙い撃ちしてきます。分不相応な利益が温存され、そこを突破するば大きいな利益が得られると思うからこそ、海外企業も含め、様々な人や企業がその分野に参入しようとするのです。研究者や技術者も、技術によって、今までバカ高かったモノが格安になる分野に、(その技術があってもなくても対して価格が変わらない分野より)強い興味を持ちます。だから規制に守られれた、市場的でない分野ほど、大変革に見舞われる可能性が高いのです。(マーケット感覚を身につけよう参照)

追伸:2015年5月12日、「世界の農業変える」日本発のガジェットSenSprout

SenSproutは、センサーを使って土壌に含まれる水分をモニタリングできるガジェット。双葉の形を模していて、根っこに当たる部分には導電性のインクで電子回路を印字。これが土の中に含まれる静電容量を測定する。この数値の変化によって、土壌の水分がわかる仕組みだ。葉っぱにあたる部分にも同様の印字があり、葉に含まれる水分を検知する。もう片方の葉っぱには、土壌と葉っぱに含まれる水分量を表すLEDライトを搭載。水分が足りなければ赤、ちょうどよければ青、多すぎる場合は緑に点灯する。

給電は単3電池が1本のみで、約1年使えるという。今後は水分量をBluetooth経由で送信し、PCやスマートフォンでも水分量を確認できるようにするそうだ。土壌の水分を計測するセンサーは既存製品も存在するが、開発元であるSenSproutの三根一仁社長は、「センサーだけで約40〜50万円、大規模な農地に導入するとなると1000万円ぐらいかかることが珍しくない」と指摘する。一方、SenSproutは印刷技術を使って電子回路を作れるため、価格は早割で1ロットあたり45ドルと、低コストで製作できるメリットがあるのだという。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes