ジャパンブランド、当社がやれば黒字にトータルプロデュース、カトープレジャーグループ


つるとんたん

ジャパンブランド、当社がやれば黒字にトータルプロデュース、カトープレジャーグループ

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「大人気うどん店から豪華リゾートホテル、大繁盛店つくり方!カトープレジャーグループ」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

手掛けたビジネスは全て黒字、25年間無敵の男

トープレジャーグループ、社長加藤友康(かとう・ともやす)氏が率いている。グループ全体、年間利用者400万人、年商130億円。飲食、ホテル業界では有名な人物であるという。手がけるビジネスは千円ランチから一泊12万円の宿など、半歩先を行くオンリーワンを目指している。儲かりプロデュースとは?

マーケティングの段階で市場を見た上でそこにない売れる商品を開発していくとのこと。それがプロデュース業の大きなテーマとなる。事業のトータルプロデュースとはどういうものか? 多くの仕事はビルのオーナーなどの依頼で始まる。次に土地柄を徹底的にマーケティング、人の流れ、年齢層、所得具合を調査。で、次に企画へと入る。

天井が高くショービジネス向き、だったらライブとうどんの合体とか、方向付をする。で、最終的に運営オペレーションを開始、利益の一部を依頼主に還元するということがトータルプロデュースの運営サイクルになる。現在、うどん店11店舗、料亭・日本料理5店舗、レストラン・カフェ3店舗、居酒屋1店舗、食品販売5店舗などの飲食関連事業の他に、ホテル2、旅館3、スパ1、公共リゾート3などが宿泊施設事業と続き、劇場1、ライブハウス1などがエンターテイメントと30位の施設を運営。

プロデュースして終わりではなく経営にも携わっているところはほとんど他に存在しない。オペレーションの手前までやる会社はたくさん存在する、いろいろなメニュー開発までをトータルパッケージでやるところはある、と。運営をできない、カトープレジャーグループは全てをやらせてもらう、そこが大きな違いとなっている。

マーケティングはデーターだと思う、と加藤社長のお言葉。見て歩いて自分で感じること、その中で生まれてくるもの。「たまたま」入るよりも、「わざわざ」来てもらえるお店にならなければいけないと仰っていました。

“チェーンストアは怖いと思っていない、一番目指さなければならない、見習わなければならないのはおやじの小店の繁盛店。路地裏でマーケティング的には成立しない、でも行列が出来る店がある、なぜか? これには理由がある、商品が美味しいとか、こちらが言わなくてもパンパン次から次へと好みの品が提供される、これがホスピタリティーの究極、ここをみんな目指せ、と。そっちの方向へいきていきたいのがカトープレジャーグループ”と加藤社長。

たまたまではなく、わざわざ来る施設に、リピーターを生むおもてなし

阪・難波、大阪バール、居酒屋。京都・東山区、高台寺茶寮、高級料亭。静岡・熱海市、ATAMI海峯楼、超高級旅館。東京・渋谷、ライブハウス、中高年も楽しめるライブがコンセプトで映画館をライブハウスに改築、座り心地の良い椅子を敢えて残している。

つるとんたんの謎、巨大な器、つるつる食べるうどんをとんとん踏んでたんたん切る、つるとんたん。太くて長い麺、茹でるのに25分ぐらいかかる、本格派うどん。つるとんたん、東京・大阪に11店舗展開中。東京歌舞伎町、つるとんたん新宿店、ライブ演奏。つるとんたんは1店舗ごとそれぞれお店の立地条件に合ったコンセプトが存在する。新宿店、若い人が多い、音と食のコラボレーションをしている。大阪市、元料亭を店舗に利用、落ち着いた店構え。懐石料理、接待とか商談に最適、雰囲気がよく商談もしやすい、接待に使えるうどん屋さんが大阪店のコンセプト。

東京・墨田区、TOP of TREE、間近に見える東京スカイツリー。てっぺんまで見えるようにと天井はガラス張り、思う存分東京スカイツリーを楽しめるレストラン。ほとんどの席は東京スカイツリーが見えるよう同じ方向を向き、後ろの席からも見えるよう段差が付けられている。オーナー依頼は東部タウンソラマチ、満足している様子。

接客は心あることが、料理でも接客でも同じで一番のポイント。心がないというか、テクニックはあるが何か伝わってこない、ベテランでも。熱海ふふ リピータ率5割以上、一般的な旅館、リピータ率2割程度。おもてなしの心意気が従業員の気配りとなりサービスとなって利用者の心に響く。たまたまが、わざわざに変わる付加価値提供。

公共リゾート施設の開発・再生も手掛ける

都・南丹市、るり渓温泉。24年前、京都国体のライフル射撃場であった場所が、家族向けの食事や温泉が楽しめる施設に改築。死んでいた状態の箱物、年間27万人が利用するまでに成長する。行政では絶対にできない。わざわざ行って利用する施設へと進化する。

長崎市、伊王島、炭鉱で栄えた街。楽園風のリゾート施設、やすらぎ伊王島が存在している。今は人気リゾートだが以前は全く様相が違っていた、と。1989年、第三セクター運営のヨーロッパ風リゾートとして誕生したが、その後10年以上、一度も単年度黒字無く破綻したダメ物件。ここをなんとかしてほしい、地元が泣きついた先、カトープレジャーグループへと。

問題は多く、再建を担うのはリスクが多すぎる、周囲は反対。問題点1、東京・大阪をターゲット、1泊5万円の高級リゾートとして運営。問題点2、レジャーは海水浴のみ、夏以外客が集まらないという事実。2003年、反対を押し切り再建に乗り出す。

まずは発想の転換、遠方からの集客はいらない、と。基本的には長崎県、佐賀県、福岡県の近いエリアのお客に気軽に来てもらい、1年に何度も来てもらえる近しいリゾートを目指そうと根本的にお客のターゲットエリアを変える。

高級リゾートからファミリーリゾートへと方向転換。料金改革、1泊1名、1万から2万円程度、家族で気軽に利用できる値段に近づける。食事も洋食から地元の新鮮な素材を活かした料理に。夏以外のシーズンにもお客を、温泉施設を、1億円を投じ温泉を掘り当てる。日帰りも含め、一年中来てくれる施設になる。かつてプールだった場所、バーベキュー場に改造。

家族連れがオールシーズン楽しめる場所へと変わり、結果2003年に参入して3年後の2005年に黒字化を達成。長崎市が施設を所有し、カトープレジャーグループは市からの運営費は受け取らない、売り上げの一部を払う。長崎市には運営のリスクもなく収入まで入ってくる。

お得な高級リゾート、新しいビジネスモデル

縄・恩納村、お得な高級リゾートを活用した新しいビジネスモデルをカトートレジャーグループは開発、運営している。2009年に誕生したカフーリゾートフチャクコンド・ホテル。キッチンが付いた滞在型のコンドミニアム。部屋の広さは倍近くで料金もかなり安い、周辺のホテルと比べて。これを全室分譲している、戸別にオーナーがいる仕組みに。

全249室を分譲、マンションのように。オーナーが不使用時にホテルとして活用する。メリットは分譲することで建設費など負担が減ること。その分一般料金を安くして集客できる。部屋を貸すオーナーには料金の一部を貰えるメリットがある。例3000万円の部屋(2011年度の実績)、一年間ホテルとして貸し出せば、オーナーに約4%、120万円ほどの利益が入り、オーナーが使うときは無料で利用出来るというもの。

ホテルの機能を自由に使わせてもらえるのが良い、非常に居心地が良くて住みやすいと分譲物件を購入したオーナーには満足してもらえている様子。ホテルサービス、レストランやカフェなどからのルームサービスも利用できる。一般客も、分譲個別オーナーも、会社も嬉しいビジネスモデルとして今後新たな地域に展開していく予定。

オリジナルであれ!

ロデュースというビジネス・・・他人のお金だからこそリスクをとって、絶対に利益を出さなければならない、と加藤社長。“瞬間的にマーケットが枯渇する時代、これだけマーケットがどの業態でも厳しい時代の中で、新しい事業も含めてヒット作には食いついてくる時代。今まで何々業が新しい業態でいいぞ、と長続きした時代があるがこれは一瞬にしてバーっと、寄って来て枯渇する。そのリスクを少なくするためにはオリジナリティーだと思う”、と。

番組を見終わって、あとがき・・・トータルプロデュース

ータルプロデュースして利益を上げる運営までするにはその事業に本気で取り組まなくてはいけないのです。その本気で取り組むプロセスの中で生まれたアイディアなどが運営する側と結実すれば「たまたま」ではなく、「わざわざ」行くお店に生まれ変わる付加価値を醸し出す。

時間価値、移動時間、移動費用、移動体力、移動気力、そこまでしていく価値があるとお客側に思っていただくには想像力も必要だし、それを創造する実行力、その後の運営実行力も必要になってくる。タフでなければ出来ないだろうが、自分が信じて出した方向性にお客が共感してくれることがストレス解消にもなっているのではないだろうか。

自分は良いことをしている、お客にとっても、オーナーにとっても、会社にとっても、社会にとっても。そのことは自信を与えるはずだし、その個人をより強くする。考えぬくことにはそれを検証して実行に移し、着実に結果を出していく過程のことを言うのかもしれない。

加藤社長、自分で考え考えぬいて自分の出した方向性を実現するために行動に出て、結果黒字という戦利品を築き上げてきました。ブレることのない自信というエネルギーを発していて、戦って勝ちを掴んできた自分自身に対する信頼も私は感じることが出来ました。

日本の魅力、日本に行かないと手にはいらない魅力

  • 飲食、和洋中、素材の新鮮さ(肉、魚、野菜等)、五感に訴える、日本酒文化
  • 自然、豊かな自然環境、百名山、名水百選、温泉、山川海、北海道から沖縄まで
  • 職人、モノづくり社会、工芸品、伝統技、洗練、効率性、利便性、ハードウェア

これからの日本社会に必要な人材育成

  • リーダーシップ、問題解決提案型(コンサルタント、プロジェクトマネジメント等)
  • ソフトウェア、知識集約型産業(会計、財政、マーケティング、統計データー等)
  • アントレプレナー、異端児起業家(社会起業家、ベンチャー企業、一人企業等)

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「大人気うどん店から豪華リゾートホテル、大繁盛店つくり方!カトープレジャーグループ」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、トータルプロデュースの考え方、事業の取り組み方は支持されているでしょう。その物件に合ったトータルプロデュースができれば世界中に進出できると思います。「たまたま」ではなく、「わざわざ」してまでの施設を創造することが出来るか、キーポイントです。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

外食産業、宿泊施設業、デジタル化されても人のパワー、人材を人財として活用していく力を知っているので、アナログ的なおもてなしを重要視しつつ、マーケットから支持され続けている可能性もあります。ヒューマンタッチ的なもの、人間味を感じることの出来るおもてなしがリピーターを生む秘訣かもしれません。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

こうして人を楽しませる・・・勝ち続けるビジネスの極意

社長の加藤友康は「地域やその場所、広さ…全てにおいて同じ店はあり得ない。それぞれに客が求めるものは違うんだ」と客のために“唯一無二”の事業にこだわり続けている。うどん店以外にも幅広く外食を手がける加藤だが、彼は知る人ぞ知る「事業再生のプロ」という顔を持っている。外食分野の再生はもとより、苦戦する公共の宿泊施設を大改革し人を呼び込んだかと思うと、赤字の沖縄のホテルを見事、黒字に建て直す。なぜ加藤はやることなすこと全ての事業で成功できるのか?人気施設を次々と世に送り出す、その手腕を解き明かす!

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes