ジャパンブランド、日本全国の伝統工芸品を世界へ知らせるマーケティングカンパニー、中川政七商店


中川政七商店

ジャパンブランド、日本全国の伝統工芸品を世界へ知らせるマーケティングカンパニー、中川政七商店

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活25年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「消滅寸前、日本の伝統のものづくり企業を次々再生!300年企業が挑む“新・ブランド創出術”、中川政七商店」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

消滅寸前、伝統工芸に脚光

JR東京駅、商業施設KITTE。今の暮らしにマッチした伝統工芸の品物を扱うお店があります。福井・鯖江市「越前漆器」、新潟・燕市「ステンレス弁当箱」、三重・伊賀市「伊賀焼土鍋」など。他にも花ふきん、一番のヒット商品、735円。年間25万枚販売、売り上げ1億7500万円。蚊帳の生地を使用しています(虫除けのため寝室などに吊る覆い)。

この花ふきんのメーカーが中川政七商店、KITTEの中にある伝統工芸専門店を仕掛けている、今現在日本の伝統工芸を元気にしたいお店です。なぜ他社の伝統工芸品まで売るのでしょう? 伝統工芸品の生産額と従事者数、衰退傾向にあります。職人はピーク時の4分の1まで減っていて、7万3000人、50歳以上が6割を占めているという厳しい現状。

中川政七商店

ブランドを扱い全国に33店舗展開。年商31億円、1716年創業しました。奈良晒などを扱い、江戸幕府の御用達品だったそうです。奈良市、遊 中川、元は麻の布を卸す問屋改築、伝統の麻の布、それらを使って作った商品、カバンとか小物を今現在は扱っています。従業員270人、伝統工芸メーカーの経営再建会社です。

中川政七商店社長中川淳

974年、奈良生まれ。京都大学法学部卒業、2年間大手電機メーカー勤務。2001年、中川政七商店入社。麻布や茶道具を販売、年商9億円。しかし経営環境を詳しく調べてみると麻の部門が赤字、仕事のやり方も事業の体をなしていなかったと言います。良いものを作っているのにこのままでは潰れてしまう、という危機感を抱くことに。

中川淳社長自ら営業に出向いたデパートで自社の製品がバーゲンに! 300年の誇りをかけた商品なのに、うちの評価はこの程度なのか。物が悪いんじゃなくて伝え方が悪い、伝わり方が悪いと思っていたので、伝わり方さえ何とかできれば状況は何とかなると信じていたそうです。そこで自分たちのブランドとお店を持とう、と決意!

重要なのは売り方と伝え方

参道の旧同潤会青山アパート再開発、「和」前面にテナント募集の記事。競争率8倍という超難関を見事勝ち抜き、2006年、表参道ヒルズに出店、「粋更」きさら。更に粋なライフスタイルを提供する、という思いを込めたお店。店内は「和」の世界観で演出、売り上げ3000万円、以前はほとんど売れなかった商品が売れるようになります。

物の価値はそのものだけじゃない、背景にあるものまで含めて物の価値。それが伝わる環境に置かなければ、本当の価値は伝わらない。そういう状況を作り出せたことは大きかった、と中川氏は仰っていました。東京・丸の内にある中川政七商店。商品の横には背景や思いを伝える説明が添えてあります。衰退する伝統のものづくり、再生に挑んでいます!

奈良県のイメージ

隣に京都という伝統をフルに生かした土地柄が存在しています。京都と奈良の比較してみると、

  1. GDP、京都9兆3730億円、奈良3兆5520億円
  2. 外国人旅行者訪問率、京都3位、奈良12位
  3. 伝統的工芸品指定、京都17、奈良2
  4. 国宝建造物、京都48、奈良64

同じ古都なのにこの違いは? 中川社長曰く、ピーアールが下手なんじゃないか、と。「大仏商売」という言葉があって、大仏があるので努力しないでも、お客が勝手に来て売り上げが立つ、一生懸命やることの方がバカらしいみたいなニュアンスがあるそうです。

ブランディングとは?

えるべきことを整理して正しく伝えること。昔は卸がメーンだったので百貨店や小売店に卸す、その先はお任せするしかないが、そこの部分も自分たちでコントロールしなければ思いや価値感は伝わらないだろうと。商品だけで全てが決まるわけじゃない、商品以外のいろいろなことを含めて、お客は買うか買わないか決める、と中川社長のお言葉です。

新潟・三条市

戸時代から刃物を作ってきた金物の町。金物製造業者、300軒。ほとんどが零細な町工場です。その一つ、包丁工房「タダフサ」。創業1948年、従業員11人。包丁作りをほとんど手作業で行っています。ピーク時には売り上げ1億円を超えていましたが・・・危機感を抱く、3代目社長曽根忠幸氏。2011年、再生支援を開始。中川社長、見たことのない包丁の数々に驚いたそうです。その数何と900種類を製造。

中川流ものづくり企業の再生術その1、品揃えは分かりやすく!

種類はたくさんあって便利なようだけど、お客からの視線だと何を買って良いのかわからない。そこでまず売れ筋商品100本に絞り込み。種類が多いということはそれだけ無駄な材料、在庫があるということ。パッケージ商品も用意しました。初心者用、万能包丁中8000円、万能包丁小6500円。ステップアップ用、万能包丁大9000円、出刃包丁大1万円、出刃包丁小7500円、刺身包丁1万円、という具合に!

中川流ものづくり企業の再生術その2、一押しの商品を作れ!

どこにもない独自の製品を作ることに専念しました。従来のパン切りナイフ、刃全体が波刃になっていてノコギリのように切るためパンくずが出ます。タダフサのパン切り包丁、刃の先端だけが波刃になった包丁に改良、先端の波刃できっかけをパンに入れる、後は刃の部分で一気に切っていきます。パンくずは溢れずキレイに切ることが出来る優れた商品に仕上がりました。

中川流ものづくり企業の再生術その3、お客との絆を結ぶ!

売った後もタダフサとお客がつながる方法を考えます。パン切り包丁、パッケージは包丁がきっちり入るダンボール箱です。包丁問診表なるものを一緒に添え、お客様は包丁購入後、メンテナンスに出してもらう時、自分の住所を書いてこのダンボール箱の中に入れてもらう仕組みを設けました。研ぎ直しサービス(有料)、タダフサが責任を持って研ぎ直してくれます。

パン切り包丁8500円、2012年1月発売。今現在では何と、毎月250本の注文、売り上げ5割増し。見事に伝統工芸品が一つ、復活しました。

長崎・波佐見町

田焼の下請け工房がひしめく町。陶磁器メーカー、マルヒロ。創業1957年、従業員12人。ピーク時の売り上げ、2億円。しかし今現在売り上げ2800万円に激減。2009年、再生支援を開始。3代目、馬場匡平氏とマルヒロの今後の方向性について議論しました。

ハサミというブランドネームを立ち上げます。職人が使う道具(鋏)と町の名前(波佐見)をかけました。新しく開発したのは厚手で無骨なカップなどの商品、鮮やかな色合いは有田焼伝統そのものです。馬場氏曰く、自分たちでものを作って発信しているというのが見えてきた、とのこと。マルヒロ、売り上げ2億円を回復しました。

なぜ伝統工芸の再生支援を始めようと思ったのか?

年3軒くらい廃業の挨拶に来る状況。伝統工芸品というものは、1社で出来るわけではないもの作りが基本。何百と加工先や仕入先があります。しかし今の状況のように廃業者が毎年増え続けるのであれば、このまま進んでいくと、20年後30年後には物が作れなくなるのではという危機感がありました。

一つは単純に消費者として工芸品がなくなっていくのは寂しい。もう一つは技術も何もない会社でやってきた自負があるので、技術がある会社はもっとできるはずだと。うちは麻屋だが、包丁でも焼き物でも通用するのではないか! そういう3つの思いが重なって、お手伝いをしようと思った、と中川社長は仰っていました。

どうして行政支援では上手くいかなかったのか?

つはデザイナーでは流通までみれない、ということ。雑誌やテレビに取り上げられたりするけど、売り上げは大したことにならない。もう一つの理由は経営者側やメーカー側が「どうぞお任せします」と言ってしまう、行政側に任せっぱなしになってしまう、ということ。経営者側のデザインへの理解が低いことと流通面でデザイナー側に経営への理解が低い。この双方が歩み寄れないことによる失敗が続いてきている、と中川氏の見解です。

観光をキーワードに伝統工芸を元気にしよう

良市、「日本市」という土産物屋を始めます。奈良にこんなものがあるんだ、というようなショーケース代わりに、全貌が見えたら良いと思う、ということです。観光地の土産物は、食品では「地産地消」が進んで道の駅でも売れているが、工芸品は隅の方で埃をかぶって置き去られてしまっている。その土地の工芸品を買う環境がそもそもないというのが現状。

日本の工芸を元気にする、それだけ! 自社ブランドもやる、コンサルもする、店も出す、全部そこにつながっている、と。100年仕事だと思っているそうです。短期的には「産地の1番星を10年で20社作ろう」と! 1番星がどれだけ輝くかがその産地の元気さにつながる、と中川社長は仰っていました。

番組を見終わって、あとがき・・・文化、芸術を支えるのは資本

局お金なんだなぁ、と。文化、芸術を支えてきたのは大きな資本です。ヨーロッパでは貴族が文化、芸術を支えてきました。音楽、絵画、建築など一般庶民の力ではほとんど無理。贅沢品と崇められた品々も、今現在に至るまで存在しているのは貴族の経済力があったからこそかもしれません。ハプスブルク家とかの存在があったからこそ・・・

国の資本も影響力を持っているでしょう。イギリス連邦などはそれぞれの植民地から芸術品、骨董品などを自国の国へ持ち帰り、美術館や博物館に展示しています。もし仮にそれらの国々でイギリス連邦などが持ち帰ること無く、その国独自に運営、管理、保存などが任されていたとしたらどうなっていたでしょう。

管理、保存などには手間暇もテクノロジーの技術も必要、つまりお金が必要なんです。アフリカとか東南アジア、南米など経済がまだ発展していなかった国々では美術品や骨董品、その他の芸術品などの保存、運営、管理は難しかったかもしれません。酷い場合になるとテロ活動の標的になり爆破されてそのもの自体が無くなってしまったりと・・・

米国の場合は、大金持ちの人たちからの寄付で成り立っているケースがほとんどです。メトロポリタン美術館などもそうですし。まだ歴史の浅い国なので伝統工芸、と呼ばれる品々は存在していないのかもしれません。良いものは次の世代に繋げていく、という精神は米国社会のほうが一歩進んでいます。医療やテクノロジーなどの発展のための施設に多額の寄付が集まったり。流石パイオニアの国、これからのものを育てていく気概なのかも・・・です。

で、日本の場合はどうかというと、一般庶民の人たちの消費に拠って賄われていきそうです。新しいライフスタイルにあった商品展開をできれば、一般消費者に広く支持され、結果、それらのメーカーが経済的に潤い、伝統工芸品が次の世代へと引き継がれていく。昭和の匂いから21世紀型ライフスタイル、洗練されたライフスタイルに合うように伝統工芸品も生まれ変わることができれば、きっと広く一般消費者に支持されることでしょう。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「消滅寸前、日本の伝統のものづくり企業を次々再生!300年企業が挑む“新・ブランド創出術”、中川政七商店」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも流通環境さえ整備されれば、マーケティング次第で日本の伝統工芸品が広く出回っている可能性があります。日本の伝統工芸品は世界中の一般消費者に拠って賄えられ、次の世代へと引き継がれていくのです。キーは、その国独特の文化、土地柄、生活感にマッチした商品を伝統工芸の技を駆使しながら新しく開発できるかどうかだと思います。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後4、5年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

手造り、という部分が付加価値を与える、手造り、という仕上げに高値が付いていく可能性があります。デジタル社会の到来はテクノロジーの発展とともにコピー商品を安価に大量生産できることにあります。伝統工芸品を職人技で極め続けることは希少になっているかもしれません。逆に言うとだからこそ、その部分が武器になるのだと思います。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

中川政七商店

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , , , , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes