ジャパンブランド、海洋国家日本が教える魚の美味しい頂き方、角上魚類

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

角上魚類

ジャパンブランド、海洋国家日本が教える魚の美味しい頂き方、角上魚類

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「なぜこの魚屋の魚は売れるのか?魚離れに勝つ!巨大鮮魚専門チェーン、角上魚類」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

現在も仕入れバイヤーを務める、買い付けには誰にも負けない

上魚類社長栁下浩三氏、71歳現在、現場主義を貫いている。午前3時、新潟市中央卸売市場へ、ここは水産物取引量1日190トン、日本海側では最大級の魚市場である。柳下社長、現在も仕入れバイヤーを務めている、角上魚類に12人いるバイヤーのうちの一人。買い付けでは誰にも負けないと豪語していました。

年商227億円、魚介類摂取量が減っている中、角上魚類店舗数22店、首都圏中心にビジネスを展開、来客数年間1200万人というからただの魚屋さんではない。新潟県長岡市、寺泊に角上魚類本店は存在している。創業45年!

日本海は太平洋、瀬戸内海、九州とは違うという社長。日本海はギスとかハタハタとかいろいろな種類の魚がたくさん獲れるが、太平洋側の魚はサバとかサンマとかカツオとか・・・“値段だけではなく、このような多種類の魚を集められるのは関東では角上魚類だけ、鮮度が命、美味しければ客はまた買ってくれる。安くてもまずかったらもう二度と買わない”、と柳下社長仰っていました。

日本一の魚屋を目指す

上高が日本一とか、店の数が日本一ではなく、店の質が日本一良い魚屋を作りたい。規模ではなく質で日本一を目指す、と柳下社長。昭和40年代、スーパーマーケットが台頭してきて、地元の魚屋は次々と廃業に追い込まれました。売り上げ激減、卸業では商売が立ち行かなくなる、と考え卸しから小売業への転身、仕入れた魚をそのままの安さで売ること。スーパーマーケットより安く、新鮮な魚を提供できると、勝負に出ました。

1974年、角上魚類1号店オープン。1984年、そのビジネスを大きく加速させるある出来事が起こります。関越自動車道一部開通です、角上魚類は関東進出を決意。物流のルートができ、新潟と関東が近くなる、客を待つだけじゃなく、関東へ魚を売りに行こう、と。群馬県高崎市へ出店、関越道に沿って埼玉、東京へと進出しました。

魚離れに勝つ、鮮度抜群の日本海

角上魚類では商品の魚は全部むき出し、パックなどには入っていません。新鮮な証拠!日本海の魚、新潟の市場から毎日直送されるからです。普通の物流ルートだと、水揚げされた市場から築地市場に集められ、その後スーパーや魚屋の店頭に並びます。市場を二つ通過するから水揚げから1日から2日かかってしまいます。

角上魚類の物流ルートは、新潟の市場からその日に角上魚類のお店に届けられる、当日だから鮮度抜群!この鮮度を消費者に届けることが他が真似できない付加価値となっているようです。

魚離れに勝つ、親切すぎる対面販売

対面販売を基本とし、客一人一人に食べ方などを事細かに教えてくれます。見たこともない魚、料理できるのか?という疑問でも大丈夫。例えばカレイだけでも10種類、赤ガレイ、黒ガレイ、真ガレイ、黒柳カレイ、松川ガレイ、サメガレイ、石ガレイ、ナメタガレイ、宗八ガレイ、柳カレイ。

煮付けがいいとか、塩焼きが美味しいとか、竜田揚げにするとか、その魚、旬の魚に合った食べ方、調理法を伝授をしてくれます。他にもその場で下したり下ごしらえまでしてくれる、しかも無料で!これなら安心して初めての魚でも買えるというわけです。

魚離れに勝つ、厚厚の熱々

裏の厨房で刺身の下ごしらえ、寿司コーナーに並べる商品づくり、肉厚ネタで消費者を満足させています。他にも惣菜コーナーがあり、お得感たっぷりで大人気!鯖の塩焼き、赤魚の煮付け、天ぷら料理も・・・

柳下流仕入れ、売れ筋でも高ければ買わない、新鮮で安ければ大量に買う

ーパーマーケットから指示を受けたバイヤーの場合、店の発注書通りに魚を買い付けなければいけません。イカ、サンマ、ブリと揃える魚は常に定番商品が中心です。このため、値段が高かったり、鮮度の悪い魚を買ってしまうこともあります。しかしスーパーマーケットは品揃え優先、値段は関係ないのです。

定番商品にこだわる理由とはどういうことなのか? 廃棄ロス、鮮度の良い魚が売れ残り、廃棄することを言います。廃棄ロスが多ければコスト高に、スーパーマーケット水産品、廃棄ロス率平均6.6%。廃棄ロス低減を目標とするため、売れる魚を仕入れる、定番魚優先になりやすいというのがスーパーマーケットの仕入れです。

角上魚類のバイヤーはどうでしょうか? 何を買うのか、その日の市場を見て買うことを許されています。定番の魚を買わなくても良いです。他とは違う、市場の入荷状況を見ながら決めていく、買うのは全て美味しくて安い魚、これが売り場の魅力になるそうです。

角上魚類、廃棄ロス率なんと平均0.05%!店をあげて廃棄ロスを少なくするための大展開を行うのが角上魚類のやり方。刺身にしたり、煮付けにしたり・・・売り切るための手を打つことができる、リアルタイムで出る部門別の売り上げを分析、動きが鈍い魚、店頭で動かない魚、売れない魚、顧客にどのようにアピールさせれば売れるのかを判断し実行していきます。

鮮魚は新鮮なうちに刺身や寿司用にさばいて売る、他の魚は別対応、天婦羅にして惣菜コーナーへと、状況に応じて臨機応変に。残った魚は翌日惣菜にして売り切る。ここまで鮮度に徹底して拘っていれば、消費者には充分に伝わっているはずです。魚は鮮度が命ですから・・・

人材をどんどん鍛える新人研修、角上魚塾

材育成に力を入れるのは角上魚類の戦略の一つです。角上魚塾、包丁のプロを養成する特別講義が存在しています。講義のテーマは、正確に無駄なくさばくこと!包丁技術向上、顧客サービスへと繋がると考えています。割烹料理店の食材で、割烹料理店の出来栄えを目指して、大衆料金で提供する。消費者の懐に充分アピールする戦略です。

番組を見終わって、あとがき・・・魚の美味しい頂き方

たことも聞いたこともないお魚。海洋国家日本、四方を海に囲まれた環境で育った日本人ですから鮮度の良いお魚には自然、魅力を感じることも確かです。角上魚類のような魚屋さんが近所にあったら楽しいでしょう。今日はどんな魚に出会えるのか? それをどのようにして食べるのか? 蘊蓄としての豆知識も増えるし、値段よし、鮮度良し、となれば私などは毎日でも通いたくなります。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「なぜこの魚屋の魚は売れるのか?魚離れに勝つ!巨大鮮魚専門チェーン、角上魚類」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

日本国以外のマーケットに角上魚類が進出しているのか? 想像できないというより、日本国内だけにターゲットを絞るほうが良いと思います。美味しいお魚を、「わざわざ」日本へ行って食する。角上魚類に観光客を惹きつけるのです。これだったら可能じゃないかなと!

大中華経済圏から、親日国家インド社会から、イスラム社会から、アフリカ大陸から、欧米社会から「わざわざ」日本へ来てもらう。そしてお魚の美味しい頂き方を啓蒙している角上魚類へ行って海洋国家日本の魅力、日本人の食文化色々なお魚料理を堪能してもらうのです。

日本の魅力、日本に行かないと手にはいらない魅力

  • 飲食、和洋中、素材の新鮮さ(肉、魚、野菜等)、五感に訴える、日本酒文化
  • 自然、豊かな自然環境、百名山、名水百選、温泉、山川海、北海道から沖縄まで
  • 職人、モノづくり社会、工芸品、伝統技、洗練、効率性、利便性、ハードウェア

これからの日本社会に必要な人材育成

  • リーダーシップ、問題解決提案型(コンサルタント、プロジェクトマネジメント等)
  • ソフトウェア、知識集約型産業(会計、財政、マーケティング、統計データー等)
  • アントレプレナー、異端児起業家(社会起業家、ベンチャー企業、一人企業等)

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

物流技術が発達する可能性は十分あります。首都圏へ店舗を広げる角上魚類。日本全国展開も夢ではない、物流技術、鮮魚の流通技術が格段に改良されれば。日本海のお魚、太平洋側のお魚、瀬戸内海のお魚、北海道のお魚、九州のお魚と全国で獲れるお魚を堪能できるのです。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

朝から大行列の魚屋革命!売れる秘密を大解剖!

近年、魚離れが進み、魚介類の消費量は下落の一途。実に15年前の7割近くに減っている。そんな中、首都圏中心に22店舗を展開する鮮魚専門チェーンの角上魚類は右肩上がりの成長を続けている。鮮魚専門店をうたうだけあって売っているのは魚のみ。そしてここでは魚離れが嘘かと思うような光景が見られる。開店前から客が行列を作り、魚が飛ぶように売れていくのだ。角上魚類が大切にしているのは鮮度、種類の豊富さ、価格だという。そして魚を売るためのもう一つの秘策が・・・。魚離れに打ち勝つ巨大鮮魚店、角上魚類の栁下浩三社長を迎え、成功の秘密に迫る!

角上魚類が出来たのは1976年(昭和51年)。創業地は新潟県長岡市寺泊。魚卸業をしていたがスーパーに対抗すべく鮮魚小売り店経営に乗り出した。関越自動車道開通を機に関東に進出。「日本海まるごとかついでやってきた!」というコンセプトの店は次々と人気店となり、現在首都圏中心に22店舗、227億円を売り上げるまでになった。

その1店、東京郊外のロードサイドにある角上魚類小平店。ここも開店前から大行列だ。広大な面積に100種以上、まるで水族館のような種類豊富な魚が丸々1匹の姿で並ぶ。そんな角上魚類のウリは抜群の鮮度と種類の豊富さ、そして対面販売だという。魚離れに打ち勝つ角上魚類の〝売れる魚屋革命〟に迫る!

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes