ジャパンブランド、町に存在している日常生活付加価値で町おこし、B-1グランプリ主催団体


B-1グランプリ主催団

ジャパンブランド、町に存在している日常生活付加価値で町おこし、B-1グランプリ主催団体

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活24年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「経済効果660億円!“B級ご当地グルメ”で町おこし、成功の秘訣は“オヤジギャグと情熱”」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

富士宮焼きそば学会

士宮やきそば学会会長、愛Bリーグ(B-1グランプリ主催団体)代表理事渡邉英彦氏。年40万人が殺到するB級ご当地グルメ聖地にまで成長した富士宮市、奇跡の街として町おこしに成功、付加価値を育んだのは富士宮焼きそば!富士宮市には現在、焼きそば店約150店舗が存在している。どのようにして焼きそばで町おこしを成し遂げたのであろうか?

渡辺流町おこし、その1、真面目にあやしく

やきそばG麺を装い市場調査を始める。それぞれのお店の焼きそばの特徴、店の間取りなどをリサーチしてはデーターを確保、最終的に富士宮焼きそばマップを完成させるまでに至る。地図にはそれぞれのお店住所、開店時間、味の特徴などを掲載。

渡辺流町おこし、その2、やるならド派手に!

九州小倉焼うどんとの対決を申し出る、名づけて「天下分け麺の戦い」。行政に働きかける、知事なども巻き込む作戦。マスコミに注目される仕組み。大きな宣伝効果を狙う。

渡辺流町おこし、その3、とにかく来てもらう!

名前を売るだけではダメ、実際に来てもらわなくてはということで、バスツアーを企画する。現在では富士宮焼きそばツアー、年間100本以上組まれている。焼きそば目当ての観光客、2000年10万人程度だった観光客が2012年には40万人にまで増える!

地方活性化の定義

り上がっているだけではダメ、経済的効果はどのぐらいなのか? 2000年以降、12年間の経済効果664億円。内訳は麺関連248億円、具材・調味料31億円、観光367億円、宣伝効果18億円というもの。町おこしというキーワードが盛んに聞かれるようになった、裏を返せば地域の自立を求めるという時代背景、地方地域社会が疲弊しているのである。

では活性化した、元気になったというのはどういう状態を指すのであろうか? 雇用、人々が仕事を得て給料が年々上がる、それが活性化という定義は村上龍氏が挙げたもの。前段階として内外から人を引き寄せる必要がありその仕組みづくり、人がいなくなるのではなく人が集まってくる、それが活性化の第一歩という。

地域活性化、B級ご当地グルメ

域に根付いた食文化の価値を高めて町おこしに繋げようということ、ご当地を売っていこうということ。街の資源の再発見が大切、外部からの目線で。上手に発信して活性化につなげる。見方を変えると非常に価値のあるものが見えてくる。付加価値は普段の生活環境の中に在るということで、ご当地できちっと根付いていて地元の人も食べているグルメは何?

B級ご当地グルメの祭典、B−1グランプリ

本各地の庶民の味を存分に楽しめるイベント。どこにでもあるもので?という感覚が町おこしの付加価値に繋がる。第1回大会、2006年開催、参加10団体、来場者1万7000人という小規模イベントだったものが、第7回大会、2012年開催、参加63団体、来場者61万人という全国規模のイベントに成長。しかしB−1グランプリの本質はグルメイベントではない、町おこし活動のお披露目の場という捉え方が正しい。どういうことであろうか?

知られざるB−1グランプリ厳しい掟、その1、プロは御法度!

青森・十和田市、十和田バラ焼きゼミナール、十和田バラ焼き。テナントで十和田バラ焼きを調理しているのは地元で印刷屋、エンジニア、理髪店などを営んでいる人たち、バラ焼き屋は一人もいない。メンバーは全員、バラ焼きのお店とは無関係のボランティアである。なぜならその料理を扱う飲食店や企業は参加不可、町おこしの団体であることが条件。

知られざるB−1グランプリ厳しい掟、その2、売るのは地元

長崎・対馬市、対馬とんちゃん部隊、上対馬とんちゃん。ご当地のPRが最優先、料理はそのきっかけにすぎないということで、写真付きのボードを持って来場者にアピール。街名物、豊かな自然、行くまでの交通機関案内とかを広報して回ることも行う必要がある。

知られざるB−1グランプリ厳しい掟、その3、マスコミに注文

大会を取材したマスコミ、報道陣約130社余り。マスコミ対応における基本的な表現についてもホームページ等に掲載されている。B−1グランプリの順位は料理に与えているのではなく、出場した「まちおこし団体」に与えている。報道する際には料理名の他に団体名・ご当地を明記することが決まりになっている。

加盟団体の活動資金を捻出する仕組み

B−1グランプリを登録商標にして、その“B−1グランプリ”ロゴマークは加盟団体の活動資金作りに活用してもらうというもの。企業と加盟団体がタイアップ商品、B−1グランプリ派生商品を開発する。B−1グランプリ主催者はロゴマークを提供し、商品に貼り付けてもらう。ロゴ使用料金はB−1グランプリ主催者だけでなく、加盟団体にも入るようになっている。

B−1グランプリ優勝の経済効果

3回、厚木シロコロ・ホルモン探検隊、神奈川県厚木市、約30億円。第4回、横手やきそばサンライ’S、秋田県横手市、約34億円。第5回、甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊、山梨県甲府市、約28億円。

日本の魅力、日本に行かないと手にはいらない魅力

  • 飲食、和洋中、素材の新鮮さ(肉、魚、野菜等)、五感に訴える、日本酒文化
  • 自然、豊かな自然環境、百名山、名水百選、温泉、山川海、北海道から沖縄まで
  • 職人、モノづくり社会、工芸品、伝統技、洗練、効率性、利便性、ハードウェア

これからの日本社会に必要な人材育成

  • リーダーシップ、問題解決提案型(コンサルタント、プロジェクトマネジメント等)
  • ソフトウェア、知識集約型産業(会計、財政、マーケティング、統計データー等)
  • アントレプレナー、異端児起業家(社会起業家、ベンチャー企業、一人企業等)

番組を見終わって、あとがき・・・必要なのはリーダーシップ

共事業のための補助金を求めたり、大企業の工場を誘致するしか、地方には雇用と資金を確保する方法が無いと考える人が大勢の地方地域と、新たな特産品作りや都会からの移住促進、海外からの観光客の呼び込み、町おこしを自力で試してみようと考える人が大勢の地方地域。前者は他力本願であり、後者は自力本願です。

ご当地グルメだけが地方地域に存在している付加価値ではないはずです。人、もの、お金の流れを想像して、創造する仕組みを取り入れれば、その地方地域は活性化するという良い見本がB−1グランプリなんでしょう。活性化出来た地方都市が日本全国に広くたくさん存在している未来は、少子高齢化社会の到来でも怖くないと思いませんか?

小さな都市単位で産業が集積、高級ブランドなど高付加価値製品を世界に輸出

  • イタリアンワイナーリー、巨大な観光資源になっている
  • ワイナリーツアーを組んで良いところに宿泊、美味しいイタリアンでおもてなし
  • ワインを有名にして世界に輸出する

ブランド・デザインと価格設定能力が欠けている日本モノづくり産業

  • 日本酒蔵元ツアー、巨大な観光資源にする
  • 日本酒蔵元ツアーを組んで良いところに宿泊、無形文化遺産・和食でおもてなし
  • 日本酒を有名にして世界に輸出する

観光産業、付加価値を見つけ出す

  • わざわざ行っても価値が有るところ
  • 一箇所だけでなく周りの付加価値創出場所と繋がること
  • 四国お遍路のような旅路、ロマンティック街道のような
  • 日本人だけでなく、アジア人、欧米人、アフリカ人など

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「経済効果660億円!“B級ご当地グルメ”で町おこし、成功の秘訣は“オヤジギャグと情熱”」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏から、親日国家インド社会から、イスラム社会から、アフリカ大陸から、欧米社会から広く観光客を迎える仕組み、B−1グランプリのような仕組みをどんどん想像して創造していければ日本政府からの補助金などをあてにしなくてもすむはずです。少子高齢化社会だからと、日本人の全体人口数が少ないと言って嘆く必要はないのです。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後5、6年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

流通が発展、発達していれば、人、もの、お金の行き来が自由に、もっと気軽に、頻繁に行われるでしょうから、B−1グランプリへの来場者を世界中から引き寄せることも可能でしょう。それに便乗したご当地グルメも世界中へ発信することが可能になっているかもしれません。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

やきそば目当てに観光客が殺到のなぜ

“地方の活性化”“町おこし”などと言った言葉が叫ばれて久しいが、それに成功した町は数えるほどしかない。そんな中“B級ご当地グルメ”をキーワードに町おこしに〝革命〟を起こした男がいる。静岡・富士宮市を拠点に活動する富士宮やきそば学会会長の渡邉英彦だ。たかがやきそばと侮ることなかれ!今や全国から観光客を呼び、麺を始め具材ややきそば店の売り上げなど地元への経済効果は活動開始以来なんと664億円に上る。さらに渡邉の活動に端を発した町おこしは一過性のブームにとどまらず、全国のB級ご当地グルメを一堂に集めたB−1グランプリが開催されるまでに成長した。渡邉が仕掛けた“持続する町おこし”の秘訣とは?

かつては製糸業で栄えた静岡県富士宮市だが、1980年代に入り地域経済は悪化、商店街はシャッター通りと化していた。そんな地元の窮地を救おうと立ち上がった渡邉英彦が目を付けたのは、地元で昔から親しまれていた“やきそば”だった。“こんなもので町おこし?”と誰もが首をかしげる日常食に目を付けた渡邉のねらいとは?そして富士宮やきそばを全国区にした渡邉の“オヤジギャグ”戦略とは?

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes