ジャパンブランド、社会的企業は非営利団体ではなく儲けてこそ社会貢献できる、パン・アキモト


パン・アキモト

ジャパンブランド、社会的企業は非営利団体ではなく儲けてこそ社会貢献できる、パン・アキモト

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活25年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「パンの缶詰で貧困をなくせ!栃木のパン屋さん、世界規模の挑戦!」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

パン・アキモト

べてビックリ!3年経ってもフワフワの魔法のパンを製造、販売しているパン屋さんは栃木・那須塩原市にある。従業員約60人、パン・アキモト社長秋元義彦氏、妻、常務、長男、営業部長、次男、工場長、と家族で会社を支えいるパン屋さん。

災害などの備蓄食として作られるパンの缶詰、3年前に製造して賞味期限最長3年、価格400円前後。パン生地に保存料は使わず、味は25種類、ミルククレープ、メイプル、はちみつレモンと豊富。非常食でも美味しく飽きずに食べてもらえるよういろんな味を用意している。今現在パンの缶詰、売上の7割を占めるにまで成長した。

パンの缶詰開発を始めたきっかけは1995年、阪神淡路大震災。震災直後、神戸に2000個のパンを送ったが普通のパンは長く持たないため、半分以上が被災者の口に入ることなく捨てられてしまったという。パン職人秋元氏、自分はパン職人だから、自分が作ったパンが食べられないというのが考えられなかったと当時を振り返る。

被災地の人達曰く、他の人たちも来るから取って置こうと、取っておいたものにカビが生えてしまったりしたのである。乾パンのように保存性があるが、柔らかいものがあったら、とメッセージが届いた。非常用に保存できて、しかも美味しいパンを作ろう、と新たに決意!まずは真空パックを試してみるが案の定ぺしゃんこになるパン。目を付けたのが備蓄の王道、缶詰でした。

パンの缶詰秘密その1、パンと缶は一心同体

焼いたパンをそのまま缶詰にすると菌が繁殖しやすく日持ちしない。パンを作ると同時に缶も殺菌する必要があるということで、丸めた生地を缶に入れていく。そのままオーブンに投入、パンを缶ごと焼いてしまうという方法と試してみる。焼く温度は企業秘密だが一般的な焼き温度よりもやや低め、焼くことおよそ30分、パンも焼けるし缶の殺菌も同時にできることに。

パンの缶詰秘密その2、缶詰の中は和室

3年経ってもしっとり感を保っているパン。生地を入れる前の缶詰、内側に紙が敷いてある。特殊な紙で重要な役割を果たしている輸入物らしい。ヒントは和室に使われる障子。和室の障子は湿度を一定にする効果があることを聞いた秋元氏。水分に強いが湿度を一定にする特殊な紙を探せばいいと考える。缶詰内側に入れてある特殊な紙がパンの余計な水分を吸い、それを全体に分散させて、そのまま水分を保ち続けるという仕組み。3年続くしっとり感を実現したのである。

パンの缶詰秘密その3、食べた後にも心遣い

缶の切り口、いくら触っても指に傷が付かない。パンの缶詰を必要とする被災地では使用済みの缶を食器(コップとか)として使うことが多いので手や口を切らないように特殊な缶を使用しているとのこと。仕組みは蓋を切り離すと金属が持つバネの力で、縁が上に跳ね上がる、だから切り口に触れる心配がなくなる。

2011年、東日本大震災。毎月、秋元氏は被災地に出向き、これまで10万個以上のパンの缶詰を配ってきた。非常食や炊き出しが続き、日常の味から遠ざかっていた人たちは、その食感と甘さを喜んでいたという。

パンの缶詰、24万個以上配給

  • 2004年、スマトラ島沖地震
  • 2007年、ジンバブエ飢饉地域
  • 2010年、ハイチ大震災
  • 2011年、東日本大震災
  • 2013年、フィリピン台風被害

2009年、米スペースシャトル「ディスカバリー」に登場していた宇宙飛行士、若田光一さん。スペースシャトル機内にパンの缶詰を持ち込んでいた。宇宙ステーションの缶詰ということでここでもパン・アキモトの備蓄用パン缶詰は活躍したのである。

夢の備蓄食開発中

ン缶詰作り方の特許を、日本、アメリカ、中国、台湾で取得。番組では2つの新たな備蓄食品パン缶詰の開発模様を取材していました。まずはバイオ系企業「ユーグレナ」から取り寄せた「ミドリムシの粉末」を採用したもの。ミドリムシ、59の栄養素を含むという。それを加えた新たなパンの缶詰を開発中とのこと。パン一つで必要な栄養素を取れる夢の備蓄食を目指している。

もう一つが、糖尿病患者向けのパンを開発中であるとか。糖尿病患者は好きなだけパンを食べることができない、血糖値を上げないよう食事制限があるから。そこで水分が3割多く、砂糖は不使用のパンを開発できないかと。コンニャクを利用することに、理由は保水力が高いからと。同じ量の水分が入っていても、生地のベタベタ感が少なくなる。成功すればカロリーは1割近く、糖類はほぼゼロのパンが完成するという。

善意のビジネスモデル

木・那須塩原市、人口10万人ぐらいで他にもパン屋さんが存在している。努力しなかったらジリ貧に陥ってしまうだろうと付加価値を創造して他との差別化に挑戦する。まずパン缶詰はどんな人が購入してくれるのだろうか? 備蓄用もあるし、面白グッズ、ラベルを作るサービスもできる。これを記念品として贈呈されるとか。

パン缶詰、3年以上のものはできないのか? 実験上、商品としては保存できるが、缶メーカーが食用の缶としては3年の品質保証をしているのでそれに従っているとのこと。自分の立場ではなく、お金を出す人の立場で考える姿勢を今でも自分に課している秋元氏。被災地に無料で備蓄商品パン缶詰を配って黒字化するビジネスモデルを確立する。

備蓄品は賞味期限が切れたらゴミになるというもの。ゴミになる前に備蓄専用パン缶詰商品を回収して、被災地や飢饉地域に定期的に配っている。そのようなシステム、仕組みをつくった秋元氏。名付けて、救缶鳥プロジェクト!

救缶鳥、2食分入って800円。備蓄専用パン缶詰商品で、全国の企業・学校・自治体など約300団体が備蓄しているという。仕組みはまず企業などに救缶鳥を備蓄用として購入してもらう。2年後、賞味期限が1年残った段階で備蓄していた商品を回収できないか打診する。対応してくれた団体にはその見返りとして新しい備蓄用缶詰を100円引きで販売。回収した缶詰はNGO(日本国際飢饉対策機構)に託して海外へ、回収率はだいたい8割を保っている。

企業側、社会貢献ができるという意識を生み出している。お客の備蓄を入れ替え続けるシステム、缶詰を継続して購入してもらえる、アキモト側にもメリットがある一石二鳥。食品というものが届いたという感覚よりも、日本人の優しさが届いた感覚であると秋元氏は仰っていました。

父親が作ったのが秋元パン店。引き継いだ時、パン・アキモトにしました。そこへ秘める思いはパン屋のアキモトという意味とパン・パシフィック(環太平洋)というグローバルなアキモトになりたい、という思いが存在しているのです。缶詰パンの技術が世界に通用したらいいという夢をこれからも追い続けるパン・アキモト!

番組を見終わって、あとがき・・・絶えず考えぬいて行動する姿勢

晴らしい社会的企業のビジネスモデルであるが、最初からこの形を想像していたわけでは無いと思う。人口がそれほど多くない地方都市でパン屋を継続させる意志。競争相手も存在する中、サバイバルしていかなくてはいけないという危機感を常に抱いていたのがパン・アキモトのこれまでの経営姿勢なのだと思う。

何処にでも在るパン屋ではなく、何かに特化した、他と差別化出来る付加価値を創造する試みがパンの缶詰だったわけであり、どうしたらそれを多くの人に購入して頂けるのか、と考えた末生まれたのが救缶鳥プロジェクトであったのだと思う。考えて考えぬいた結果生まれた付加価値なので本物であると私は思う。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「パンの缶詰で貧困をなくせ!栃木のパン屋さん、世界規模の挑戦!」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、もっと多くの人に備蓄用食品のパン缶詰や救缶鳥プロジェクトが知れ渡っていることだろうと想像します。番組の中で村上龍氏がパン・アキモトの売上、現在5億円ということですが1000億円ぐらいにならないかなぁ、と仰っていましたが世界に広く知れ渡れば達成可能な数字だと思います。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後4、5年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

パン缶詰の技術は更に進化しているでしょう。製造工程にロボットが取り入れられ、全工程コンピューターなどで品質を管理していく。大量生産も出来るでしょうし、世界の様々な地域への物流も確保されているのではないでしょうか。ミドリムシを活用した栄養素を込めた備蓄用パン缶詰や、糖尿病患者用の備蓄用パン缶詰などは社会に当たり前のように普及しているかもしれません。当然、宇宙開発現場でも大量に採用されているでしょう。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes