ジャパンブランド、養豚ビジネスの究めここにあり、埼玉種畜牧場(サイボクハム)

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

ジャパンブランド、養豚ビジネスの究めここにあり、埼玉種畜牧場(サイボクハム)

われた10年、20年とネガティブな表現を日本経済、日本社会に当てはめることがある。確かにそのような部分もあるかもしれないが、皆が皆、全員が全員、ただ黙ってそのセリフを受け入れてきたわけではないと思う。私は「カンブリア宮殿」に登場する様々な会社経営者の生き様を観察してきて、ただではやっぱり日本人、転ばないなぁという思いを抱いている。

多くの個人はそのネガティブな潮流に流されゆくまま自分の身を任せ、他人も一緒だからいいや、とそのまま思考停止状態に陥る。私は危険だと思う。少数だが新しい社会の変化に対応しようと、または飽和状態の産業フィールドに新しい改革を起こそうとしている人間たちがいるという事実は勇気を与えてくれないだろうか?

日本社会はこれからも少しずつだか変わっていく。テクノロジーの進歩が社会に小さな変化を受け入れさせ、それが知らず知らずの内に標準化され、気がついたらあるテクノロジーなしの昔の社会の有り様を想像できないばかりか、受け入れることさえできないほど、社会が大きな舵転換をしたことに驚きを感じるであろう。

海外生活25年、日本人の感覚を持った視点で海外から日本の現象を観るととても新鮮で、これは新しい潮流へと成長する、というのが直感的に確信する機会が多くなる。私の今与えられた役目はこれらの真実を日本に住んでいる日本人の皆様に伝えることではないかと思っている。

余計なお世話! まぁまぁ、浦島太郎は何と言っているのか少しだけでも耳を傾けてみてはいかがであろうか? 日本人はもっと自信を持つべき!その理由を知りたいだろうか? 今回は「“豚のテーマパーク”で400万人集客!ニッポン養豚の開拓者が挑む食ビジネス、埼玉種畜牧場(サイボクハム)」のお話である。

  • 2050年以降の世界経済
  • 技術的特異点を迎えるにあたって

豚のテーマパーク、サイボクハム

玉・日高市に東京ドーム3個分という広大な敷地内にカフェテリア、アスレチック広場、温泉、豚肉レストランがあり、家族で丸一日楽しめる施設が揃っている。年間400万人集客、正に豚のテーマパーク。

直売所人気のポークウインナー、牧場産直、584円。ウインナーサラミ、515円。ピリ辛ウインナー、515円。香福ベーコン、1234円。自社製ハム・ウインナーなどの加工食品は50種類以上!ジャンボ骨付きハム(約8キロ)3万2400円。

直売所精肉コーナー、ロース切り身厚切り、283円。きりおとし、179円。自社ブランド豚肉を厚切りにして売っている。豚肉専門レストラン、SGP焼肉セット、1セット2200円。名物SGPロースカツ、1400円。SGPポークステーキ、1480円。

サイボク豚、美味しさの秘密は?

つの直営牧場、山梨牧場、東北牧場、埼玉・鳩山牧場。豚1万2000頭を飼育している。美味しさの技、品種改良で種豚からつくる。牧場内に自前の餌工場まであり、トウモロコシ、大麦、大豆かすなど独自配合。豚に与える直前に粉砕、香り豊かな餌になる。

独自ブランド豚、ゴールデンポーク。生産、加工、販売を直結させている。最大のメリットは、自社で全部やることについて・・・種豚から育てている東北牧場から毎日原料が入ってくるので、お客が食べるときに一番良い状態になるように常に見極めながら生産している。

保存料、不使用、賞味期限は短め。ドイツ農業協会の国際食品コンテスト、16年連続で金メダル獲得。アジア初の快挙!!年商53億円、社員183人、埼玉種畜牧場(サイボクハム)。昔から牛肉にはブランドがあったが豚にはなかった、一番最初に作ったのがゴールデンポーク。その時に笑われた、豚にブランドなんかあるものか、と。良い種豚から良い豚をとってその豚に良い餌と良い水を与えれば美味しくなる、と笹崎静雄氏のお言葉です。

美味しい豚の教科書、龍雄氏の功績1

笹崎の父、龍雄氏は養豚の神様と言われたくらい日本の養豚界を引っ張ってきた人で、サイボクハムの創業者。戦争体験、第2次世界大戦に従軍、フィリピンへ。多くの戦友が餓死するのを目の当たりにする。帰国後、日本の食糧事情を改善すると自らに誓う。

1946年、養豚場を設立、品種改良のための牧場。当時の養豚は農業の副業という感じで体系化された知識など無い。龍雄氏は現場で得た知識をノートに記録していく。豚の改良について、豚の成長に要する養分、養豚に必要なありとあらゆる知識を蓄積していき、1953年、日本初の養豚業の教科書、「養豚大成」完成。日本と中国の養豚業者のバイブルになっている。

原種豚の子孫を作る、龍雄氏の功績2

山梨県内の秘密の場所、龍雄氏が海外から買い付けてきた原種豚の子孫。デュロック種、中ヨークシャー種、バークシャー種。種豚として交配させ豚肉を作る。肉豚の生産例で言うと、中ヨークシャー種とバークシャー種を交配させて二元豚を作る。その二元豚とデュロック種を交配させて三元豚の肉豚をつくる。原種豚を交配させて子豚を作ると日本中に広める活動を行う。

牧場の一角に秘密の場所があり、室内、マイナス196度で保管されていたのは種豚の凍結精液、500本以上を保管。いろいろなタイプの種豚がいるので、その遺伝子を残すのが目的。重大な病気が海外から入った時、全頭殺処分を受ける。そのような非常事態に遭遇しても大丈夫なように、種豚を残すためにも凍結精液に挑戦している。

買い叩かれるならば自分で売りたい

豚一徹の父、笹崎龍雄氏。豚のテーマパークにまで育てたのが今の社長、創業者2代目笹崎静雄氏。市場で売る場合は一律の値段で買われる、が、精肉店に行くとサイボクハムが一番高く売られている。だったらなぜその値段に合わせて高く買ってくれないのか? 買い叩かれるならば自分で売りたいという強い思い。

1975年、精肉の直売所をオープン、わずか6坪の小屋。3年後1978年、店の規模を10倍まで拡大する。4年後1979年、ハム・ウインナー工場建設。6次産業化を達成する。1次産業、生産、養豚。2次産業、加工、工場。3次産業、販売、直売所。

日本の養豚業界

肉の輸入量と自給率、海外産の安い輸入豚が増え続け、消費量の半分近くを輸入している、日本は世界一の豚肉輸入大国という現実。TPP交渉では豚肉が大きなテーマになっている、市場開放を強く迫られている。

世界人口がどんどん増えてきている、今後食糧は間違いなく逼迫する。日本国民をどんな形で食糧として守っていくのか? 基本議論が全く無いままにただ安く入れればいいと。国産はどのぐらいの割合で自給率で行くべきなのか?

番組を見終わって、あとがき・・・人がわざわざ行く価値があると思わせる場所を創造する

郷園に関する投稿記事でも書きましたが( ジャパンブランド、儲かる農業経営の仕組み食材製造業とは、和郷園 )、農産物の生産額は9兆円。出来た農産物をそのまま消費者に届けるビジネスモデル。しかし農産物を加工して付加価値をつけると飲食料の消費額73兆円のマーケットへ進出できる。ここで儲けるのが和郷園のビジネスモデル、ということでした。

コッコファームはその仕組を卵の直売所として発展させました( ジャパンブランド、卵でオンリーワン!“日本一”の卵の直売所、コッコファーム )。農産物、畜産物、海鮮物などは加工して付加価値をつけ、美味しさ、新鮮さ、値頃感をアピールして消費者に提供できれば戦略となるのです。日本が届ける安全安心は付加価値を生み出します。

村上龍氏が番組内でどうして他の養豚業者は同じように1次産業の生産・養豚、2次産業の加工・工場、3次産業の販売・直売所と6次産業化を目指さないのか、と。儲かると分かっているのになぜやらないのかに潜んでいる障壁は、実は非常に難しいことだから、と仰っていました。では何がそんなに難しいのでしょう。

私はシステムを作ることの難しさゆえ、諦めてしまうのではないかと思います。1次産業、生産、養豚だけならば自分がシステムとなって朝から晩まで、自分の目の届く範囲でできます。豚の頭数が増えても人件費をそこまでかけること無く管理できる、自分がシステムだからです。

2次産業、加工、工場。規模が小さければ家族経営などで出来る範囲。ここでも自分がシステムです。しかし3次産業、販売、直売所となると1次産業の生産・養豚、2次産業の加工・工場、3次産業の販売・直売所と自分がシステムでやっていては体がいくつ合っても間に合わないからです。

どうしても他人の時間、他人の力、梃子を利用することが求められるのです。即ち自分がシステムとなるのではなく、システムを構築して自分が居なくても、誰が行ってもある程度の運営・管理が出来るシステムです。ここが難しい部分なのではないでしょうか?

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント – 経済的自由があなたのものになる』の著者、ロバート・キヨサキ氏が指摘している通り、左側のスモールビジネスオーナーから右側のビッグビジネスオーナーになるためにはセールスのスキルが絶対に必要だ、と。生産、加工して、それらの商品を売る能力、売れる仕組みをシステム化するのです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

中華経済圏の中で適者生存していくにはどうしたらいいのだろうか?50年後、100年後の経済界ではあの会社もこの会社も、気がついたら中国系資本というマーケットが誕生しているかもしれない。否確実に存在しているであろう。私の興味はこの「“豚のテーマパーク”で400万人集客!ニッポン養豚の開拓者が挑む食ビジネス、埼玉種畜牧場(サイボクハム)」にあるユニークなジャパンブランド的市場有利性が大中華経済圏の中で通用しているのか、という点である。

eye

大中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、サイボクハム創業者、笹崎龍雄氏が手がけた養豚業の教科書、「養豚大成」は日本と中国の養豚業者のバイブルになっているので逞しい中国人の養豚業者によってもしかしたら良質な豚肉が世界市場で賄われているかもしれません。

例外は豚肉を食べないイスラム教社会だけでしょう。1次産業、生産、養豚。2次産業、加工、工場。3次産業、販売、直売所のすべて行う6次産業化を達成することができれば。後はジャパンブランド、イコール安全安心を中国養豚業者から発信できるかどうか。サイボクハムから人材を派遣できるよう業務提携をするのがいいのではないでしょうか。

技術的特異点を迎えるにあたって

術的特異点とかって聞いたことありますか? 英語でTechnological Singularityっていうんですけど、要は今から30年後ぐらいの2045年頃にはコンピューターが人類叡智を超えるというものです。AI、人工知能です。その前の2018年頃(後4、5年後です)にコンピューターチップ容量が人間の脳細胞容量を超えます。で、その30年後、大体2050年前後に、コンピューターチップ容量は人間の脳細胞の100万倍に達しているそうです。

ムーアの法則とか有名ですけど、チェス盤の法則というのもありまして、その話に凄い刺激を受けたんです。簡単に説明すると、ある家来が王様のお役に立つような仕事(チェス盤を発明)をします。ご褒美は何がほしいかと尋ねられた家来は毎日ある量の米粒だけほしいといいます。チェス盤を王様の前に持ってきて最初のマスに米粒一粒、次の日には最初の一粒の倍、つまり2粒。3日目は前の日の2粒の2倍、4粒。このようにしてチェス盤が最後まで埋まるまで倍々で米粒をほしいと王様に交渉します。

もちろん王様は最初の小さい数字にしか気に止めなかったので、たやすいことだとおもい、引き受けるのですが、チェス盤の半分ぐらいに達すると米粒の量が凄いことになるんです。半分以降になると用意しきれなくなることに気づいた王様はその家来を殺してしまうんですが、この仕組みが1958年頃から始まったコンピューターのトランジスターの数と関係してくるという話です。

ムーアの法則では18ヶ月でトランジスターの数は2倍になり集積密度の向上が進むというもの。1958年頃から始まったデジタル革命創世記はチェス盤でいうところの最初のマスあたりです。で、今どのぐらいの位置にいるかというと、2006年頃、丁度iPhoneやYouTube、twitter、Facebookなどが社会に浸透し始めた頃です。ここがチェス盤でいうところの丁度半分ぐらい。で、これから先、倍々ゲームで凄いことになっていくわけです。

これからの30年から50年って多分人類が2度と経験することがないような期間になると思うんです。アナログからデジタルへ、それらテクノロジーが社会の至るところに恩恵を施していく。100年先では当たり前になっている世の中の仕組みをこの30年から50年の間に作っていくことになるであろうと予測するんです。

eye

テクノロジーがサイボクハムのエコシステムで恩恵を施す部分は何処でしょう? 種豚の凍結精液など生物分野で何かしらの貢献が期待できそうです。デュロック種、中ヨークシャー種、バークシャー種と共に1頭しか居なかったので、クローン技術とかを利用して容易に何頭にも増やすとか。後は飼育に関して量をマスで生産しても質を保ち続ける技術革新でしょうか。

想像して創造すれば、君は何処へでも行ける

ーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

おすすめかもしれない関連記事!この投稿記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes