セドナとラスベガスツアー、その1(サウスマウンテンパーク、アパッチトレイル)


Theodore Roosevelt Lake near Phoenix in Arizona

セドナとラスベガスツアー、その1(サウスマウンテンパーク、アパッチトレイル)

月最後の週末、アメリカ東海岸は大型ハリケーン「アイリーン」が近づいているため大規模な避難勧告実施真っ最中。地下鉄、バスは全面的にストップして大人しくお家に引きこもりするニューヨーカーたち。週があけると夏最後のイベント、US Open Tennisが始まるというのになんだか冴えない8月だったなぁ、と感じつつせっかくだから6月の終わりから7月独立記念日頃まで旅行していたセドナとラスベガスツアーについて記憶が薄れる前に書きとめておこうと思う。

June27, 2011 Moday

しぶりの飛行機ということもあってすっかり搭乗時間までの見積もりを誤り皆に顰蹙を買ってしまった。搭乗前にずいぶんと厳しいセキュリティーチェックを受け、やっとのことでゲート前に来るとすでに出発待機している飛行機が目の前に。早朝ということと、嬉しさと緊張感で一睡もせずにJFKにきて飛行機中で寝れるはずがないと考えスターバックスのコーヒーを手にする。いよいよ飛行機に乗れるぞ!

あぁ、こんな感覚だったなぁ、と思いに浸りながら離陸を経て一路アリゾナ州フェニックスへと向かいました。窓際席を譲ってもらいずっと外を眺めながら写真を撮っていたのでなんだが上空での写真ばかりになってしまった。途中、ニューメキシコ州アルバカーキーや着陸前にフェニックス近郊上空撮影ができたのは良かった! ルーズベルト湖にサウスマウンテンパーク、フェニックスダウンタウンなどの写真を載せておこうか・・・

到着と同時に物凄い熱波を感じる! iPhoneを見ると自動的にGPSのお陰で現地時間に切り替わっており天気予報を見ると摂氏40度になっている。空気が乾燥している性でじめじめすることはないが・・・とにかく熱波が凄い! 荷物チェックのときに一人の荷物が行方不明になり連絡先を残しつつこれから7日間お世話になるレンタルカーを借りに移動。ジープ・チェロキーの4輪駆動車をゲット、さぁいよいよ楽しい旅が始まる。

滞在先のセドナ近郊のコットンウッドまで夕方ぐらいに到着すればいいだろと考えていたのでフェニックスを観光しつつコットンウッドまで移動することにしていた。まずはサウスマウンテンパークへ行ってフェニックス全体を見渡せる頂上まで出発。

サボテン、それもかなり大きなサボテンを観察しつつドライブを楽しみ頂上でフェニックス全体を眺めた後昼食を取ることにした。どこにしようか迷った挙句メキシカンフードへ。レストランに入ると窓はなくとても涼しい感じ。きっとフェニックスでは窓をつけていると直射日光が凄いので室内の気温が上がってしまうのだろうと思われた。

皆で飯を食らい付いている最中に空港から電話。どうやら紛失した荷物が出てきたらしい。一路空港へ引き返し・・・ここでちょっと道に迷って危うくポリスのお世話になるところだった。今回一番恐れていたのがポリスに引っかかること。アリゾナ州では不法移民に対する法律が厳しくなったのでポリスでもビザ云々の質問ができる。めんどくさいことになるのでなるべくなら関わりたくない。

不慣れなフェニックス、フリーウェイを乗り換えるのにも一苦労。油断しているとあっ、ポリスが真後ろについている・・・急いで減速、危なかった! さて空港で無事荷物を受け取りコットンウッドに向けて出発しようか! でも直接行ってしまうのは嫌だなぁ、ということで密かにインターネットで調べていたドライブコースを通ってコットンウッドに入ろう。

Rockaway Park Seaside View from Airplane Albuquerque in New Mexico

Phoenix View from Airplane (Black Canyon Fwy 17 & Papago Fwy 10) Phoenix View from Phoenix South Mountain Park @ Dobbins Lookout

セドナへ向かう途中、Apache Trail

ソノラ・デザート(砂漠)の美しさを満喫できる、日本では絶対に味わえないドライブコース。60号線から88号線に入り、キャニオン・レイクとアパッチ・レイクを見ながら、アパッチトレイルをルーズベルト・ダムまで走ります。この間の景色は、渓谷、湖、サボテンが密集するソノラ・デザート(砂漠)。

の道、途中までは景色を堪能していたんだけど途中から道路がオフロードに変わり、道はどんどん険しくなっていく。まずいところに来てしまったなぁ・・・しかし引き返すこともできないのでこのままルーズベルトダムまで強行突破。オフロードの性でハンドルを取られることしばし、4輪駆動車でよかった!

少1時間ぐらい運転すると再び舗装道路に戻り気がつくと目の前にルーズベルトダム。写真撮影休憩して再び出発、さっきまでの不安は目の前に広がるルーズベルト湖がかき消してくれたよう。

セドナへ向かう途中 – Tonto Nationa Forest トント国立森林公園

の時点でバケーションハウスを借りることになっていた家主との待合時間まで絶対に間に合わないこと発覚。まだまだたくさん運転しないといけないし、一睡もしていない性で眠気が訪れてくることしばし・・・ここは計算を誤った!

88 – 188 – 87 – Payson – 260 – 87 – Pine – Strawberry – 260 – Camp Verde – 17 cross – 260 – Cottonwood と走りぬけ途中大きな鹿二頭、大平原に大森林を駆け抜けすっかり暗くなってしまったところでコットンウッドに到着。バケーションハウスを見つけ暫くしていると家主の息子が鍵を渡しに着てくれた・・・家主の母親は夜遅いということで息子と役割交代、迷惑をかけてしまった。

借りたバケーションハウスだけど良かった、というより素晴らしかった。ベッドルームが3つにバスルームが2つ、大きなキッチンにダイニングエリア、リビングルームもすわり心地のいいソファが用意されていてリッチな気分! 使わなかったが暖炉もありメディアルームも完備。そして外にはバーベキューをするスペースにプールがあるではないか!

とりあえず今夜は料理できないのでレストランで済ませてしまおうと近所へ向かう。どこか適当なところ入ろうとしたんだけど、ニューヨークと違いここコットンウッドは9時でどこも閉店! ということがわかりすっかり困ってしまった。タイ料理店に閉店ギリギリに潜り込みなんとかその日の夕食をみんなですませて長かった一日を振り返った。

夕食後家に戻りシャワーを浴びてプールサイドで寝転んでいると星空が素晴らしいではないか! やっぱりニューヨークとは違うなぁ、と感動しながら癒され、飽きずに星空を眺めているとあっ、流れ星! 大人5人が子供に帰った瞬間でした。この流れ星には感動、結構大きな星が大空を大きく横切る瞬間に歓喜する。イヤー、本当に来て良かった(喜)・・・続く

Cactus in Phoenix South Mountain Park


, , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes