セドナとラスベガスツアー、その3(グランドキャニオン)


View from Grand Canyon Village

セドナとラスベガスツアー、その3(グランドキャニオン)

June29, 2011 Wednesday。いよいよ旅も3日目、今日はグランドキャニオンへ行くぞぉ・・・なんと17年ぶりに訪れる。あの景色に再び出会えると思うと頑張る気持ちが湧いてくる、そうなんです、今回は運転手自分ひとりだったために緊張感が中々抜けなかった。絶対に眠ってはいけないというプレッシャーは一人で運転する vs 他人を乗せて運転するでは全く違ってくる。

お陰で随分と白髪が増えた気がするけど、みんなが喜んでいるようなので頑張るか! そんなに長距離運転嫌じゃない、というかドライブ、基本的に大好きだから・・・どっか知らない場所行くの好き!

コットンウッド出発、89Aでセドナを通過、フラッグスタッフ(Flagstaff)まで目指す。途中渓谷を一気に上っていくドライブを経験、崖の頂上に抜け出て休憩場所の駐車場に車を止めてしばし休憩。セドナの場所はやっぱり特別であの一体を抜けると景色がまるで違ってしまうから不思議な感じ。

フラッグスタッフ(Flagstaff)懐かしいなぁ! 22年前、ノースカロライナ州シャーロットからアメリカ横断を一人試みたとき、グラウンドキャニオンを見てみたいという思いで立ち寄った街、フラッグスタッフ(Flagstaff)。ここからサウスリム・ビジターセンター(South Rim Visitor Center)まで景色が素晴らしいドライブコースなんだけど、今回は眠かったなぁzzz・・・

グランドキャニオンの国立公園 – グランドキャニオン(Grand Canyon)、とにかく素晴らしいの一言に尽きます。ここは単なる峡谷というよりもむしろ、峡谷やその裂け目や岩の塊が、なんとも不思議な形に孤立する山、地卓、尖塔岩と入り交じる迷宮であるとも言えるでしょう。色とりどりに重なる沈殿物の結晶が、時間の経過とともに、光線の具合でさまざまな表情を見せています。大自然の驚異とは、まさにこのような景観を指すのでしょう。グランドキャニオン国立公園はアリゾナ州の北部に位置しており、周辺には何もない、と言ってよいでしょう。

サウスリム・ビジターセンター(South Rim Visitor Center)はフラッグスタッフ(Flagstaff)の北75マイル(125キロ)、車で約1時間半です。ノースリム(North Rim)とサウスリム、どちらのビジターセンターもラスベガス(Las Vegas)から、直線距離で150マイル(250キロ)真東にありますが、実際には車で250マイル(400キロ)近く走らねばたどり着けません。サウスリムとノースリムのふたつのビジターセンターも、直線距離ではたった10マイル(16キロ)ですが、実際は200マイル(320キロ)も走らねば行き着くことができないのです。

サンジェルスに住んでいたときに2回ほど訪問している。でも最後にここを訪れたのが2003年だから記憶が残っているだろうか? 着いてみて驚いたのが土産物やレストランが増えていたこと。17年も経っていれば当たり前かぁ、ということで驚いていたんだけど、やっぱりグラウンドキャニオンの景色は凄いねぇ。壮大で何度見ても厭きない・・・いつかは反対側のノースリム(North Rim)に行ってみたいなぁ。

お天気は湿気が多く遥か向こうに雨の層が見える。あそこら辺は今雨が降っているんだなぁ、と眺めていると稲妻の閃光が走る・・・なんともいえない瞬間であった。ブライトエンジェルトレイル途中までみんなを案内して昼食を取ることに・・・やはり3日目のドライブ、疲れが溜まってきたなぁ。

結局朝の10時ぐらいに家を出て、片道3時間ぐらいのドライブだから滞在時間も帰りのドライブ3時間を計算すると短くなる。グラウンドキャニオン端にあるDesert Viewまで行きたいのでビジターセンターを後にすることにした。

グランドキャニオンを体験するのに最も良い方法は、ハイキングして降りて行くことです。グランドキャニオン・ビレッジから始まるブライトエンジェルトレイルは最も人気なルートです。このトレイルは良く整備されていて、給水場所が数箇所あります。下に降りて行くよりもキャニオンを上がって戻って来ることの方がずっと体力を要するので、最も慎重な観光客の人たちはこのトレイルをほんの少しだけ下るだけです。

View from Grand Canyon Village Bright Angel Trail from Grand Canyon Village

View from Desert View in Grand Canyon, Arizona

Desert Viewはまた違った景色が楽しめる。ここからだとコロラド川も堪能できるのでオススメです。右に広がる砂漠・・・はるか彼方に明後日向かうことになるアンテロープキャニオンがあるのだろうか? 湿気が多い天気のせいで遠くの景色が霞んで見える。

帰りは同じ道を引き返さないで64をそのままCameronまで行くことにした。途中ネイティブインディアンの土産物屋に寄ったりしたのでフラッグスタッフ(Flagstaff)に入ったときには既に辺りは真っ暗。ガソリン補給のためしばし休憩した後、89Aを通ってセドナを抜け、コットンウッドに戻ってきた。

途中の森林地帯で星空と天の川を満喫する予定で走り抜けたんだけど思ったより星の数が少ない。家に戻ってプルー脇に寝転がって眺めるほうが星の数も流れ星に出会える回数もずっと素敵、ということで早々に引き上げる。

June30, 2011 Thursday

行4日目、この日は自分にとっては中休み。川下りをしようということでコットンウッド近くの街、Camp Verdeまでいく。タイヤのチューブに乗っての川下りということもあり、ゆっくりと流れるVerde Riverに体ごと浸かり、みんな子供のようにはしゃいでいる。僕はここで日焼け止めクリームを塗らないで昼寝してしまったために体が焼けるように日に焼けてしまった。

午前中に川下りを堪能?してみんながお土産とかを買いたいとか言うのでセドナへ出ることにした。今日は早いうちにコットンウッドのお家に戻り早くから今夜はバーベキューをする・・・あぁ本当に楽しい、というかお互い気心しれたバケーションハウスでの生活がこんなにも楽しいとは想像していなかっただけにラスベガスで部屋が離れ離れになるのが寂しい感じ? それぐらいに楽しかった。

午後はセドナの街をゆっくり堪能するお散歩。夕方には毎日通っている買出しの場所、ウオールマートに行ってバーベキューの食材を調達。家に戻ってみんな水着に着替えてプールで飛び込んだりしてはしゃいでいるとあっという間に夜が訪れ、バーベーキュー開始! シェフを連れて行ったのは正解だった。女の子二人もてきぱきと手伝ってくれたからドライブ頑張る代わりのそちらのほうは任せっぱなしだった。有難う!

お腹が一杯になり、シャワーを各自浴びて、食後寝床に入るまでプール前にみんな自然に集まってくる。何を話すわけではない、ただひたすら夜空を眺め、時折現れる流れ星に歓喜し、お互いに感じているであろう楽しいひと時を満喫するべくただ時が流れるに任せていた! イヤー、本当に来て良かった!・・・続く

Grand Canyon Village

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes