フィラデルフィアとワシントンD.C.ツアー


The White House

フィラデルフィアとワシントンD.C.ツアー

月は2月最初の週明けを利用してフィラデルフィアとワシントンDCへ2泊3日の小旅行へ行って来ました。仕事仲間の一人が日本へ帰国してしまうので仲のいい4人でレンタカーをして出かけたんですけど今回も楽しかったです。

フィラデルフィアを訪問するの初めてだったんですけど、ワシントンDCはなんと23年ぶりということでかつての記憶を頼りに懐かしさを感じながらの再訪問という形になりました。

1日目

ずはワシントンDCまで車で約4時間半ということで途中休憩などをはさみながらゆっくりと向かうことに・・・ワシントンDCへ行くまでにフィラデルフィア、デラウェア、ボルチモアと3つの都市があるんですけど、今回はフィラデルフィアを訪れることにしました!

訪れたかったアンティークショップは残念ながら閉店していたのでお昼を取ることにします。有名なフィラデルフィア、チーズステーキのサンドウィッチを召し上がろうではありませんか! 入った場所、Dalessandro’s Steaks and Hoagies、外見はファーストフードのようで派手さはなくシンプルなサンドウィッチ屋さんという感じなんですけど、チーズステーキサンドウィッチを見てビックリ!

大きいじゃないですか! これは食い切れないということで半分のサイズを先ずは注文しました。が、一口食べて・・・美味しい。パンも柔らかくビーフとチーズもしっかりと充実したボリュームで満たされており、その上安い! もうハーフインチ食べられるということで追加オーダーをして大満足。

お腹も満腹になりワシントンDCへ向かう前にどうしても寄りたい場所がありました。フィラデルフィアといえばそうです、映画「ロッキー」の舞台として有名です? ロッキーが階段を駆け上がる場所を検索すると「ロッキーステップ」なるものを発見。きっとこの場所に違いないということで向かうことに。

スクーキル川(Schuylkill River)沿いを走ることフィラデルフィア美術館へ。この川沿いには自転車をする人、ランニングをする人で溢れていました。良い感じで川沿いが整備されており優雅さを感じましたね・・・ニューヨークにはないなぁ。

フィラデルフィア美術館へは入りませんでしたが(ゴッホのひまわりなど)、しっかりロッキーの真似をして階段を駆け上がりました。ここからの眺めは最高! 眼の前にBenjamin Franklin Parkwayが広がり、その向こうにフィラデルフィアのダウンタウンスカイラインが広がります。お天気にも恵まれ真っ青な空に景色が映えました。

フィラデルフィアのダウンタウンも車を降りてオールドシティやチャイナタウンを散策したかったんですけど時間がなかったので車に乗りながら流すことに・・・独立記念館を横切り、オールドシティを抜けて再びワシントンDCへ出発です。

デラウェア、ボルチモアを抜けて漸くワシントンDCについたのは夕方暗くなる直前。ワシントンDCから近郊外だったんですけど平静な住宅街の中に位置していたホテルへチェックイン。夕飯を取るためにワシントンDC、ダウンタウンへ向かいました。Zaytinyaという名の中近東料理を頂き、軽く夜のワシントン記念塔などを眺めながらドライブをして宿舎へ向かい、明日に備えて早い時間の消灯ということで小旅行1日目は終了しました。

Benjamin Franklin Parkway from Philadelphia Museum of Art

2日目

日はしっかりとワシントンDCツアーを行うつもりで一日を過ごします。今から23年前、ノースカロライナ州シャーロットへ語学留学した僕は3人のアメリカ人ルームメイトに恵まれました。その内の一人、スティーブが11月の感謝祭に実家があるペンシルバニア州ヨークへ帰るけど来るか、と誘ってくれたので一緒について行きました。

アムトラックでワシントンDCまで入り、そこでスティーブの弟がジョージ・ワシントン大学へ通っていたので合流、そこで観光案内をしてもらい、3人で一緒にペンシルバニア州ヨークへといったのでした。あの頃はアメリカへ来てまだ3ヶ月という右も左もわからない時期でしてスミソニアンを歩きまわりホワイトハウスを見て、ジョージタウンを散策したことをうっすらと覚えています。その時見た景色を確認するのを楽しみにしていました。

まず向かったのはジョージタウンなんですけどお目当てのお店が開店していなく時間がもったいなかったので観光を始めます。そのお店からポトマック川が見えたので歩いて近くまで行って見ることにしました。途中C&Oキャナルを発見! この景色はあっ映画「No Way Out」で使われた場所に似ていると嬉しくなり写真をパチパチ撮ってしまいました。

ワシントンハーバーと呼ばれる場所まで歩いてポトマック川を眺めます。ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港が近くにあるため飛行機の着陸路がまじかにあり、一定の間隔で着陸準備に入る飛行機を眺めていました。さてそろそろワシントン記念塔、リンカーン記念館、ホワイトハウス、スミソニアンがあるモールへ行きますか!?

ツアーバスとかに乗ることも考えましたけど比較的簡単に駐車所を見つけることができるとの情報をもらったので車をワシントン記念塔近くに止めてモール近辺の散策を始めます。まずワシントン記念塔を眺めそのまま歩いて西へ向かい、第2次世界大戦記念碑を通りぬけ、朝鮮戦争戦没者慰霊碑を左に眺めリンカーン記念館へ向かいます。残念だったのがリンカーン記念館の前にあるリフレクティングプールが全面改装のため工事中であったこと。

リンカーン記念館の前まで来ると中にある第16代大統領リンカーンの坐像が見えます。いよいよ23年ぶりのご対面。中に入ると大理石に包まれた空間が気持ちよくリンカーンがひときわ大きく目立ちます。月曜日の午前中ということもありそれほど観光客で賑わっていなかったので落ち着いて第16代大統領リンカーン坐像が存在している空間に浸ることが出来ました。

リンカーン記念館の目の前で数々の演説が行われ、あのマーチン・ルーサー・キング師も1963年、「I have a dream」という有名なフレーズで知られる演説を行いました。目の前に20万人もの聴衆が集まったというから凄い! リンカーン記念からは遠くにワシントン記念塔が見え、さらにその奥には国会議事堂が見えます。さて次はホワイトハウスへ向かいます。

ベトナム戦争戦没者慰霊碑の前を通り、The Ellipseという広場を通りぬけホワイトハウスへたどり着きました。もちろん中庭に入ることはできず外堀の枠から眺めるだけなんですけど、23年前はホワイトハウスの景色を見て初めてあぁアメリカに来たんだなぁという実感を持ちました。そろそろ朝食を抜いたのでお腹が空いてきた感じ・・・

この辺りはフォギィボトム(Foggy Bottom)呼ばれる場所でして直訳して「霧の底」、昔は霧がよく発生した場所ということからきているらしいです。見学する時間がなかったので寄らなかったんだけど、ケネディーセンター、国立水族館もあり、商務省などが近くにあるフードコートで昼食を取りました。

午後からはスミソニアンを散策する予定でいたのでまずは国立航空宇宙博物館へ。月の石を触り、世界初の大西洋単独無着陸横断飛行をしたスピリット・オブ・セントルイス、アポロ11号司令船“コロンビア”、スターダスト彗星探査機のカプセル、ハッブル宇宙望遠鏡実物第テスト機、ライト兄弟1903フライヤー、等他にもっとたくさんあるんだけどこれらのものを間近で見れて嬉しかったです。

次に向かったのが国立自然史博物館。巨大なアフリカ象で迎えられ、化石・生命の歴史、海のホール、鉱物と宝石、などを見て回りました。宝石の数々は見る価値があるかも! 特にホープダイヤモンドの大きさといったら・・・際立っていました。

他にもスミソニアン・アメリカ美術館、ナショナル・ギャラリー、国立アメリカ歴史博物館、国会議事堂、印刷局など行きたかったんだけど限られた時間、他の仲間はデュポンサークル近辺にある古着屋さんに行きたいということもあり、アーリントン国立墓地へ。

しかしここで道に迷いました。硫黄島記念碑までは行けるんだけどアーリントン国立墓地の入り口までたどり着けません。途中ペンタゴン(国防総省)内にも迷い込みました! ジョン・F・ケネディーの墓、永遠の炎、無名戦士の墓を見学するつもりだったのに残念! 諦めて次の日出発の朝、地下鉄でまた来ることにしました。これがいい結果になるとはこの時点では思いつきません・・・

朝食を見逃したお店があるジョージタウンまで戻りCafé La Rucheでお茶をして、古着屋さんのあるデュポンサークル近辺へ移動。ジョージタウンもデュポンサークルもニューヨークのソーホーみたいな感じなんですけど、街の清潔さはワシントンDCのほうが上です。

買い物を済ませ、またジョージタウンへ戻ってSea Catch Restaurant & Raw Barで夕食を取り、ワシントンDC2日目の夜は終了しました。今回はお天気にも恵まれ3日間快晴。ニューヨークよりも緯度が低いため気温も若干暖かく、とてもいい気候の中観光ができたのは良かったです。

C & O Canal Towpath @ Georgetown in Washington DC Washington Monument

16th President of the United States, Abraham Lincoln @ Lincoln Memorial 16th President of the United States, Abraham Lincoln @ Lincoln Memorial

Vietnam Veterans Memorial Washington Monument @ National Mall

3日目

ぁ早かったなぁ、ということで今回の旅も最終日。この日は早朝早くから地下鉄に乗ってアーリントン国立墓地へ向かいます。ワシントンDCの地下鉄に乗るのは初めて! どこへ行くにしても一定金額のニューヨークとは違い、行き先々で地下鉄運賃が違ってくるワシントンDC。汚くて狭くて混んでいるニューヨークの地下鉄と比べたらどこでも上を行きますか? 地下鉄乗車切符にパンダの絵が・・・デュポンサークルにある国立動物園にパンダがいるそうです。

アーリントン国立墓地は朝8時開門と同時に入ったので人も少なく朝の静けさの中、落ち着いて見学することが出来ました。独立戦争、1812年の対英戦争、南北戦争、第1次、第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争で亡くなった兵士の魂が眠り続けているそうで現在でも公務中に殉職した人、テロなどの犠牲者、軍歴20年以上の人が葬られ、埋葬費などは国が負担してくれるそうです。

ジョン・F・ケネディーの墓、その横で寄り添うように永眠しているジャクリーン・ケネディー・オナシス。永遠の炎は静寂の中、燃え続けていました。次に向かったのが無名戦士の墓。ここも静寂の空気に包まれ、訓練された陸軍第3歩兵隊、通称オールドガード(The Old Guard)の衛兵によって1948年から雨の日も風の日も24時間警護されているというから驚きです。リスペクト、という空気が充満していました・・・

さぁホテルへ戻ってチェックインを済ませ、ワシントンDCともさようなら。また来てもいいかなぁと思える旅でした。今度はもっとしっかりと美術館を散策したいです! 帰りも途中フィラデルフィアのオールドシティへ寄り、Forkというサンドウィッチ屋さんで軽めの昼食をテイクアウト。今回も怪我や事故などを起こすことなく無事旅行を満足感と共に終了。いい旅でした! 劇的に盛り上がったスーパーボウルを見逃したけど・・・

View from Arlington National Cemetery

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes