世界に誇る日本のおもてなし、おまかせ

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

おまかせ

世界に誇る日本のおもてなし、おまかせ

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – おまかせ

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は、おまかせという日本式生活スタイルです。串盛り、焼き鳥、スーツ、これ全部おまかせしてしまう日本人。日頃から様々なおまかせを体験しているんです。日本人以外にはまだ珍しいこととか。最近では家具のおまかせサービスなども。プロが選ぶ理想のインテリアとは?おまかせと言えばお寿司。おまかせを頼まれた板前はどんなことを考えてネタを選ぶのか?その裏側を探ります。

英語に直すと“I will leave it up to you. ”という文章になってしまうおまかせ。Omakaseという感じで広まっていくのでしょうか。もったいない、おもてなし、に続く定着感が生まれるのかどうか。私は自分にある分野に関しての知識がなくてどれを選んでいいのか分からない、という状況ならばおまかせは在りだと思います。

最初の取っ掛かりをプロの目利きに任せる。このスタイルならば世界に広まるのではないでしょうか。何も串盛りとか、焼き鳥とか、スーツ、お寿司などに限ったことではありません。初めて訪れる観光地、おまかせスタイルで究極の観光スケージュールを組んでもらうとか。衣類に関するセレクトショップの感覚も選んでもらう、おまかせというスタイルが確立されています。この人が選んだ服ならば大丈夫だ、とある特定のセレクトショップのファンに成ったり。

クローズアップ現代で取り上げていました。「 買い物は“おまかせ”スタイルで!? ~広がる目利きビジネス~ 」では最新のファッションアイテムをおまかせしたり、日本酒セレクトを利き酒師におまかせしたり、本などもおまかせしたりするんです。自分で何を購入したらいいのかわからない、プロが選ぶ商品だから信頼できる、という感覚。

人は何かを選ぶ際、多くの選択肢が存在すると中々自分の好みなどを吟味して慎重に選ぶ人、あまり多くないのではないでしょうか。選んでいる内に毎回好みが偏ってきたり。そうした中、もしプロの目利きで何かを選んでくれるとしたら、そこで新たな発見に出会うかもしれません。自分ではこれ、選ばないだろうなぁ、というものに遭遇して新たな扉が開くのです。

おまかせサービス

盛り、宴会メニュー、焼き鳥、引っ越し、スーツなどなど。自分たちにその分野に関する知識がない場合にはおまかせしたほうが安心という意見。おまませしたものが自分の好みに合わなかったときはどうするのか、という質問には、それは仕方がないと言う答え。自分がある選択を出来ない場合にあえてプロなどにお任せするので出てきたものに文句を言う筋合いはないという感覚なんです。だからおまかせするとき、選ぶ側は相手の好みを知ろうとアンケートを行うこともあります。そこから相手の好みにあった選択肢を絞っていくわけです。

日本人が利用するおまかせサービスで一番多いのはやはり飲食関係。寿司、居酒屋、焼き鳥、日本酒、ワインなどです。他には引っ越し、美容室、洋服なども。食材のおまかせサービスなるものも最近では人気を呼んでいるとか。野菜のおまかせ宅配サービスということで、新しい新鮮な採りたて野菜が宅配されます。見たこともない野菜が含まれていることも。しかし、その野菜に関するシンプルなレシピーも一緒に添えられているので新しい体験を取り入れる仕組みとしては良いかもしれません。野菜も自分の好みに偏りますから。

おまかせ文化、諸外国と日本

本人の感覚からすると自分に自信がないからプロに選んでもらうという心理状態があるようです。容姿に関して自信がない、だからプロにおまかせする。美容室で自分に合うヘアースタイルとか。自分に似合う眼鏡なんかも。とすると、服装などもそうです、どんな洋服が自分に似合っているのか、客観的に見ること、難しいですから。

これが日本人以外の諸外国人になると自分のことは自分で決めたいというスタイルを譲らない人が多いのが特徴です。このことは全てに共通する文化というか生活スタイルなのかもしれません。全てに関して主体的に取り組む姿勢。自分の進むべき道、進学、就職、結婚、何処に住んでどのようなキャリアを積んでいくのか、自分が主体的に考え選択していきます。

それに比べると日本人はこのような自分の人生を決めていく場面でも他人の選択肢に頼る傾向があるのかもしれません。進学、就職、結婚、と決められたレールに従って生きていくことに疑問を抱かなかったのがかつての日本人の多くです。多くの他人と一緒のことをやっていると安心する心理も影響したのでしょう。

政治などに積極的に関わっていく諸外国人。どのような政策を実行していくのか、自分の意見を持っているのが普通でそれを実行してくれそうな政治家を選択します。日本の場合でどうでしょう。どこか他人事です。自分には未知のことだからその道のプロ(政治家)に国の政策はおまかせしてしまう。おまかせしたのはいいけど、後になって色々と問題発覚というのが日本のスタイルで、ここでも日本人は自分が任せたのだからその結果には文句を言わないのでしょうか。このあたり、自分の身の回りの選択肢に関してはもっと主体的になるべきだと感じます。

家具のおまかせサービス

イアウトとからそこに置く家具を好みに合わせて選択してもらうサービスです。家具なんかはあまりに沢山の選択肢がありますから、知らない、存在しない家具に出会うことも積極的に選んでいくぞ、という気持ちがないと手に入る情報範囲で選択を済ませてしまうかもしれません。時間的余裕もないとか。

全てをおまかせしてしまうのもいいかもしれませんが、少しは選択するスペースを残しておいていいかもしれません。最初の取っ掛かりの部分はプロが選択して、このような家具の選択肢が存在していると提供するのです。そこからもし、おまかせを頼んだ依頼者がその選択肢に興味を示せば、そこの部分を更に掘り下げていくスペースを依頼者に与えてあげる、というのもありじゃないでしょうか。最後の部分は依頼者に決定権を残すのです。

選択肢に関する責任の所在地

組の中で面白い意見がありました。日本人は間違いを犯すことに積極的ではない、恐れているの言うものです。だから自分の選択肢が間違っていると他人に思われたくないからプロなどに選択肢を任せてしまうというもの。諸外国人の中には自分の意見を、スタイルを持つことが大事という感覚で育てられます。それが個性というユニークさに繋がるのですが、日本人は皆一緒、というのもこのあたりからきているのかもしれません。

他人と同じならば安心、自分が選んでもらっている髪型、服装、生活スタイルはプロが選んだものだから間違いではないだろうと安心するのかもしれません。自分で全てに関して選んでいく諸外国人はその選択肢の失敗の繰り返しから自分の好みを、本当に自分が欲している欲求に素直に成れるのです。選択肢に関しての責任の所在のあり方にも違いが出てきます。

自分で選択していくスタイルならば、選んだ結果に対しての責任は全て自分に帰するのが当たり前です。これが他人が選択したものならばどうでしょうか。選んだ結果に対しての責任は他人に押し付ける。自分は本当はこうしたかった、ああしたかった、と言う人、いませんか?

自分は何が好きなのか、どういう状態を好むのか、どんなライフスタイルが自分という人間にマッチしているのか?自分の好みが分からないという人は、ある意味、真剣にそこまで考えていないのではないでしょうか。他人におまかせするスタイルも、ある程度まで行くと思考停止状態をその人に備え付けます。そうするとなんか味気ないですと、思うのは私だけでしょうか。

おまかせを提供する側

組取材ではお寿司屋さんに出向いておまかせを注文するというもの。板前さんがどのようにおまかせされたサービスをそのお客に合わせて提供していくのかを観察します。新鮮なものから提供、会話をはさみながらお客の嗜好に探りを入れる板前さん。飲み物とか、日本酒なども板前さんが選んであげるんです。そしてにぎり鮨を提供し始めます。

良いネタから提供するのは当たり前ですが、提供するに関してそのネタに関しての蘊蓄(うんちく)も一緒に提供する。そうして少しずつ信頼関係を築いていくのです。食べるペースが落ちてくると握るシャリを減らしてあげる。少しでも多くのネタを試食してほしいという心遣い。おまかせを提供する側は全てを観察して、瞬時にベストな選択を行っているのです。

御前に任せる、任せた、という責務を背負うことになるのでおまかせを提供する側は常に新しい知識を取り入れる姿勢が求められます。自分がこれはと思うものを提供するには確固たる自信がないとおまかせを依頼した側との信頼関係も築けませんし。ある意味、おまかせを提供する側のスキル、知識を試されるわけですから緊張するでしょう。でもそれがまたその個人を成長させるのかもしれません。

上司から、会社から、支持されるよりもお客から、市場から、マーケットから支持されるようになればその個人は自立、独立できます。世界中から建築依頼を頼まれる安藤忠雄氏なんて凄いですから( アナザースカイ – 安藤忠雄 @ イタリア )。そうすると英語でおまかせを提供できる日本人は今後世界へ出ていける可能性があります。英語で知識を提供できる日本酒の利き酒師なんてこれから重宝されると思います。

自分の好み、好き嫌いがはっきりしている諸外国

えばアメリカの場合、全てに関しておまかせが流行るかというと疑問が残ります。自分で行う、日曜大工にしても品数も豊富ですし、Do It Yoursef、といって自分で行う文化が根強く浸透している社会がアメリカです。自分がある分野では知識があまりない、という場面ではおまかせするかもしれませんが、必ずその選択肢に関して納得する必要があるのがアメリカ社会ではないでしょうか。

スターバックスなんてそれこそレシピー、1000種類以上もあるそうです。色々な客の好みの注文に合わせていたらこれほどの数になったとか。ソイミルクを入れるというのもお客の要望から始まったレシピーだそうです。スターバックスでおまかせ、というのは無いでしょうが、日本のちょっと蘊蓄(うんちく)にうるさいマスターが入れるコーヒーならばおまかせ、ということに躊躇しない日本人は多そうです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、初心者に対してのおまかせサービスは広まる可能性があります。初心者の取っ掛かりとしてのおまかせ。とりあえずこれを選んでおけば最初の経験としては問題ない、という取り組みを提供してあげる。サービス産業の質を上げる新たなシステム、おまかせです。

日本式生活スタイル、おまかせ –  in the future(未来)

利きとしてのおまかせは色々な分野で発達しているかもしれません。家具のおまかせとか、野菜の宅配サービスおまかせ、とかが誕生するマーケットが存在しているわけですから、他にもニーズを把握したこんなサービス、というおまかせが登場してくるかもしれません。サービス産業の新たな展開、それがおまかせサービスです。

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes