世界に誇る日本のおもてなし、ご当地グルメ


ご当地グルメ

世界に誇る日本のおもてなし、ご当地グルメ

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – ご当地グルメ

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回はご当地グルメ、という日本式生活スタイルです。まず取り上げるのがご当地グルメイベント、ご当地グルメブーム。ご当地グルメイベントの何が素晴らしいのか? そして次のトピックがご当地グルメ旅!ルートづくりの極意とは?

旅の仕掛け人に密着。ご当地グルメ旅の魅力発見していきます。最後はご当地グルメ街興し、江戸時代のご当地グルメ復活。日本人にとってのご当地グルメとは何なのか? 文化的背景、土地の誇り、自慢などのニュアンスが含まれているご当地グルメの魅力を詳しく観察していきます。

ご当地グルメイベント、ふるさと祭り東京

京ドーム内で行われるイベント、ふるさと祭り東京。全国のご当地グルメ300以上が集結します。10日間で40万人以上が来場するというから人気イベントの一つなんでしょう。熊本県からし蓮根、北海道いかめし!その土地土地の生活や産物から生まれたものを試食できます。岩手県まめぶ汁、長野県おやき!お店の人が熱心に販売、種類が多いだけでなくその食物にまつわる歴史を教えてくれます。

ちょいのせ市場というエリアはかなりユニーク? ご飯販売所で白いご飯を購入します。定番のご当地グルメは勿論新たなご当地グルメを食べられるエリア(ちょいのせ市場)ということで多くの人で賑わっています。柚子トマト浅漬(京都)、いぶりがっこチーズ(秋田)!などを白いご飯の上にのせて試食。白飯に合うおかず、日本人らしい発想です。

全国ご当地どんぶり選手権なるものも開催されていて、全国の予選を勝ち抜いた15のご当地丼が集結しています。一杯500円で食べ比べ一位を決めるという参加型のイベント。香箱カニ丼(石川)、志布志黒豚丼(鹿児島)、三河一色鰻丼(愛知)!あえて小さな丼にすることで何個も食べることができる工夫がしてあります。食べ終わったら投票コインを手に、自分が気に入った丼へ投票します。私も参加してみたいです。無理をしてでも15のご当地丼を試食しようとする誘惑に勝てるかどうか不安ですが・・・

全国行けないところの美味しいものが食べられるので楽しい。日本全国食べ尽くしイベント、ふるさと祭り東京、日本のまつり・故郷の味。これは是非私も参加してみたいです。ちょいのせ市場とか魅力的です。ご飯が進むでしょう、考えただけでもよだれモノです。丼も日本人好きです。食は日本国内で提供される食物を食べる。海外では絶対に手にはいらないものです。

東京ドームシティ公式サイト | ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味

絶対評価が苦手な日本人

較的新しい、歴史の浅い国ではご当地グルメはないという議論が番組内でありました。移民の国アメリカでは移民に特化した料理は存在しますが、アメリカ人がルーツのご当地グルメは存在しません。歴史のある国イタリアも地方に行けばその地方の料理があるそうです。日本人と似たような感覚です。イタリアも小さな国を集めて作った国ですから日本の廃藩置県みたいな土壌が在るのかもしれません。

ご当地グルメ、最近始まった流行りで、b級グルメブームに便乗して広がったそうです。日本人は自分の出身地のご当地グルメ、歴史、文化を大切にしているし誇りに思っている?!というのは納得できます。日本各地で江戸時代から食物についてはイタリアに負けないぐらい拘りなど、新たな開発をしてきているそうです。

日本人は何でも順位を付けたがる傾向がある?というのはどうでしょう。日本人は絶対評価は苦手で、これは絶対に良いものだという自信がないから比較で、これとあれで、AとBでどっちがいいか、こっちのほうが多いからこっちにしようということになる。で、なんとなくほっとする。

面白い指摘です。大衆文化、他人の目、世間の動向に合わせる、皆が良いと判断したならば安心できる日本人気質の特徴です。このような生活習慣がランキングの所以ということと関係しているのかもしれません。

殿様が居て、藩制度があった江戸時代。地方文化が多彩でお国自慢をそのころからしていたんでしょう。現代でも高校野球が盛り上がっていますが、これなどは自分の出身地方を贔屓にする特徴が出ていますし、ご当地グルメ自慢と通じるものが在る気がします。

私は各地方の方言が好きですし、食文化が豊かなことは良いことだと思います。標準語からお互いの方言を発見した瞬間、同じ方言を扱うとわかった瞬間、その方言でしゃべり始める。親近感がぐーんと発揮されお互いの距離が近づいていく瞬間は羨ましくもあります。

ご当地グルメ旅、はんつ遠藤

ードジャーナリスト、はんつ遠藤氏はご当地グルメの達人です。航空会社(JAL)のホームページに掲載するご当地グルメの旅、2泊3日で9食のご当地グルメの旅記事連載中の遠藤氏。広島市の取材に同行します。まず訪れたのが、26のお好み焼き店が集結するビル内人気スポット。人気のオリジナルメニューが在るお店へ取材していました。

エビと烏賊を豪華的にのせる海鮮お好み焼き!ボリュームたっぷりだけど野菜も一杯入っています。次に向かったのが“かなわ”、広島名産の牡蠣料理を船の上で頂くお店です。川の景色を見ながら頂く牡蠣づくしの御膳を取材。牡蠣料理が前四品、カキフライ、牡蠣の茶碗蒸し、牡蠣の味噌焼き、牡蠣雑炊のフルコースは魅力的です。

味プラス雰囲気、お料理を堪能する環境が大事、と遠藤氏。ここの場所にしか無い風情な中でのお食事は贅沢ということです。航空会社はホームページにご当地グルメ記事を連載し何を狙ったのか(マーケティング)?担当者によると企画を始めた当初から、2倍近いお客様にお楽しみ頂いてるとのこと、旅行商品の販売に繋がっているらしいです。(JAL)

新ご当地グルメ、中華そばくにまつ“國松”も取材していました。汁なし担々麺を試食、少量のスープが麺と完全に絡むまで20から30回混ぜるのが広島流とのこと。次に広島市新ご当地グルメ開発ということで、全国にチェーン店を持つ老舗のパン屋さん“アンデルセン”へ向かい、デニッシュを堪能していました。

朝昼晩といった時間帯、日程などに合わせた9食のコース設定を決めていく遠藤氏。その地に脚を運び、歴史や風情を感じながら、土地の名物を頂く旅を想像し創造していくそうです。このような細かい手配、日本人らしいおもてなしを感じます。悪く言うと一人じゃ決められない、他人が作ってくれたものに思考停止状態で便乗する、という行為にも見えますが、日本国内で楽しむのであれば良いのかもしれません。

食べるために旅行に行く日本人

べるために旅行に行く行かない?という議論が番組内でありました。食文化に価値があるから、旅行に行く日本人。食べ旅行に出るための理由が居る?というのはどうでしょう。牡蠣の美味しいシーズンだから広島行こうか、とか?

日本人の旅、食の占める位置が高いということです。日常からちょっとズレたいというニュアンスもあるんだとか・・・昔は旅行など簡単にはいけないから、それまで出来なかったことを一気に旅行中にやってしまう日本人。食べたり飲んだり踊ったり、と。このようにして日本の旅という形が出来上がってきた背景があるそうです。

ご当地グルメ街興し、たまごふわふわ

岡県袋井市、袋井宿。江戸時代、東海道53次の宿場町として栄え、今も名所旧跡が数多く残る地です。この袋井市で今、200年前にこの地で食べられていた料理が注目されています。その料理名は“たまごふわふわ”。黄金色に輝くふわふわの玉子料理で、この食感が口コミで広がり、今では全国から旅行者が訪れています。

しかし8年前までは地元の人でさえ知らない“たまごふわふわ”料理。袋井市観光協会、永田啓氏。名物料理がなかったので図書館で書物(仙台下向日記)を調べているとたまごふわふわを食べられていた記述を発見します。

店主、高橋信雄氏に“たまごふあふあ”料理再現をお願いすることに。試行錯誤を重ね、1年後、100回以上の試作を繰り返し完成。今では市内16店舗で食べられるようになったとのことです。江戸時代の料理を復活させた快挙です。写真が残っているわけでもないし、ましてや記述だけで“たまごふあふあ”料理の姿や味などは想像して創造していったのです。

街興しのために使われるご当地グルメ

戸時代は地方分権国家であった日本。自分たちで街(藩)を作っていく、幕府からお金を貰うこと無く。そのためにその地方特有の特産を作ったり名産を作ったりと、色々努力をして地元のものを開発してきた背景があるそうです。そして語り継がれ、地元の宝にし、観光資源として利用していく、という日本式生活スタイルが現代のご当地グルメに繋がっているのです。

同じことを書きますけど、食文化が豊かなことは良いことです。人生を楽しむ上で食文化が乏しい国民よりは豊かであると思うし。その食文化に旅が加わってくる。日本国内が安全という背景もあるでしょう、どこへいっても日本語が通じる日本人がいるという当たり前の安心感もあるでしょう、同じ日本人がサービスしてくれるお食事への信頼感もあるでしょう。日本人が体験しているこのような背景は贅沢であると言えるかもしれません。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏ではご当地グルメのような日本式生活スタイルは浸透していくでしょうか? あり得るのではないでしょうか。四川料理、上海料理、北京料理など存在しますし、大中華経済圏ならば、ベトナム料理もインドネシア料理もタイ料理もご当地グルメ的存在です。

親日国家、インド社会ではどうでしょう。国全体がまず豊かにならないとダメかもしれません。この目標を達成したとしても古くからあるカースト制度によって貧しい地方の人々の食文化が豊かでユニークであるかどうかも疑問です。

イスラム社会ではどうでしょう、ご当地グルメのような日本式生活スタイルは浸透していくでしょうか? 難しいでしょう、というより地域的紛争が無くならない限り無理でしょう。アフリカ大陸ではも飢饉問題を解消しない限り無理のような気がします。日本ってホント、恵まれていることがわかります。

欧米社会ではどうでしょう。まず階級社会ですから・・・日本社会のように一億総中流化ということでもならない限り難しいかもしれないです。日本人は皆気軽に旅行します。安全、安心という信頼社会が提供する食文化があるが故に、ご当地グルメなるものも注目されているのでしょう。どうせならもう日本独特のものに仕上げて、日本へ旅行してもらう動機付けにしてもらう。ご当地グルメ文化は、日本人以外の世界にアピールする観光資源になり得ると思います。

日本式生活スタイル –  in the future(未来)

現在の日本社会の未来を語る上で大事なキーワードは少子高齢化社会です。地方が貧弱になっていくと予測されていますが、ご当地グルメなる産業、経済は維持できているんでしょうか? 日本人だけ相手にしている発想はダメです。海外から日本に来て、色々な地方へ行って様々な文化を体験してもらうんです。この人の流れを確保、維持できれば、ご当地グルメ文化は無くならないでしょう。日本に行けば美味しくてバラエティー豊かな食文化を堪能できる、ということが世界中の人々に認識されれば良いのです。

, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes