世界に誇る日本のおもてなし、デパート


デパート

世界に誇る日本のおもてなし、デパート

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – デパート

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回はデパートという日本式生活スタイルです。まず取り上げるのが日本のデパート、クールなサービス色々。雨のとき、入口付近に在る傘用の袋、その心遣いが日本ならではのものとか。アメリカのデパートで見かけたことは無いです!

充実したハンカチコーナー、欧米ではハンカチを持ち歩かないので・・・デパート1階には女性の化粧品売り場を設けることはアメリカも一緒です。ニューヨークに在るメイシーズ、ブルーミングデールズ、サックス・フィフス・アベニュー、バーニーズ・ニューヨークと、まずは女性客を引き寄せて混み具合を演出します。

インフォメーションセンター、ここでは通訳サービスなどを提供しています。外国人が増えたからでしょうか。免税カウンターを設置するデパートも増えているそうです。パスポート提示、消費税などが払い戻しされます。他に日本のデパートで見かけるユニークなサービスはお買い上げ品一時預かり所でしょうか。買い物した荷物を預かってくれる場所、勿論無料です。何でも合理性を求めるアメリカと違って、痒いところに手が届くようなサービス、日本では当たり前なんでしょう。

今回の番組で海外に発信したいナンバーワンのもの、日本のデパートに存在するトイレ、特に女性用トイレは絶賛でした。パウダールーム?化粧直し用パウダールームなるものが設けられていて、着替えをしたり、化粧を直したりと、広くてゆったりしていて無料となれば喜ばれるのも分かるような気がします。

ベイビー休憩室などもあるんです。電子レンジもあり離乳食を温めることが出来ます。お湯が出るなどミルクを作ることも。小さな子供を連れていても安心して買い物できる日本のデパート、授乳もできるスペースも用意されていて、躊躇すること無く気軽に利用できます。

日本のデパート、品揃えがあって、サービス(対面サービス)が良くて、というのが当たり前。アメリカでも雨の日に在る傘用袋とかインフォメーションセンター、お買い上げ品一時預かり所、ベイビー休憩室、女性用充実トイレなどは実行可能ではないでしょうか。

ニューヨークに在るデパートは日本のデパートで当たり前のサービス、受け入れられそうな気がします。アメリカ郊外に存在する典型的なショッピングモールはどデカいし、雰囲気も違いますから難しいかもしれません、というか必要ないかもしれません。

デパ地下

本のデパートにしか無いサービスと言えばデパ地下(日本の百貨店(デパート)の地下階にある食料品売り場を指す通称)でしょう。食品売り場、開店直後から多くの人が訪れ、デパートで一番人気の場所になっています。180のお店が入っているデパ地下も在るぐらいの充実度。出来たてが手に入る、美味しそうに見える出来たて商品、ディスプレイも美味しそうに飾るのが特長で来店客の胃袋にアピールします。

どのようにして数多くの品を揃える出来たて惣菜を賄っているのでしょうか。番組内では都内の在るデパートを取材、地下3階に強大な集中厨房施設を設置してある場所に向かいます。集中厨房施設内、細かく仕切られたスペースにアルファベットの表示が施してあり、調理方法ごとに7つのエリアに分かれています。

A弁当とお惣菜、B弁当、C生鮮(寿司)、Dガス調理、Eパン、F揚げ物、G弁当とう具合に。人気のある洋食惣菜、中華惣菜など、地下の集中厨房が出来るまでは近くのお店から配達していたそうです。ですが今では出来上がった惣菜は食品売り場まで3分ぐらいで運ばれる仕組み。

種類が豊富で出来たてがいつでも購入できる日本のデパ地下。アメリカではデパ地下なるものは無いです。地下は駐車場になっているところが多いですし、郊外に在るショッピングモールではフードコートなる場所で様々なスタイルのお店がテナントとして入居、食物を提供しています。勿論広いスペースも一緒に用意されていてそこで食事をします。

ニューヨークに在るメイシーズ、ブルーミングデールズ、サックス・フィフス・アベニュー、バーニーズ・ニューヨークにもデパ地下は存在していません。お惣菜スタイルの食物を提供している場所としては街角にあるデリカテッセンでしょうか。フードーコーナー、バフェットスタイルを設けていて、プラスチックの容器に自分で取り入れていきます。

お持ち帰りにしてもいいですし、広いデリカテッセンでは食べるスペースもあります。ホールフーズ・マーケットのような食料品スーパーマーケットにもフードーコーナー、バフェットスタイルが提供されていて、テイクアウトにしたりそのままお食事できるコーナーへ持ち運んで食事することも出来ます。生鮮品コーナーでは調理済みの惣菜スタイルに似た料理も。

日本のような豊富な種類は存在しないですし、地域によって品揃えの特色が出るようなユニークさもありません。京都のデパ地下へ行けば京料理全般を把握できるとか、羨ましいです。

物産展

産展(任意の地域を限定して、その産物を紹介・販売するイベント)を開くとお客さんが2割ほど増える傾向にある日本のデパート。在るデパートでは、1月北海道展、2月鹿児島展、3月京都展、4月北海道展、5月福岡展、6月グルメ展、7月長崎展、9月北海道展、10月新潟展、11月47都道府県グルメ展という充実ぶり。

その地域の特産が人気を呼ぶそうで、全国各地の味が楽しめるのも魅力の一つ。旅行行った気分になるし、実際その場所へ行って食してみたいという動機にも繋がりそうです。ニューヨークですと、青空市場、ユニオンスクエアとかでローカルプロダクトを売っていますが、日本各地のような強烈アピールを感じることは無いです。

ジャパンフードフェアなるものはコンベンションセンターなどで行われるが普通でして入場料を払い、様々なブースで展開される日本各地の料理やお酒を楽しみます。この時に各地の名産、北海道展、鹿児島展、京都展、福岡展、長崎展、新潟展などを提供できるならば、ニューヨーカーにもアピールできるのではないでしょうか。まだまだ日本各地の美味しいもの、世界に伝わっていませんから・・・

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも日本のデパートが提供する色々な各種サービスは受け入れられている可能性はあります。きめ細やかな日本式サービス、デパートが提供する客へのおもてなしにびっくりするでしょう。しかし、日本のデパートが新興国市場やイスラム圏内で商売できているとは想像難しいです。

デパ地下、物産展、ローカル色を出すのは難しいかもしれません。食の安全性をどこまで確保できるのか。( ジャパンブランド、第2回「日本式サービスで世界をめざす」 )デパ地下や、物産展なるものはわざわざ日本へ行って味わう価値のものとして残していけばいいのではないでしょうか。

食の環境、日本で提供できるからこそ付加価値が在るのです。美味しくて綺麗な水という恵まれた環境があるから美味しいものが沢山日本にはあるし、同じ食材などを諸外国へ持って行っても日本で提供されるものと同じものが提供できるかとなった場合、難しいのではないでしょうか。食は日本へ行って堪能するのが一番です。

日本式生活スタイル、デパート –  in the future(未来)

子高齢化社会に合わせた日本独特のデパートサービスはこれからも充実していくでしょう。高齢者専用、高齢者の方を考慮したサービスとして新たなものが生まれるでしょうし、諸外国人用に特化したサービスも充実する可能性があります。

色々な楽しみがあって時間を潰すことが出来る日本のデパートは充実していますが、デパートで食べものを購入するとか食事をするとかのイメージは諸外国ではないのです。ニューヨークに高島屋ありましたけど閉店しましたし、日本のデパートがニューヨークで成功するイメージは・・・想像できません。日本と同じものをそのまま諸外国へ持っていくのは無理です。

東急ハンズのようなデパートはザ・ホーム・デポ(住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーン)で賄えるし、寝室、浴室、台所、そしてダイニングルーム用商品を揃えるのならばベッド・バス・アンド・ビヨンドへ。家具ならばイケア、衣服や、流行に敏感な若者をターゲットにした家具、雑貨、書籍など幅広く扱っているアーバン・アウトフィッターズも人気!

仮にこのような、ザ・ホーム・デポ、ベッド・バス・アンド・ビヨンド、イケア、アーバン・アウトフィッターズ、などが日本へ進出したら(イケアは日本進出済み)、日本のデパート、百貨店としての魅力の一部を奪われてしまうかもしれません。

諸外国へ出て行って勝負できる仕組みは日本のデパートのデパ地下とか物産展、道の駅(休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設)、アンテナショップ(企業や自治体などが自社(当該地方)の製品の紹介や消費者の反応を見ることを目的として開設する店舗)などの飲食を提供できる環境というかシステムをパッケージ化して展開するのならば可能性があるような気もします。

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes