世界に誇る日本のおもてなし、交通安全


交通安全

世界に誇る日本のおもてなし、交通安全

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 交通安全

外国人にとって日本の交通マナーは様々な驚きにあふれているという。車が通っていなくても、歩行者は赤信号が青に変わるまで律儀に待っていることを不思議がり、車の合流点では譲り合って互いに1台ずつ入ることに感心する。練習用のコースがあり、運転技術からマナーまで丁寧に教えてくれる自動車学校は海外では珍しいという。そしてスタントマンが迫真の演技で交通事故を“再現”して見せる交通安全教室に外国人の反応は?

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は交通安全という日本式生活スタイルです。まず取り上げるのが街の交通安全。横断歩道、住宅街で車も来ない横断報道があります。信号が赤だとしても諸外国では安全を自己責任で確認して渡ってしまうのが普通、私もニューヨーク生活が長いせいか信号が赤でも車が居なければ渡ってしまいます。

しかし日本人は信号が青になるまで待つのが普通なんです。その場所に自分以外誰もいなくても、車の気配がなくても信号が青になるまで待つのが日本人。大人が模範を見せないと子供に注意できないとか、慎重に慎重を期する、親が教育という側面も含めその姿勢を子供に見せるというのが理由。ごもっとも!

信号がない場所でも車が来なければ道路を渡ってしまうというのもアメリカに住んでいればその感覚、分かります。Jaywalking、と言って勿論お巡りさんに見つかればチケットを貰い罰金を支払います。それでも横断歩道、歩道橋までわざわざ行って渡るより、車が居ないと確認できれば道路を渡るのがアメリカ社会ではないでしょうか。

ニューヨークでは交差点でパトロールなどで巡回している警察が居ても、車が来ていなければ赤信号でも横断歩道を渡ります。チケットを貰うことはないという共通理解?もありますし、歩行者の信号無視よりももっと凶悪な犯罪とかが多発するニューヨークではそちらのほうがプライオリティーなんでしょう。道幅も狭いですから寒い時期にわざわざ信号が青になるまで待てない、というのも在るでしょう。タイムイズマネー、いちいち赤信号ごとに止まっていては時間の無駄、というのもあります。

子ども見守隊

断歩道にいる揃いのベストを着たおじさんたちの存在に???なぜ旗を持っているのか? 子供達が学校へ行くときの安全を守っているのがその理由。小学生の登校時間に合わせ毎朝横断歩道で子供達の安全を見守っている風景は日本的なんでしょうか。子ども見守隊なる集団のおじさん、全員がボランティア。定年退職してこのような地域ボランティアをしている年配の方々です。子どもの誘拐とか恐ろしい事件もありますから必要なんです。

子供達はおじさんたちの存在に安心するという意見。顔見知りの大人が自分たちの登校時、交通安全のために存在してくれるのは子供達の親にとっても嬉しい事です。ドメスティックバイオレンスに陥っている子ども、いじめを受けている子どもが居ないかななどの発見にも繋がると思います。地域、世間からの視線を気にする日本人。小言を言うのは年寄りの役目なのかもしれません。このような人たちの存在自体、諸外国からすれば羨ましがられるはずです。

カーブミラー

の運転にも日本独特のマナーが存在しているとか。まず指摘されたのが路上に存在するミラーの数。そこら中にあります。カーブにあるのは勿論、見通しの悪い交差点などにもあるミラー。日本の狭い路地、視野を遮るような建物密集状態では対向車確認のためのミラーはありがたいものですけど、その数に驚いているようです。

信号も至るところにあります。ロータリー交差点など日本で普及するのでしょうか。交通標識も至るところに存在しています。社会が交通安全?のために気遣ってくれている日本、過保護的であるのは日本らしいといえば日本らしいです。諸外国では自己責任で行動をすることが当たり前ですから、安全運転も全て自己責任です。見通しが悪い、減速して対向車などが居ないことを自分で確認するのです。

思いやり運転

を運転中、他の車に道を譲るとユニークな光景が観られる日本。道を譲ってもらったお礼にハザードを2、3回点滅させて後ろの車にメッセージ、ありがとう、という意味が込められています。このようなあ、うん、の呼吸というか無言なる気遣いというか、諸外国には無いです。ハザードを点滅させるのは自分の車に何か異常が発生して後方車にそれを知らせるため、前に渋滞を発見したり、アクシデントを発見したりといった場合にもハザードを点滅させて後続車に知らせます。

渋滞中、合流地点で車を一台一台、交互に入れていくというのは日本ならではとか。全くその通りかもしれません。私はアメリカでしかほとんど運転したことがないため、これは知りませんでした。ではアメリカではどうしているかといったら、ある程度は強引に自分でタイミングを見計らって割り込んでいきます。中には路肩を走り、かなり前に進んでから強引に入ろうとする強者も。

譲る方は気持ちよく譲るというより、不注意故、車一台分のスペースを開けてしまい、前に割り込まれてしまった、というのがほとんどではないでしょうか。後は強引に割り込んでくるからしかたなく譲る、といった感じです。皆が一台一台、交互に入れてくれることが暗黙の理解になっていれば、せっかちになる必要もなく、イライラすることも無くなるので、素晴らしいのではないでしょうか。このような心遣い、日本人ならではです。

運転中、イライラしているというか怒っている人も多いアメリカ社会。道を譲ろうものならなんで入れたんだ、ぐず、という感じでバッシングのオーラーを浴び、早く行けよとクラクションの嵐、強引に入った相手に対して敵意むき出しになる人もいますから戦いです。譲りあうことがマナーであり、交通安全に繋がっている日本とは随分違うんです。

今はわかりませんが、日本では交差点で信号待ちをしていたら夜間、ライトを消すのが当たり前?でした。今でもそうなんでしょうか? 多分対向車を気にしてか、だと思うんですけど、アメリカ渡米時に目にした光景は、信号待ちでも皆ライトを点けっぱなしという状態でした。対向車を気にする、という気遣いよりもライトを照らして場所に安全意識をもたらす、というものだと私は理解しました。

アメリカ社会では夜間、人通りの少ない場所、暗がりなどが犯罪に繋がる場所として近寄ってはならないと教えられます。このような意識も存在しているのではないでしょうか。信号待ちをしていて暗がりだと犯罪に合いやすい、だからライトを消さず明るくしていて安全を保つ、というものです。

逆に日本と一緒だなぁと感じた点。道をクロスして反対側に行きたいとき、信号のない場所などでは対向車の流れが無くなるまで道半ばでウインカーを出しながら停止しています。稀に存在するんです、ライトを控えめにパッシングして、行っていいよ、の合図をくれる人。トラックなどの大型車を運転している人は日本人長距離運転手と似たような感覚を持っているのかもしれません。ウィキペディアにパッシングの使われ方が記載されていました。以下

  • 道を譲るとき(例:対向右折車に進路を譲る、合流時に自車の前を譲る等)
  • 感謝の意思を伝えるとき(対向車に進路を譲ってもらった場合など)
  • 道を譲りたくないとき(例:対向右折車の無理な右折をさせたくないとき、合流時の無理な割り込みを制する等)
  • 前照灯が眩しいことを対向車に警告するとき
  • 無理な割り込みや停車などに対して抗議するとき
  • 発見した異変(何らかの危険や交通取り締まりなど)を対向車に知らせるとき
  • 前照灯の消し忘れや点け忘れを対向車に知らせるとき
  • 旅客運送車両であれば、車内で発生している喫緊の事案(バスジャックなど)を車外に知らせるとき

メリカ社会では前照灯が眩しいことを対向車に警告することはないような気がします。パッシングしても何のことか理解できない人が多いのではないでしょうか。無理な割り込みや停車などに対して抗議するときにパッシングをしたら間違いなく車内から罵声の声が飛び交い、怒鳴り合いが始まります。

発見した異変(何らかの危険や交通取り締まりなど)を対向車に知らせるとき、これは嬉しい気遣いですが日本独特のものかもしれません。前照灯の消し忘れや点け忘れを対向車に知らせるためにパッシングをしても相手側は何のことか理解できない人が多いはずです。日本人同士の気遣い、日本に住み始めれば諸外国人も有難いと理解されるのではないでしょうか。

日本人はルールを守る文化、疑問を抱かずにとりあえず社会のルール、世間のルールに従う。思考停止に陥ってしまうんじゃないの、という意見もありましたが社会を運営している個人間の気持ちの有り様も関係しているのかもしれません。欧米では個人主義、自分のことしか考えない、交通ルールは自分の都合のいいように捉えます。

日本では社会秩序に気遣う姿勢。日本人は基本的に受けの姿勢であること、相手のやりたいことを見てから自分が行動する感覚。サッカー日本代表が弱いのはこの姿勢が日本人の気質に影響しているからかもしれません。

自動車教習所

本全国に1300ヶ所ぐらい存在している自動車教習所。指導員(国家資格必要)が仮設のコースや実際の道路を使って運転技能や交通法規を指導する場所です。一般的に日本ではどのぐらいで自動車運転免許証が取れるのでしょうか? 人にもよるが2から3ヶ月、費用は30万円前後になるとのこと。時間もお金もかかる日本ですが諸外国では・・・

カナダの場合、アメリカも似たようなものですが、学科テストを受け合格すれば仮免許証発行となり、免許を持っている家族や友達を乗せて路上で自主練習、技能試験を受け、合格すれば自動車運転免許証を貰えます。費用も5000円ぐらいと安すぎ!

では実際、自動車運転教習所ではどんなことを教えているのでしょう。まずは運転技術、基本中の基本から教えてくれます。乗車する前の安全確認、車に乗るときの安全確認を習慣化させるために必要なんです。他にもシートベルト装着の指導、バックミラーの調整、エンジンの始動、ウインカーの出し方、シフトの説明、発進前には必ず安全確認を再び行うなど。

日本独特の狭い道路状況に慣れてもらう、S字カーブでの運転練習もあります。縦列駐車、坂道発進、少なく見積もっても最低31時間の技能教習が必要とされます。その他学科教習も勿論セットで講習を受けなくてはいけません。こちらも26時間の学科教習、標識などの交通法規やマナー、応急救護実習などの講習を受けることになります。

なぜここまで徹底的に教えるのでしょう。安全運転の意識はおもいやりの心に繋がるという日本らしい心遣い。日本の道路状況はアメリカより複雑です。狭い道路も沢山あり、入り組んだ道路、見通しの悪い道路にも頻繁に遭遇します。

他にもアメリカ車社会と違う処といえば、歩行者との距離感覚、沢山の自転車、それもママチャリなる子供連れから通勤、通学で利用する人たち、バイク、それも小型バイクから大型バイク、これらのオートバイが行う自動車と自動車の間のすり抜けが怖いんです。これはアメリカでは見かけない状況です。小型乗用車から大型トラックと、日本の道路状況のほうがアメリカよりも危険が潜んでいる確立は遥かに高いのがリアル感覚でしょう。

基本的なところから教えてくれるから自動車教習所は良い存在とのこと。死に繋がる事故も発生する交通環境、自信を持って一般道路に参加できるのは良いと改めて思いました。日本の道路状況ならば必要かもしれません。私はアメリカで自動車運転免許を取得したので日本ではほとんど車を運転したことがありません。

1989年、ノースカロライナ州シャーロットでの話です。アメリカ横断を計画していた私は車を購入することと自動車免許証を取得する必要がありました。安く中古車を購入し、夜、通っていた大学キャンパス内の敷地道路で路上運転の練習を一人で行います。誰も居ないし対向車も居ませんでした。ダウンタウンから離れたところに大学キャンパスはあったので一般道に出ても安全?だったかもしれません。

そして自動車免許取得実施当日。学科試験を受けるのに日本語辞書を持って参加していいということです。そこにはカンニングなるものが出回っていて在るパターンの答えを日本語辞書に記述していきました。学科の実施を受けている間辞書で調べるふりをして答えを丸写し。見事合格といういい加減なものです(すいません!)。

で、路上試験に移ります。教官を隣に乗せ出発、市街地を走りながらの試験です。運転中のライン移動、レーンを左から右に移ったりといった具合。3点ターンという実施試験も、車を3回の内に前後方向を逆にするというもの。一回目ハンドルを切り路肩まで、一旦停止してバックである程度戻し、ハンドルを再び切り直して逆方向へ発進できれば合格です。

この程度の実施テストで終わりというなんともあっけないものでした。午前中に筆記試験と路上での実施テストを受け合格、午前中内にその場で自動車運転免許証を発行という日本の皆さんには申し訳ないほど気楽なものでした。かかった費用、1500円程度です(すいません!)。こんな技術と知識で当時20歳だった私はアメリカ横断を東から西へ行ったんですから如何にアメリカの道路事情が日本とは異なって広く大きく、余裕のあるものかが伺えます。

今では出来ませんが、一昔前は大都市を除けばどこも似たような状況で自動車運転免許証が取得できたため、日本から旅行者ビザでアメリカへ入国、3ヶ月以内の滞在中に自動車運転免許を取得して帰国時に国際運転免許証も発行してもらいます。帰国後、アメリカの運転免許証を日本のものに書き換えるという行為が認められていた時期があったと聞きました。

日本の自動車教習所ではマニュアル運転だったんですが今ではどうなっているんでしょう。私はマニュアルでの運転できません。アメリカ車社会ではほとんどがオートマチック車と言っても過言はないと思います。だから運転技術も下手、というより広くて大きくて余裕のあるアメリカの一般道路なのでしょう。真っ直ぐな道、多いですし。

ウインカーを出しっぱなしで走っている人、頻繁に見かけます。曲がるのかな曲がるのかな、と思ってついていくと本人ウインカー消し忘れていたり。中には前を真剣に見つめながら走っている人も、高齢者に多かったりします。真剣そのもの、というより左右前後を観ている余裕が無いのでしょう。

雨の日のハイウェイも凄いです、そこら中でスピンしている車を発見できますから。水はけが悪い上に急ブレーキかけまくり。車に異変があったら路肩に寄せることなどの気遣い知っているの、という場面にも遭遇します。交差点で故障中の車、ハイウェイで故障中の車、バッテリーが上がってしまったとか酷いのになると炎上していることも。どうして止まってしまう前に路肩に寄せなかったのか、あなたのために後続車が渋滞しているでしょ。

日本の自動車教習所のようなものはこちらでも必要かもしれません。在るには在るんですけど日本のものと比べたらお粗末かも。自動車運転免許証を取得して一般道路に参加する、その際他人に、社会に迷惑をかけないための技術、知識などで武装して身を守る必要があるんです。

若葉マークという気遣いに、子どもを乗車させていますというシールを貼り付けたり。日本ならではの光景ではないでしょうか。相手を気遣う日本の自動車運転事情と前へ前へと自分が他人よりも先へと突き進んでいくアメリカ自動車社会事情。私は今でもマンハッタン内を運転するとき、集中力全開で緊張を強いられています。イエローキャブの運ちゃん、運転荒いですから怖いです。レースしているように急な割り込みなんて当たり前ですから。

交通安全教室

察官が交通法規やマナーを指導し交通安全への意識を高める運動です。戦後、交通事故が激増した背景があり、学校などで交通安全教室を開催します。その交通安全教室が進化している?とか。スタントマンがチームを組んで交通安全教室にあたっているんです。

全国で年間100回以上実施しているプロ集団、プロスタントマンが交通安全教室で、実際の事故の様子をリアルに再現しています。実際に起きた事故を研究・分析することが増えているという背景もあるとか。番組では実際にある高校へ行って実際の交通安全教室実施を取材します。

まずは自転車と車による事故現場再現。死亡例が多いというのが特長で、見通しの悪い道路状況を作り出し、車の前に自転車がいきなり飛び出してくる状況を再現します。車がスピードを出して走ってくるといきなり自転車が脇から現れ、自動車に引かれてしまいました。

あまりにリアルすぎて見学者の生徒たちに緊張が走ります。スタントマンによるアクション効果、微妙なところで怪我を防止するアクションを取って、オーバーにリアクション、事故の恐ろしさを伝えているんです。充分に伝わったでしょう、見学者生徒たちの顔が蒼白しています。

人とトラックの事故再現も、トラックの死角に歩行者が侵入しても気がつかない運転手、そのまま発進、歩行者をひいてしまいそのまま引きずりながら走行、生徒たちの顔が再び引きつります。他にも左折巻き込み事故、車のドア開放事故などを生徒たちの目の前で再現していきます。リアルな交通事故の悲劇、本当の恐怖心を感じてもらうのが狙いだそうです。

マンハッタンでは自転車利用する人が増えているので、飛び出し事故や、巻き込み事故、自動車のドア開放事故なども一緒に増えている状況です。日本も同じだと思いますが運転中のテキスト交換をしていて前方不注意による事故も増えています。運転中のテキスト交換は禁止されました。飲酒運転も居眠り運転もアメリカ社会で起こっています。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも車社会は存在し続けているでしょう。経済が発展するとともに自動車が普及するようになりそれに伴って自動車事故も増えていくのは仕方ないことかもしれません。

交通安全に対する意識、思いやり運転、自動車教習所、交通安全教室などの教育は知っていて損しない知識です。各諸外国へそれら安全運転に対する意識を高める啓蒙活動はなんらかの形を取って広く知らしめることはできないでしょうか。スキューバーダイビングの水中手話は世界共通?だと聞きました。

思いやり運転、交通安全マナーなども世界共通になれば・・・その前に自動運転、ロボットカー(人間の運転なしで自動で走行できる自動車)なるものが普及して人間の不注意による人身事故は無くなっているかもしれません。

日本式生活スタイル、交通安全 –  in the future(未来)

を購入しない若者、今後の少子高齢化社会の傾向を考慮するとお年寄りのよる人身事故が多発するかもしれません。車の利用方法も変化するはずです。一人一台という意識から必要のある時にだけ自動車を利用するというスタイルが当たり前になるはずです。

自動運転、ロボットカーが社会に浸透し始めたとき、人々の交通安全に対する意識がどのように変わっているのか? 交通安全が死語になっている社会はまだまだ先の話ですが近い将来必ず訪れる社会変化なのではないでしょうか。その時に日本の交通安全に対する意識、思いやり運転などの気遣いは自動運転、ロボットカーに反映されているはずです。

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes