世界に誇る日本のおもてなし、写真


写真

世界に誇る日本のおもてなし、写真

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 写真

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は写真、という日本式生活スタイルです。まず取り上げるのが“外国人からみると日本人は写真好き”というトピック。街中で持っている写真を見せてもらうことに。次に取り上げるのがスマートフォンの大人気写真アプリ、開発現場を訪れます。驚きの最新アプリも登場!最終トピックはモノクロ写真修復技術の現場を取材。奇跡の職人技とは、色あせたモノクロ写真を甦らせる修復師の技に圧巻です。

写真好きな日本人、若い女性たちは

京渋谷、日本人はどんな写真を撮っているのか? 街中で人々にスマートフォン内の写真を見せてもらうことに。自分たちを撮る?写真がほとんどの若者、10代、20代女性たち、何で? フェイスブックやツイッターにアップする、のだとか・・・でもその写真、修正してます? もっと奇麗に映っていたほうが良いということでセルフィーを加工することに違和感無い様子。

決めポーズはピースサインではないのも特徴、手のひらを下顎、頬に添える小顔アピールポーズが主流みたいです。メイクが上手く行ったメイクだけの写真(目元とか)もあるから不思議? 平均2500枚の写真をスマートフォンに保存中というから凄いです。

マカンコウ写真というユニークに加工してある写真も!人気アニメのマカンコウ殺法という必殺技の写真、技を真似して皆が飛ぶ瞬間を撮影しているらしく、10代、20代女性を中心に流行っているようです。マカンコウ写真でググルと写真がたくさん出てくるのでそのアイデアに感心してしまいます。

女性同士で流行っているというか女性特有の共感する感情が作用しているように思いました。自分が旅行した場所の綺麗な、外国っぽい景色写真。自分と友達の写真を仲良く撮ってSNSなどにアップロード。嫌われたくないモードというか、自分は幸せです、というアピールをしないといけないピア・プレッシャーみたいなものを感じました。

写真好きな日本人、年配者たちは

京巣鴨、街中で年配者の携帯電話内の写真を見せてもらうことに。ペットの写真、旅行へ行って景色の良い写真など、自分の携帯電話で撮っているようです。孫の写真を保存している方がほとんどというのも驚きでした。年配者は孫の写真を自分の携帯電話に保存して時間があればそれらの写真を眺めているようです。

デジタルカメラで撮るより気軽で簡単に撮れる携帯電話写真機能ならば年配者でも十分操作可能なのでしょう。普段気軽に会うことが出来ない孫の存在。写真機能の他にも孫の様子を動画で収めて保存しておけば、孫が発する声、動作姿見などを動きとして鑑賞できるので重宝されるでしょう。

スマートフォンやタブレットが年配者にも普及する可能性とかってどうなんでしょう? スカイプや他のアプリを利用すればもっと孫とかと親密に連絡可能になると思うのですがまだまだ敷居が高いのでしょうか。孫の様子をリアルタイムで鑑賞している側にアマゾンなどへリンクする孫関連商品があれば、即購入という流れになる可能性、在ると思いませんか?

写真好きな日本人、プリクラ(プリント倶楽部)

京原宿、プリクラ屋に潜入取材。今の主流は人気のモデルやタレントさんのように映るものだとか・・・まるで別人のように仕上がります。一回で5種類の写真が撮れる使用になっていて、撮影が終わったら別のブースへ移動、ここで写真の修正をします。

タッチペンで目を大きくしたり、顔を小さくしたり、唇や肌の色も変えることができる優れもの? そして最終的に仕上がったらプリントアウト。小顔で眼が大きくなっている写真、まるで別人です。最新型全身写真プリクラ!モデル風に仕上げることも可能で、雑誌の表紙とかポスター風に加工していきます。気軽にセレブの気分を味わえる、恋人同士や友達同士なら楽しいでしょう。

写真を撮ることが日常的な日本人の精神構造とは

分や友人を撮るのが好きな日本人。あらゆる年代の人が写真を撮っている日本人。世界の高齢者は携帯電話とかで写真を撮らない?という議論が番組内でありました。日本人だけなんでしょうか? 日常生活に写真ライフが存在しているのは、写真の楽しみ方も違うようです。

日本人は何でも写真に撮る? レストランへ行ってフードを撮るとか、フードポルノという言葉をご存知でしょうか? セルフィー、自撮りは流行っているか? これは世界共通トレンドかも。セクシーに撮るか可愛く撮るかというのはどうでしょう?

修正アプリは不自然という意見もありました。現実に近づけるための修正(赤目とか)はするが現実を変えるため、美しくしたい、可愛くしたい。ファンタジー文化、可愛い文化が関係しているのでしょうか? それとも自己を変えたい欲求があるのか? タトゥーとかボディピアスまでして自分を変える勇気がないから気軽に試すことが出来るデジタル加工内で満足しているのかもしれません。

面白い加工も加えたい、というのも日本人らしい感じがしました。非日常的なものを気軽に、手軽に受け入れる日本人の日常生活スタイルというもの不思議な感覚でしょうか。アニメ文化が際立っている日本社会という特徴が存在していることも関係有るのでしょう。

花とか食物とかなぜ撮るのか? 日本人が培った美意識、日常を面白がる訓練をする日本人?という面白い指摘がありました。昔の日本、年配者が若い頃は俳句を日常的に楽しんでいた背景があります。小学生ぐらいから、日常の面白いことを俳句にするという大衆文化。現代版俳句的楽しみ方の進化系が日常の面白いことを写真で撮るということに発展してきた。この指摘は眼から鱗でした、なるほど・・・代わり映えしない日常生活を楽しく営む日本人の知恵です。

おもしろ写真アプリ

マートフォンで写真を加工するアプリ、利用していますか? 操作一つで面白い加工が出来上がり、坊主頭になったり、変顔になったり、若い人を中心に人気があるようです。東京八王子、本名耕社長(SODA株式会社)へ突撃インタビュー。

20種類の写真プリを作成してきたそうです。サムライカメラ、ホラーカメラ、漫画風製作所など。エンジニアが開発したり、皆で考えたりと、スタッフは4人。これまでのヒットアプリは写真が漫画風に加工されるもの。200種類の中から好きなアイテムを選べるというユニークなポイントが人気になり、10万ダウンロードすればヒットアプリとよばれる世界で150万ダウンロードとなる大ヒットを達成。

どうしてこのような写真加工アプリを作ろうと思ったのか? 東日本大震災の時、福島に住んでいる本名社長の親戚が八王子に避難してきました。震災後で日本中が暗い気持ちでいる雰囲気、皆で写真を撮ったりしていると楽しい気分になったとのこと。これを機会(アイデア閃き)に独立、笑顔で楽しくなる写真アプリを作ることにしたそうです。

開発中のアイデア出しは、心霊写真がアプリ開発のヒントになったとか。ホラーカメラを開発したもののリアル感過ぎて不評となりましたが、インドで突然10万ダウンロードという奇妙なことが発生します。映画が盛んなインドではホラー映画も人気という社会背景。この現象が派生して日本でもダウンロードされるようになります。

ホラーカメラ、漫画風製作所に続くヒットアプリも番組内で紹介されました。街頭広告や看板、新聞の一面記事、ファッション雑誌などの広告記事などに自分の顔写真をはめ込めるアプリというもの。アメリカでも100万ダウンロードを超える大ヒットで、現在200万ダウンロード以上という会社最大のヒット商品です。セレブになった気分を味わえるのでしょう。

最新人気アプリは・・・中高生に人気のマカンコウ写真を進化させたもの。スマートフォンの連写機能で1.5秒間に15枚の写真を撮り様々なスタンプを付けて動きの表情を修正加工していくと、動くマカンコウ写真が完成というアプリ。

写真を色々加工でき、様々なアイデアで人々を笑顔にしてくれる写真アプリはユニークで、日本人ならではの発想なのでしょうか。遊びに結びつくと一気にダウンロード数が上がるということも面白い指摘でした。ゲームとか漫画も世界に出て行きましたから、日本人の特徴を活かした発想でアプリ開発を行えば、一つのカテゴリーとして誕生させることも可能かもしれません。ハリウッドとかディズニーといった一言で想像できるような言葉、何でしょうか?

モノクロ写真修復

いモノクロ写真がビビットに蘇る驚きの写真修復技術を取材します。木の皮の詳細から人々の表情まで、修復後の違いにビックリしました。東京大田区、写真修復専門家、村林孝夫氏。オリジナル写真を化学的に修復します。コンピューターを利用したデジタル修復ではなく、紙焼き写真を修復する手法を極めたのです。

顧客から修復依頼を受けた写真、1935年、昭和15年頃撮影された古い写真です。白黒写真は印画紙の銀粒子が光に反射し、黒の濃淡を出すことで画像を作っています。劣化写真とは汚れや銀の変化で隠れてしまったり経年変化で色があせてしまう現象のこと、これを修復していくのです。

きっかけは写真家の父に自分の写真を修復してほしいと頼まれたことらしいです。モノクロ写真修復技術開発までに1000枚以上の失敗を繰り返し、10年の歳月がかかりました。まずは依頼写真の劣化原因を見つける作業。印画紙の銀が表面に集まり写真を覆ってしまう銀かぶり、紫外線と現像した時の薬品残りに拠る経年変化も発見します。調べること2時間、劣化の原因が確認できるたようで次の作業へ。まず印画紙の銀が剥がれないよう保護する液に写真を浸していきます。

世界にたった一枚の貴重な写真を扱う作業、保護した写真の汚れが取れた後、別の液に付けると、画像が消えてしまいます。村林孝夫氏は慌てること無く、再び別の液で写真を漂白、印画紙の銀に記憶された画像データーはしっかり残っているとのこと。真っ白な写真に光を当て銀を反応させ、最後に写真を再び現像液に付ける。綺麗な画像が浮き出てくる瞬間、修復後の写真には撮影時の質感が蘇っていました。

アナログのものを残す大事さ

像はデジタルで出来る、イメージはデジタルで保存できる、マテリアルとしての写真を残す技術は継承していくべき。私も凄い技術に感銘し、世界中でこの技術に肖りたいマーケットは存在すると思います。古く色あせた写真をビビットの甦らせることで想像力も膨らむでしょうし、新たな発見に出会うかもしれません。

ものを直す歴史は千年以上在るとのこと。デジタル技術はまだ最近のものですからこのようなモノクロ写真修復技術は重宝されるでしょう。世界中にその存在を広めていって欲しいです。美術館、博物館に眠る秘蔵写真が新たな生命を与えられ、その当時の様子が質感とともに蘇る。ニーズは存在すると思います。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏ではおもしろ写真アプリ、プリクラ文化、モノクロ写真修復技術などは日常生活に浸透していくでしょうか? おもしろ写真アプリは受け入れられるでしょう。気軽な遊び感覚で日常を楽しむ様子は想像できます。

親日国家、インド社会ではどうでしょう? すでにホラーカメラアプリがヒットしましたから証明済みです。他にもおもしろ写真アプリは流行っていくでしょう。イスラム社会では? イスラム教に反するものはダメ、エンターテイメントを否定する土壌がある限り難しいでしょう。アフリカ大陸では? おもしろ写真アプリは流行る可能性はありますが、全ては現実生活向上の方が優先的です。生きていくのに精一杯という環境で楽しむ余裕があれば・・・

欧米社会では? おもしろ写真アプリ、プリクラ文化、モノクロ写真修復技術などを英語環境に向かって情報発信していく。ガラパゴス化させるのではなく、世界標準的アピールを心がければ、可能性は在るわけですから充分にニーズを引き起こすこと、出来ると思います。

日本式生活スタイル –  in the future(未来)

もしろ写真アプリ、プリクラ文化、モノクロ写真修復技術などはこれからの少子高齢化社会でどのような形で活用されているのでしょう。日本人特有の気質が更にこれらの現象に変化、発展を加えていきそうです。おもしろ写真アプリは日本人のアニメやゲームなどのオタク文化の影響を刺激に開発、進化、発展。プリクラ文化は10代、20代女性が発するギャル文化を土壌に進化、突然変異を交えながら新たな文化を生み出していく。モノクロ写真修復技術は日本人の職人文化でこれからも継承されていくでしょう。

, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes