世界に誇る日本のおもてなし、卵

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

卵

世界に誇る日本のおもてなし、卵

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 卵

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は卵という日本式生活スタイルです。まず取り上げるのが日本人の卵好きを徹底調査、日本人一人一人が卵を消費する量、世界第3位なんだとか。日本の卵事情を取材しています。

そして日本人にはお馴染みの卵かけご飯、安全な卵の秘密(なぜ生で食べること出来る?)、安全安心驚きの技術とはどんなものなのでしょう。最後のトピックは江戸時代の幻の卵料理、卵を高速回転?日本人の遊び心ここにあり!

日本の卵事情

ずはスーパーマーケットへ。凄い量の卵が陳列してあります。種類の違う卵も多いです。多分日本だけだと思いますがブランド卵なるものも、各養鶏場が餌や飼育方法を工夫して特長を出している卵ということです。更に驚くのが卵特売のコーナー、とにかく安い。大量に買い込んでいく消費者の皆さん、そんなに購入して使い切ることが出来るのでしょうか?

主婦の方にインタビューしてみると、献立に卵を利用する料理といえば、目玉焼き、スクランブルエッグ、チャーハン、納豆、卵焼き、天津飯、卵スープと次々と卵料理のオンパレード。本当に日本人には馴染みある食材なんです。

どんだけ馴染み深いかというと、駅のキヨスクへ行けば存在している茹で卵、販売している茹で卵。味付き茹で卵、長距離移動のお供に茹で卵。お腹が空いているとき、茹で卵一つでも空腹感をしのげることができるからなんでしょう。

番組取材は築地市場へ向かいます。そこで展開される卵焼き専門店。出汁巻卵、12種類の出汁巻卵、1日500本以上売れるとか。10件の卵焼き専門店が並ぶ激戦区、家庭の味、オフクロの味を連想させる卵焼き。これも日本人なら分かる感覚です。私個人はまだこの築地市場、卵焼き激戦区へは行ったこと無いのですが、とても魅力的、是非一度足を運んでみたいです。

自動ひび卵検査装置、株式会社ナベル

都にある卵のパック詰め装置開発した会社を訪問します。この装置、国内市場7割で使用されているものだとか。そしてもっと凄いのがパック詰される卵のひびを発見する機械。機械内部では細い棒が高速で卵一つ一つを叩き続けています。卵を叩く音でひびの有無を判別、卵を叩いているのは特殊プラスチックの付いた小さなピンです。

機械内部にはこれらのピンが16本並んでいて、転がりながら進む卵をピンが合計16回叩く仕組みです。そしてその卵を叩いた音をマイクを通してチェック。一度でも変な音が出ればひびが入っていると判定され、ラインから外される仕組み。

実際に外された卵を観察してもひび割れを発見できないほどのひびです。どこにひびがあるのかわからないので卵を押して見ると卵表面のひびが浮かんできます。ひび割れは食中毒を引き起こす原因に、サルモネラ菌などの雑菌が小さなひびから内部へ侵入、卵の内部で増殖、生で卵を食べる日本人には大問題です。

1979年、卵パック詰め完成させた株式会社ナベル。ひび割れ目視検査限界ということで自動ひび卵検査装置開発へと努力しますが中々突破口を見つけられません。そこで目に止まったのが卵を指で叩き音でひび割れを見つけているパートのおばさん。

正に音がキーポイン!次の段階、素材探しが始まります。金属を試したり、木材を試したり、結局プラスチックに落ち着きます。しかしそれでもまだ問題が・・・小さい卵、大きい卵、棒の当たる場所が変わり音が変化してしまうのです。

棒の形状も考える必要があると思考を巡らせて行き着いた先が太鼓のバチがヒントに、棒の先端に丸い素材を取り付けることにしたのです。すると、卵の大きさに関係なく同じ条件で音が出せる、先端の丸いプラスチック棒を開発したのです。

「世界中に安全と安心を届けたいという思い」、は南部社長のお言葉です。開発を続けてから11年、1998年、特殊なプラスチックが付いたピンに辿り着き、95%の確立でひびを検出できる自動ひび卵検査装置が完成しました。生卵を食べる文化があるからこそこの技術が生まれた証です。

(株)ナベルは1964年、家電製品の生産ラインの制御機器メーカーとして創業。70年代前後、代表取締役の南部氏は「物作りをするなら他社が作れないものを自分で価格設定ができるものを、技術力が誇示できるものを」と思っていた。そんな時「卵の選別機に良いものがない」との友人のぼやきから、選別機に着目。計量器メーカーに開発、製造を依頼したが、市場規模が小さいことから断られた。

しかし大手計量器メーカーの技術者から、研究開発の切り口と技術的な助言を得て、自社開発の試行錯誤が始まった。75年、国産初の卵パックのフタを溶着する超音波シール機を開発し、自動選別機の開発にも着手。79年、独自技術で、洗浄・乾燥・選別・パッキングの全工程を自動化した選別包装装置の製品化を果たし、84年には半自動の検卵(ひび割れチェック)装置を開発。

さらに85年に定重量・定数量の選別を可能にするコンピューター計量システムを、95年にロボット制御の選別包装装置を開発。いずれも世界初の開発品となった。その後も同社は鶏卵の品質管理の向上や流通革新に寄与する機器装置の改良、開発を重ねる。ナベルは95年、鶏卵分野で日本No.1のシェア(06年市場占有率75%)を獲得し、同社の検査装置がデファクト・スタンダードとして、量販店・外食産業・パン/ケーキ屋の品質検査基準にもなっている。

黄身返し卵

押し茹で卵ってご存知でした? 星形、ハート型、水玉模様と子供のお弁当に入っている茹で卵が進化しているんです。そして究極の茹で卵が黄身返し卵。なんと殻の中から出てきたのは白身を黄身が包んでいる茹で卵です。江戸時代のレシピーとして存在していた黄身返し卵。現代でもアレンジできるのでしょうか。

出来るんです!どうするかというと温めると雛になる卵、有精卵で実際に番組内で作る作業を取材していました。一般的に売られている卵、雛にはならない無精卵です。どこが違うのでしょう。有精卵を温めると黄身が大きく成長しています、白身の栄養分が黄身に入っていくからです。黄身が大きいので黄身返し卵を作りやすいのだとか。

卵黄膜を針でついて穴を開けます。そして60度で茹で始め85度で10分間茹でます。黄身のほうが固まる温度が低いので転がしながら茹でると白身が中心に移動するという仕組み。見事黄身返し卵完成です。では無精卵で黄身返し卵は? 大丈夫、出来るんです。卵を女性ストッキングの中に入れて回します、遠心力を利用して卵黄膜を破るんです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも日本社会の日常のように卵が消費されているかもしれません。全ては株式会社ナベルの自動ひび卵検査装置や卵のパック詰め装置がどれだけ市場に受け入れられて浸透しているかにかかっていると言ってもいいのではないでしょうか。それほど凄いインパクトの有る、安全安心という信頼を消費者に届ける株式会社ナベルのおもてなし機械です。

ナベルの海外展開は1992年、マレーシアへの製品出荷から始まった。メイド・イン・ジャパンのブランド力は確かなもので販売は好調だった。2002年には他社がマレーシアで持っていた工場と従業員を譲り受け、アフターメンテナンスのためにマレーシアに現地法人を設立。ナベルの海外製造拠点となった。ナベルは世界トップレベルの高い技術力を持っている。

その技術力は国内外合わせて448件の特許出願と111件の登録特許によって守られている。そのうえでナベルは現地ユーザーの声を聴き、シンプルで操作しやすい、より安価な機械をマレーシア現地とその周辺国に提供している。また現地法人は工場長一人が日本人で、他は社長も含め現地の人を採用している。

日本で培われてきた高い技術力とローカライズされた製品、販売・マーケティング手法が効果を発揮し、現在、ナベルの機械を納入している国は49カ国、鶏卵全自動選別包装システムの世界シェアは第2位を誇る。現在のナベルの海外売上高比率は3割ほどだ。それを3-5年後には5割程度にまで引き上げようと考えている。実現するかどうかの鍵は中国だという。

中国では世界の約4割の卵が生産されている。そこには日本の10倍の市場があり選別や包装は今もほとんどが手作業で機械化されているのはわずか1-2%ほど。ほとんど手つかずと言ってよい中国市場でトップシェアを獲得できれば世界1位も不可能ではない。そのためにナベルは積極的に中国の展示会へ出展している。

中国では食の安心・安全に対する意識の高まりを背景に、鶏卵生産者に対する意識に変化が起きている。食品偽装や毒物問題など社会問題が続く中で中国政府も動きだし、2009年6月には食品安全法が施行された。

日本式生活スタイル、卵 –  in the future(未来)

れからも引き続き、卵が日本人社会の馴染みある食材として消費されていくでしょう。少子高齢化社会到来とともに益々増える高齢者の為の卵、栄養素満天の卵、スーパーヘルシー卵なるものが開発、販売、消費されているかもしれません。ブランド卵が在るくらいですから・・・

海外で卵焼き専門店は流行る可能性があります。旨味ということも知れ渡ってきましたし、出汁も理解されてきました。卵焼きの具材もチーズとか入れて西洋風にアレンジしたり、中華風にアレンジしたり。どなたかニューヨークで出店してみたい人、居ません?

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes