世界に誇る日本のおもてなし、声優


声優

世界に誇る日本のおもてなし、声優

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 声優

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は、声優という日本式生活スタイルというか、ここ数年、成りたい職業として若者に人気の声優です。まず取り上げるのが声優養成学校。東京・代々木、声優養成学校、毎年1万人以上が入学するそうです。声優になりたい若者は年々増加中!どこにその魅力があるのでしょう?

授業の一部を見学。発音とアクセントの授業、しっかりもっと口を開いて!舌が動かないから舌が動く空間を作るよう指導しています。みんなで一緒に朗読したり。声優にとって一番大事なのが滑舌、確実に正確に相手に伝えていくことを教えます。カリキュラム全体を2年をかけ、呼吸法、発音、演技など声優の基礎を学んでいくのです。

アニメのアフレコの授業では、本番さながらの雰囲気。学ぶのは演技だけではなく、大勢の声優が一緒に入るスタジオでのマイクの使い方なども学びます。歌もダンスも、声優の本業も、マルチで活躍できる声優を目指しているのが現代版声優たる憧れ像なのかもしれません。

アイドル声優

京・新宿、声優飯田里穂さんを取材しに行きます。かつては声と演技力で勝負していた声優、歌やダンスで人前に立つのが当たり前の今現代のアイドル声優へと変化。「ラブライブ!School Idol Project」で声優として活躍している飯田里穂さん、同じ「ラブライブ」の声優たちで結成したユニット「μ’s(ミューズ)」でも活動中!

飯田里穂さん曰く、演じているときは声優と自分自身思っているそうで、ライブとかで役になりきって踊るときには、やっているキャラクターを降臨させて、物語に居るアイドルになりきって頑張る、ということです。声優のアイドル化は1990年代から盛んになり、2000年以降、加速している現象、これまでにCDデビューしたアイドル声優は100人以上もいるそうです。声優がタレント化しているのは日本だけのでしょうか?

アイドル声優は日本独特のもの、アニメ文化、キャラクター文化が影響していると言えそうです。アメリカではゲーム業界で声優が人気職業ということです。ゲームの主役に憧れている人達がいて、人気のゲームシリーズに登場するキャラクターは憧れの存在だとか。

声優、吹き替え、英語力

本では一昔前、アメリカからドラマや映画を大量に輸入しました。声優が必要になったきっかけです。声優さんの特徴というかメリットは、俳優さんよりもたくさんの役柄を出来ること、という意見。例えば顔が出ると役に限度が出ますが(歳を取ったりして)、声だけだと子どもにも女性にも男性にも動物にも成れるというのが声優さんの現役が長く維持、活躍できる秘密なのでしょう。

外国からの映画を輸入して吹き替えをするシステム。スウェーデンは吹き替えはしない、ブラジルでは日本と同じで吹き替えをする、ということですが英語力上達と関係があるのでは? 私は映画はその人の声のまま鑑賞するものだと思っています。日本語訳はサブタイトルを下に付けてその人の声そのものも一つの魅力なのですからそのまま伝えるべきだと考えています。

便利ということで外国から入ってくるドラマや映画を吹替するのは過保護過ぎるのでは? 英会話を初めて聞き取ることに苦労するのは、このようなことも影響している、と言ったら言い過ぎでしょうか? 「ダーティーハリー」のクリント・イーストウッドはちょっとかすれた声が良いんです、声優山田康雄さんだと私の場合、「ルパン三世」になってしまいます。

スマートフォン用カーナビアプリ

動販売機、家電などの音声案内、機械で作った音ではなく全部声優さんの声って知っていました? 東京・高田馬場、録音スタジオ、声優佳村はるかさんを訪ねます。スマートフォン用カーナビアプリ、収録真っ最中。ドライバーに道案内だけでなく、様々なことを話しかけていきます。お気に入りの声優に変えることも!道案内以外にも様々なセリフを発するキャラクター設定。7人の声優がオリジナルキャラクターを演じています。

キャラクターを基にストーリーを設定、アニメ化の可能性も広がるとのこと。アニメの声優の役柄っぽいセリフが特徴で道案内もキャラクター感が出ていて面白いと思いました。私だったらガンダムシリーズが欲しいです。アムロとかシャアとか、セイラさんとか。面白いセリフが出来そうです? あっこの声、あの人、とか、あのアニメのキャラクターの声だぁ、とか。

音声案内は普通、声の調子もモノトーンで面白みがないけど声優がキャラクターになりきって、色々なセリフをそのキャラクター調に言ってくれるのは楽しいかもしれません。アニメ文化、声優文化の活用方法、機械との接点を縮めていくプロセスなのかもしれないと番組ではまとめていました。日本人は日常生活の中でこのような日本人的な愉しみ方を組み入れていくことが上手です。可愛い文化は大人のセクシー文化に浸透していくでしょうか?

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でももしかした一部のそのローカルに住んでいるオタクどもに人気が出ているかもしれません、アイドル声優のことです。スマートフォン用カーナビアプリに始まり、パブリックの音声案内、その国独自の日常文化が反映されていくのではないでしょうか。銀行とかのカスタマーサービスなども声優さんや俳優さんがやるのはありですか?

日本式生活スタイル、声優 –  in the future(未来)

常至るところ、至るシーンで可愛い文化のアイドル声優の音声案内だったらちょっと日本、大丈夫?ということになりそうです。でもこれから介護ロボットや、受付、電話案内、など日常生活至るところにロボットが進出してきますから、親近感を抱きやすい声案内というものは求められていくのではないでしょうか。声優さん活躍の場はスクリーン中だけではないのです。

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes