世界に誇る日本のおもてなし、忍者


忍者

世界に誇る日本のおもてなし、忍者

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 忍者

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は外国人が憧れる忍者。日本人には忍者というと実際にその昔存在していたとしても、架空の人物、空想上の人物、という印象を抱いてしまいがちですが、外国人には人気あるというからちょっと納得?

全国忍者マップによると、戸隠(とがくし)、甲賀(こうか)、伊賀、風魔(ふうま)、葉隠(はがくれ)と、室町時代から江戸時代に全国に存在したと言われる忍者集団。全国30箇所に忍者がいたらしいです。忍者の主な仕事は、諜報活動(スパイ)、破壊活動、暗殺など。

表舞台に立つことのない影の軍団。有名人物では、服部半蔵(伊賀忍者)、風魔小太郎(風魔忍者)、石川五右衛門(伊賀忍者)などがいます。日本忍者協議会も設置されたらしく、海外にもっと忍者について発信していこうという取り組みが始まっています。

外国人の間で大人気の忍者スポット

京・浅草、遊園地内にある忍者ショー。真剣試し切り実演、手裏剣技の披露、鎌の演技、忍者同士の戦い、伊賀で忍者修行をした人たちが演技、年間10ヶ国以上で公演も行っています。遊園地近くにある、忍者体験ができる場所。体験内容(45分)、剣術、隠れ身の術、手裏剣。東京・赤坂、忍者レストラン。暗い店内に入ると、忍者が暗闇から現れテーブル席へと案内、27の個室は忍者屋敷のようになっています。客の殆どは外国人旅行客。

日本人には???という忍者も外国人から見ると魅力的な忍者。シルク・ドゥ・ソレイユのように特別な仕掛けを施した忍者ショー。飛んだり跳ねたり、ストーリー性を持たせたエンターテイメントを想像して創造できれば大きなアトラクションになる可能性が私はあると思います。

忍者レストランはニューヨークにもあるんです。東京・赤坂にある番組内で紹介していたレストランのニューヨーク店。私は行ったことないですが、聞いた話によると店内は同じく暗い内装になっていて、忍者がテーブル席まで案内してくれるそうです。エクスキューズミーではなく、ゴメン!といって仕切られたテーブル席に入る接待係の忍者だとか?

そもそも外国人はどこで忍者の存在を知ったのでしょう?多くは忍者ゲームで忍者を知ったとのことです。「忍び」、「天誅(てんちゅう)」、「忍者外伝」など。ミュータント・ニンジャ・タートルなんてものもありました。亀が忍者になるアニメーションというかアメリカで子供向けに流行りました。後は忍者漫画ですか。

今では忍者の故郷、伊賀で忍者フェスティバルなる催しも開催されているらしく、期間中は忍者の格好をして忍者の里を歩きまわるイベントなるものも多く、忍者コスプレをした外国人で賑わうんだとか。そこまで外国人を惹きつける忍者の魅力って何なんでしょう?武士とは違い、表舞台ではなく、裏舞台、影というか秘密裏に存在するプロフェッショルナル集団的な行動などが格好いい、と?!

忍者修行

賀・マキノ町、忍者修行を本格的に行っている場所があります。海津天神社で行われる修行期間7日間、年に一回。忍術獲得修行体験を行うんですが、修行者はほぼ外国人、リピーターというから本気で忍者に憧れる人たちが存在しているんです。この忍術獲得修行体験を主催している忍術研究者、川上仁一氏。

海外で講演も行っていて、500年以上続く忍びの技など紹介します。武術・・・体術、剣術、手裏剣など。情報収集術・・・変装、心理、侵入など。薬学・・・毒、治療、火薬製造など。遊芸・・・伝統芸能、曲芸など。火術を使った「うずら隠れ」、火が上がった瞬間、黒い布で身体を覆い敵の目をくらます術を番組内で実演してくれました。

リピーターはほとんどがヨーロッパ人。スペインから、歯医者、警察官。フィンランドから金融関係者。ヨーロッパでは真剣に捉えられていますが、アメリカでは本物ではなく空想の世界と捉えている傾向があるとか。でもバカにできない事実もあるんです。

三重・伊賀、伊賀流忍者博物館には、2004年、3600人、訪れましたが、2014年には、18000人、訪れる外国人の数が増えているのです。本格的な忍者アカデミーなるものを作ってクラスを広げていくこともありのような気がしてきます。空手道、柔道、剣道、合気道、に加えて忍者道なんていかがでしょう? どれだけ実践的に忍者術が使えるかによって信用を得ることに繋がるので、あくまでもプラクティカルな方向性で。

京都国際漫画ミュージアム

国人はどこで忍者なるものを知ったのかの答えの一つに漫画というのがありましたが、忍者漫画で超人気の「NARUTO」。ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、英語、ハンガリー語、スペイン語、ドイツ語、ポーランド語、フランス語、デンマーク語、インドネシア語、マレー語、フィンランド語などに翻訳されているんです。

他にも忍者漫画と言ったら、「忍者ハットリくん」、「サスケ」、「猿飛佐助」、「忍者武芸帳」、「バジリスク」、30作以上ある忍者漫画ということです。ポップカルチャーとして受け入れられている忍者漫画、日本国内ではなく世界に向けて発信していく忍者シリーズの新しいアニメなどいかがでしょう?

こういうとき日本はマネタイズ、下手です。アメリカならばハリウッドやディズニーが力を入れて世界中へとマーケーティングするのですが、日本は国内市場向けに個人個人(漫画家)が勝負出来てしまう市場が存在するため、その先に視線というかビジョンを展開すること、想像できないのでしょう。

外国人向けの漫画、映画を制作するべきです。それを元にしてシルク・ドゥ・ソレイユのような演技向けテンターテイメントを展開してもいいし、ユニバーサルスタジオのようなアトラクションを展開しても良いでしょう。充分、観光資源の手助けになると思います。マーケットは世界、という発想が必要なんです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でもどうなんでしょう、忍者は? 一部忍者に憧れる外国人で終わってしまうのか、巨大なエンターテイメント性を持たせたニンジャに進化できるのか? ハリウッドやディズニーがニンジャ映画を制作してユニバーサルスタジオのアトラクションの一つとして忍者屋敷を提供、ということになっている可能性もありですから、頑張って欲しいところです。

日本式生活スタイル、忍者 –  in the future(未来)

本人には忍者、といったら外国人を惹きつけるための観光資源、ということになっているでしょう。それでも良いと思います。忍者キャップ、忍者帽子、忍者手袋、忍者Tシャツ、忍者パンツ、忍者スニーカー、忍者ウォッチ、忍者バック、など忍者をモチーフにそれらしく制作すれば外国人にアピールできると思います。


, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes