世界に誇る日本のおもてなし、数の不思議


数の不思議

世界に誇る日本のおもてなし、数の不思議

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 数の不思議

回の番組内容、外国人にとって謎だらけの日本の数、その疑問を解明しクールを探します。なぜそんなに多くの単位が在るの? 街で「数の単位」抜き打ちテスト。一個、一匹、一冊、正確に数えられますか? なぜ日本人は指数に頼るの? 洗濯指数とか、ビール指数、アイスクリーム指数。指数を信じる秘密に迫ります。日本の色々な百選の制覇を目指す日本人に同行します。日本人が百選を愛する理由とは・・・

数が不思議ではなくて、数に纏わる言葉が不思議なのかもしれません、という解説。日本的な何かが存在しているのか? 日本人にしてみれば外国語の単数形、複数形のほうがよほどややこしいという事情もありますが・・・

数の単位

達が二匹います、動物の数え方と混同してしまう、というもの。どの単位にどれを使わなくてはいけないとかのルールを覚えるのが大変、数字の後ろに単位(名詞)を付けるだけの外国語とは違う。数えるものによって単位が変わらない外国語、不換算名詞、Uncountable Nuon(一定の形を持たないもの)は日本人にとって英語を勉強する時につまずく場所ですが・・・

数の単位、抜き打ちテスト。1、林檎を5◯ください。2、キュウリを3◯◯ください。3、秋刀魚を7◯◯ください。4、烏賊を3◯◯ください。5、運動靴を2◯◯ください。6、12◯◯◯の色鉛筆をください。7、牛乳を1◯◯ください。8、ポテトチップスを2◯◯◯ください。9、はかまを2◯◯ください。10、タンスを1◯◯ください。

1、こ。2、ぼん。3、ひき。4、ばい。5、そく。6、しょく。7、ぽん。8、ふくろ。9、こし。10、さお。いかがでしょう? はかまの数え方の正解者、いませんでした。これは日常生活ではかまを着る機会がほとんど無いからではないでしょうか。普段の日常生活で使っているものなどには数え方、自然に覚えているのでは。

どうしてそのような数え方になったのでしょう? 烏賊の内蔵、わたを取ると徳利や盃のような形に烏賊が見えるので1杯、2杯、3杯と呼ぶようになったとか? 平目、鯛を一枚、二枚。一匹、二匹とは言わない。一匹の鯵を開きにすると一枚、大きな魚も切り身にすると一切れ、二切れ。魚は形によって単位が変わることが多いのが特徴です。

タンスの単位は? 昔のタンスには棒通しなどの金具が付いていて、その金具に棒を通して運んだと言います。婚礼の時や火事の時、棒に通して運ぶと速く運ぶことができたとのこと。棒を一棹、ふた棹と数えたのでタンスも一棹、ふた棹と呼ぶようになりました。はかまは? はかはま腰で着る、というところから一腰、二腰、と呼ぶようになったらしいです。

どうして沢山のものの数え方が存在するのでしょう? 日本人に聞いてみると、ものを大切にする精神、ものを大切にする情緒が在る、状態をイメージしやすい、大人のたしなみ等など。外国語には観念と存在物とに分かれて表現します、例えばa book、the book、book、しかし日本語にはそのような区別方法はありません。

日本人はものに付いていく感じがあり、状況に密着しやすい、ものを追いかける、そのかわりコンセプトを追いかける力が不足しているとか。私の意見ですが、後単一民族だったから、というのもあるような気がします。外から入ってきた異人に対して日本文化を理解させる必要などなかった?! 烏賊の内蔵を取ると徳利に似ているね!じゃ、1杯、2杯って感じでいいや、なんて徳利というものに馴染みのある人同士の会話ですから。

指数

濯指数、自分で外に出て天気を確かめればいいのでは? アイスクリーム、自分で判断すればいいのでは? なんで指数に頼るの? 傘指数、目安にしている。傘を持って行ったらいいのかどうか? 紫外線指数、数字が高いと屋内に居たほうがいいのかなぁとか。

ビール指数、アイスクリーム指数、洗濯指数、服装指数、傘指数、お出かけ指数、星空指数、紫外線指数、体感温度指数、洗車指数、レジャー指数、部屋干し指数、ノド飴指数、不快指数、冷房指数、汗かき指数、除菌指数、重ね着指数、鍋物指数など結構あるんです。晴れ、雨、曇、雪などの他、湿度、風速、降水確率、だけの諸外国天気予報。

どのように指数を算出しているのでしょうか? 例えば、ノド飴指数。ノド飴の売上データー、そのときの気温と湿度を合わせて、どのような関係性があるのか、といったものを一度解析した上で、その予測式を元に算出しています。

他にも温度、湿度、不快指数や聞き取り調査リポート、研究論文など、指数の元になりそう情報を解析しています。なぜ日本人は指数の頼るのでしょう? 判断材料を数字で表したほうが嬉しい、効率的に計画するため、話題になり会話が弾む、行動するきっかけ、四季を楽しむ心。

自分で判断する、能動的、個性的、インディビジュアリズム、諸外国人の行動です。他人に、他のものに何かを提供されるのを待つ、受動的な日本人の特徴が出ています、皆と同じ行動を取っていると安心する日本人です。エンターテイメント性があることは楽しいかもしれません。ちょっと幼稚な部分を感じてしまうこともあるかも・・・です。

百選

、滝、水、どうして百選が? 日本百名山、桜百選、城百選、森林浴百選、温泉百選、道百選、名水百選、と旅に関連したものが多いのが特徴です。絶景ドライブ百選、全国駅そば百選、マンホールデザインなど百選をつければ売れるのでしょうか?

なぜ日本人は百選が好きなのか? 日本人にとってはマジックナンバーの百という数字。百に意味があるのであって、たくさんとかランキングではないと。お百度参りとか、百までやったら何かが起こるぞ、奇跡が起こるぞということが日本人の心のなかに入っている、百じゃないとダメ、と言う理由が隠れているそうです。

私としては色々な目的が出てきいいんじゃないかと思います。登山に出かけるきっかけ、桜を見に行くきっかけ、森林浴、城、温泉、名水など日本全国を旅するきっかけ、何か行動を共にするきっかけなどを与えてくれるのかもしれません。友達といったり家族といったりと。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、指数は受け入れられているかもしれません。エンターテイメント性を持たせればローカルの人にも馴染みが出てくるのではないでしょうか。数え方に関してはその国の文化に依存している部分がありますから、今のインターネット時代、英語がユニバーサル言語で便利ですから難しいかもしれません。

百選、可能性ありだと思います。観光産業を広めるきっかけ、として各国々で様々な百選を抽出してみる。注目されれば人々のレジャー心に火がつくかもしれません。国内の人だけでなく国外の人にもアピールできれば、観光目的で産業が成り立つわけですから。

日本式生活スタイル、数の数え方 –  in the future(未来)

本独特の数の数え方、是非残していって欲しいです。情緒があっていいじゃないですか、ものの数え方一つとってもその始まりに物語が存在している日本文化。はかまを日常的に着なくなったことで誰も数え方を知らない、というものが他にも出てくるかもしれません。指数も百選も日本人らしくていいじゃないですか。ニューヨーク、お薦め写真撮影スポット百選だったら私でも作成できるかもしれません。

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes