世界に誇る日本のおもてなし、片付け


片付け

世界に誇る日本のおもてなし、片付け

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 片付け

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は片付け、という日本式生活スタイルです。片付けの本、書店にはおよそ190冊もあるんです。日本式の片付け、色々な工夫があるんでしょう、改良とかリフォーム、日本人気質にあっていますし、断捨離とか流行りました。この日本式片付け、今アメリカでブームになっています。

「片づけコンサルタント」を自称し、整理整頓に関する専門家である近藤麻理恵さん。近藤麻理恵さん著書「The Life-Changing Magic of Tidying Up: The Japanese Art of Decluttering and Organizing」なんてニューヨーク・タイムズ紙ベストセラーに選出。2015年、米「TIME」誌の「最も影響力のある100人」2015年版artist部門で堂々と入選しているんです。どこにその人気の秘密があるんでしょう?

片付けという発想は日本人からしてみれば、整理整頓、ということです。必要のないものを片付け整理整頓して心理的にもすっきりとシンプルに生活改善する。フットワークを軽くする現代日常生活がアメリカで受け入れられているというのも、どこか精神的にすっきりする、という後片付け感が好感を呼んでいるような気がします。

整理収納アカデミーマスター

組では外国人リポーターの一人の部屋の片付けを行うことに。その女性の部屋を訪れてみると、下駄箱に入りきらない靴の数々、コートも多くてクローゼットに入りきらない、部屋の壁にかけられています。押し入れにはポールを付けていますが、洋服が重すぎて多くをかけられていません。タンスの幅が入り口より広いため、扉につっかえて充分に使えていない。似たような悩みを抱えている方、多いんじゃないでしょうか?

整理収納アカデミーマスター、という専門家が同行してアドバイス。洋服、今着ているか着ていないか?捨てるのはもったいないという考え方はダメとのこと。靴も同じく、その他日常品なども必要のないものを片付けていきます。そして次は、片付けグッツを買いに100円ショップへ。靴収納ラック、伸縮性のポール、タオルハンガー、などは下駄箱用。強度の高いポール、カゴ、網、フック、などは押し入れ用として購入しました。

家に戻って早速収納テクニック披露。タオルハンガーにはスリッパなど、伸縮性のポールにはヒールなどを引っ掛け、下駄箱を整理。押し入れには、奥と手前に強度の高いポールを設置、これで洋服をたくさんかけることが出来るようになりました。アクリルの引き出し、服は必ず縦に入れる、何が入っているのか一目瞭然!壁には網をかけ、小物などのアクセサリーを引っ掛けます。終わった後はスペースも生まれ広々とした感じです。

デットスペースを上手に使う工夫を施す、狭い日本の住宅事情。もったいないというより、実用性を重視、実際に使っているのか、着ているのか? 外国人にとっては住宅事情が異なるようです。地下室やガレージ、屋根裏部屋があるので、スペースには困らない、ものを片付けるというより、とりあえず放り込んでおくという感覚だとか。

布団圧縮袋

本で発明された便利な片付けアイテム。掃除機で空気で吸い出すと押し入れを占領していた布団はぺちゃんこになります。奈良・桜井市、25年前に圧縮袋を開発した会社「株式会社アール」が存在しています。当時、布団のクリーニング業だった社長の自宅には預かった布団でぎっしり。ある日、子どもが布団の山に埋もれてしまい妻が我慢の限界に、これがきっかけとなり布団を圧縮できないかと、開発すること決断。

試作第1号、空気が逆流、ノズルの周りにシワができてしまいます。空気の逆流を止めるには? ヒントは浮袋にありました。浮袋の空気栓、弁、栓を放すと弁が閉じ、中の空気は抜けない仕組み。それをヒントにして逆流防止弁という新たな仕組みを開発。掃除機を入れて空気を吸い始めると、内側の部分がノズルに密着して弁になる、ノズルを外していくと、内側はピタリと閉じて空気は入らない、という仕組みです。

でもまだまだ微調整が必要でした。吸引口にまだシワができて、空気が入ってしまうのです。吸引口の幅と長さの調節が必要、試作品は100種類以上、6ヶ月に及ぶ試行錯誤の結果、完成します。

袋の素材開発にも取り組みました。素材の条件は4つあって、空気を通しにくいこと(酸素透過度)、破れにくいこと(強度)、布団に密着する柔らかさ(柔軟性)、アイロンの安全な低い温度で溶けること(低温溶着)、などです。メーカーと共同で新素材を開発、1990年発売開始となったのです。

今では人気の圧縮袋、収納袋、収納ケースにピタリと収まるBOX用や旅行用、手で圧縮するなど、他にはクローゼット用、ハンガーにかけたまま圧縮できる、という圧縮袋も人気を高めています。海外でも売られているんです、私は知りませんでした。掃除機は何処の家庭でもあると思いますから、後は圧縮袋を購入するだけ。手軽で便利です!

蔵の片付け

史ある蔵の片付けに番組は同行取材します。色々と片付け始めると・・・初めて開く屏風、立派な食事飾り用のお皿、お櫃なども発見!昔のタンスなども、使う使わないは問題ではない。昔のようなタンスは今の時代ではもう手にはいらないから残しておく価値が有ると。先祖が読み親しんでいたの本も発見!初代の曽祖父を身近に感じることができるなど、これも残します。

片付けていくことで、自分の家系の歴史、自分の先祖などの暮らしぶりを知ることになる、子供たちに残してあげたい、と。物置に閉まっておくのではなく、大切なモノは部屋に置いて毎日の日常生活にとけ込ませてはどうか、と外国人から意見が出ていました。家を大事にしている外国人からの発想です、来客も多いし、そのときに家の歴史を鑑賞できるようにさせておくことも外国人的発想です。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも片付け文化、どうでしょう? モノに溢れている生活習慣の先進国なら受け入れられるかもしれませんが、モノというか生活物資そのものに不足している途上国ではまだまだ先の話になるかもしれません。

でも人間って購買力を得ると、一通りのものを揃えたくなりますから、自分に合っているのか合っていないのかに関わらず。その過程でこれは必要ない、これは自分には似合わない、これは自分の生活スタイルにそぐわない、などを発見していきますから、そこで「片付け」ということで注目されるでしょう。

身の回りの生活環境がシンプルになると精神的に、衛生的に、健康感が生まれますから、この部分がアメリカで受け入れられたのではないでしょうか。歴史がアメリカより存在する欧州では若い人たちの間で広まっていきそうな感じがします。

日本式生活スタイル、片付け –  in the future(未来)

付け、整理整頓。フットワークを軽くする現代日常生活と伝統ものを次の世代に残していく、ということに分けて考える。片付け文化は少子高齢化社会の社会環境にも当てはまっていきます。無駄なエネルギー、効率の悪い社会環境を片付け、整理整頓していく。シンプルに持続可能な社会形態を新たに創り出していく。その際に、日本文化、日本の伝統というものと関係あるものは街に残して人々に伝えていく。片付け、整理整頓社会、これからの日本です!

片付け


, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes