世界に誇る日本のおもてなし、猿

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

猿

世界に誇る日本のおもてなし、猿

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 猿

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回のテーマは猿。日本人には猿?という感じでも今海外からの外国人には人気の猿。日本の猿を観に来る外国人が増加していて、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」でも、猿を観る施設が大人気に!日本の猿の魅力とは何なのでしょう?

東京・上野、上野動物園。多くの人で賑わっているのはサル山、日本固有種のニホンザル、30頭が暮らしています。外国人に言わせると母国の猿は喧しいけど、日本の猿は物静かでどことなく日本人に似ているという印象だそうです。大人しくて、電車を待っているみたい、というのもありました。

動物園内に来ていた日本人に猿について聞いてみると、人間と似ているから好き、親子でいたりすることが多いので好きということ。でも不思議な事を発見!なぜ日本人は猿に「おサルさん」と“お”を付けるのか?というものでした。日本人に訪ねてみると、人間に一番近いから、親近感があるから、馴染みがあるから、親しみを込めた呼び方、等など。

 “お”が付くのは家の中、という意味?

箸、お金、家の中の物に“お”を付ける習慣がありました。絵巻(石山寺縁起絵巻)を見ると、昔の貴族館の中で、馬小屋が中にあって、猿がその横に居ます。馬を守る神様のお使いが猿、馬小屋には必ず猿を付けないといけない、お猿さんとお馬さんは外の動物ではないのです。

ではどうして猿が馬と一緒にいるか? お馬さんも色々な災難、魔を払う、去らせるため、猿も去るという語呂合わせからじゃないか、というものでした。なるほど!

モンチッチー

京・浅草、お土産屋産。猿のぬいぐるみ、モンチッチー、オフィシャルショップを取材します。店内には様々な服を着たぬいぐるみ(モンチッチー)がおよそ150種類も!2,3ヶ月毎に新商品が開発されるそうです。ハンカチ王子やなでしこジャパン、季節を反映したものなどこれまで1万種類ほど開発されました。

モンチッチーを求めて海外からも旅行者が買いにお店へやってきます。40年前からアジアやヨーロッパに輸出をし始め今では24カ国に!その国に受けそうなデザインをモチーフにして販売戦略を立案しているそうです。

神様のお使い、猿

京・千代田区、日枝神社。境内で見つけたのは猿の像、社殿前に子どもを抱いた母猿、烏帽子を被った父猿の像、神猿像です。お猿さんが神様のお使いだと言われているので、神様のお使いとして二神の像が置かれているのです。

日本では身近な動物が神の意思を伝えると言われてきました。比叡山にある日吉大社の流れをくむこの神社では、山に住む猿が神の使いと敬われてきたそうです。どうして人々はここで(猿の前で)お祈りをするのでしょう? 猿はエンと読み、エンと縁結びのご縁の音が通じるということで、語呂合わせ。他にも家族が多い猿にあやかって、子宝祈願をする人も多いとか。

ネガティブイメージとポジティブイメージ

本では「お猿のかごや」、「桃太郎」、など子どものお話に必ず登場する猿。中国でも猿は人気で「西遊記」とか日本人にも馴染み深い小説が存在しています。中国では猿は良い印象、申年を選んで出産する人が多いそうです。他の国では猿は巧妙、狡賢い、とネガティブイメージ。モンキーマネーは偽金という意味などあまり評判良くないようです。

というのもヨーロッパやアメリカに猿はいないのです。猿の生息地は熱帯、亜熱帯地域。アフリカに住むのはチンパンジーやゴリラ、マントヒヒも。アジアにはオランウータン、テナガザル、南米にはオマキザル。

温泉に入る猿

野・山ノ内町、駐車場から山道を歩くこと30分、人里離れた場所に野猿公苑があります。動物園ではないので人間と猿の間は近くなり、サクなどの檻は存在していません。自然そのものという感じで、160頭ほどの野生のニホンザルが毎日山から降りてきて昼の間、この苑内で過ごします。

最も北に住むニホンザル、寒さを凌ぐため、ここの猿は冬、温泉に浸かるのです。その姿はスノーモンキーと呼ばれ、世界に知られるようになりました。温泉に浸かりながら気持ちよさそうに眼を閉じているあたりは、ほんと日本人って感じで可愛いです。餌を食べ、ゆっくりとした時間を過ごした後、午後4時、猿たちはリラックスタイムを終え、山へと戻って行きます。

どうしてこの施設を作ったのか?訪ねてみると、猿が畑に出たり、人の生活と接触するのを避けるために、一定の場所に集めて、観察ができる施設を作ったら良いと考えたから、というものでした。野猿公苑が出来たのは1964年、リゾート開発の影響で山を追われた猿が農作物を荒らすようになっていました。

猿の駆除を求める声が高まる中、なんとか猿を救えないかと考え、「餌付け」、と言う方法を使いました。ただ餌を上げるだけが餌付けではなく、「人付け」、ここにいる人は何も危害を加えない、安全です、とメッセージを送る、猿たちに覚えこませる試みです。毎日エサを与えながら顔を猿たちに覚えてもらうことを続けたのです。

4年間続け、漸く猿が来てくれるようになり、いつの間にか、隣の旅館の露天風呂に入ることを覚えた猿たち。人と一緒では衛生上良くない、と苑内に温泉を引いて猿専用の風呂をつくり、温泉に入る野生の猿が誕生しました。

野猿公苑内には観察ルールがあります。猿の眼をじっと見ない、手を出したり触らない、食べものを見せない、与えない、などと言うもの。各観光地でいたずらをする猿が問題になっているが、安易に人が食べものを与えてしまった結果、そのような事態になってしまったとのこと。

野猿公苑内では、餌を与えるのは顔を覚えてもらったスタッフ4人だけ。あげるのは大麦という質素なもの。山の中の生活を続けられるように粗末な餌を与えるのです。良い餌を与えすぎて人との関係を壊さないようにバランスを取っているとのこと。開苑から50年、今では外国人観光客が2割に増えたそうです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも「温泉に入る猿」は知られた存在になっている可能性があります。私自身、日本へ行った際には、都合をつけて実際見に行ってみたい気がしていますから、外国人で「温泉に入る猿」に興味を抱く人はかなり増えるのではないでしょうか。

動物園ではなく、自然環境そのままの野猿公苑、ということに価値が有るのです。サファリパークで野生動物を観察することは出来ますが、野猿公苑に集まってくる野生の猿ほど近くに寄ることは出来ないのではないでしょうか。そこに付加価値が存在していそうです。是非、英語など外国語での観察ルールを、早急に表記してほしいものです。

日本式生活スタイル、猿 –  in the future(未来)

のお使いである猿、ということをもっと多くの日本人に知ってもらうことも、もしかしたら大切かもしれません。世界中至る所に生息している動物ではなく、珍しい存在の猿。猿はエンと読み、エンと縁結びのご縁の音が通じるということで、語呂合わせ。他にも家族が多い猿にあやかって、子宝祈願をする人も多いとか、などのエピソード、日本人好きそうな気がしますけど・・・ちなみに私は申年生まれです。

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes