世界に誇る日本のおもてなし、着物


着物

世界に誇る日本のおもてなし、着物

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 着物

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は日本の伝統文化、着物です。まず取り上げるのが着物レンタル。着物は外国人にも大人気、家族へのお土産に買い求めたり、着物を着て日本文化を楽しむ外国人も増えているんだとか。日本人の若い世代、きっと着物をきちんと着付けてみたい、と思っている人も多いはず。私もその一人です!

着物レンタル

京・浅草。外国人観光客に人気の着物屋さん、着物の販売とレンタル、着物を着てもらい浅草の街を散歩してもらう、お客さんの半分は外国人、浅草だけで15件もあるそうです。番組ではその内の1件を取材していました。

女性用の着物はおよそ100種類、普段使いの着物と夏場は浴衣が揃います。帯や帯締めは着物に合わせてお店の人がアドバイスしてくれます。襦袢(じゅばん)、伊達締め、帯枕など着物を着るには多くの小物が必要。着付けも勿論お店の人が手伝ってくれる親切さ、有難いです! 実際に着物を着てみると、スターになった気分で浅草を散歩、昔の日本を歩いている感じ、上品な気持ちにもなったと取材していた外国人のコメントです。

私は日本を訪れる外国人観光客にはもっと人気が出ると思います。東京・浅草、神奈川・鎌倉、京都の街を着物を着て散歩してみたいという外国人は多いはず。古都の街並みに着物は見事にマッチしますから大勢の人が着物姿で歩けばそれなりに雰囲気も出るのではないでしょうか? 埼玉・川越では「川越きものの日」なる催しがあって訪れる女性も増えて人気となっています。

小江戸、着物でアピール

本各地の小江戸、如何でしょうか?外国人観光客にアピールするチャンスです!武蔵国 川越 – 埼玉県川越市、下野国 栃木 – 栃木県栃木市、下総国 佐原 – 千葉県香取市、上総国 大多喜 – 千葉県夷隅郡大多喜町、相模国 厚木 – 神奈川県厚木市、遠江国 掛塚 – 静岡県磐田市掛塚(旧磐田郡竜洋町掛塚)、近江国 彦根 – 滋賀県彦根市。

小京都、着物でアピール

本各地の小京都、如何でしょうか?外国人観光客にアピールするチャンスです!秋田県角館町(現・仙北市角館地区)-「みちのくの小京都」。埼玉県比企郡小川町 -「武蔵の小京都」。新潟県加茂市 -「越後の小京都」。長野県飯山市 -「北信濃の小京都」、飯田市 -「南信の小京都」。石川県金沢市 -「加賀の小京都」。

福井県小浜市 -「若狭の小京都」、大野市 -「越前の小京都」。岐阜県八幡町(現・郡上市八幡地区)-「奥美濃の小京都」、高山市 -「飛騨の小京都」。静岡県周智郡森町 -「遠州の小京都」。愛知県西尾市 -「三河の小京都」、犬山市 -「尾張の小京都」。兵庫県出石町(現・豊岡市出石地区)-「但馬の小京都」、龍野市(現・たつの市龍野地区)-「播磨の小京都」。

愛媛県大洲市 -「伊予の小京都」。高知県中村市(現・四万十市中村地区)-「土佐の小京都」。島根県鹿足郡津和野町 -「山陰の小京都」。岡山県高梁市 -「備中の小京都」。広島県尾道市 -「瀬戸内の小京都」、竹原市 -「安芸の小京都」、三次市 -「備後の小京都」。山口県山口市 -「西の京」。鹿児島県知覧町(現・南九州市)-「薩摩の小京都」。

着物、今現代風

京・南青山。一人で着るのは難しい着物、簡単に着物を着ることが出来るようにアレンジされているのが今現代風。着物自体が複数の簡単なものにわかれていて、ゴム入りの巻きスカート、ジャケットを羽織り、ベルトの帯を付けます。襦袢(じゅばん)などの下着もいりません。帯も腰に巻いてテープで固定するだけ、慣れれば3分ほどで着れるんだとか!勿論、着崩れしてもすぐに直せるのが特徴です。洋服感覚で着物を着る感じかな?

東京・原宿。若い人に人気の着物屋さんを取材しています。古着の着物、レトロな雰囲気が可愛いと人気です。古着なので安いのも人気の秘密。半襟(はんえり)、帯留め、かんざしなど若者向けの可愛い小物も充実しています。

若い人の着物も今現代風です。ある男性はデニムの着物を着ていました。ポケットも付いていて帯は迷彩柄。一緒にいた女性の着物も今現代風、ポイントは帯も足袋もレース生地を使用しているとのこと。日本古来の伝統を守りながらも変化を続ける着物。普段着として利用されないと着物文化も廃れてしまいますから、形はどうあれ良いのではないでしょうか?!

若者のアレンジ力、このような着方も、楽しみ方もある、ということを発信していく人が増えれば、伝統文化も日常的になるかも? 今では特別な日にだけ着ることが多くなった着物。七五三、はかま(卒業式など)、浴衣(花火大会など)、振り袖(成人式など)、留め袖、訪問着、黒紋付き、日本人の中でも着物をレンタルする人が増えています。

着物文化を支える職人、伊勢型紙

紋(こもん)は日本の着物の種類の一つで、主な小紋の技法として知られるのは「江戸小紋」「京小紋」「加賀小紋」があるそうです。番組で取り上げていたのは江戸小紋、代表的な鮫小紋の特集を組んでいました。江戸小紋の型紙、三重・鈴鹿、伝統を守りづづける職人の元へ。江戸小紋は型紙を使って染めるのが特徴、この型紙は江戸で作ることが出来ず、もっぱら伊勢に注文していたそうです(伊勢型紙)。

凄く細かい、伊勢型紙、錐彫り(きりぼり)という方法で創られたもの。突き彫り、道具彫り、縞彫り、錐彫り、4つの技法が伊勢型紙には存在しています。突き彫り、もっとも古いもので一本の刀で図柄を掘っていく技法。道具彫り、その模様の形に作った道具を使い、一突きで掘り抜く技法。縞彫り、小刀と鋼の定規を使って縞柄を創る技法。錐彫り、刃物が半円形の三日月のような形になっていて、回転させて深淵を開ける技法。

錐彫り職人、道具は自分で自作したとのこと、様々な太さの道具(錐)がおよそ80種類ありました。右手で道具を紙に立て、左手で一回転させて穴を開けていきます。この穴だけで柄を創るのです。1センチ平方メートル角に84個の穴が、中には100を超えるものもあるんだとか。紙と道具の角度を一定に保ち、少しでも角度が変わると穴の形が崩れてしまいます。

東京・八王子。伊勢型紙で江戸小紋は染められます。生地に型紙をのせ、のりを置いていきます。一旦の長さを染めるにはおよそ80回、柄を繋げなくてはいけません。のりを置いた生地に目印が、2つの点がはみ出している部分、型紙にも3箇所目印があります。真下にある点と点が模様を繋ぐところ、はみ出した2つの点の上に型紙を合わせ、これで継ぎ目がわからない柄になるのです。

私は番組を観ていて、この職人技も将来的にはロボットなどのオートメーション化に置き換わるのか考えていました。全てをデジタルに置き換える勢いは今後益々社会の至る所で目にすることでしょう。生地の大量生産が出来る、色々な柄模様が出来る、着物以外のものにも生地柄が使われる可能性がある(ネクタイとか小物)。

今はレーザーで出来るけど、違う仕上がりになってしまうそうですが・・・伝統を引き継いでいく人物が存在するのならば、無理してデジタル化することも無いのではないでしょうか? 人間味というか、温かみを感じられなくなってしまいそうで、デジタル化の全てが受け入れられるのか疑問です。

着物の修復技術、洗い張り

奈川・平塚。母から子へ受け継がれる着物。洗い張り、着物をほどいて汚れやしわを無くす技法を施して着物を新しく蘇らせます。その後、受け継がれる人の寸法に合わせて仕立直し。着物の仕立てなどをしてくれる呉服屋へ着物を持って行き、本人の寸法などを測ります。仕立て上がりまでおよそ1ヶ月。

まず着物を解きます(ほどく)、手縫いの着物は鋏を入れるとほどけていくのです。反物の端は切らずに縫い込まれていて、この縫込みの幅でサイズを調整。着物の表地は前部で8枚の布に分かれ、袖、衿(えり)、身頃、袵(おくみ)、それぞれ2枚ずつ。ばらばらになった布を専用のミシンで一枚の反物に戻します。

ばらばらの状態だと出来ない作業があるため。洗ったり、シワを伸ばす作業が簡単になるのです。仕上がった布はおよそ13メートルの反物に。反物の状態になった布を洗い、天日で乾かし、乾いたらシワを伸ばす作業へ。竹ひご、先端に小さな引っ掛け(張り)が付いていて、その張りを反物の両端に差し、布を伸ばしていく伸子張りを行います。

均等な力で反物の両端を引っ張る昔ながらの技法、アイロンだと布が歪んだりして均一な仕上がりにならないのです。固くシワが寄りやすい部分は間隔を狭くし、着物の柄や種類によって間隔を変えていきます。刷毛を使ってのりを敷き、また乾かす、のり引き。そして反物を機械で蒸気を当てながら伸ばす、湯のし。洗い張りで縫い目や折り目が消えるのです。最終工程、注文を頂いた、新しい着物を着て頂く人の寸法に合わせて仕立直しして完成となります。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも日本の伝統文化、着物のことはある程度知られていることでしょう。日本へ行って着物をレンタルして古都の街並みを散歩してみたい、ということは日本旅行、やってみたいことに一つになっているはずです。型紙を実際に体験するツアーを組んでみたり、着物の修復文化、洗い張りの現場へ社会科見学ツアーなども喜ばれるのではないでしょうか。

日本式生活スタイル、着物 –  in the future(未来)

国人が日本の伝統文化に注目することで、本元の日本人も日本の伝統文化に再び注目してく、というような流れが着物以外でも見つかりそうな予感がします。伝統工芸品、日本酒、醤油、味噌、職人技と呼ばれる作業工程は私が観ていても引き込まれていく魅力がありますから、もっと多くの日本人に気付いてもらいたいものです。


, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes