世界に誇る日本のおもてなし、自動販売機


自動販売機

世界に誇る日本のおもてなし、自動販売機

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 自動販売機

本には何と5百万台以上在る自動販売機、自販機大国日本。飲み物は勿論、タバコやハンコまで何でも売っている日本の自動販売機。一台で温かいものも冷たいものも扱えるホット&コールド機。日本人が発明した驚きの技術が隠されていました。災害時に役立つ自動販売機とは? AED(Automated external defibrillator)、自動体外式除細動器が備わっていたり、自動販売機横のゴミ箱にも工夫が施されています。人口過疎化地区でコンビニの代わりになるか自動販売機!海外との比較、自動販売機の将来も考察していきます。

街に溢れる様々な自動販売機

本には自動販売機が街の至る場所にあります。屋内は勿論屋外の至る場所にも!100メール内に10個以上ある場所も珍しくないです。自動販売機が沢山集中して設置してある場所も存在します。富士山の頂上にも自動販売機はありますから・・・お茶、紅茶、コーヒー、スポーツ飲料と扱っている商品の種類も豊富。スープも!おしるこも!

タバコ自動販売機!成人識別カードが無いと買えないシステム。キャッシュレスで購入できる機能も備わっている自動販売機!プリペイドカード、Suicaとかでお支払い。お釣りも気にせずに購入することができる仕組みです。飲み物を買うとルーレットが動作して当たるともう一本おまけで頂ける自動販売機。飲み物を買ってポイントを貯めることが出来る自動販売機も!ポイントに応じて様々な商品が貰えるようになっています。

フルーツ自動販売機? 青森県産林檎は食べやすい大きさにカットされていてパックされていて、なんと人気商品だとか!はんこ自動販売機? まず始めに実印、銀行印、認め印、どれを作るか選びます。用途に拠って文字の配列などのお薦めの字体があるので自分の好みを選択。陰影や文字の太さ、位置などの細かな部分を設定し、最後、20種類の中から印材を選び完成。3Dプリンターでその場で仕上がりを手にできます。完成まで約5分程度というから驚き!

災害時に役立つ自動販売機

AED(Automated external defibrillator)、自動体外式除細動器が備わっている自動販売機? 誰かが心臓発作を起こした時に人命救助活動できる優れもの。緊急時には自由に取り出せ周囲にブザーで異常を知らせるAEDが備わっています。多くの自動販売機には設置してある場所の住所が記してあるステッカーが貼られ、事件や事故への通報に役立っているとも。

災害時に役立つ自動販売機? 災害発生時に無償で商品(飲料水など)が提供されるというもの。自動販売機の横に置かれているゴミ箱も有効利用。災害情報を発信する電光掲示板が備わっています。簡易トイレが収容されているゴミ箱もあります。災害や事故の時にも役立つ自動販売機という発想が凄いです。

他にもユニークな商品が自動販売機で売られているようです。傘、バナナ、納豆、本、お米、おみくじも、電池、カフェラテアート、かんざし、手ぬぐい、携帯ストラップ等!

海外との違い、自動販売機

メリカ、ニューヨークでは炭酸飲料水、スナック、タバコ。学校では子供の肥満に繋がるとして炭酸飲料水の自販機設置を禁止し始めました。海外では屋内、安全な場所で自動販売機を見かけますが全ては安全対策、盗難対策のためだと思います。屋外に自動販売機を設置すると間違いなく壊されたり、落書き、盗まれたりしてしまうでしょう。

なぜ日本で自動販売機が普及したのか?

しい日本人、お店に行って列に並んでお買い物、というのはまとまった買い物時だけかも知れません。簡単な飲み物ならば時間を節約するため自動販売機を利用することに躊躇はしないでしょう。賃料や人件費節約というのも納得です。広大な土地が在るわけでもなく、狭い場所を如何に有効活用していくかが日本人に取っては永遠のテーマなわけです。

自動販売機に備わっているテクノロジー(スクリーン、喋る、ゲーム等)、自動販売機に慣れている(ヒューマンコンタクトよりも)というのはどうでしょう? 日常生活の中で機械が何でもやってくれる便利な社会は日本人にとっては当たり前のような環境なのかもしれません。そんな便利な機械のもっと凄いバージョンがロボットで、鉄腕アトムやドラえもんなどのアニメが生まれた理由もわかる気がします。ペットが流行したりと共通する点が見えてきます。

要は自分の言いなりになってもらえる存在に日本人は憧れてしまうのではないでしょうか!バーチャルの世界での恋愛に依存してしまったり・・・お前だけは私を裏切らない、という存在が日本人には必要なのかもしれません。

ホット&コールド機(三重県四日市市)

台で冷たい飲み物と温かい飲み物を選べる自動販売機。40年前に開発されて以来、今やその数、2百万台以上存在するそうです。ホットとコールドを一緒に収納できる仕組みは断熱材がその役割を担っています。自販機の真ん中を断熱材で仕切り、温度の違うものを隣同士に収納できる仕組み。

1973年、寒い時はホット専門、それ以外の季節はコールド専門に切り替えていました。しかし冬でも冷たい飲み物が消費され始めるが、日本には自動販売機一台分のスペースしか無い場所がほとんど。そこで一台でホットとコールドを賄える自販機を開発しようと試みたのが始まりだとか!

開発当初は風が弱いと冷えず、強すぎると霜がついてしまって上手くいかなかったそうです。クーラーから出る冷風を調節することが必要とわかり、冷風の通り道となる鉄板の穴の数や、大きさを変えて繰り返し実験しました。線香の煙を頼りに空気の循環を徹底的に調べます。

試行錯誤すること1年、冷たいものは5度、温かいものは55度になる画期的な自動販売機が完成(1974年、初号機)。開発から40年、今では様々な工夫が施されています。上の商品がぬるくて下の商品が温かい仕組み、飲み物は飲料補完員によって上から補給され、下から顧客へと提供されます。下の部分、より顧客へと提供される窓に近い方の部分の温度だけを調整することで電力を削減しています。

自動販売機の設置場所で何曜日の何時に何が何本売れるのか、細かいデーターを記録することも。良く売れる時間帯だけ広く温度を調節するように設定されています。電力需要が多い夏、午前中のみ冷却し午後は保冷だけという機能や、明るさを感知して夜だけ点灯する自動販売機の開発が進化してきました。

ホット&コールド機を製造している工場では、自動販売機が設置されるまでに厳しいチェックを施します。降雨試験、台風や集中豪雨の中でも壊れること無く正常に動くかどうか。日射試験、炎天下でも飲み物の温度は最適か等。自動車製造工場のように品質チェックが凄いです!

人口過疎化地区に広がる自動販売機(宮城県)

深い地域に自動販売機が設置してます。飲み物だけでなくお菓子も売っています。町内に一件しかない食料雑貨類のお店前に設置してます。店長の女将さんは病気で入院した際、お店をしばらくの間閉めることに。30分以上歩かないと他のお店に辿りつけない過疎地区。コンビニは16キロメートル先とか。近隣住民はこの御店が閉まってしまうと不便を感じるそうです。

お店を閉めても大丈夫なようにお菓子も売る自動販売機を設置することにしました。お店の人が誰も居ない時でも買えるので便利だとか。自動販売機設置運営会社(宮城県仙台市内)、なぜ都会ではなく人口が少ない場所に設置するのか?

コンビニの便利さを利用できない人達へ向けてのサービス展開をしているのだとか。お店が少ない地域では24時間365日、いつでも利用できる自動販売機は便利でしょう。飲み物以外の販売にも力を入れていて、チョコレート、ドーナッツ、スナック菓子等を瓶の中へ詰めていきます。レトルトカレーやお酒のおつまみなど、要望を捉えながら商品をローテーション化しています。

インターネットで設置候補場所の検索。次に営業スタッフが現地を視察します。住宅個数、交通量等を調査。駐車場難易度、車などの駐車のし易いさなども考慮します。更にこの会社が設置する自動販売機には防犯カメラも設置されています。コンビニが無いエリアの不便さを解消するだけでなく、地域の安全も守っています。過疎地域の人たちの日常生活を助ける自動販売機。4千機の自動販売機を東北エリアの過疎地に設置しています。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏では自動販売機は浸透しているでしょうか? 浸透しているかもしれません、というのが私の予想です。自動販売機ってどことなく不動産の匂いがしますから、不動産好きの国民性中国人は至るところに自動販売機を設置していきそうな予感がします。日本の自動販売機は利便差の追求ですけど、中国人のそれは商売人気質の枠を出ないでしょう。偽物を自動販売機で、何かとんでもないものまで自動販売機で扱っていそうなのが中国人社会です。

親日国家、インド社会ではどうでしょう? 貧富の差はまだ存在していそうですから、お金持ち地域で安全面が確保できる場所では日本に普及しているような自動販売機は受け入れられているかもしれません。反対に貧困地ではユニリーバが展開しているような販売形態が残っているのではないでしょうか!( NHKスペシャル「インドの衝撃(1)」 – ヒンドゥスタン・ユニリーバ

イスラム社会ではどうでしょう? 自動販売機が浸透しているとは思いません。イスラム教徒の多くが停滞と力を同時に望んでいること、七世紀と何一つ変わらない時代に戻りながら、二十一世紀を支配する、という思想の基では自動販売機の利便性は排除の対象となり得ます。

アフリカ大陸では? 可能性は在るかもしれませんが、全ては経済がどこまで発展していて安全性がどこまで確保できるかによるところが大きいかもしれません。便利さへの追求はアフリカ大陸で携帯電話があっという間に広まったところから考慮すると、自動販売機も受け入れられるかもしれないでしょう。日本の人口過疎化地域にある自動販売機の例も可能性有りだと思いました。繰り返しますが経済の発展度と安全性確保の問題解決が前提ですけど・・・

欧米社会では? 案外難しいかもしれません。日本人と違って人とのコミュニケーションを大切にする文化、人との交わりを楽しむ文化に無人で無機質な自動販売機が受け入れられるかどうか疑問です。自動販売機が浸透していくとしたら各国、その地域社会の文化的背景、日常生活スタイルを取り入れたローカライズ、ローカル化された自動販売機になりそうな気がします。

日本式生活スタイル、自動販売機 –  in the future(未来)

に溢れる様々な自動販売機はどのように進化していくのか? 「IOT」という言葉、Internet of Thingsの頭文字をとったもので、「モノのインターネット」が自動販売機にも活用されるでしょう。私の予想はコンビニ自体が自動販売機化すると思っています。商品の仕入れ、在庫状況、販売、運営、管理までコンビニエンスストアが巨大自動販売機になるというものです。

災害時に役立つ自動販売機はまず防犯用にカメラが設置されるでしょう。様々なセンサーとかも。気温とか湿度とかの。住所が記してあるんですから自動販売機が設置してあるローカルの現在状況を把握するのに機械を利用するのです。酸素マスクから懐中電灯、ラジオなども自動販売機に緊急時に利用できるよう設置されている可能性もあります。公共のものを勝手に盗んでいかない日本人気質の特徴が将来も保てていればの話ですけど・・・

ホット&コールド機に応用編。日本酒を冷酒から常温、熱燗まで扱うと言うのはどうでしょう。パブリックに設置するのではなく、居酒屋とかコンビニで日本酒を手軽に・・・日本酒もインスタント化していくのでしょうか?

人口過疎化地区に広がる自動販売機、これはコンビニエンスストアの自動販売機化という形で普及していくような気がします。労働人口の激減、人件費削除、利便性の追求、となったら日本人社会は人の温度が感じられないテクノロジーの浸透し過ぎた社会になっている気もします。

まとめ – 日本は安心安全社会

本に住んでいると当たり前のように存在している自動販売機。アメリカではほんと目にしないです。一番の理由は自動販売機設置にあたって安全性が確保できないこと。いたずらされることは確実だし、落書き、盗難、器物損傷など高い確率で発生するでしょう。色々な商品を扱っているのも、防災や緊急時に役立つ仕組みも、冷たいものと温かいものを扱えるのも、過疎地にコンビニ代わりに自動販売機が利用されるのも、日本が安心安全社会だからです。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes