世界に誇る日本のおもてなし、豆


豆

世界に誇る日本のおもてなし、豆

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり、精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 豆

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回取り上げるのは日本の食文化の一つ、豆に纏わるいろいろなストーリーです。五穀の一つとして昔から豆を食べてきた日本人、世界の豆とは何が違うのか? 種類豊富な豆の加工品、糸引きが少ない納豆とは? 行事食に振る舞われる豆料理の数々・・・

日本人は豆をたくさん食べる

組ではスーパーマーケットへ行って豆関連の食品を調べてみることに。インゲン、枝豆(若い大豆を収穫したもの)、豆もやし(新芽を食べる)、大豆(だいず)・小豆(あずき)。他には真空パックした食品、缶詰食品、大豆加工品(豆腐、油揚げ、納豆など)。豆乳(大豆から作られている)も!

調味料(醤油、味噌、大豆を原料)、きな粉、和菓子あんこ(あずきを使ったお菓子、どら焼き、たい焼き)、スナック菓子。お豆腐屋さんではいかがでしょう、豆腐、油揚げ、がんもどきなどの品揃えです。

豆には根粒(微生物が根に入りできたコブ状のもの)というものが付いていて水が殆ど無いところでも、土地の生産力が無いところでも、たくさん出来、昔から生産量を確保できたということです。お肉やお魚の手に入りづらい土地ではタンパク質の源として人々の暮らしを支えてきましたし、精進料理という伝統文化は千年以上も前から存在していたというから驚きです。精進料理は海外でヘルシー志向の人たちに受けると思います。

海外の豆で知られているものは、いんげん豆、ひよこ豆、レンズ豆、グリーンピース、ナン(大豆の粉で作る)というところでしょうか。私なんかは、ひよこ豆を使ったハムスはもっと日本で流行っても良いのではないかと思っています。若い女性に健康食品というアピールを仕掛ければ人気が高まってハムス専門のファーストフード店とかどうです?

糸引きの少ない納豆

ラ国際外食産業見本市2015、フランス、外国人向けにある工夫を施した納豆が人気で話題を呼びました。茨城・土浦、創業60年の納豆メーカーを番組では取材。糸引きの少ない納豆、口の中でネバネバしないそうです。この口の中でネバネバする食感が外国人には受け入れられない主要因といなっていんだとか!

茨城・茨城町、茨城県工業技術センター。海外に挑戦するべく新しい納豆を開発できないかと、依頼を受けます。納豆は蒸した大豆に稲わらなどに生息する納豆菌を付け、発酵させて作る食品です。この納豆菌が大豆の栄養素を分解しネバネバ成分が生まれます。試行錯誤を繰り返す中、糸引きが少ない納豆菌を発見、IBARAKI lst1, Low Sticky Texture、と名付けれれました。

地元メーカー7社が参入、世界に糸引きが少ない納豆を紹介したい、と。「水戸の味」や「豆乃香(まめのか)」(茨城県内の納豆メーカーが共同で開発を進めた茨城県統一ブランド)などの商品が出来上がり、世界に納豆の存在を知らしめるべく、アピールしていくそうです。

日本の豆文化

月のおせち料理には黒豆(年中マメに働きマメに暮らせるように)、豆きんとん(金運を願って食べます)。鏡開きではお汁粉(あずき)。節分の豆まき(鬼退治)拾って食べられるように落花生が使われることも多くなった、とか。春のお彼岸ではぼたもち、赤い色は魔除けになると考えられてきました。秋の月見には枝豆、と!日本人は豆に願いを込めて四季折々食べてきたんです。

お祝いや行事に豆を使っていた日本

野・飯島町、田植えのときに食べる行事食を取材します。田植えという重労働の休憩の合間に振る舞われるきなこむすび、丸く握ったおにぎりに砂糖と塩で味付けしたきな粉をまぶしていきます。形が丸いのは田の神や人の真心が現れるからと言われているそうです。

黄金色の稲穂の色に似ているからきなこむすびを振る舞い、豊作を願う人々の思いが込められています。儀式が終わった後の慰労会(おさなぶり)では、あずきごはん。お赤飯と違いうるち米で炊き、田植えが無事終わったことを祝うのです。大豆の五目煮、いとこ煮なども。

こうしてみると日本の日常風景の至る所に豆は登場するんです。接頭語的な用法としても豆という漢字が使われます。主に規模が小さく小型であるさまの豆電球、豆台風、豆機関車、豆戦車など。豆知識なんて言葉もありますし、日本人と豆に纏わる様々なストーリー、まだまだありそうです。豆料理は根気を育てるとも言いますし、日本人気質にあっているのかもしれません。醤油と味噌なんて日本人そのものですから・・・

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも豆関連食品はもっと広く人々の生活環境の中に溶け込んでいる可能性があります。健康食品というアピールをもっとして、手軽で食感にも気をつけた商品群なら大丈夫だと思います。枝豆、豆乳、あずきなんかは既に海外で食する機会、たくさんありますし!

日本式生活スタイル、豆 –  in the future(未来)

豆加工食品がこれからの食生活のキーになる予感がします。世界人口がまだまだ増え続けますから食料の確保は必須事項です。大豆を主食にしている文化の国々では大豆加工食品や、遺伝子組み換え大豆食品などの大量生産が行われるのでしょうか。日本でも大豆の大量生産、確保が必要になってきます。あっ、でも少子高齢化社会の到来だから、日本人にはそんなに必要ないのかな? 効率よく生産できるとか(海外向けに)、こちらの方向ですか?

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes