世界に誇る日本のおもてなし、鉄道旅行


鉄道旅行

世界に誇る日本のおもてなし、鉄道旅行

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 鉄道旅行

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は、鉄道旅行という日本式生活スタイルです。鉄道が大好きな日本人、単なる移動手段ではなく、乗ることを楽しむ列車が増えているそうです。その一つが食事をするためのレストラン列車、地元食材を使った豪華な料理に大満足。他のトピックには北陸新幹線開通、盛り上がる地元の人達、旅行代理店も観光客を増やそうと奔走、その決め手は地元料理?

狭い日本の国土の上に鉄道網がこれだけ発達して人々が鉄道に惹かれていっている。車社会と言われる中でも、尚鉄道というものに魅力を感じている人たちが多い。この秘密とは?日本人の旅の感覚、何処かへ行ってから旅が始まるというよりも、準備段階から旅が始まっているというもの。目的地へ行くまでの道程も旅の一部になっている。食事を楽しんだり、景色を見ながら非日常生活を気軽に味わえる鉄道旅行が日本には存在しているのです。

日本の鉄道旅行

京・新宿駅、1時間半の鉄道旅行を体験する企画。ロマンスカーに乗って箱根湯本駅までの小旅行です。車内へ入ると掃除が行き届いてまず。その綺麗さに驚き、天井も椅子の背もたれも高くて良い感じ。座席に座ると前座席の後ろ、荷物などを入れる場所に無料雑誌があり、目的地に合った観光情報が満載。なんというおもてなしの精神!

車内を見て回ることに。座席を回転させて家族や友人同士、4人単位で楽しんでいるグループを発見。小さなテーブルを挟んで食べたり飲んだり喋ったり。座席の回転は簡単、座席下にあるペダルを踏んで回転させます。外国では珍しいことととか。顔を合わせておしゃべりできるところが良いとか、気心知れた同士の友人同士でも進行方向向いたままでのお喋り、難しいですから、このアイデアは海外でも受け入れられそうです。

車内にあるトイレも広くて奇麗で、赤ちゃんのためのおむつを変えるシートも!しっかりと安全ベルトが備え付けられているので安心しておむつを交換すること可能でしょう。車内で色々なものを売っているワゴン車も登場します。メニューも用意されていて、飲み物やスナック菓子、お弁当などおよそ65種類もの商品が販売されていて便利です!

飲み物や食物を車内で買うと普段の倍近くの値段がする諸外国事情とは違うようです。美味しいくて安くて便利なお弁当は旅を豊かにしてくれます。景色を見ながらの旅も鉄道旅行の魅力の一つ。進行方向に富士山が現れ始めます。他にも日本国内には景色を楽しむために工夫された様々な列車が存在しています。例えば・・・

和歌山県、高野山を走る列車には緑豊かな風景を楽しめるように進行方向、横向きに座席が設置されています。畳が敷かれた座席もあり、なんだか緑茶でも飲みながら外の景色を眺め、日向ぼっこをしている間に眠りこけそうです。静岡県、伊豆を走る列車にも海岸沿いの絶景を楽しむことができるように座席が外向きに設置されています。

更に先頭車両の展望席では1列目、2列目、3列目と後方へ行くほど段差になって少し前の座席よりも高い位置に設置してあり、どこへ座っても前方景色、大パノラマを楽しめる工夫が施されています。車長さんから突然のアナウンス、進行方向左手に小田原城が見えるポイントに差し掛かっているとか・・・なんと言う気遣い!

車窓からの観何処ををアナウンスしてくれるとは粋です。他にも渓谷を走る鉄道では谷の間に設置してある鉄橋を通過する際、景色を楽しんでもらうために徐行運転をしてくれたりといった具合。今の時代、皆デジカメやスマホで気軽に写真を撮る楽しみをしている現代人には嬉しいサービスです。秘境を走る列車も多いのが日本の特徴でしょう。

諸外国の鉄道旅行

内ワゴンサービス、鉄道旅行が割と身近に感じられる環境が整っている日本ならではのサービスなのでしょう。諸外国ではまず鉄道とは移動手段の一つとして考えられ、早く目的地に着くための手段。車を運転できなくて飛行機を選ぶ金銭的余裕もない、しかし長距離バスを選ぶよりも少しの贅沢は出来る、となったら鉄道旅行を選ぶという感覚でしょうか。

移動手段ですからその間、目的地までの食事とかは長旅ならば食堂車がありますし、車内ワゴン車のようなサービスを期待するよりも鉄道に乗り込む前に各自で飲み物や食物を購入するのが普通です。駅構内で買うのも在りですが、品数も豊富でなく割高な商品しかないという場面に多々遭遇することもあるようです。

食事をするための鉄道旅行

鹿児島・薩摩川内市、肥薩線が走る川内駅に食事をするための列車が存在しているとか、おれんじ食堂?車内に入ってみると驚きの空間が・・・レストランが車内に!座席に着くと早速ウェルカムドリンクを頂きます。まさにレストランです。朝食、昼食、スイーツ&夕食、など3種類のサービスを提供しています。今回の取材では昼食列車を体験するいことに。

午前11時07分出発、川内駅から新八代駅まで4時間かけて在来線よりもゆっくりと走行します。移動するというよりもレストラン内で食事をすることがメイン。地元洋菓子店が作ったスイーツは食べ放題、飲み物付きです。薩摩高城駅では列車から一旦降りて地元に人たちがレストラン列車乗客のために作った遊歩道を歩き、近くにある絶景ポイントまで散歩します。

壮大な天草湾を望むことができました。再び駅に戻ると地元の食材を体験してもらおうと駅マルシェのサービスが展開されています。乗車前に貰った引換券でお土産を頂き、地元の食材をアピールする狙い。至れり尽くせりです。11時55分、車内での食事開始。1膳目は地元の食材を使った15種類もの料理、御重が目の前に現れました。

提供される料理は沿線に存在しているレストラン等が考案したもの。料理は3箇所の駅から積み込まれます。12時57分、出水駅着、乗務員が車内で温めなおして料理を盛りつけ、乗客に配膳、レストランのサービスをそのまま列車の中で行っている感覚でしょうか。2膳目は温かいじゃがいもスープ、焼き魚に海鮮たっぷりの茶碗蒸し。

一人は勿論、二人用の座席車両も用意されていて至れり尽くせり。景色を見ながらの食事は格別です。1時21分、水俣駅着、こちらの駅でも引換券の交換とともにお土産を頂きます。乗っている乗客に訪ねてみると、地域ごとの特色が出ていて、毎回とても楽しみにしているとのこと。その頃、車内では3膳目の準備を乗務員がしています。

3膳目、黒豚のやわらか煮とうどん料理。他県から来た乗客に感想を聞いてみると、景色は最高だし、提供される料理も全て美味しくて満足だと仰っています。2時30分、最後は地元ミュージシャンの生演奏と一緒にデザートを頂きます。この旅で貰ったお土産はちりめん、きびなご、くんせい鶏、和菓子、カレーパン、ジュース、い草コースター、竹箸など8種類を頂きました。何が貰えるんだろう、という楽しみがあって良いと思いました。

2時55分、新八代駅着、お疲れ様です。地元を活性化させるレストラン列車、いかがでしょう。レストラン列車を始めたのには深刻な理由があったとか。鹿児島県と熊本県を結ぶ肥薩線は過疎化によって年々、利用する乗客数が減ってきています。そこで他県からの観光客を増やそうという目的で始まったのがレストラン列車。地元企業にも協力を要請し、質の高いサービスを提供できることが可能になり、今では予約が取れないほど人気があるそうです。

過疎化する地方を活性化するための手段

れる景色を、飛び込んでくる風景を、楽しみながら美味しいお食事をする。これこそ非日常体験だと思います。日本全国、過疎化が深刻な問題として存在している場所のローカル列車はある意味田舎的な風景の中を走るわけです。そこに付加価値を与える戦略。地元の食材を使って提供される料理を堪能しながら同時に日本の田舎風景を眺め癒される。

他県から、海外からの旅行者を呼び込む手段として活用できるのではないでしょうか。道の駅という車でないと行けない魅力的な場所が数多く誕生しているのですから、それら同士を繋ぐ工夫が新設されてもいいわけです。電車移動ですからアルコールもたしなめるでしょうし、運転していく気苦労もありません。全てお任せ!全国に存在しているローカル線は一考の価値有りです。肥薩オレンジ鉄道の他にも色々誕生しているようですから。

京都丹後鉄道、福知山駅から豊岡駅まで。明知鉄道、恵那駅から明知まで。いすみ鉄道、大多喜駅から大原駅まで。しなの鉄道、軽井沢駅から長野駅まで。どの路線も地元の食材を使った料理を提供しています。過疎地に外からの人、もの、お金を取り入れる手段としてのレストラン列車は付加価値を付けて提供する。活性化の起爆剤になるはずです。

日本は何処へでも鉄道で行けてしまうインフラが存在しています。ローカル線は地元の風景に馴染んだ景色ですから無くなるのは寂しいものです。地方にはまだまだ地元の人々にしか知られていない付加価値の在る素晴らしいものがあるはずですから、世界に誇れる安全基準で装備されている、全てお任せ列車でゆっくりとした時間を過ごすのはもっと開発されるべきです。

北陸新幹線

月14日、北陸新幹線開通。東京から金沢まで最速2時間28分で行けてしまいます。北陸では観光客の増加、盛り上がりを見せています。石川、富山、福井までは気軽に小旅行できる環境が整ったわけです。日本海側には美味しいものが沢山ありますから魅力的です。日本海が見れる新幹線が出来たことも初めてだとか。

新幹線は日本の鉄道シンボル的存在です。安全、安心、快適で優雅な世界に誇れる鉄道システム新幹線。このシステムを今日本は海外へ輸出しようと途上国などでの発注を目指しています。日本でもいまだに我町にやっと新幹線が通るぞ、と盛り上がるわけですから、新幹線の駅が出来る、イコール発展の兆しを伺えるシンボルなのかもしれません。

この新幹線の駅と先ほどの付加価値を施したローカル線を繋げれば、都会から全てお任せ感覚で非日常体験を満喫できるわけですから、絶対に人気が出ると思います。過疎化している地方、経済活性化を仕掛ける手段は地方に存在している魅力を如何に地元以外の人たちにアピールできるかです。日本に存在している鉄道旅行は安全、安心、快適で優雅なのです。

もっと自由時間が欲しいとか言う観光者には、自由に選択できる他の魅力的なサービスも一緒に提供されることを視野に入れても良いかも。目的地に着くまでの移動手段は新幹線を利用してもらうけど、そこから先は様々なおまかせコースあり、他にも自由にそれら提供されるサービスを各自、自分たちで組み直して旅行プランを立てた計画に沿って旅しても良し。至れり尽くせりは日本独特のものですから、レストラン列車の他にもユニークな列車が登場しそうです。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも、日本国内に存在しているような鉄道旅行をそのまま持っていくのはその国の文化や人々の民度、生活スタイルによって受け入れられているかどうか。そもそも海外にはオリエント急行とかありますし、ヨーロッパでも魅力的な鉄道が存在しています。移動手段ではなく、鉄道の中でも旅行を楽しめる仕組みを築いて人々に支持されるか。

ロマンスカーのようなものは在りだと思いますし、景色を楽しむために座席工夫が施されている車両もありです。新幹線のシステムはどうでしょう、何処まで途上国などから受注を受けているのかどうか?

日本式生活スタイル、鉄道旅行 –  in the future(未来)

道旅行はこれからも日本人の旅を楽しむ手段の一つとして存在し続けるでしょう。新幹線の駅の延長線上にユニークなローカル線が存在していて地方の付加価値を提供する試みも進化、発展していくでしょうし、そこにローカルバスなども組み込まれれば新たな旅行プランが企画できるのではないでしょうか。

安全、安心、快適で優雅、というのは海外の鉄道事情を体験すれば理解できるはずです。時刻表が存在していて、尚且つ時刻表とほぼ同じ時刻に列車などが運行されている凄さ。何時の時刻表通りに準備していけば、何時にはどこどこへ着いて、という企画も立てられますし、全ては信頼があるからそのような疑いようのない行動を取れるんです。素晴らしい!

レストラン列車は高齢化社会到来の日本で益々繁盛するのではないでしょうか。高齢者は健康に気を使いますから、歳を取ると皆気を使って山登りを始めるんです。美味しいものを食べたい、旅行をしたい、ということもレストラン列車ならば叶えてくれます。出不精なんて言葉が死語になるぐらいの魅力をアピールできれば地方の過疎化はなくなる気がします。

アジア各国鉄道計画

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes