世界に誇る日本のおもてなし、鍋

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

鍋

世界に誇る日本のおもてなし、鍋

界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 鍋

本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は鍋、という日本式生活スタイルです。寒い冬に美味しい鍋、まず取り上げるのがスーパーマーケットに並ぶ沢山の鍋つゆにビックリ!新作鍋に取り組むレストランや一般家庭内の鍋料理なども取材していました。鍋で町おこし、ということで紹介されていたのがみかん鍋。

最後は卓上カセットコンロ誕生から、開発までの苦労話、改良改革をどのように加えていったのかのお話も聞くことが出来ました。鍋料理の定義なんてものも紹介されていましたけど具体的には、目の前に火元が在る、具が液体に入っている、皆で囲んで食べる、というものらしいです。調理と食べることが同時に出来る鍋料理。どういうところが良いのでしょう?

鍋はルールのない料理、どんな具材を入れても、どんな味付けにしても良い。いろんな食材をたくさん入れられる、栄養的にもいい、材料を用意しておけば後は勝手にやってくれる、皆でガイガイわやわや出来る、という意見も。調理も片付けも簡単、家族でも仲間でも暖まれる鍋料理。最初から最後まで温かいものを食べることが出来る。子供が嫌いな食材を鍋を利用して食べさせる鍋料理というものもありました。

他には人と一緒に食べるのが良い、ソーシャルイベント。食材を決め、いつ食べるのかも自由、食材を足したり、ごはんや麺をシメとして入れたり自由であるという意見なども。皆さんよくご存知で! 逆に嫌だなぁと思う点を挙げてもらうと、直箸は外国人に受け入れがたいかもしれない、親近関係者だけなら良いかもというものでした。

豊富な鍋つゆ

京都内のスーパーマーケットを訪れます。そこにある鍋つゆ専用の棚にびっしりと40種類の鍋つゆが陳列されているではないですか!インドのカレー鍋、韓国のキムチ鍋、中国のダンダン鍋と白唐鍋、イタリアのトマト鍋とカルボナーラ鍋、フランスのポトフ鍋、地中海のブイヤベース鍋と凄いです!鍋つゆも具材もたくさんあって、具材は奇麗にカットしてあります。

一人で鍋を楽しむための鍋つゆセットというものも重宝されているとか。一人前ずつ小分けにされ一人暮らしの人々にとってはありがたいものらしいです。流石日本人、鍋好きです。すき焼き、寄せ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ、おでん、ちゃんこ鍋、湯豆腐、豆乳鍋。どうしてこうも沢山鍋つゆの種類があるのでしょうか。

シンプルだけど種類は豊富というのが日本食にはある、例えば刺し身とかシンプルで魚の種類沢山、鍋料理もシンプルで鍋つゆ種類豊富という意見は納得出来ました。どんな具材を入れても、どんな味付けにしても良い、という鍋料理は比較的外国料理の鍋化を簡単に出来るのかもしれないです。タイ料理も鍋つゆになりそうですし、まだまだ進化していきそうです。

カセットコンロ

組で取材に訪れた会社、イワタニアイコレクト株式会社。たこ焼き用、バーベーキュー用、炙り炉端用などあるんです。屋内でも野外でも、緊急時にも活躍するカセットコンロ。電気コンロが使えないところでも使える、電気が届いていない場所でも活躍という優れものです。

1969年発売開始ということですけど、コンロ開発きっかけはホースのないコンロを作れというものでした。昔、食卓で鍋料理をするときには長いホースを使ってガスを食卓までつないでいたんです。不便だし、危ない、ということでホースのないコンロ、ボンベとコンロが一体になった卓上コンロ開発を手がけ始めます。

目をつけたのが殺虫剤やヘアースプレの缶。スプレー缶はガスに圧力をかけ、液体にして詰めています。コンロとボンベを一体型にするため、缶を寝かせることに、これが最初の難関です。コンロを試作し火を付けてみると、上手く燃えない、何故か? ガスは気体になることで燃えますが、缶を横にすると液体がそのまま出てきてしまい上手く燃えません。

安定した火を灯すには、気体だけを缶から取り出さなくてはいけない。その取り出し方をどうするかで色々と試行錯誤を始めます。カセットボンベの中身ですが液体と気体のガスが入っていて、それを寝かせると気体は上にたまり、液体は下にたまります。

そこで開発したのがL字型パイプ。このL字型パイプをカセットボンベの口に取り付けます。カセットボンベを横にすると中のL字型パイプが上を向き、カセットボンベ内にたまっている気体だけを取り出すことが出来る仕組みを取り入れることに、見事安定した炎を灯すことに成功しました。

更にこの仕組みを自動化させるため、カセットボンベの凹みをある部分に合わせて設置すると中のL字型パイプが上を向くような仕組みを考え出します。こうして完成したカセットコンロ。当時人気だったカセットテープのカセットをその名前に採用し大人気となりました。しかし想定外の使い方をする人も登場、大きな鉄板を乗せる、カセットボンベが加熱するので危険!

1970年、改良型カセットコンロ発売です。鉄板がはみ出さないように棒を設置、カセットボンベが熱くならないようにしました。で、もう一つ、ガバナーという調整機の開発にも取り組みます。ガバナーとは気体の圧力を調整する仕組み、安全装置を組み込むようにしたのです。安全装置はカセットボンベが熱せられると働き、ガスの供給をストップするというもの。

カセットボンベから出た気体は、炎になるものと安全装置を働かせるものに分かれます。カセットボンベの温度が上がると、液体が盛んに気体になり、圧力が高くなり、その圧力で安全装置が働き、気体の供給をストップし火を消す仕組みを取り入れました。そのためのキーとなる仕掛けが板バネというもの。板バネが圧力に反応して跳ね上がり、供給を止めるのです。

確実に働き、限られたスペースに入れるため小型化の改良が求められ、板バネの素材探し、一定の圧力がかかった時瞬時に曲がる素材探し、と試行錯誤が続けれれ、開発に取り組んでから6年後、漸く満足のゆく商品が完成したのです。1976年、圧力感知安全装置を搭載、どこでも使える卓上コンロとして人気を呼びました。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

中華経済圏でも、親日国家インド社会でも、イスラム社会でも、アフリカ大陸でも、欧米社会でも鍋料理は浸透している可能性、大いにありです。マーケティングなどの販売網の開拓、新しい和食文化、ローカル化されれたテイストを鍋料理として楽しむなどの戦略は必要ですが、シンプルで簡単という鍋スタイルは受け入れられるのではないでしょうか。

豊富な鍋つゆに、カットされた様々な食材。カセットコンロの便利さ、安全性、快適性などが上手く諸外国に伝われば和食文化の国際化と一緒に海外へ出ていけるはずです。要は鍋という仕組み、スタイルをそれぞれの食文化に合わせた具材、味付けなどをローカル化してもらえば良いのです。

大中華経済圏にインド社会には既にダンダン鍋と白唐鍋、カレー鍋などが鍋つゆとして存在していますし、欧米社会にもイタリアのトマト鍋とカルボナーラ鍋、フランスのポトフ鍋、地中海のブイヤベース鍋などが。イスラム社会ではハラル対応のハラル鍋なんていかがでしょう。アフリカ大陸では暑いところに熱い鍋料理というより、電気のいらない鍋料理セットとして具材や鍋つゆなどのローカル化をアピールするという戦略はいかがでしょう。

食卓のテーブルには火元を置かないという習慣、料理は完成された食事を頂くという食スタイル。でも美味しいというものは全世界共通ですから、食物を口に取り入れる工程の一つして受け入れてもらえばいいのですから、鍋料理の良さが伝われば確実に諸外国へと浸透していくと私は期待しております。しゃぶしゃぶは既にニューヨークでは大人気ですから・・・

日本式生活スタイル、鍋 –  in the future(未来)

だまだ進化していくでしょう。具材を途中で足したり、ご飯を入れたり、麺を入れたりと鍋は何でもありです。食卓を皆と囲むという習慣はアナログ的なものを社会の風景に残すということで将来の日本社会でも受け入れられ、継続された習慣として残っていると思います。鍋つゆの種類もまだまだ増えていくでしょう。

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes