人種差別の壁を最初に越えたメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソン


ジャッキー・ロビンソン

人種差別の壁を最初に越えたメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソン

日4月15日はジャッキー・ロビンソンがブルックリン・ドジャースに始めて黒人選手としてデビューした日の60周年でした。今から60年前というと1947年。第2次世界大戦が終わってからまだ2年しか経っていません。そんな中、白人しかいなかったメジャーリーグにジャッキー・ロビンソンは勇気を持ってデビュー。

背番号「42」

めてカラーライン、つまり人種の壁を越えた選手として記憶されているわけで、その彼が残していった過去の遺産は現在にも受け継がれ、昨日は多くの選手が現役時代、ジャッキー・ロビンソンがつけていた背番号「42」をつけて登場、フィールドでプレーしていました。ロサンゼルス・ドジャースの選手にいたってはすべての選手がこの日は特別に「42」番をつけたユニホームを着て試合を行うというほどのスペシャルイベント。

ロビンソンの活躍によりメジャーへの黒人選手受け入れを早める役割を果たし、ハンク・アーロンやウィリー・メイズ、サチェル・ペイジのメジャーデビューの手がかりとなった。また、野球だけではなく、ロビンソンの活躍が人種差別問題そのものへ与えた影響も非常に大きい。

1997 年 4 月 15 日 、ロビンソンのメジャーデビュー 50 年目にあたるこの日、彼の功績を称えてロビンソンの背番号 42 が全球団共通の永久欠番となった(マリアノ・リベラなどそれ以前から背番号 42 をつけていた選手に関しては特例として背番号 42 を継続使用することが許可)。

また 2004 年 4 月 15 日からはこの日が「ジャッキー・ロビンソン・デー」とされて、メジャーリーグの記念日となった。 2007 年 の同日には、ケン・グリフィー・ジュニアのコミッショナーへの提案により希望する選手全員が背番号 42 を着用して試合に出場した。

仕返しをしてはいけない!

1950年代の映画のシーンのセリフでつぎのようにジャッキー・ロビンソンは諭される。

「 You can’t fight back. 」

ラウンド場でいろいろな嫌がらせ、バッシングをされても仕返しをしてはいけない、と。ニグロ(黒人の差別用語)がボールパークに来るのなら暴動を起こすぞ!そんな時代背景の中、ジャッキー・ロビンソンはメジャーリーグデビューを果たしたのです。( Tribute to Jackie Robinson )最後にジャッキー・ロビンソンのスピーチ、彼の墓石には次のような言葉が書かれています。

A life is not important except in the impact it has on other lives.

黒人がメジャーリーグを占める割合はどのぐらいなんでしょう? 昨日の ESPN のロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの試合で紹介していました。

  • 1947 5 players made MLB debut (5人の選手がメジャーデビュー)
  • 1959 17% (この頃の時代背景はキング牧師の公民権運動など)
  • 1975 27% (highest in history)
  • 1997 19% (ジャッキー・ロビンソン50周年記念)
  • 2007 8%

1975年のピークからだんだんと数字が落ちてきているのは黒人以外の選手をスカウトし始めたからだと思います。中米や南米からの選手です。

一番最初の先駆者はとても勇気がいる

本人最初のメジャーリーガー、野茂英雄が来たのは1995年。その前の年、1994年にはメジャーリーグ選手が年俸をもっと上げろといってストライキを起こし、なんとワールドシリーズがおこなわれませんでした。そんな中、遠い日本から野球をただやりたくてメジャーリーグへ挑戦しにきた野茂英雄は多くの野球ファンに暖かく迎えられたのです。

フィールドプレーヤーの先駆者はイチローです。彼のときは本当にメジャーリーグで通用するのか? と周囲からバカにされる雰囲気がある中、きっちりと成績を残し、彼が優秀なメジャーリーガーだということを証明して見せました。

このように最初の先駆者はとても勇気がいるもの。この2人が頑張ったから日本野球が注目を浴びるようになり、日本からのメジャーリーガーが一目置かれるようになったのです。話を昨日のロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの試合に戻しましょう。

全米で中継される ESPN の Sunday Night Baseball を僕は毎週楽しみにしています。というのもこの解説者がとても愉快で聞いていてほんと、日曜日の夜を和やかなものにしてくれるからです。一人はナレーターの白人おじさん、 John Miller 氏でもう一人はかつてのメジャーリーグプレーヤー、 Joe Morgan 氏でこの方は黒人です。

レイチェル・ロビンソン

こへ昨日は2人の特別ゲストが招待されました。最初の一人はもちろん、故ジャッキー・ロビンソン氏の妻、レイチェル・ロビンソンさん。彼女がとても優雅なんです。話し方といい、仕草がとてもチャーミングでなんてワンダフルなオールド・レディーなんだろう、と僕は感心してしまいました。彼女のかもし出す雰囲気のせいで、おじさん2人もとても楽しそう。

ハンク・アーロン

してもう一人はあのハンク・アーロン氏が登場しました。通算本塁打 755 本はベーブ・ルースを超え、メジャーリーグ歴代 1 位。お話の途中でその時のエピソードを話してくれるんですけど、やっぱりベーブ・ルースの記録を破るな、といった嫌がらせや脅迫状を受けていたみたいです。

1973 年 、ルースの記録に追いつくまであと 1 本のところでシーズンを終えるのだがこのシーズンオフはハンクにとって長いものとなった。ルースの記録を信奉する者やルースの記録を、黒人のアーロンが破ることに屈辱を覚える白人至上主義者に よる執拗な嫌がらせや身の危険となる脅迫が相次いだのである。

ハンクは当初この事実を隠していたがある時ふとした事がきっかけでこれに触れた所、今度は全 米中からハンクを支持する激励の手紙が届いた。「貴方への嫌がらせの手紙を処分するいいものを送りましょう」と、マッチを送ってきた白人もいた。

きっとその頃の人種差別のテンションといったらそうとうのものだったんでしょう、想像ができません。今ではずいぶんと和やかになったものです。松坂大輔が過保護にボストン社会に受け入れられる時代ですから。昨日のロサンゼルス・ドジャースの抑えのピッチャーは日本人投手、斎藤隆選手でした。

そういった歴史的背景があった昨日4月15日は特別な日だったんです。僕も知りませんでした。最後にジャッキー・ロビンソンが残していったその他の引用句を載せておきます。

I’m not concerned with your liking or disliking me… All I ask is that you respect me as a human being.Life is not a spectator sport. If you’re going to spend your whole life in the grandstand just watching what goes on, in my opinion you’re wasting your life. Jackie Robinson | National Baseball Hall of Fame

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes