原油価格は100ドルを超える?


原油価格

原油価格は100ドルを超える?

バノン侵攻。先週末起こったロンドン旅客機爆破テロ未遂事件。CNN などの主要なニュースを見ていると5年前に経験した嫌な不安が甦る。またかという思いと共にこの事件にはあちら側からこちら西側諸国に向けてのメッセージが含まれていると思った。

ニュースを聞いて直感的に思ったのは、今回の事件、絶対に現在進行しているイスラエルとレバノンの紛争(レバノン侵攻 )が絡んでいるということ。ヒズボラに武器や現金を提供しているシリアとイラン。では イスラエルはどうか? イギリスとアメリカが背後からイスラエルを支えていることは承知の事実。

アメリカやイギリスがシリアやイランはでしゃばるな、と牽制しイランとシリアがアメリカとイギリスもでしゃばるな、とお互いが牽制しあっている。ヒズボラとは関係のないレバノンの一般市民の生活は非常に不便な状態に置かれたまま。今回、テロ未遂で終わったがそこからの影響は西側諸国の人々に緊張と不安に陥れるのに十分だった。

この計画により、イギリスおよびアメリカ合衆国は、イギリス発アメリカ合衆国行きの民間航空機に対する警戒レベルを最高レベルまで上げた。アメリカン航空、コンチネンタル航空、ユナイテッド航空の便がテロの対象となっていた。この影響で、液体物質の持ち込みが規制され、化粧品などを含む一切の液状、ゲル状の物質の飛行機への持込が禁止された。

空港での緊張をもった対応は一様、安全性を保つためということで一般市民は理解を示しているが、これが長引くようだと不便さが不満という形となって表面化してくる。

誰が一番得をするのか?

月に迫ったアメリカ同時多発テロ事件5周忌も目の前だし、アメリカでは11月に中間選挙を控えている。イスラエルとレバノンの情勢次第では空港内の極度の不便さは等分の間続くと思っていたほうがよさそう。アメリカではその他に今回の事件は政治的な要素も含まれているという見方も強い。

数ヶ月前からすでのテロへの準備が侵攻している情報をつかんでいたにも関わらず、なぜここまで引き伸ばしたのか? なぜこの時期にという思い。8月というバケーションシーズンを狙い、政府閣僚の対応が遅くなると読んだのか? ここで一気に素早い反応をアピールできれば11月に行われる中間選挙で自分の立場を有利にできるとでも考えたのだろうか?

いろいろな憶測が流れる中、今回の事件が含んでいる真実とは何であろうか? たくさんの情報が溢れる情報化社会では事実ばかりを報道しがちなメディアのニュースを追っていると、やがてそれをリアリティーをもって捉えることができなくなり、想像力も働かなくなる。誰もが手にすることができる情報はデーターに過ぎずインフォーメーション。

そこから知性というインテリジェンスに目を移すことによって物事の本質、その前後に潜む真実を発見できるようになる。僕の尊敬するジャーナリストの一人、広瀬隆氏の言葉を借りるならば、このような事件の時、誰が一番得をするのか? という視点からものごとを眺めてみるといいと語っていた。

ではこの事件から一番の利益を得たのは誰か? ずばり国際石油資本 、石油メジャーだと思う。石油メジャーにとってイスラエルとレバノンの紛争は長引いてくれるほどいい。国連で決議案が採決されたがイスラエルとレバノンがどこまでそれを受け入れ実行に移すのか疑問。

原油価格は100ドルを超える

2004 年の中国原油輸入量は 1 億 2000 万米ドル、対前 年比 34% の増加。このような中国石油事情が世界市場に大きなインパクトを与えており、他地域で原油生産を増加させようとしても、既存施設はど こもフル稼動している。新たな油田を開発して供給を増加させるためには最低でも 2 年かかるため、後 1~2 年は長期的な原油高が持続するという声が強い。

渇してゆく石油。中国の経済発達によって石油を消費する勢いはこれからもっと加速していくであろう。中国政府も必死で原油の確保に疾走しているわけで、西側諸国からみれば嫌なアフリカや中東のイスラム原理主義的な国との取引にも積極的。イデオロギーよりも商人気質が働くのだろう。

その需要がこれから増えていく中で、30ドル、50ドル、70ドルで取引されるより100ドル近くで取引されたほうが儲けは大きいことは小学生でもわかるであろう。石油メジャーは中国の経済が大きく発展した場合、どれぐらいのペースで石油を食い尽くしてゆくのか、ある程度のシュミレーションができているものと思われる。

よって70ドル前後で平行線を辿ってしまうよりも、ここで一気に100ドルぐらいまでプライスを押し上げることが重要だと判断したのか? イスラエルとレバノンの紛争はその現象を起こすために利用されている面を含んでいる。

投資家や投機家は原油価格が100ドルを超えた時、ドル、円、ユーロなどのお金がどのように動くのか予測して新たなポジション取りを済ませていることであろう。

世界的な金余りの中、投機先として原油先物が注目されてきたことも原油価格高騰を考える中で大きな要因である。先に述べたさまざまなリスクにいち早く反応するのは投機筋マネーである。株式や為替市場のリスクをヘッジするために原油にも投資。投機筋マネーにより上昇した原油価格がさらに価格を押し上げるというスパイラル的な現象が起きていると考えられる。

のように自分なりに真実を探求することによって将来に対する自分が取れる選択肢を増やすことに繋がる。オプションが多ければある程度のことに対して対応できる有利さを自分に与えることになる。

8月は日本人にとって長崎市への原子爆弾投下や広島市への原子爆弾投下日から15日の終戦の日といったことを考えることの多い月である。これらの出来事が起こったという事実から今の日本の社会に与えているであろうそこから発生した真実を考察してみることは非常に大事だと思われる。

Powered by WordPress. Designed by WooThemes