希望、普段通りの日常生活(東日本大震災で失ったもの)


希望、普段通りの日常生活(東日本大震災で失ったもの)

日から4月!3月11日に起こった東日本大震災から3週間が過ぎました。金曜日の朝、こちらの時間で木曜日夜中1時40分ぐらいに日本で大きな地震が起こったとの情報を観ていたブルンバーグで知り、その5分後ぐらいに恐ろしい映像がテレビ画面を通して飛び込んでくる。ライブで津波が沿岸地域を飲み込んでいき、瞬く間に内陸のあらゆるものを押し倒していく様子に恐怖を覚えました。

えっ、という感覚、観ていて現実的に受け入れられないリアルに飛び込んでくるな生々しい映像。これは大変なことが起こっているに違いないとおもい、急いでこちら現地日本語放送、TV Japanにチャンネルを合わせました。そこからの3週間、日本人はほぼ同じ感情を共有したのではないでしょうか・・・あれから3週間の日々が経ち、日本から送られてくる様々な映像、被害状況の凄さと中々把握できない災害状況、復興の兆しがつかめない不安、などが日本全土を危機的状況に陥っている雰囲気に包みこみ、海外で暮らす自分にはなんともやるせない3週間でした。

自粛ムード中、普段どおりの日常生活を送っている者が気楽にブログなどを更新していく行為に違和感を覚えますが誰かが希望を抱いて前に少しでもいいから進んでいかなければ、日本人全体が沈んでしまう。目標となる人物の存在を知っているからこそ人はいつか自分もあの人のように立派になるぞ、と励めるのであり日々努力を積み重ねることができるのだとしたら・・・自分ができること?

普段どおりの日常生活。911同時多発テロ以降何度も経験したテロ予兆があるたびに強いられる普段どおりの日常生活を送れない不便さ。当たり前のように得ることのできる普段どおりの日常生活、こういったことの有難みは本当に感謝すべきです! 小さな目標かもしれませんがニューヨークで普通に暮らす自分の日常生活から切り取ったブログや写真などが多くの被災した地域の人々にとっての小さな目標、誰にとっても届きやすそうな目標、落ち着いた後暫く経ってまた頑張ったら届きそうな目標となってくれれば・・・ここまでが今の僕ができることの一歩です。

最後になりましたが、東日本大震災でお亡くなりになられたみなさまのご冥福をお祈りします。またご家族、ご友人を失われたみなさまに心よりお悔やみ申し上げます。被災された多くの方々が、1日も早くこれまでどおりの生活に戻れますように。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes