新しいチャプターに入った日本人メジャーリーガー


日本人メジャーリーガー

新しいチャプターに入った日本人メジャーリーガー

日、久しぶりにメジャーリーグで日本人対決なるものがあった。ボストン・レッドソックスの松坂大輔とロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの松井秀喜。かつてはアメリカのメジャーリーグでも話題になるほどの大物対決もそれほどまでに扱われなくなってしまった感がある。

怪我から復帰とはいえ、ボストンに迷惑をかけっぱなしの松坂もこの時期にスタートとなってはいささか顰蹙気味だし、松井にしてもニューヨーク・ヤンキースというブランドを背負っての登場ではそれなりに貫禄とオーラもかもし出していたが、アナハイムという地方の強豪チームの一員となってはどこか小さくしぼんでしまったように見えるのは僕だけだろうか?

それにしても随分と日本人メジャーリーガーが減ったものだと思う。かつては全球団に満遍なく日本人が散らばりどこかのチーム対戦ではそれなりに日本人メジャーリーガーということでニュース番組始め、いろいろな方が気になって行方を見ていたに違いない。それが今年はどうだろうか?

一つにはもうかつての野茂英雄やイチローの頃のような珍しいといった感覚をアメリカの野球ファンも日本人メジャーリーガーに対して抱かなくなったことがあるのだと思う。どうしてだろう? やっぱり去年二連覇を達成してしまったワールド・ベースボール・クラシック優勝、という実績がいいようにも悪いようにも微妙に左右しているようだ!

二連覇達成ワールド・ベースボール・クラシック優勝後のシーズン

っ日本人であるからWBCでの優勝を望んでいたとはいえ、まさか二連覇を成し遂げるとは多くの方が予想していたであろうか? あの優勝から日本人とアメリカ人の野球に対するある感情が微妙に変化してしまった。

アメリカ人にしてみればベースボールといえばメジャーリーグであり、そこで頂点に立つこと、すなわちワールドシリーズで優勝することがもっとも栄誉あることであり、価値を認めてもらうに至る存在として人々の意識に深く根づいている。

メジャーリーグ始まる前のまだ肌寒い時期に行われるWBCへの違和感。メジャー屈指のスラガーはまだまだ準備不足である選手がほとんどであり、本腰で臨んでくるメジャーにあわせている輩もいる始末。参加すらしない選手もたくさんいる。アメリカ本土でもそうであり、中南米の選手でもいささかモチベーションにかけるのであろう。サッカーと違い野球は個人というブランドで勝負してくる選手が大勢存在する性なのかもしれない。

貧しい国からメジャーに挑戦してくる中南米の選手にしてみれば、国に残って国内リーグに参加しているよりも、またはメジャーに見事移籍してチームのためといって勝敗に拘るプレー振りを発揮していても、自分が活躍することなく、この場合は数字を残すことなくシーズンが終わってしまったらそれ以後の契約は望めない。即サラリーに響いてくることになり生活の安泰も遠のいてしまう。これではある程度個人主義に走らざるを得ない!

日本人の野球選手はここの姿勢がまず違うように感じる。あくまでもチームありきの自分なのだ。チームの勝敗に左右するであろう自分の使われ方に文句を言うどころかきっちりと監督の指令に従う。日本の株式会社エリート社員そのものの姿勢は多くの監督から支持を受ける。この辺のところは過去にもエッセイを書いた( 日本株式会社的性格の日本人メジャーリーガー )。

話をWBCに戻すと、多くのメジャーリーグファンのアメリカ人にしてみれば、あぁ、アジア人(決勝戦の韓国人と日本人)がチームプレーに徹して盛り上がっているなぁ、という感覚。緻密で洗練されているような戦術よりも、大きくというか大雑把にカキーンと一発ホームランでも打ってくれたほうがわかりやすいし、単純なアメリカ人には受けるのだ。

このような感覚だからメジャーリーグに多数いる体つきのいい選手よりもどこか華奢な印象のある日本人野手はどうしても注目されない。イチローのようなメジャーのどのプレーヤーからも認められるような存在感ならば話は違ってくるが、リトル松井(松井稼頭央)始め福留孝介や岩村明憲も日本での存在感に比べると小さくなってしまった。

その点から言うと日本人ピッチャーは別格であるかもしれない。僕も知らなかった多数の素晴らしいピッチャーが日本プロ野球界には存在する。もちろんメジャーが注目しているのは俄然ダルビッシュ有。CNNのインタビュー番組にも登場していたし、ルックスも外人受けしそうで長身、実力もある。広報的効果も望めるから充分ダルビッシュ移籍に関する多額の投資をしてもそれなりに見返りを望めるであろう。本人はメジャーに来る気持ちはないみたいだけどね!

結局のところ、WBC二連覇達成ということが多くの日本人に、なんだぁ日本の野球が一番じゃん、アメリカのメジャーリーグも大したこと無くなったなぁ、日本の野球ってすごいんだぁ、といった感覚を与えてしまったのかもしれない。

城島健司の帰国が意味するところ

アトル・マリナーズの城島健司が契約半ばまだ満期を満たしていない途中で日本のプロ野球界へ復帰するというニュースには驚きというよりも、あぁやっぱりそうか、という感覚を僕は抱いた。言葉の壁である。

城島の場合は特にキャッチャーであったためにピッチャーや監督とのコミュニケーションが重視される。個人主義に走りがちな癖のある多くのピッチャー相手に日本語とは比べ物にならないぐらいの貧弱な英語での意思疎通。苦労しただろうし、大変だっただろうことは想像できる。きっと孤独感も多くの場面で感じたことであろう。

こういうことを考慮した上での城島の判断だったので、日本へ復帰すると聞いても不思議ではなかったし、城島にとってはベストの選択肢だったかもしれないのでそのほうがよかったのかもしれない。あのWBC二連覇達成、という実績もメジャーに未練を置いていくことのない自分を発見する意味でも大きな役割を果たしたはずだ。

盛り上がる日本プロ野球界(試合を観戦している上では)、あの歓喜の中に自分も入りたい。ファンからもチームメイトからも必要とされる存在でありたい。苦い経験もしたが自分が培ったメジャーでの経験を今後益々発展するであろう日本プロ野球界へ伝えていく、という使命感もあったのだろう。城島の選択肢はメジャーで自分は現役を終える、と期待している日本人メジャーリーガーに少なからず影響を与えたはずだ!

故障者からのスタート

れにしても今年はどうしたのだろう? 日本人メジャーリーガーが故障者リストに名を連ねている。少なくなったとはいえこちらの野球ニュースを見る限り(ESPNのBaseball Tonight)どこかしらの球団で日本人の活躍ぶりを見ることができたのに寂しい限りだ。

やっぱりねぇ、緊張するんです。慣れない生活環境に、ある意味必要以上に期待されている分ストレスもたまるし、これでねぇ、語学に問題が無ければまだいいですけど、やっぱり英語でのコミュニケーションはリラックスできないでしょう。

こうした状況の中で無理をしながらメジャーの生活基盤へアジャストしていこうとするとどこかしら精神的にも肉体的にも疲労を抱えつつ頑張り続けるから、どこかで緊張が途切れたり思ったような成績を上げられなくて集中力が切れかけてしまったときに、ふっと疲れがどっと押し寄せてきて、油断した際には怪我をしてしまうんだと思います。

メジャーへ移籍していきなり数字を残す選手もいますけど、リトル松井のように2、3年のアジャスト期間を自分に設け(そんな呑気な構えではいられないかもしれませんが)ゆっくりと自分らしさを出していけばそれなりに数字はついてくると思います。

数字がでればチームにもファンにも受け入れられますから自分も居場所を見つけられる。それが安心感を与えリラックスにつながり、集中力が増す要因にもなる。大変なんです、異国で生活を始めることは! でも井川慶、そろそろ復帰してもらわないと!?

バッシングに合う

一死一、三塁からの三ゴロで岩村は併殺態勢に入ったが、滑り込んだ一走リーの脚をつかむように見えるプレーで一塁に送球できず、勝ち越し点を許し た。マドン監督は猛抗議したが、守備妨害はなし。ちなみに二塁塁審は一昨年のWBC、米国-日本戦での判定変更で物議を醸したデービッドソン審判員だった。

岩村は「あれは野球じゃない」と憤慨しながらも「あの後、2点取ると信じていた。体を張ったかいがあったかな」とほほ笑んだ。(共同)( 岩村、悪質スライディングに怒りあらわ!)

これは去年のことだけどそれだけ日本人メジャーリーガーに対する風当たりが強くなった証拠。無視されるよりは敵意むき出しにされても存在感を認められることはいいことだと思う。これもWBCで日本が二連覇を達成してしまった嫉妬感からきている!

メジャーリーグでプレーすることの意味

球をしてお金を得ているプロにとってメジャーリーグでプレーすることの意味はなんなのだろう? 日本野球がある程度通用することがわかってしまった今、契約の途中でも自分の存在感を求めて帰国してしまう選手が登場する今、巨人とヤンキースで活躍しながらもビジネスという感覚で扱われてしまう選手がいる今、メジャーでプレーし続ける意味とはなんであろうか?

もちろん、金銭的な理由もあるであろうし、単に野球の本場と言われるメジャーで挑戦し続けたい、という希望もあるであろう。WBCで二連覇を達成してしまった日本のプロ野球であるが、こちらはやはりメジャーである。打者のパワーも違うし野手の肩だって違う。

一番違うのはピッチャーのレベル。日本の球界にも素晴らしいピッチャーは存在するが別格的な存在は数えるほどだと思う。メジャーにはその別格レベルが多数存在するのだ! 彼らの球種はそれこそNastyだしWickedだ! 一癖も二癖もあるような球種を投げられ、時速150キロ以上は普通に出してくるピッチャーはとても魅力的! このような本場の、それも本気度満点のメジャーリーグ、ピッチャー相手では日本の強打者も手こずるのではないだろうか?

純粋に野球のレベル自体を追及するならばイチローがメジャーで挑戦し続けていることにヒントがあるのかもしれない。あれだけバッティング技術のある選手だ、メジャーでプレーしている理由にピッチャーの凄さ、他の野手の実力などを認め、その中に自分も居場所を求めるモチベーションが絶えずイチローの中で湧き上がっているのかもしれない。

イチロー、コンスタントに活躍する

イチロー、大リーグ2000本安打達成、【オークランド(米カリフォルニア州)=村上尚史】米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(35)=本名・鈴木一朗=は6日、当地のオークランド・コロシアムであったアスレチックス戦の1回の第1打席に右翼線二塁打を放ち、大リーグ通算2000安打を達成した。259人目。

イチローは今季大リーグ9年目で、10シーズンかからずに2000安打をマークしたのはメジャー史上初。1402試合目での到達は、大リーグが近代化した1900年以降では、20~40年代に活躍したアル・シモンズ(アスレチックスなど)の1390試合に次ぐ史上2番目の早さ。

イチローは昨季終了まで1805安打を放っており、今季195安打での大台到達となった。この日を含めた残り25試合で、大リーグ史上初となる「9年連続のシーズン200安打」に挑戦する。

イチローは、4月16日のエンゼルス戦で日米通算3086安打をマークし、張本勲の持つ通算最多安打の日本プロ野球記録(3085本)を更新している。

れも去年のお話ですけど相変わらず野球に対する姿勢は素晴らしいですし、何も支持しなくても数字を出し続けるイチローは本当に日本人の誇りであり、見習うべき点を示してくる頼もしい存在であります。

こちらの野球ニュースを見ている限り、イチローは完璧にこちら、メジャーリーグのアイコンになりましたね! 目立たないですけど、数字として全球団の打者の打率などを出すと必ずトップにイチローの名前がありますから、違和感がないというかすでに当たり前のような結果内容なんです。このことが与えている価値観って凄いんですけどわかります? ( イチロー選手に迫る「包囲網」 )

松井秀喜の戸惑い

井秀喜が最近元気がないように見えるのは僕だけでしょうか? シーズン序盤は調子が上がらないと言われている松井ですけどどうもそれだけではないような気がします。というのもヤンキースのときに観られたというか感じられたある種の覇気というものが松井から漂っているように感じられないんですね。うーん、やっぱりまだアナハイムに所属する自分を受け入れきれていないのでしょうか?

星稜高等学校で存在感を示し、読売ジャイアンツへ入団。その後巨人でも大きな存在感を確立してきた松井はメジャーリーグ名門中の名門、ヤンキースへ入団。このままヤンキースで野球人生を終えることができれば一つの伝説になっていたでしょうに、そのストーリー性は完璧そのものです。そこへ不本意ながらもアナハイムへの移籍。アナハイムも強豪チームとは言え、伝統もチームとしてのプライドもヤンキースに比べると貧弱なものです。

きっと遠征先へ行っての対応もヤンキースのそれと違うと感じ、ある種の戸惑いというか違和感みたいな拘りがもしかしたらまだ松井の中でくすぶっているのかもしれません。どこへ行ってもヤンキースは目立ちますから・・・

お客さん扱いされなくなった

っぱりWBCで日本が二連覇を達成してしまった時点で日本人プレーヤーに対する印象が変わってしまったんです。こちらでの感覚ですよ!

野茂から続いていた珍しい印象もすでに消え去り、一野球選手として扱われる。いい意味でも悪い意味でも、もしかしたらやっとスタートラインに立ったのかもしれません! ある意味日本からの移籍選手は通訳は尽くし、日本での実績も考慮されてか過保護にされすぎていました。移籍する選手も当たり前のようにその環境を受け入れていましたし・・・

これからはメジャーリーグへ本気で来たい奴だけが来る! 挑戦したい奴だけが来る、という場所へ変化していくでしょう。それでいいんだと思います。期待していたのに結果を出せずに帰国する選手も経験したメジャーリーグは日本人に対していい意味での冷静さを得たのかもしれませんし、逆に日本人に関して言えばメジャーリーグで生き残っていくためには並大抵の努力じゃダメだ、ということも広まった感があるのでいいかもしれません。

打って、守って、走れて、という三拍子に拘った松井の姿勢は素晴らしいですし、その拘りが自分の中に宿っている限りどこへ行っても、環境が違っても野球をし続ける価値は充分にあると思います。長くは無い選手生命、引退して振り返ったときにきっと挑戦し続けた自分に感謝している自分を発見するのでは・・・

サッカー界で現役に拘るカズ(三浦知良)も90分間、試合に出場することが目標であり、チームが強いモチベーションを持って上に這い上がろうとしていて、尚且つそのようなチームから自分が必要とされるのであればどこへでも行ってプレーし続ける、と言っていますよね!

この姿勢がすべてだと思います。


, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes