日本語環境だから大丈夫? これからの国際競争

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Empower Yourself

日本語環境だから大丈夫? これからの国際競争

年初めに行われたオバマ大統領一般教書演説の中で特に印象に残っていた部分は、教育改革の必要性を訴えていた箇所。アメリカが世界に影響を及ぼした輝かしい功績に自惚れていた過去から、努力を怠ってドル崩壊か、とまで言われる現在に至るまで、特に数学や科学を重視する教育分野での反省を認めてまたやり直してゆこう、アメリカは再び立ち上がることができるのだ、という希望をアメリカ人一般に印象付けたと思う。

ニューヨーク・タイムズに今年(2011)初めに行われたオバマ大統領一般教書演説の動画がスクリプトと共に上がっているので興味のある方はどうぞご覧になってください! 良くできていていつも感心するんだけど、オバマ大統領が話した内容のトピックごとにセクションが分かれていて、興味のあるトピックにクリック一つでその場所まで飛んでくれる。

最初15分は「An Argument for American Innovation」と「Improvements in Education」となっておりこれからのアメリカの意気込みを感じることができる内容。トップがこれだけ危機感を持ってアメリカ国民に訴えるんだから説得力あるでしょう! 羨ましい想いが込み上げてきたのも確かです。

Obama’s State of the Union Speech

アメリカ衰退の原因

い洞察力をもって鋭くピンポイントで問題提起してくるトーマス・フリードマン氏のコラムから引用。アメリカで起こったことは必ず日本でも起こる、いやすでに起こっているのかもしれない! アメリカという単語を日本という単語に置き換えるてみるといい。日本は日本語経済環境で良くも悪くも守られているから、というのは聞き飽きた!

Our education failure is the largest contributing factor to the decline of the American worker’s global competitiveness, particularly at the middle and bottom ranges,” argued Martin, a former global executive with PepsiCo and Kraft Europe and now an international investor. “This loss of competitiveness has weakened the American worker’s production of wealth, precisely when technology brought global competition much closer to home.

So over a decade, American workers have maintained their standard of living by borrowing and overconsuming vis-à-vis their real income. When the Great Recession wiped out all the credit and asset bubbles that made that overconsumption possible, it left too many American workers not only deeper in debt than ever, but out of a job and lacking the skills to compete globally.” ( The New Untouchables )

The New Untouchables

That is the key to understanding our full education challenge today. Those who are waiting for this recession to end so someone can again hand them work could have a long wait.

Those with the imagination to make themselves untouchables — to invent smarter ways to do old jobs, energy-saving ways to provide new services, new ways to attract old customers or new ways to combine existing technologies — will thrive. Therefore, we not only need a higher percentage of our kids graduating from high school and college — more education — but we need more of them with the right education. ( The New Untouchables )

のリセッションの終焉を待つだけの人、他人に頼るだけの人はこれ以降も単純な労働作業しか与えられない、自分の仕事を誰かが与えてくれるまで、自分の順番が回ってくるまで長い間待つことを覚悟せねばならない。

一方社会的な問題点、人々が欲している需要、不便さとか改良点とか、ニーズに気付かせてあげる、ニーズを自分で創造していく、イマジネーション、クリエイティビティー、創造力・・・こういった提案型のサービス、一種の営業だと思うが、をマーケットへとサービス展開できる個人は強い!

Easily Substitutable

なたの仕事は安価なコンピューターソフトウェア、24時間週7日365日稼働のロボット、労働賃金の安い発展途上国労働者に置き換えられてしまうだろうか? この3つの特徴は仕事をこなしていく上でのスピード感(速い)、コスト面(安い)、そして大概自分たちよりも優秀(Credibility)だということ! 今までは読み書き計算ができればよかったけど、これからは更に起業家精神、イノベーション、創造力を身につける必要性が一人一人の個人に課せられている。

As the Harvard University labor expert Lawrence Katz explains it: “If you think about the labor market today, the top half of the college market, those with the high-end analytical and problem-solving skills who can compete on the world market or game the financial system or deal with new government regulations, have done great.

But the bottom half of the top, those engineers and programmers working on more routine tasks and not actively engaged in developing new ideas or recombining existing technologies or thinking about what new customers want, have done poorly. They’ve been much more exposed to global competitors that make them easily substitutable.”

Those at the high end of the bottom half — high school grads in construction or manufacturing — have been clobbered by global competition and immigration, added Katz. “But those who have some interpersonal skills — the salesperson who can deal with customers face to face or the home contractor who can help you redesign your kitchen without going to an architect — have done well.

Just being an average accountant, lawyer, contractor or assembly-line worker is not the ticket it used to be. As Daniel Pink, the author of “A Whole New Mind,” puts it: In a world in which more and more average work can be done by a computer, robot or talented foreigner faster, cheaper “and just as well,” vanilla doesn’t cut it anymore.

It’s all about what chocolate sauce, whipped cream and cherry you can put on top. So our schools have a doubly hard task now — not just improving reading, writing and arithmetic but entrepreneurship, innovation and creativity.( The New Untouchables )

日本語環境だから大丈夫?

“It will take time for this new playing field and the new business practices to be fully aligned. It’s a work in progress. But here’s a little warning. It is happening much faster than you think, and it is happening globally.

界的SNS標準のフェイスブックが日本でも企業を巻き込んで社会に浸透し始めている。他にテクノロジー関係の技術分野で社会的発展、経済的貢献に役立ちそうなものは何かといえば、タブレット、位置情報、リアルタイム検索、Chrome OS、HTML 5、モバイルビデオ、拡張現実(Augmented Reality, AR)、モバイルトランザクション、Android、ソーシャルCRMであろう。

これら10個のキーワードに絡んで自ら起業家精神、イノベーション、創造力を発揮できるようにエンパワーしていく。アメリカなど英語経済圏で業界スタンダードとなったサービスなどが日本語経済圏へ浸透してくるまでのタイムラグはほとんどなくなってきている。

注意! これらのキーワードに関わることなくとも生きていけるであろう。起業家精神などクソくれぇー、イノベーションだぁ、創造力だぁ、という声にも耳をふさぐことできるであろう。しかし普通に生きていけるレベルというのがどういうものなのか、しっかりと観察する必要はある・・・かなぁ?

ファイナンシャルリタラシー

ル崩壊危機、中国国内不動産バブル発生危機、欧州経済圏波状危機、日本国債暴落危機、中東地域独裁国家転覆危機などが引き金となって今世界で懸念されているのが戦争が起きるのではないかということ。投資マネーはすでにそのことを織り込んで各自ポジション取りに疾走している。原油価格は確実に上がっていく・・・物価は値上がりする。水や食糧の確保を途上国経済圏とも競争しなくてはいけなくなってくる・・・すべての物価は値上がりする。

日本社会にはまだ「金、金、金と金の話しばかりするな!」という風潮が残っている。それも一種の美徳だが生活の糧がなくては自分の思想すら展開することができない。公の場では他人の話を聞くことに徹して、自分の財政的足元をしっかり固めてゆく。過去と違って今は、そしてこれからも、情報化社会だから「知らなかった!」では自分の無知さを嘆くばかりになってしまう。敗者復活戦もあるだろうが「準備をしていた者にしかチャンスは訪れない!」ということを肝に銘じたいと思う。

産業化社会

ナログの時代は試行錯誤している時間的余裕、経験を積んでいくまでの時間的余裕などを社会が許容していたように感じる。自分を有利な立場へと導いてくれる情報も他人に知られることなく蓄積、確保できる期間は何十年、何百年にもわたった。既得権益を手放したくない輩はこれからも今までと同じ状況がずっと過去数十年と続いてきたように変わらないでくれー、と駄々をこねている。もう無理だ!

Globalization 1.0 – started when Columbus set sail in 1492, essentially opening trade between the Old World and the New World, and ended around 1800. An era characterized by the production and distribution of economic, physical and political power.

Globalization 2.0 – from 1800 to 2000, in which the world shrinks from medium size to small, with the driving force of global integration being the multinational companies which targeted global markets and labor.(フラット化する世界参照)

Empower Yourself

Globalization 3.0 – the stage we’re supposedly in now, a 21st century shrinking of the small world to a tiny place, flattening the playing field and characterized by the newfound power of individuals to collaborate and compete globally.

Individuals must, and can, now ask, where do I fit into the global competition and opportunities of the day, and how can I on my own, collaborate with others globally? [I have a simple solution.] globalization…has simultaneously wired the world into networks; it gives more power to individuals to influence both markets and nation-states than at any other time in history. globalization can be an incredible force-multiplier for individuals. Individuals can increasingly act on the world stage directly.(フラット化する世界参照)

人がテクノロジーを利用してエンパワーしてゆく。その方法を知っている個人はマーケット上では有利に展開できる。自分のアンテナを磨き続ける所以はここにある。ファイナンシャルリタラシー、お金の動きを読み取って自分を財政的有利に展開させる能力も必要だが、ウェブリタラシー、インターネット上で自分が何かをしたいと思ったときすぐにウェブテクノロジーを利用して自分を行動経済学的有利に展開させる能力も必要であろう。

脱ガラパゴス化

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , , , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes