自転車ツアー、ハドソンリバー

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Henry Hudson Dr

自転車ツアー、ハドソンリバー

ンリー・ハドソン・ドライブ。独立記念日の日は、ゆっくり御家でくつろぎ、その月曜日の振り替え休日、今度はニュージャージー州へと向かうことにしました。去年、ジョージ・ワシントン・ブリッジを渡ったところまで行ったので、今年はその先を目指すぞ、と。( 自転車ツアー、ジョージ・ワシントン・ブリッジ )

ツール・ド・フランスに出場している選手たちのように長距離の遠出をしたかったんですけど自分の年齢と体力を考え、少しはお利口さんになったおじさんは地下鉄でマンハッタンまで自転車の担いでジョージ・ワシントン・ブリッジまで行くことにしたのです。

この日も暑かったです、地下鉄の駅を降り、ジョージ・ワシントン・ブリッジへと向かいます。この橋、やっぱりでかいというか、高いところを通過するんです。もう高所恐怖症の僕は右側通行なんで通りより内側を走っているにも関わらず、視界の左に入ってくる遥か下の景色にビビりながら、ペダルをこいでいきます。途中止まって景色を眺めたんですけど恐怖が支配していて楽しめるどころかそんな余裕は全くなかったです(マジ、コワッ!)。

対岸へ近づき丘の上の公園(Fort Lee Historic Park)を見届け、今年はそのままヘンリー・ハドソン・ドライブ(Henry Hudson Dr)へ続く道を目指します。ニュージャージ州この辺りはハドソン川沿いに小高い丘が続いていて、ヘンリー・ハドソン・ドライブはその丘中腹辺りを走り抜けています。

入り口を見つけ楽しみにしていたヘンリー・ハドソン・ドライブ、なんかバイパスのような感じで木々の中を道は抜けていきます。そしてジョージ・ワシントン・ブリッジの下をくぐり、さらに北上、今日はどこまでたどり着くことができるのでしょうか?

George Washington Bridge from Henry Hudson Dr George Washington Bridge from Henry Hudson Dr

数々のピクニックエリア

ずたどり着いたのがパラセイズ・インターステイツ・パーク(Palisades Interstate Park)の一つ、Englewood Picnic Areaというところ。ちょっとしたピクニックエリアになっていて独立記念日振り替え休日ということもあり、あちこちでバーベキューをしています。他にはヨットなどが停泊してちょっとしたシーポートでしょうか?

この中にヘンリー・ハドソン・ドライブ沿いの地図があったので今日の目的地を決めました。遠いいいけどヘンリー・ハドソン・ドライブの終わりの方にあるAlpine Picnic Areaまで頑張っていくことにしました。対岸でいったらブロンクスより北、ヨンカーズ(Yonkers)辺りまで北上することになります。

気がついたんですけどやっぱりオフロードの自転車じゃないと遠出はきついですね(当たり前か)。マウンテン・バイクじゃ重くて重くて体力を消耗しました。

起伏の激しかったヘンリー・ハドソン・ドライブ、目的地のAlpine Picnic Areaに着いたときにはヘトヘトでした。調度この時期アメリカ東部は猛暑に襲われていて、僕も寝苦しい夜、扇風機に当たりながら寝ていたんです。見事に鼻風邪をひき、この日も口で息をしながらの走行。汗ダクダクになりながらゼィゼィと息をしながらペダルをこぐんですけど、なにせ鼻は詰まっていて息ができませんから余計に辛かったです。下を見ると鼻水がたれてくるし・・・

後ヘンリー・ハドソン・ドライブを自転車で通るときにはヘルメットの着用がルールになっています。見事に知らなかった僕は運悪く、行きの途中で覆面に呼び止められ何年かぶりにチケットを貰いました。LAでJaywalkしてチケット貰ったとき以来の車以外でのチケットゲット!

運転免許証を見せポリスに「お前、クイーンズから来たのか?」なんて驚かれどこまで行くんだと聞かれた後、汗だくになってバテ気味の人相に呆れ果てたのか「気温がまだまだ高くなるから無茶するなよ」と言われリリースされました。

Alpine Picnic Area、遠いかったです。ジョージ・ワシントン・ブリッジなんてとっくに見えなくなっていましたから相当上まで来てしまったんだなぁ、といまさらながらちょっと後悔。頑張ってジョージ・ワシントン・ブリッジの麓まで戻らなければ帰れない、ということで少しの休憩の後、再びヘンリー・ハドソン・ドライブを戻ることにしました。

起伏が激しいことはすでに書きましたが体力がなくなっている上、ちょっとした登り坂でも自転車を降りて押しながら歩いて、口だけで息をしながら進んでいます。そうするとですね、やっぱり聞かれるんですね、道を! (  僕もよく道を聞かれるんです  )

登り道、自転車を押しながらテクテク歩いていると、車がゆっくり近づいてきて僕に質問です。「この先のピクニックだけど駐車場はあるのかしら?」、と! 僕はゼイゼイと息を切らしながら口でしか息ができないところ尚且つ頑張って答えてあげました、「Yeah, maybe」と! たった今自分が居た場所から戻ってきたのに親切に教える余裕もなく、俺に、俺に、今の俺に話しかけるなぁ、とばかりに愛想笑いもできないままやり過ごしました。鼻で、鼻で息ができない!

漸くジョージ・ワシントン・ブリッジの麓にあるRoss Dock Picnic Areaまで戻ってきてここで1時間ぐらい休憩を取ることに。公園内のベンチに座ると汗が再び全身から噴出してきて、こりゃ痩せるぞ、なんてへんな期待をしながら体力が回復するのを待ち、スタミナが戻ったのを見計らって再び自転車をこぎ、ジョージ・ワシントン・ブリッジを引き返して無事地下鉄を使って我が家へ辿りつきました。走行距離、この日も約40キロです。

マウンテンバイク専用エリア発見

て、今度はどこへ行きましょうか? プロスペクト・パークへ行ってもいいし、セントラル・パークもまだ自転車で通っていません。マンハッタン内にはマウンテンバイク専用のオフロードの場所があることもわかりました。体力、気力があれば挑戦してみます!

Henry Hudson Dr

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes