頑張れ新庄剛志!古巣の阪神タイガースは優勝したぞ


新庄剛志

頑張れ新庄剛志!古巣の阪神タイガースは優勝したぞ

年の新庄はやはり彼の実力にあった場所へ配置転換となってしまった。いわゆるマイナーリーグ行きを宣告されたのだ。だいたい、アメリカに来たときから思っていたが彼にはメジャーリーグでプレーするレベルの選手ではない。イチローがきたときにその物珍しさついでに新庄も見事海外デビューをするわけだが彼の本当の実力をしらないアメリカの各球団は、とんだ勘違いをしていた。

しかし、ほんとうの姿を現すまでには時間はかからなかった。野球に対する態度がイチローや松井秀喜に比べ貧弱。情熱とか真剣さが周囲の首脳陣やマスメディアに伝わらない。アメリカで野球といえば国技である。だれもが憧れる野球選手。そんな存在にただラッキーだけでその資格を得てしまった新庄は一部の野球ファンから顰蹙を買ってもしょうがないだろう。

やっぱりアメリカ社会をなめたらいけない。ほんとうにすごい奴、トップで頑張っている奴。メジャーに限らず普段の日常生活の中でもそれらの人々は、分野こそ違うがみんな非常に努力している。そうやってチャンスをつかんでいる連中に対して、新庄は何をしてきたのだろう。ましてや新庄は日本からやってきたお客さんである。アメリカの社会に入って認めてもらうにはそれらの人々以上に努力しなくてはいけないはずである。人は簡単には認めてくれない。

新庄よ、ほんとうに野球が好きだったらアメリカ人以上に努力せよ。格好を気にするのもいいが、そんなものを気にしているようでは周りの人間は決して認めない。外見のスタイルではなく中身の、新庄剛志という人間の野球に対するスタイル、接し方に人々は感動する。

外見をスターのように着飾ってちやほやされているようではまるで裸の王様ではないか。ちやほやしている人間は日本のメディアだけではないだろうか? もう一度よく考えてほしい。新庄は人々に感動を与えることのできる職業についているのだ。この意味が分かっているのだろうか。野茂英雄を見ろ! 彼は英語はそんなにできるほうではないが、見事にアメリカ社会に受け入れられている。メジャーリーグの世界で他の選手が野茂の実力を認めている。

英語がそんなにできなくても野球というスポーツで人々に感動を与えることができるだけで野茂は尊敬されてしまう。これは別に大げさに言っているわけでは決してない。まだ野茂がアメリカに来たばっかりのときを思い出す。

野茂がメジャーリーグに挑戦し始めた前の年は、メジャーリーグ各選手がストライキをシーズン途中の終わり際で起こし、なんとその年にはワールドシリーズが行われなかったのである。ファンを馬鹿にした行為ととられた選手たちの地位は落ちていた。

そして年が明け、メジャーリーグの世界には一人の日本から来た野球選手の存在があった。彼の投球ホームは独特でまるで竜巻を起こすように投げることから「トルネード投法」と名づけられる。しかし彼の実力はアメリカ人の想像を上回っていた。

毎試合ピッチャーとしてマウンドに上がるたびに築く三振の山。見慣れないフォークボールを武器に面白いように三振を本場メジャーリーグの選手から取っていく「ドクターK」。その活躍のお陰で彼はMLBオールスターゲームでのナショナルリーグ代表として先発を務めたのだ。このときの様子はいまでもはっきり覚えている。テレビの画面をみていて彼が紹介されたとき思わず泣きそうになってしまった自分。

これが野茂のメジャーリーグ一年目の様子だ。年俸を上げてほしい選手たちの意向で行ったストライキだが、そんな金の亡者になった選手たちにファンは愛想を尽かしていた。そこへ日本からただ単に野球が好きでメジャーリーグに挑戦してきた野茂が現れたのである。そんな野茂の姿勢はファンを裏切った金の亡者たちよりも指示を受けたのだった。だから一年目にしてMLBオールスターゲームの舞台でマウンドに上がることができたのだろう。

あの時はどんだけ野茂のお陰でロサンゼルスが日本人にとって住みやすくなったことか。道を車で走っていると大きなロサンゼルス・ドジャース選手の看板が目に付く。4人いる内のひとりに野茂英雄が映っている。一緒にマイク・ピアッツァもいる。あの野茂の一年目のプレーを見て、日本人としてのプライドや誇りを満たしてもらった日本人は多いはず。

よくテレビのニュースでは街角に映し出される大型スクリーンを食い入るように見ている通りがかりの人を見たものだ。新庄剛志よ! もう一度言おう! 君は人々に感動を与えることのできる位置にいるのだ。アメリカで生活している日本人に対して勇気や希望を与えることができるのだ。その意味はとてつもなく大きい。

来年は安易に噂されているように日本へ帰国して、読売ジャイアンツに入団しても良し。このままマイナーリーグでまた一年過ごしても良し。しかし時間がかかってもメジャーリーグに復帰することを選び、日々努力を積み重ね、その結果メジャーリーグにまた戻ってくるときアメリカ社会はきちんと新庄のそれまでの過程を評価してくれるはず。

その点に関してはとてもフェアな社会である。日本人からも尊敬され、アメリカ人からも尊敬される姿をみるのは悪くない。イチローと話したがっている他のメジャーリーグの選手たちの話を聞いたとき、ちょっと嬉しくなったものだ。ヤンキースの松井秀喜はその存在になろうと今努力し始めている。

頑張れ、新庄! 君はやるのか? 男は決めるんだ! 決めたらやるんだ! やるなら勝つんだ! 男、現阪神タイガース監督、星野仙一の言葉だ。星野監督が胴上げされたことが一番嬉しい。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes