2006年日本プロ野球界を振り返る、ワールド・ベースボール・クラシックでの優勝


2006年日本プロ野球界を振り返る、ワールド・ベースボール・クラシックでの優勝

こで日本が優勝するとはほとんどの人は思っていなかっただろう。イチロー選手以外は? 今思えば、ワールド・ベースボール・クラシックを通じて自分はアメリカのメジャーリーグでもやれる、と思った選手と自分はまだまだだなぁ、と感じた選手が存在したであろう。来年のメジャーリーグでの開幕スタメン入りを目指す選手は今年よりも増えることになる。

だが一つ言っておこう。ワールド・ベースボール・クラシックは短期決戦だった。チームメイトも日本語が当たり前のように通じる日本人同士だし、気心も知れている。しかし、メジャーリーグで一旦戦いが始まるとそれは過酷なものになる。

長期移動の連続、慣れないアメリカ生活、英語でのコミュニケーションなど新しい環境にフィットするために精神的にも肉体的にもタフさと知性が要求される。ワールド・ベースボール・クラシックでは感じることの出来なかった本当のメジャーリーグの凄さを体験することになる。

ちなみにワールド・ベースボール・クラシックは今後も続くのかなぁ? ちょっと疑問。夏季オリンピックからも外されるみたいだし、アメリカのメジャーリーグが人気、実力共にナンバーワンだ、というコンセンサスが出来上がっている中、ワールド・ベースボール・クラシックのような国別対抗はサッカーの FIFA ワールドカップと比べると貧弱。

ベースボールが世界中で行われているスポーツでないことが大きな原因と思われるが、その狭い参加国の中でどのように大会を盛り上げ、参加する国の選手はじめ国民がものすごく期待するような雰囲気を作り上げるにはある程度の時間が必要だろう。

メジャーリーグの選手が本気で参加してくれるといいんだけど、今回のようにメジャーリーグ開幕前ということだと、ワールド・ベースボール・クラシックよりメジャーリーグを優先する選手は減らないと思われる。

特にメジャーリーグでの成績は直接自分の生活に跳ね返ってくるので貧しい国から来ている選手にはそれこそ死活問題。今度の開催は確か2、3年後? アメリカは本気でやるそうなので、その大会で今後の方向性が見えてきそう。

全国高等学校野球選手権大会でのすごい決勝戦

これは久しぶりに見た筋書きのないドラマであった。

早稲田実業との決勝戦はリリーフで 3 回途中から延長 15 回まで 1 失点と好投したが、早稲田実業の斎藤佑樹も 15 回を完投し 7 安打 1 失点で試合は 1-1 の引き分け。 37 年ぶりの決勝再試合となった。

翌日の試合でも 1 回途中からリリーフしたが 3-4 で敗れた。駒苫の最後のバッターは田中で、斎藤に三振で打ち取られた。斎藤 vs 田中の熱戦は甲子園のみならず 2006 年のスポーツを象徴する名場面となった。(ウィキペディア参照)

校野球は日本独特の文化の一つであろう。でも今後も高校野球は残るかというとちょっと? マークがつくけど。しかし近い将来、日本の中学を卒業した生徒の中から日本の高校へは行かないで、アメリカの高校へ進学する生徒が出てくるかもしれない。

その目的はずばり、早い年齢からメジャーリーグに直接挑戦する、という選択肢。規則の厳しい日本の野球界から飛び出し、多分物凄 ― く大変だと思うが将来そのような選択を試みる若い選手はきっと出てくることであろう。

松坂大輔選手も高校野球で注目を集めた。今年の夏の甲子園でのあの二人は今後どのような道を歩むことになるのだろうか? さわやかであったあの2人。試合終了後一人は笑顔で、一人は涙をこらえきれず、というのがとても印象に残っている。

その後のアメリカ遠征でそれぞれ何を感じたのだろう? 斎藤佑樹選手は大学( 早稲田大学教育学部 )、田中将大選手はプロ( 東北楽天ゴールデンイーグルス)へ。松坂大輔選手が作ってきた道のりは後輩達に勇気を残したといってよい。二人の今後は注目するに値する。

イチローの個人的な挑戦

のワールド・ベースボール・クラシックで示したイチローの愛国心と日本人としての誇りは海外で真剣に生きているものが自然に身につける日本への愛、日本人としての誇りである。海外で真剣に生きてこそ芽生える “ オレは日本人だという精神 ” は同じ海外で暮らす多くの日本人に対していい意味での精神的規律を即すものだと思う。

低迷するチームで見せる、プロとしてあきらめない姿勢は年俸の額で多くの選手が移籍する態度と比べると地元ファンはじめ多くの野球ファンにとってはピュアに映るのかもしれない。でも将来的にイチロー選手が強いチームへ移籍する可能性はないのだろうか?

メジャーリーグで頑張る日本人メジャーリーガー

島健司選手は一年目を終えどのように自分を振り返っているのであろう? キャッチャーとしての信頼をどのように築いていくのだろうか? 井口資仁選手は2年目をどのように振り返るのか? 最初の年のラッキーなワールドシリーズ優勝というのとはまた違った一年であったが、きっと自分なりに収穫の多い一年であったと思われる。

イチロー選手やニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手に比べるとそんなに目立つ存在ではないが、アメリカでの井口資仁選手の評価は高い。松井稼頭央選手はやっとアメリカ生活になれたのだろうか? 超過保護に作られたニューヨーク・メッツとの契約内容ははっきり言って他のマイナーリーグから這い上がってきた選手を馬鹿にしている。

あれでは松井稼頭央一人だけ、ブーイングをファンから食らっても仕方がないと思われた。来年もコロラド・ロッキーズでやることに決まったらしいが、ニューヨーク・メッツの多くのファンが後悔するような活躍を是非、見せ付けてほしい。日本での名声などでうぬぼれるな!

日本プロ野球界のこれからの運命

っと将来的に日本のプロ野球は現在の中南米のようになるであろう。べネゼイラ、ドミニカ、メキシコ、キューバ、プエルトリコなどから来ているメジャーリーグの選手は多い。それぞれの国内でそれぞれのリーグは存在するであろうが、その中から特出した選手はやはりメジャーリーグを目指す。

シンプルにカネを稼げるというのも貧しい国の出身の選手にはあるだろう。しかし本場のメジャーリーグで自分の実力を試したいという思いと、自分が活躍することで本国の国民に誇りと勇気を与えたい、と感じている選手も多数だと思われる。

日本プロ野球も今後はメジャーリーグにいくための一つのステップという位置づけに堕ちてしまうかもしれないが、日本国民、日本全体で考えればいい事なのかもしれない。これから来るであろう日本人選手、松坂大輔、岩村明憲、井川慶と皆ポスティングシステム(入札制度)を活用している。

このシステムのお陰で選手はフリーエージェント( FA )を待たずにメジャーリーグに挑戦できる。つまり自分がまだ若いうちにということだが日本の野球ファンにしてみれば、残念であろうが、選手としてはやはり早いうちから挑戦したいのが本音だろう。

それにしても松坂大輔選手のメジャーリーグ移籍は本当に嬉しい。仮に交渉権を得たボストン・レッドソックスと契約が決まった場合にはニューヨーク・ヤンキースにとって大きな威嚇となるが、あんまりニューヨーク・ヤンキースばかり一流の選手が揃うのも面白みに欠けるからいいことなのかもしれない。

ボストン・レッドソックスは第2のペドロ・マルティネスを育てるつもりだろう。松坂大輔の日本での記録を見ても西武ライオンズから他の球団へ移った歴史はない。このことは松坂大輔がボストン・レッドソックスのために長期で活躍してくれるのではないか、と見込んでのことである。

イチロー選手が長期契約を交わしてシアトル・マリナーズにもたらしている利益を考えれば、今回の莫大な投資は納得のいくもの。ちょっと悔しいが、ボストン・レッドソックスでの健闘を心から祈っている。

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes