2002 FIFAワールドカップグループリーグ、日本対ベルギー代表


2002 FIFA WORLD CUP JAPAN vs BELGIUM

2002 FIFAワールドカップグループリーグ、日本対ベルギー代表

ヤー、はっきり言って勝てた試合。非常に残念。勝ち点3がほしかった。これで日曜日のロシアとの試合が非常に重要になってくる。明日の試合でロシアが負けるとは思わないし、ロシアが勝って勢いがついてしまったら日本は勝ちを取りにいかなければならなくなるので苦しくなることが予想される。今日の試合は勝てた。

前半はどうなることかと思ってみていたが、やはり緊張したのだろう。プレッシャーとかもすごかったと思う。とりあえず、0-0で抑えたのがよかった。日本の中盤はボール回しができていなかった。ディフェンスも中盤でボールを取られるのを恐れてか、単調にロングボールを前線に入れていただけだった。これでは中田のプレーが活きてこない。両チームともガチガチに緊張していたが、ベルギーの方に余裕がいくらかあったように見えた。

後半に1点先行されたときは、早々と負けると思ってしまった。だがその失点の2分後に小野からの縦パス一本を鈴木がよく粘って得点してくれた。ここが日本の成長したところ。先行されても点が取れるチームになったことは大きい。

そして、稲本の素晴らしいゴールが生まれる。中盤の高い位置でボールを奪った日本はすぐに速攻へ移る。ボールをもらった後の稲本は非常に落ち着いていた。ディフェンスとも当たり負けせずに、キーパーと1対1になっても落ち着いていた。この1点は大きかった。僕はこれで絶対にいける、と思った。ベルギー戦で勝ち点3。とても大きなポイントで日本は有利になるはずだったのだが・・・

盛岡の交代の後での失点。オフサイドトラップをかけにいったところを2列目からの選手にぬけられ、簡単に同点に追いつかれてしまった。非常に残念な失点だった。三都主を入れ、森島を入れて、まさかの盛岡の負傷による交代。トルシエも予想外の展開に悔しい思いをしているに違いない。肝心なところでの、盛岡の交代は本当にいたかった。

ちょっと気になったのはボランチの戸田のプレー。ところどころでの厳しいチャージ-はイエローをもらいに行くようなもの。必要なのはわかるが簡単に行き過ぎのように感じた。プレーも雑だし、よく2枚目のイエローをもらわなかったと思う。イエローを2枚貰って退場になってもおかしくないようなファウルをしていた。戸田のプレーが雑で、稲本のようにボールを持った後に余裕がない。

小野も軽率なプレーが多かった。シンプルにしようとしたのか、簡単に相手に中盤のボールを渡していた場面が多かった。パスミスも多く小野らしくなかった。だから交代させられたのだろう。両サイドの小野と市川が、もう少しボールをキープするなり丁寧に中盤を支配しないと、ディフェンスは高めの位置でボールを取られることを恐れて単純に前線へのロングボールを蹴るだけとなってしまう。松田の前線へのフィードには正確さが全くない。

トルシエとしては、後半の30分頃から疲れの見え始めた柳沢に替えて、西沢か中田のワントップを考えていたに違いない。明らかに後半の30分過ぎたあたりから、ベルギー選手の足が止まり始めた。中盤でもう少しボール回しができていれば。初戦で緊張していたのだろう。ベルギーはやっぱり強かった。セットプレーになると、本当にひやひやした。日本はよく2点に抑えた。決定的なチャンスは明らかにベルギーの方が多かったから。

点を取るプレッシャーからは開放された。後はワールドカップでの初勝利。ロシアとの試合はどうなるのだろう。きっと今日戦ったベルギーよりもロシアの方が強いと思う。初戦の緊張とプレッシャーからは開放されると思うが、勝たなくてはいけない試合になるので日本にとっては厳しい試合になると思う。FWは鈴木と柳沢で行けそう。鈴木は今日の得点でかなりほっとしたに違いない。ロシアの試合ではもっと力を出してほしい。

中盤の小野、市川、稲本、戸田は中田を中心にしてもっと話し合うべき。今日の試合のように中盤が機能しないと、ベルギーのようにフィジカルの強いロシアチームに精神的に恐れをなしてしまう。チーム全体に不安を与えてしまう。いくら中田でも一人では戦えない。後、楢崎の顔つきが気に入らない。不安と緊張が顔に出てしまっている。もっと試合に出るのなら自信を持ってプレーに望んでほしい。彼の顔つきは失点を恐れている。

ロシアとの試合。本当に難しいところ。ボランチの戸田と稲本はイエローを1枚ずつ貰った。この次のロシアとの試合でもイエローを貰ってしまったら、どうしてもチュニジアとの試合で勝たなくてはいけなくなった場合にどうするのだろう。選手ひとりひとりは今日の試合から次のロシアの試合に向けて、何が足りなかったのか、どこを修正する必要があるのか、どこの部分は通用していたとか、充分にわかっているはず。

ロシアとの試合で勝てれば、日本はベスト8まで行ける。だが、負けたら1次リーグでおしまい。社会に与える影響も大きい。ベスト8までいけば、日本国民に勇気と自信を与えてくれるが、1次リーグで終わってしまったら日本国民全部が、やはり俺達はアジア人だから所詮欧米諸国よりは劣るよな、みたいに仲間内で慰めあってしまうだろう。

チケット・空席問題

しは変わってチケット問題。日本代表の試合であるにもかかわらず、空席がところどころにあった。この問題は大きい。日本はいつもそうだがなにか緊急事態が起こったときの的確な対処の仕方が非常に遅い。だれも俺の責任じゃないよーみたいな態度をとっている。最悪の場合はトラブルを巡って死者が出ることだが、傷害事件がおこってもおかしくない状況になってきた。そしてこういう事件が起こってから初めて事の重大さに気づく責任者達。

海外からみていると直接は自分に不快感を与えないので腹は立たないが、ばかばかしいといつも思ってしまう。こういう時の日本の弱者は、責任者達に向かって戦う武器をもっていない。暴力的になっても何も解決はしない。やはり頭を使って戦うしかないが日本の弱者は、自分で考えて行動することができないので、この様な不幸は当分続くだろう。

,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes