2006 FIFAワールドカップ日本代表3戦を振り返る


2006FIFAワールドカップ日本代表

2006 FIFAワールドカップ日本代表3戦を振り返る

本 1-3 オーストラリア(得点: 中村俊輔)。たくさんの批判の記事、たくさんの中傷的な記事。確かに昨日の日本代表の戦い方を見ているとそのように書かれても致し方がないかなぁ、と思うほど観ている側が失望した試合もないであろう。

気持ちが乗ってこない、気持ちが入っていないと見ている側が感じるような試合は過去、これまで何度も見せられてきたサポーターにとって、昨日の終盤1-0からの逆転負け、それも3失点は選手、スタッフ、監督、協会関係者、サポーターすべてを含めて精神的にショックだったに違いない。

僕自身、終わったあと中々頭の中を整理することができず、一日たってやっと自分の気持ちをまとめることができる段階にまできた感じだ。戦っている選手たちの気持ちの切り替えが上手く言っているか、気になる。

オーストラリアはすべてにおいて勝ちたいという気持ちが日本のそれより優っていたと思う。そのポイントごとの個人の1対1で負けないぞ、という気迫。フース・ヒディンク監督自ら次々と交代枠を使って攻めの一手を投入してくる戦う姿勢。これがオーストラリアの選手に伝わった。

日本はオーストラリアのボディー・ブローをよく絶えていたが、同点にされた時点で足がふらつき、勝ち越しの2点目、3点目が入ると一気に崩れていってしまった。技術的な問題はプロなんだからそれは個人が背負う責任であり、ミスをしようがその痛さは本人が一番良く知っているはずである。

ただ、納得がいかないのが日本選手に気持ちが入っていたか? というところが気になってしょうがない。過去、何度もサッカー日本代表の試合を見てきたがその度に見ている側に勇気を与えるような試合内容に感謝とともに熱いものを感じてきた。

この勇気、というのは海外で暮らすものにとってはかけがえのないもので今の日本社会から勇気を与えてくれるもの、といったら日本代表の試合以外には感じるものがないぐらいサッカー日本代表は特別であった。

しかし、残念ながら昨日の試合では監督の采配ミスもあろう、だが、それより以前に選手たち個々から戦う気持ちが感じられなかったのである。感情をむき出しにするような闘志溢れる選手は今回の選出では見当たらない。みんな冷静だが、その冷静さがときに感情のうろたえを隠すための無感情、無表情に見えてならない。

中田英寿選手の言葉を出した意味がわかっていただけるだろうか? 技術うんぬん、試合内容うんぬん。その前に選手個人の戦うぞー、という気持ちの問題である。草食動物のような集団。タレントが揃っていながらも精神的に戦えない集団。

残り2試合の結果次第で、もしかしたら日本教育、政治問題から直していかないといけない、というところまで問題が大きくなる予感がする。書きたいこと、言いたことは山ほどあるが、残り2試合あるので、日本代表を信じよう。今はこれしかできない。

「途中で挑むことを妥協したり、自分自身に甘えが出たり。それだけは一生後悔すると思う。」

これは中田英寿選手のホームページに載っている彼自身の日記から引用したものである。

日本 0-0 クロアチア代表(マン・オブ・ザ・マッチ: 中田英寿)

日クロアチアとの試合に引き分けたことで、決勝トーナメント進出が難しくなってしまった日本代表だがこれが今の日本の実力と思うと柳沢敦選手の決定的なミスや玉田圭司選手のやる気のないようなプレーにも腹が立たない。いや、やっぱり腹が立つ。

中田英寿のようなプレーと比べると。中田英寿選手は精神力で最後まで走っていた。その有言実行のすごさに、やっぱり世界を知っている、世界で戦ってきた中田英寿選手だなぁ、とあらためて彼のすごさがわかったし、その彼について来れない大方の日本選手に腹が立つ。

暑いのは両選手みんなの共通点。しかしここで負けたら終わりなんだぁーという、見ていて気の毒になるぐらい頑張って走っていたのは中田英寿選手だけである。勝負への執着心は J リーグで戦っていさえいれば自分のポジションはしばらくは保障されているというか確定されている環境に戻っていく選手たちには、備わっていないのかもしれない。

海外へ出て他の国の選手とポジション争いを戦い、勝ち取る。たとえスタメンとして起用されなくともプロとしてのメンタルとフィジカルの管理に徹底的になる。このような環境に自らの身を置くことによってしか、いざという時の精神面は鍛えられそうにないが、安易に J リーグに戻る選手が多い中、日本で戦っている環境が過保護的だと言っても理解できないだろう。

このような指摘は厳しすぎるだろうか? 僕はそうは思わない。中田英寿選手のような戦う姿勢、 FW のだらしなさ。これは日本サッカーの歴史となってしまった。しかし、このような蓄積を過去、持たなかった日本代表はやっとこのような蓄積をもつことができてもしかしたら幸せなのかもしれない。

ここ2試合を見ている限り、日本代表から勇気をもらうことはできなかった。ただ少数の個人が頑張っているだけではサッカーという競技では勝てない。ましてや FIFA ワールドカップという大舞台では、それこそサッカープレヤーはプロの意地、祖国のプライドを持って戦ってくる。

悲しいが、そのようなプライドや自分のアイデンティティーへの誇りは、海外で真剣に生活している者でないと愛国心は育たない。これはその個人の内側から発するもので、いくら他人や外の力がフォースしても生まれてくるものではない。

海外でプレーできなければ J リーグというぬるま湯環境へ戻り、そこでそこそこやっていけるために世界で勝つということに精神力が必要、ということなど理解しろというのが無理な注文なのかもしれない。

みんながそこそこに技術があって、なんであんなにあいつだけ( 中田英寿選手)憤りをいつも感じてんだ、といったような雰囲気が生まれていないかいつも気になってはいたが、これは日本の J リーグだけでやっている選手には理解できないだろう。

川口能活選手や他のディフェンス陣は身体を良く張っていた。川口能活選手のスーパーセーブに助けられた人は選手だけではない。あの試合を見ていたすべてのサポーターも。そういえば 1998 FIFAワールドカップを経験したのは中田英寿と川口能活だけかな? マイアミの奇跡を経験したのも中田英寿と川口能活だけかな?

日本 1-4 ブラジル代表(得点: 玉田圭司)

ェーイ、行くぞー、ヨッシャー。これは玉田圭司がゴールを決めたときの僕の雄叫びである。あの瞬間は本当に興奮した。あんなにアドレナリンがフルに出て、血が体が熱くなる瞬間を他のスポーツで体験できるだろうか?

日本サッカー史はまだ他国に比べれば浅いし、 FIFA ワールドカップの出場となると今回で3回目だ。中田英寿が言っていたように「今回は戦っている気がする」という FIFA ワールドカップをもっともっとこれからも経験していかないと、日本は世界の強豪には入れない。

日本のサポーターは、あのゴールの瞬間の喜びを DNA に焼き付けなくてはならない。FIFA ワールドカップで戦って母国のためにゴールを決めた瞬間は、とってもすごいんだ、という体感をもっと日本のサポーターは積んでいく必要がある。

今回は4-1という屈辱的な大敗をしたがこれも日本サッカー史に残していくためには、日本という国が誇りを持った強い国になるためには必要なのかもしれない。ブラジルは本当に強かった。カフー、ロベルト・カルロス、アドリアーノという主力が抜けても充分威嚇だった。最初に先制されても唯一逆転して勝ってしまうチームは、ブラジルが圧倒的にその回数が多い。

決勝トーナメントへはいけなかったが、この戦う FIFA ワールドカップを経験したことは日本のサッカー界にとってこれからの財産になる。親善試合、キリンカップ・サッカー、 FIFA コンフェデレーションズカップで勝ってもそれは本気のサッカーではない場合が多いかもしれない。

本気の FIFA ワールドカップ、サッカー選手ならだれもが目指す大会での本気の戦い。これをブラジル戦で経験できたことはこれからの糧になる。日本サッカーに関わるすべての人はあのゴールの瞬間を何度も味わうために、上を目指すための先の長  い努力が始まった。

, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes