2015 FIFA女子ワールドカップ準優勝なでしこジャパン、君たちは美しい、これからも輝け!


2015 FIFA女子ワールドカップ準優勝なでしこジャパン、君たちは美しい、これからも輝け!

メリカ女子、やっぱり強かったです。フィジカル面では大人と中学生、高校生ぐらいの差を感じました。背も高い選手が多く、当たり負けもしません。なでしこジャパンはテクニックは在るんですけどそれだけでは相手ディフェンスを崩せません。中へ入れるボールは競り負け、ヘディングで点が入るイメージを持つこと、出来ませんでした。

アメリカはなでしこジャパンを研究していたと思います。なでしこジャパンだったそれなりにアメリカを研究していたと思いますけど、レベルが、深さが違うのではないでしょうか。アメフトにバスケットなど戦略を練ったり、相手チームをデーターなどで研究するの、アメリカ得意ですから、ここの部分でもなでしこジャパン、学ぶべきものが在ると思います。今後益々、スポーツ分野でもデーター分析必要になってくるでしょう。

サッカーの鉄則、開始15分は点をとられない

きなりアメリカに先制されて、勢いを持たせてしまいました。2点を取られた時点で、アメリカのペースを崩したかったです。開催地はカナダ、決勝の舞台はバンクーバーということでアメリカサポーターが多く存在したこと。日本はアウェイ感を拭い切れないまま、雰囲気に飲まれてしまったようです。動揺するなと言っても難しかったでしょう。エンジンを組み直しますが、現実感を受け入れることに対応するのは酷でした。

そこへ3点、4点とあっという間の追加点、これで完全にアメリカは自信を掴んでしまいました、なでしこジャパンに勝てると!ミスは仕方がないとしても、4点差にはさすがに観ていてがっくりしてしまいました。奇跡を信じることが出来るのか?自分自身にも問いかけます。佐々木監督の素早い采配、選手交代になでしこジャパンの姿勢を最後まで貫く意思を感じました。そうです、最後まで諦めずに戦いぬく、という姿勢です。

なでしこイレブン、まだまだ気持ちは切れていないな、と思わせてくれたのが大儀見のシュートで1点を返した時。あのミス2点がなければ後半追いつけるかもしれなかったのに、という思いがよぎります。しかし、ここからが本当の意味でのこれからのなでしこジャパンの伝説、歴史を築きあげる時ではないでしょうか。絶対に最後まで諦めないというイメージを世界に向けて発信する必要があるのです。

自らのミスで動揺を見せる岩清水を下げて、精神的支柱・澤を入れて立て直しを図り、阪口をセンターバックに移し、澤をボランチに入れ、川澄を下げてフォワードの菅澤を投入。3バックの超攻撃的スタイルで戦いぬく意気込みです。延長のことなんて考えていないでしょう、とりあえずアメリカに追いつくこと。このような姿勢は勇気を与えてくれます。いきなりの3バック、選手たちに戸惑いがなかったかどうか疑問が残りますが・・・

ボール支配率で上まっても・・・

半早い時点で2点目を入れたなでしこジャパン。しかしアメリカは直ぐに1点返して5対2。アメリカの強さを、本気度を感じました。なでしこジャパンは攻撃のバリエーションが少なかったです。点を取るイメージの幅が少ないというか。なでしこジャパンは攻撃リズムを作る際、三角形を起点として前線に入り込んでくると予想しているアメリカ。受けてのフォワードを潰すことに集中していました。

後一歩という場面も多かったし、なでしこジャパンのパスコースをカットされる場面も多かったです。だから選手間のパス交換リズムがチグハグする場面もありました。準々決勝のオランダ戦まで綺麗なパスサッカーを展開していましたが、寄せが早かったり、前線でボールが収まらないと、なでしこジャパンは攻撃のパターンを失います。最後は中にロングボールを入れて競い負け、相手にセカンドボールを拾われる。これではリズムをなでしこジャパンの方に向けるのは難しかったのではないでしょうか。

終わって見れば5対2とアメリカ圧勝。ボール支配率ではどの試合でもなでしこジャパンは相手を上回っています。後は球際を強くして、瞬発力をつければ、ドイツ、イングランド、フランス、アメリカ、など体格差のある相手でも勝てるような気がします。ペナルティーエリア付近での一工夫もアイデアをもっと増やす必要がありますが・・・でも大丈夫でしょう。なでしこジャパンには危機感が存在していますから。

なでしこイレブンは堂々としていればいい、充分に勇気を貰ったではないか

メリカに負けはしましたが、私はなでしこジャパンを益々好きになりました。女子バージョンのバルセロナとまで言わせた可憐なるパスサッカー。観ていて本当に面白いサッカーをなでしこジャパンはします。フォワードも前線から献身的に守備を行い、有機的に各選手がポジションを取り、ボールのない位置でのポジション取りを仕掛ける動きなどは男子顔負けじゃないでしょうか。オフ・ザ・ボールの動きは連動していて観るものを虜にします。

今回の大会では色々な選手が点を取りました。特に私が注目しているのがボランチやサイドバックの選手が点を取ったこと。攻撃の厚みをかけるためにボランチやサイドバックの攻撃参加は現代サッカーでは必須です。また後方選手が点を取ることで相手はどんどん下がり気味にもなりますし、なでしこジャパン、皆サッカー良く知っているなぁ、という感じがしました。

このサッカースタイルで良いじゃないでしょか。世代交代がされてもなでしこジャパンの持ち味を伝統として受け継いでいく。グラウンドを広く使い、ボールをワンタッチ、ツータッチで繋げ、相手ディフェンスを撹乱させる。隙を突いて前線に押しかけ、誰でも点を取れるイメージをなでしこジャパンで共有していく。

大丈夫です、なでしこジャパンのサッカーは観ていて面白い、という印象を世界に植え付けました。接戦の際には最後まで諦めない姿勢も伝わったはずです。海外へ移籍する選手も多いことに驚きました。男子も負けていられないです。このような海外での経験はきっと大きな舞台で闘う上で武器になっていることでしょう。自信も養われますし・・・

私事ですが・・・

子サッカーを観ている自分と明らかに違う自分が居ました。鮫島ちゃんと川澄ちゃんがテレビ画面にアップされるとテレビに向かって手を振っている自分が・・・選手紹介の際、あまりにも可愛い子が多かったのでメキシコの試合を観てしまった自分・・・サッカーを観つつも常に可愛い子を探している自分・・・

激しい競り合いで倒れた女子に向かって心配している自分・・・ユニホームがめくれると、あっ惜しい、後もうちょっと、と言った変な期待感を抱く自分・・・男子サッカーを観ている時にはこれらのこと、絶対にしないんですけど・・・まっこれも女子サッカーを観る上での楽しみの一つですか、世界中の男子諸君には・・・失礼しました。

なでしこジャパン

, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes