About

Knowledge is power

Hello world
自分が次の朝、何かをすることを待ちわびるとしたら何か? ということを考えたとき自分だったら物を書くこととか知的生産、知的ゲーム(ビジネス)をしたい、などではないだろうか!

ブログというツールを利用することにより誰でも自分の思いを発信することができる世の中になったのはなんという幸運だろう。人はそれぞれ何かを表現したという欲求があるとしたら、それはある人にとっては音楽であったり、絵を描くことであったり、スポーツだったり、またはビジネスだったりとそれこそ十人十色、人それぞれだと思う。

それが僕の場合は物を書くこととか知的生産、知的ゲーム(ビジネス)ということなのかもしれない、いやこのスタイルが一番僕にぴったりとくるのだ。だからこのブログの空間は、僕の個性がたくさん詰まっている。そんな雰囲気をさりげなく楽しんで、訪れてくれる人たちの生活のリズムに小さな刺激を与えられればと思っている。

What’s up, Japan ?
エッセイ、インタビュー。日本は僕にとって永遠に故郷。故郷日本を愛するがゆえにまた批判もきつくなってしまう。海外で生活することによって見えてきた日本の良さと悪いところ。僕にできることは一つの考え方を皆に伝えることぐらい(父方の先祖が海援隊だった影響があるかもしれません)

So What? – dedicated to all athletes
スポーツエッセイ、取材。海外に日本人のスポーツ選手が出るようになって見えてきた日本人の本当の実力。海外で生活する者にとっては、その各選手が活躍するだけで明日への生きる勇気を与えてくれる。美しきアスリート達の人間模様を伝えたい

Book Review
作家はあれこれと頭をひねって、さまざまなテーマで小説を書く。でも、究極の理想は日百冊の本を書くことではなく、「旅する本」のような一冊を仕上げることなのではないか。誰か一人の読者の心にしみとおり、その人を深く目覚めさせる小説。たくさん売れるのもめでたいけれど、そんな作品こそ理想なのだ。 – 石田衣良

Entertainment
普段は出不精な僕がカメラを手にしたことによって外に出かけるきっかけをつかむ。日本にいながら異国の地の風景を写真を通じて膨らませていってほしい。ニューヨークといわず、地球を舞台に歩き回ろうではないか。世の中広いぜー

小説 – ショートストーリー
居心地の良い場所、紙一重、異質、十人*色(人間観察記)

ebibridgeとは

ebigbridgeとは自分の苗字を引っ掛けています。つまり苗字は大橋なのでこれを英語にするとbig bridge、となるわけです。先端にeをつけたのは元GE会長のジャック・ウェルチ氏がGEを改革するに当たって”すべての部署にeをつけろ”、と言ってネット社会に適応させようとした話にあやかって自分もbig bridgeの前にeをつけ、これからの新大陸(ネット社会)の中での居場所を確立しようとして、このドメイン名 – ebigbridge.com – を取得しました。

後、このブログ内で登場するB-KOOLとは僕のことです。これも大橋一弘と引っ掛けていまして、B-KOOLのBはそのままbig bridgeから、KOOLのKは名前の方のイニシャル、KazuhiroのKを連想しているつもりです。元々の表現は英語でbe coolなんですけど、それをアレンジしたわけです。

神様仏様、物書きの神様へ

想像して創造すれば君はどこへでも行ける!

ムーアの法則が終焉を迎え、思考で物を動かし始める。ロボットと人間が融合し始め、アバターが日常生活に入り込む。遺伝子治療によって医療は個々にカスタマイズされ、老化の停止、遅延が当たり前になる。ナノテクノロジーの進化にともなって量子コンピューターを人類が扱うようになり、核融合発電によって世界のエネルギー需要供給に大変化が起きる。

コンピューター、インターネットのインフラ化が世界中に行き渡り、WiFiの範囲が空気と同じような扱いになる。インターネットに繋がることは呼吸をすることのように無意識になり、情報、テクノロジー革命が全てをデジタルに置き換え、社会がデジタル秩序によって収まる形に整い、人類が営むシステムがデジタル化に移行した後、2千年、3千年、5千年と同じようなシステムが継続していくであろう。

2050年、2100年の はどうなっていると想像しますか? 技術的特異点の恩恵を受けるでしょか? 大中華経済圏の影響を受けているでしょうか? どのような形で人類社会に融合していることが私達(日本人、アジア人、世界中の人々)に幸福をもたらすのでしょうか? 選択肢は私達の思考にあります。想像して創造すれば、私達は何処へでも行けるでしょう。

思考に気をつけましょう、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけましょう、それはいつか行動になるから。行動に気をつけましょう、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけましょう、それはいつか性格になるから。性格に気をつけましょう、それはいつか運命になるから・・・

Knowledge is Power.

英語プラス@の時代。インテリジェンスな情報を英語でキャッチ。日本語に翻訳されるまで待つのはやめましょう。できるあなたへ、 Knowledge is Power. このパワーの意味するところは何であろうか? それは思うに、異なる環境へ適用する能力、だと思う。

例を挙げるなら、簡単な海外への小旅行から不確定未来 のさまざまな社会への対応能力など、それ相応の知識を持っているのといないのとでは、その人の人生の過程において得るであろう結果は、まったく違ったものになるだろう。

当たり前のことだが成人してからの個人はすべて自己責任である。育ってきた環境への不満は、成人してからの人生ではすべて自分次第でどうにでもなると思う。今の自分の生活環境を嘆く前に自分は努力してきただろうか、問いただしてみるといい。

小旅行の場合。英語で言う Please, Execuse Me, Thank You はなるべくその行く国々の言葉で話したほうが無難である、と言われる。その他に簡単な挨拶から10ぐらいまでの数字の言い方。その国のお金の単位や、その渡航時期の気候など、常識と思われるある程度の情報はその旅行自体を楽しんだり、その個人を守る上で必須であろう。

新しく違う環境での生活を始めるとなった場合はどうであろうか? 例えば住み慣れた日本の環境から、経験のない海外での生活となると、情報収集の意味がその行く国々についての知識の習得と言うニュアンスに変わってくる。その国の言葉から文化や生活スタイルに至るまで、勉強するべき範囲は広がる。

そして最後にこれから益々社会の変化のスピードが早まる中、どのような社会になっても自分を有利に導くことができるかどうかは、その人の知性に関わってくる。基礎となる知識がなくては、知性というもう一つの意味に近づくことができない。

まず何かを知ることからはじめたらどうだろうか? 無知は無恥につながるが、何も知らない自分を知ることのほうが、何かを学ぼうとするためのきっかけになると思う。そのほうが知らないでずっと行ってしまうよりはましだ。自分に何が必要かを知った個人にとって、勉強という言葉は無意味になる。サバイバル、といったニュアンスのほうが近いのではなかろうか。

自分の未来を信じることができるのならば、明日への新しい自分に出会うために今日、努力すべき。やるべきことはたくさんある!!大前研一氏も言っている、「自分に投資する!!自分に投資して付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身につける。その時の必要条件は知的に怠惰でないということ。知りたいと思ったことは調べ、経験したいと思ったことは経験し、行ってみたいと思った所には行かなければならない。」、と。

 

img01 img02 img03 img04 img05

Powered by WordPress. Designed by WooThemes