AFC アジアカップ 2004 、精神的勝利


AFC アジアカップ

AFC アジアカップ 2004 、精神的勝利

ッカー日本代表対バーレーン。いやー、この試合は本当にすごかった。見ていたものを興奮させたすばらしい内容のゲームだった。日本が本当に精神的にタフになったのも嬉しい。国歌斉唱のときまでブーイングを受ければ、ここで勝って相手サポーターの声援を黙らせてやるぐらいの気概が自然に生まれてくるのも分かる。本当に良く戦ってくれた。

前半相手に先制されて、その上遠藤保仁が一発退場のレッドカードを受ける。でも10人になってからの日本はそんなに見劣りするようなサッカーをしてはいなかった。相手のバーレーンも前の試合、日本と同様に延長戦を戦ったので疲れが溜まっている。その11人のバーレーン相手に互角に戦えるまでになった。日本はアジアのブラジル代表になろうとしている。

そして、激闘の後半が始まるまずは中村俊輔のコーナーから中田浩二がヘディングで同点。この早い時間帯での同点は大きかった。さらに玉田圭司のドリブルからの強烈なシュート。この1点でついに日本逆転。しかし後半両方とも疲れの出てきたところでバーレーンに同点にされ、さらに追加点を与えて今度は日本が逆転されてしまう。

このまま終わっていたら日本サッカーに未来はなかっただろう。ここから粘れるあきらめない精神力が選手個々についたことは、日本サッカーにとって伝説になる。そう、日本は伝説の試合をした! そして後半の残りわずかのところで中澤佑二の劇的な同点ゴールが生まれる。

このときは本当にすごかった。解説者の松木安太郎さんとセルジオ越後さんは我を忘れて叫んでいた。その気持ち分かる。会場に来ているほとんどの観客はバーレーンを応援している。日本にはブーイングの嵐。その会場で日本に勝てるかもしれないという夢を打ち壊したのだから、やったぁーと思うのはあたりまえ。

これでサッカー日本代表はアジアであるオーラを獲得してしまった。対戦する相手に、サッカー日本代表を倒すのは容易ではないという印象を植えつけたのだ。これは非常に大きい。最初の二人が準々決勝の PK を外してからの奇跡的な勝利。準決勝のバーレーンとの試合、退場者が出て 10 人からでも4得点を決めての大逆転勝利。

決勝、日本代表対中国代表

こでも国歌斉唱のときのブーイングから戦いが始まった。ここまで侮辱されて負けるわけにはいかない。個々の選手はじめ、控えの選手、ジーコ監督を含めたスタッフ、日本のサポーター、その場にいたすべての人が感じたはずだ。

この大会は日本のサッカー界の歴史に残るであろう。次に同じような状況で試合をやるにしても、この大会の経験があるのですごーく心強い。苦しい時にはこの大会で屈辱を受けた大ブーイングを思い出せばいい。そしてその状況のなかでも選手一人一人があきらめずに最後まで戦い、勝利をしたことを思い出すがいい。

チームの雰囲気

高のご褒美はこれで来年ドイツで行われる FIFA コンフェデレーションズカップ 2005 に出場できること。これに出場できることでまた、貴重な国際試合トーナメントを経験することができる。他のアジアの国々に対して日本が1歩も2歩も進むチャンス。

本当に今回の AFC アジアカップ 2004 で見事優勝してくれた。チームの雰囲気が良かったのも一つの勝因だろう。試合に出た選手と出ていない選手のボーナスは金銭的に差があるようだが、今回は選手側からのお願いで選手全員一律にしてもらったそうだ!(祝)

本大会では、日本代表に対する現地サポーターの大ブーイングがクローズアップされた。もともと中国観客は「弱い(と思われる)チームを応援し、強いチー ムにはブーイング」という見方をしてきたが、ディフェンディングチャンピオンでもある日本試合においては、それだけでは説明のつかない敵意が相当顕著に 見られるようになった。

日本サポーターへの罵声やごみの投げつけといった問題も起き、日本政府が中国当局に対して適切な対応をするよう申し入れを行うほどの事態となった。決勝戦においても日本が中国に勝つと、一部中国人が暴徒化し、『 小日本 死ね!!』などと差別用語で罵倒し、日の丸の旗に火をつけ、日本大使館の大使用公用車を襲撃するなどした。(ウィキペディア参照 – AFC アジアカップ 2004)

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes